「ほっ」とTimeのブログ

「ほっ」とTimeのブログ

カウンセリングルームを営んでいる「ほっ」とTimeのブログです。このブログでは、「ほっ」とTimeで行っているカウンセリングの魅力や、心の悩みを紐解くヒント、月々で開催している講座のご案内などをさせていただきます。


テーマ:

どうしてもあの人が許せない!

どうしてもあのことが許せない!

心の中で何度も反芻し、思い出すたびに嫌な気分になることはありませんか?

 

どうして人は、人を許せなくなるのでしょう?


それは自分を許すことが出来ずにいる部分があるからです。
 

○○してはいけないと自分を縛っていればいるほど、それをしている人のことが許せなくなるものです。



このような内容は以前のブログにも書きましたが、今回は許せるようになる為のポイントについて書いてみたいと思います。


まず人が人を許せなくなるという心理状態に陥るのは、自分自身にさせている経験や体験が不足していることと、様々な種類の人と会ってその人達を実感する体験が不足していることから生じることが多いのです。

あれをしてはダメ、これをしてはダメと自分を縛っていればいるほど、経験できることが限られてしまいます。

また家族や自分と似たような人とばかり会っていて、様々な種類の人に会っていないと、自分の考えだけで凝り固まってしまう可能性がります。

所謂真面目に見える人が、つまらなそうな人に見えてしまうのもこうしたことが関係しています。

 

人は様々な人と出会って様々な体験をしていく中で、教訓を得て、物事を悟っていくのが基本になります。

教科書で勉強したことや、人から言われたことをただ守っているだけの人生では、体験することが少なくなるので、どうしても教訓や悟りを実感として得ることが出来ません。

 

ゆえに自分がしてはいけないと思っていることを、人が平気でしていると、それを観ていられなくなって、最終的に許せなくなってしまうのです。


様々な体験から得た教訓や悟りを多く持つ人は、決して人を観てヤキモキすることは少ないでしょうし、許せなくなることも少ないでしょう。

私もそんな時があったよ、そうしてしまう気持ち解るなーと、余裕の気持ちで観ていることが出来たりするのです。


そう考えると、人が人を許せるようになるためには、失敗・成功を含めたたくさんの体験をしたり、様々な人と出会い触れ合うなどして、そこから教訓や悟りを得続けていくことが、許しへの遠いようで近い道になるのではないでしょうか。