宝夢の日常☆

宝夢の日常☆

高齢者介護施設「宝夢」の愉快なスタッフブログへようこそ。
介護ライフの幸せと笑顔。そしてちょっぴり面白い仲間たちをご紹介します。


コロナ禍での2度目のゴールデンウィーク。

不要不急の外出は控えるようにと幾度となく

ニュースが流れています。

 

不要不急の外出はしないけれども

屋内に閉じこもってばかりでは

コロナに気持ちで負けてしまうと実感した2年目のゴールデンウィーク。

 

やはり外に出て体を動かすのは

体だけでなく心の健康には必要と実感の2年目のコロナ禍。

 

コロナ禍でお休みしていたヨガ教室。

 

コロナ前のように屋内で実施してしまうと

3密になりかねません。

それならばと

青空の下、太陽光をしっかり浴びながらの

名付けて『青空ヨガ』

先生の軽快なトークに合わせながら

ゆったりと体を動かして

新鮮な空気を肺いっぱいに取り込みます。

さらに屋外であっても密にならないように

小規模多機能型居宅介護の事業所と

グループホームの事業所の利用者様は

時間を分けて別々に実施。

久しぶりのヨガ教室に

利用者様からは

「もっとやりたかった!」

「またやろう!」

と大好評。

ヨガの佐藤先生は外部講師であるため

利用者様と一定の距離を保ちながらも

コミュニケーションがしっかりとれるようにと

マイクを活用しながら実施してくださいました。

感染対策をしっかりと取りながらも

心身の健康を維持していく。

両立が難しいところでもありますが

まだしばらく続きそうなコロナ禍。

それに負けないよう、工夫で乗り切っていきたいと思います。

 

GW目前と書きましたが早い所では今日からお休みのところもあるのではないでしょうか?

4都道府県のみとはいえ3回目の緊急事態宣言が発令され休みを満喫とはいかなそうです。

 

今回はそんな気分も上がるような素敵なお花を頂いたので

利用者様と一緒にご紹介させていただきます。

 

このように立派な花束をいただいたのでさっそく写真を撮らせていただきました。

利用者様の顔よりも大きい花束を前に自然と笑みがこぼれ

「私も近くで見せて」と皆様とても喜ばれていました。

花に関して疎い職員は利用者様や知識のある職員に「これなんていうお花ですか?」と尋ねる場面もチラホラ。

利用者様へのお披露目が落ち着いてからコッソリ職員も記念撮影。

 

また別のお花に関しては長年培ってきた経験と知識を元に生け花をされたりと

今日も宝夢の利用者様は笑顔で過ごされています。

 

 

気が付けば4月ももう終わりが見えてきました。

徐々に暖かくなってきてはいますが、強風の日が多かったり朝晩の冷え込みなどは

ありますね。

それでも少しづつ「衣替え」をされている方もいるのではないでしょうか?

 

余談ですが衣替えは平安時代の宮中行事から始まったとされています。

最初は「衣替え」ではなく「更衣」と呼ばれていましたが、天皇の着替えの役目を持った女官の職名が

「更衣」であったことから、民間では衣替えと呼ばれるようになりました。

中世、鎌倉時代、江戸時代と少しづつではありますが変化や定着がされていき、

明治時代にようやく6月1日と10月1日に定着されたのです。

 

・・・だいぶ話が逸れてしまったので宝夢の話に戻りましょう(汗

 

ここ数日天候が良かったので利用者様をお連れしてあるところに再び行ってきました。

そう!市貝の芝桜公園です!

まだ満開とまでは言えませんが眼下に咲いた芝桜は利用者様を楽しませるには十分すぎるものです。

まずは記念写真を撮りその後にゆっくりと楽しんでいただきます。

芝桜に加え生い茂る木々に青天の空とほぼ完璧な状況ではないでしょうか?

写真を撮る職員も普段以上にいい写真を撮ろうとプレッシャーの中、頑張ったようです。

 

一度に全員をお連れすることはできませんので、宝夢に残った方々を職員中村が楽しませます!

中村お得意の『利用者様との共同作業』

今回は何を作っているのでしょうか?

利用者様が思い思いに創作されたものを

貼り付けてできた作品が

・・

・・・

こちら!

 

せっかくの大作がこのままではもったいないので

皆様が見えるよう高い位置に飾りました!

 

お出掛けや創作に疲れた時はやはり美味しいものが食べたくなりますね。

そこで今回はこちらの

タケノコを使った料理を利用者様に召し上がっていただこうと思います。

立派なタケノコを前に利用者様も「早く食べたいね」とワクワクされています。

 

今はまだ少し落ち着いていますが、どう時勢が変化するかもわからない現在。

それでも宝夢を利用してくださっている方々に楽しい思い出を作って

いただきたいと思います。