ほっとスペースのブログ

ほっとスペースのブログ

滋賀で不登校に悩む母親たちの居場所である自主サークルほっとスペースのブログです参加メンバーによる、いろんなつぶやきからサークルからのお知らせもあります。


過去を振り返って悔やんでも仕方ない

 

未来の不安を考えても仕方ない

 

今を生きるしかない

 

 

 

 

先日、何かのテレビ(パラ選手の言葉だったように記憶しています)で耳に入った言葉です。

 

悔やんでも戻れない、戻りたくても戻れない、そして先のこと考えたら不安しか出てこない、それは現実、結局そこでたどり着くのが「今」どう生きるしかないんですよね。

 

 

そして、ツイッターで昨日見かけたツイートで

 

4歳くらいの男の子が2歳くらいの女の子を手を引いて歩いていて、女の子は泣いている・・・そしてその前を2つのリュックをもったお母さんが歩いている・・・子供たちはその母を泣きながら追いかけている、その様子をみて 心が痛んだというツイート

その締めくくりには「○年前の私だ」というひと言。

 

多くの人がそこにコメント続けて、「私も」「私も」とみんな過去の痛みを思い出し、今ひとりで子育ての辛さを抱えているママさんへの気持ちを重ねていました。

 

子どもを放ってという厳しい声が世の中にあるから、よけいに母は追い込まれる、そんな言葉もありました。

 

私自身も「20年前の私だ・・」と心の中でつぶやきました。

 

 

過去への懺悔は、どの母親ももっているのでしょう。

 

辛い子育てをしていると将来の不安も大きくなります。

 

それでも、目の前にいる我が子をしっかりと見つめ、今できることをやっていくしかないんですよね。

 

 

しんどいけどね。