HOWL GUITARS
※試奏のご予約について※
当店にご来店の上、試奏をご希望されるお客様には大変お手数ですが前日までにご予約を頂けると助かります。予約が無い状態でご来店頂いた際にご希望の商品を試奏できない場合がございます。予めご了承下さいませ。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月08日 14時06分40秒

Matchless 1995年製 Super Chief 120 & ES-412D Gray

テーマ: Amplifier
皆様ごきげんよう。

HOWL GUITARSのGichiです。

今年の夏はいつもに増して暑いですね〜。台風も良く来るし。

Fuji Rockも台風直撃で中止か!?って危ない所でしたね。セーフ!

でも鳥人間コンテストは途中で中止になっちゃいました。楽しみにしていたのですが。雨よりも風の影響をモロに受けちゃいますもんね。

Fuji Rockと言えば今年からリアルタイムでのネット配信が始まりましたね。これは新しい時代に突入したなと思いました。海外のフェスでは既にリアルタイムでのネット配信を導入している所はありましたが、フジロックも遂にリアルタイムでのネット配信開始です。

嬉しい気持ちと不安な気持ち半々というのが正直な所です。

大変な行列や大変な気候に悩まされなくても、何万円もするチケットを買わなくても、テントで寝泊まりしなくても、遠方から遥々苗場スキー場まで行かなくても、無料で自宅で寝転びながらFuji Rockがリアルタイムで見れる。

本当にフェスが好きな人はそれでも必ずFuji Rockに参加するとは思いますが、大変な思いしたくない人はこれからFuji Rockに行かなくなるのではないか?という不安もあります。

それでもそれが時代の流れというものでしょうか。

ではでは本題へ


Matchless 1995年製 Super Chief 120 & ES-412D Gray [w/Tour Case]



Super Rare!!なMatchlessがまたもHOWL GUITARSに入荷してまいりました。

ブライトインターナショナル正規輸入100VのMatchless Super Chief 120のES-412D Grayセットが入荷致しました。

初期型DC-30よりも見つける事が難しいSampson期のSuper Chief 120ですが、今回入荷した個体はさらにレアなクローズドバックのES412-Dとセットのスタックとなっております。

このクローズドバックのキャビネット、実はメチャクチャ稀少で、滅多に市場に出てきません。というか元々の製造台数自体が極端に少ないです。

ES412-Dは基本的にSuper Chief 120と組み合わせる為にセットで出荷されているのですが、Super Chief 120はオープンバックのES412キャビネットとのセットで出荷される事も多いので製造数で言うとSuper Chief 120>ES412-Dとなります。

そしてSuper Chief 120 & ES412-Dのセットを使用している有名なギタリストといえばただ1人、皆様ご存知Charさんですね。

そのCharさんが現在メインで使用しているのと同じGrayカラーの一台。

ブライトインターナショナル正規輸入品ですので100V仕様です。

さらに嬉しい事にPULSE製のツアーケースが付属致します。

滅多に入荷しませんので早い者勝ちです。

それではお写真を公開です。



Headです。現在Charさんがメインで使用している個体と同じグレーの一台。



マッチレスロゴです。綺麗な状態です。



フロント部分左側です。Gain AとGain Bの切換えスイッチが確認出来ます。Gain Bの方がLow Gainです。



フロント部分右側です。Super Chief 120のモデル名も光っております。



back viewです。状態も年代を考えると良い状態をキープしています。



ヘッドの背面です。Matchlessのギターアンプでは最大出力の120Wです。



背面の左側です。正規輸入品の新品時から貼られている注意ステッカーも残っています。



背面の中央です。エフェクトループとPower Hi-Low切り替えスイッチが確認できます。HiとLowは整流の方法が異なります。Lowは整流管5U4Gx2本を使った真空管での整流方式、Hiはシリコンダイオードを使った整流方式です。厳密な意味でのAll Tube Ampとして使いたい場合はLowを選択すると良いでしょう。



ヘッドのキャビネット内の画像です。



チューブチャートの画像です。



シリアルナンバーとモデル名が記載されたラベルです。



シャーシを取り出した画像です。



ブライト・インターナショナル正規輸入品を記すラベルも貼ってあります。



電源トランスです。型番が確認出来ます。



電源トランスのデイトが確認出来ます。95年製造です。



チョークトランスの型番が確認出来ます。



出力トランスです。型番が確認出来ます。



出力トランスのデイトが確認出来ます。こちらも95年製造です。



フロント側からの画像です。



シャーシ内部の画像です。さすがマッチレス、ワイヤリングのデザインとクオリティが最高です。



シャーシ内の右側の画像です。トランスの裏側にもシリアルナンバーが手書きされています。



シャーシ内の左側の画像です。トランスの裏側にもシリアルナンバーが手書きされています。



ES412-D Cabinetの画像です。特徴はフロントのネットが傾斜している点です。オープンバックのES412は傾斜しておらず面一になってます。このクローズドバックキャビネット仕様を探すのは本当に大変です。



Matchlessのブランドロゴです。



キャビネットの背面です。クローズドバックなので音が前に突き抜けて行きます。



スピーカーケーブルジャックです。スピーカーのインピーダンスは8Ωです。(8Ωスピーカーを2基直列に繋いで16Ω、さらに16Ωのその2セットを並列で繋いで8Ωにしています。Marshallのキャビネットと同じ繋ぎ方です。)



シリアルナンバーとモデル名が刻印されたプレートです。



キャビネット内の画像です。オープンバックのES412と異なるもう一つの点はキャビネットの奥域の長さが異なります。クローズドバックの方が奥域が長いです。



上段のスピーカー2発です。Matchless特注 Celestion 30W Speaker搭載です。



下段のスピーカー2発です。Matchless特注 Celestion 30W Speaker搭載です。



付属するPULSE製のツアーケースです。オーダーすると10万円以上は掛かると思われます。このケースのおかげで年数が経っても良い状態をキープしているのだと思います。



在庫しているSuper Chief 120 & ES-412D Grayが2台です。

類は友を呼ぶのでしょうか。

さて、どちらが今回入荷した個体でしょう?どちらもキレイです。



正解は左側が今回入荷した個体です。ほんの少しだけ右よりも色が経年で褪せています。


以上、如何だったでしょうか。

EL34パワー管4本の120Wモンスターアンプです。

Matchlessならではの煌びやかさとピッキングレスポンスの良さに加え、EL34ならではの爆発的ドライヴサウンドがたまりません。

ブライトインターナショナル正規輸入100V仕様ですのでステップアップトランスは必要ありません。

Charさん本人使用機と同じ色のSuper Chief 120のセットを手に入れる事の出来る滅多に無い機会です。

お探しの方はお見逃しなく。

Gichi
HOWL GUITARS
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス