保守イベント広報
  • 24Mar
    • 【3月25日:講演会:東京】特別企画『救世主トランプ―“世界の終末”は起こるか?』

      特別企画『救世主トランプ―“世界の終末”は起こるか?』 グローバル・イッシューズ総合研究所は、代表取締役吉川圭一が7冊目の著作として今までと全く異なるトランプ政権分析の書『救世主トランプ―“世界の終末”は起こるか?』(近代消防社)を刊行することを記念し、以下の要領にて出版記念会を開催することと致しました。当日は吉川が新著の内容に関して、講演させて頂き、その後にご希望の方だけで懇親会を行う予定です。そこでは発起人の方々等との御懇談も予定しております。皆様に楽しく有意義な一時を御提供できれば幸いと存じます。多くの方々のご参加を待ち申し上げております。発起人:拓殖大学国際文化研究所教授ペマ・ギャルポ    公益財団法人日本国際問題研究所客員研究員田村重信講師:吉川圭一亜細亜大学国際関係学科を経て筑波大学大学院で経済学修士を取得。参議院議員公設秘書、国際問題評論家ペマ・ギャルポ氏事務所特別秘書等を経て2002年独立。GLOBAL ISSUES INSTITUTE代表取締役。2011年4月から2016年末まで一般社団法人日本安全保障・危機管理学会(JSSC)ワシントン事務所長兼任。講演歴多数。新著内容:トランプ氏が米国大統領になってから、その政治が余りに既存の理性主義の観点からすると、理解できない部分が多い。しかし、それは既存の近代理性主義が、グローバル経済や人工知能の発達等で自己疎外を起こし、機能不全に陥っていたためではないか?トランプ氏こそ、それを打破する“救世主”なのではないか?そのような観点から、トランプ大統領の目指す新しい政治を、米国の主流・非主流の各メディア、シンクタンク報告書そして世論調査結果等を含む豊富な資料に基づいて、今までにない角度から精密に論じ、そして日本にも大きな影響のある、アメリカと中東や中国との今後の関係に関しても展望した、既存の米国政治専門家とは全く異なる意欲作。ケント・ギルバート氏推薦。共催:一般財団法人尾崎行雄記念財団協力:株式会社近代消防社日時:(講演会)2019年3月25日18時から19時30分  (懇親会)2019年3月25日20時から21時30分場所:(講演会)憲政記念館   (電話:03―3581―1778)  (懇親会)町村会館ペルラン(電話:03―3581―9471)会費:(講演会)3000円(書籍代込み。当日、尾崎財団受付にてお支払いください)  (懇親会)3000円(パーティ代。当日、ペルラン受付にてお支払いください)申込:必ず以下のフォームから事前にお申込みください。https://ozakiyukio.jp/information/2019.html#0128

      2
      テーマ:
    • 【3月26日:講演会:東京】第56回呉竹会アジアフォーラム 新宿

      第56回呉竹会アジアフォーラム【藤井厳喜講師が世界情勢を60分たっぷり語ります❗】◆新宿御苑前駅徒歩2分文芸社本社ビル地下1階にて開催※目印 1階はコメダ珈琲 新宿御苑前店皇居勤労奉仕団2日目のご奉仕中となる井上宝護講師には、昨年の呉アジで語られた国体の根幹に会場中が涙し大好評を博した「御皇室と日本国体」続編をご講話頂きます。◆平成31年3月26日 火曜日◆17:30開場 開会18:00~20:00◆場所 東京都新宿区新宿1-10-1文芸社本社ビル 地下1階〈交通〉東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅 2番出口徒歩2分※1階はコメダ珈琲 新宿御苑前店https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13206471/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D◆参加費2,000円・未成年者無料・事前予約不要・途中入退場可・どなたでもご参加頂けます◆講師・藤井厳喜 呉竹会代表幹事「藤井厳喜が語る世界の今」◆講師・井上宝護先生「御皇室と日本国体」(国柱会講師、日本会議広島理事、日本会議広島皇居勤労奉仕団団長)◆日本ウイグル連盟のトゥール・ムハメットさんによる「中国のウイグル弾圧の現状」スピーチもあります。◆主催 呉竹会 (会長 頭山興助)◆お問い合わせ、ご連絡先〒102-0093東京都 千代田区 平河町1-7-5ヴィラロイヤル平河904頭山興助事務所担当 望月電話 03-3238-1131080-8919-0515メール office.toyama@docomo.ne.jp◆確実、最新情報はブログ、ツイッター、フェイスブック「頭山興助(秘書望月)」をご参照ください。ご来場をお待ち申し上げております。

      テーマ:
    • 【3月26日:講演会:東京】東京義塾 日本国について英語で主張する研修会(第2回)

      東京義塾 日本国について英語で主張する研修会(第2回)【日時】2019年3月26日火曜日 18:30〜20:30【場所】東京ウィメンズプラザ〒150-0001 東京都 渋谷区神宮前5-53-67【参加費】3,000円 第1回目を2月7日に開催しました。これまでの東京義塾にない活気を感じました。そのひとつの理由は、マックス・フォン・シュラー氏と主催者との共同作業になったことです。これまでは、国体の本義の読書会でしたが、テキストの読みにくさに難渋して、適当な読める本が見つかるまで時間を浪費してしまいました。英語で主張する研修会ではありますが、単なる英会話学校ではないことが、先回の参加者の皆様に、はっきり、ご理解を頂いたことと思います。今回もテキストは、シュラー氏の著書のひとつ、「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」を使うことを続けます。既に、お持ちの方は持参して頂いて、新しく参加される方には会場では1500円で頒布することにしています。参加費は、初回同様に3000円とします。 この研修会は、英会話学校ではありませんから、英語が上手になるかとかの問題が重要ではなく、日本について英語で主張する的確な表現や所作とその背景にある考え方、ひいては日本国家とはなにか、その精髄を習得するための会合です。ご専門の向きからすると初心者コースになるのかも知れません。 会合が終わったら、有志で近くの居酒屋で、短時間懇親会を各自負担で開催致しましょう。人と人の輪もお楽しみ下さい。 外国人も参加して良いかどうかとの質問がありました。会場の議論を紛糾混乱させることが目的であればお断りですが、日本の主張を外国語による発信力を強化するために、あるいは、日本国家とはなにかに関心のある向きは、むしろ大歓迎です。 最後に、東京義塾を英語で何と名づけるか。思い至りました。

      1
      テーマ:
    • 【3月30日:講演会:東京】三浦小太郎氏 出版記念講演会/なぜ秀吉はバテレンを追放したのか

      出版記念講演会 三浦小太郎氏【なぜ秀吉はバテレンを追放したのか】~世界遺産「潜伏キリシタン」の真実~戦国時代の日本に起きた西洋、キリスト教との邂逅。当時の日本の統治者たちはどう対処したのか?日本人への人種差別、奴隷・人身売買。さらに【天正遣欧少年使節】には隠された目的があった!学校では教えてくれない「吉利支丹(キリシタン)」の歴史ーーーーーーーーー★ 平成31年3月30日 (土)★ 開演 13:30 (開場13:15)★ アカデミー文京・学習室 (文京シビックセンター地下1階)★ 参加費 1000 円 (学生無料) 予約不要ーーーーーーーーーみうら こたろう    1960年 東京生まれ 人権活動家、評論家1990年代から北朝鮮の人権問題や脱北者の支援活動に参加。現在はチベット、ウイグル、南モンゴルなどの問題にかかわりアジア自由民主連帯協議会事務局長を務める。保守派の論客として『諸君! 』『正論』『別冊宝島』『月刊日本』『表現者』などに寄稿。映像世界にも造詣が深く、2014年より特定非営利活動法人江東映像振興事業団の副理事長・専務理事を務めるーーーーーーーー・都営地下鉄 三田線・大江戸線  春日駅 (シビックセンター連絡口) 徒歩1分・東京メトロ 丸ノ内線・南北線  後楽園駅 (5番出口直結)・JR総武線/水道橋駅 (東口) 徒歩9分ーーーーーーーーー主催・英霊の名誉を守り顕彰する会 お問合せ・090-6709-9380

      テーマ:
    • 【3月30日:講演会:大阪】日本歴史探究会 『岩田温が読み解く平成31年』

      講演会:日本歴史探究会 『岩田温が読み解く平成31年』◇講師岩田温 代表理事(政治学者)◇講師プロフィール岩田 温(いわた あつし)。昭和 58 年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。政治学者。テレ朝系「朝まで生テレビ!」をはじめ、多数のテレビ番組に出演。大学在学中に『日本人の歴史哲学』(展転社)を出版。その後『逆説の政治哲学』(ベスト新書)や『人種差別から読み解く大東亜戦争』(彩図社)、『平和の敵 -偽りの立憲主義-」(並木書房)など、多数の書籍を出版。『「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義』(彩図社)は発売直後に重版決定。最新刊には『政治学者が実践する 流されない読書』(育鵬社)がある。◇演題「岩田温が読み解く平成31年」◇講演概要ポピュリズム、デモクラシー、米朝問題、壊れゆくEUから政治家の資質まで、テレビでは聞けない真実の世界を膨大な資料から読み解き解説する圧倒的120分!◇日程平成31年3月30日(土)講演会13:30開場 / 14:00開演 / 講演2時間(予定)◇会場TKP新大阪ビジネスセンター4B(大阪市淀川区西中島5-13-19 新大阪MTビル1号館4F)※会場へのお問い合わせはご遠慮下さい。◇会場へのアクセス【JR】「新大阪」駅 正面口 徒歩5分【大阪メトロ】御堂筋線「新大阪」駅 南改札7番 徒歩4分 、御堂筋線「西中島南方」駅 北改札出口1 徒歩6分【阪急】「南方」駅 きた西改札口出口1 徒歩7分◇参加費用・一般(先払い):1,000円 Peatixにて受付https://rekitan-310330.peatix.com・一般(当日支払い):1,000円 Googleフォームにて受付・シルバー会員以上:無料 Googleフォームにて受付https://goo.gl/forms/K0dpkFzSmDR7ja5G3*Peatixでお申し込みいただきますと、スムーズにご入場いただけます。◇お問い合わせメール:info+kouen@n-tankyu.comFAX:06-6829-7684※メール・FAXの場合は、件名または本文に「岩田温が読み解く平成31年」とお書き下さい。

      テーマ:
    • 【4月5日:講演会:大阪】楠公研究会記念講演会並びに第三回総会

      楠公研究会記念講演会並びに第三回総会日時:平成31年4月5日(金)午後1時~場所:富田林市市民会館(レインボーホール)三階「竹の間」〒584-0012 大阪府富田林市粟ヶ池町2969-5会費:千円(会場費・事務手数料)お問い合わせ:事務局(📞090-3723-4251 ✉s6616@yahoo.co.jp)平素は楠公研究会の活動に温かいご理解ご支援をいただき誠にありがとうございます。さて、来る4月5日(金)午後1時より、大阪府富田林市の富田林市市民会館(レインボーホール)三階「竹の間」にて、楠公研究会記念講演会、及び第三回総会を開催致します。総会では、平成30年度活動報告と共に新たな研究成果の発表、来年度の活動指針等のご報告をさせていただきます。会費は、千円(会場費・事務手数料)また、総会終了後、午後4時頃から、同じく富田林市市民会館内の「カフェ大楠公」にて、希望される方のみ懇親会も予定しておりますので、こちらも併せて宜しくお願い申し上げます。(※懇親会の飲食代は各自ご負担をお願いいたします)会員の方はもちろんのこと、これから入会したい、又は南北朝時代に興味があるという方もお気軽にご出席下さい。ご多忙のところ甚だ恐縮ではございますが、特に会員の皆様におかれましては、来年度からの新制度導入のご連絡も予定しておりますので、万障お繰り合わせの上ご参集いただきますようお願い申し上げます。やむを得ずご欠席される場合は、決議につきましてご一任いただきます事をご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

      テーマ:
    • 【4月6日:講演会:東京】伊藤央 先生『メガホン侍』講演会[教育勅語が伝えること]

      伊藤央 先生『メガホン侍』講演会[教育勅語が伝えること]日本文化を学ぶ会 主催小平市議会議員 伊藤央 市議会議員【メガホン侍】講演会演題:【教育勅語が伝えること】日時:平成31年4月6日(土)会場:小平市中央公民館 学習室4号時刻:13時30分開場 14時00分開演 16時00分終了-------------------------------------------------------------------------------------「教育勅語が伝えること」◎大騒動になったあのことで注目を浴びた「教育勅語」。◎報道では「戦前の教育理念」と表現されることが多かったのですが、その内容とは。◎教育勅語が伝えるものは道徳的徳目だけでなくその核心に迫らなくてはならない。◎教育勅語を肯定的に捉える方にも、否定的に捉える方にもお聞きいただきたい内容です。--------------------------------------------------------------------------------------資料代、開催分担金(参加費)500円大学生以下、無料※講演会終了後、実費懇親会を行います3500円くらい。どなたでもご参加いただけます。ご質問はイベントページmessengerへ当日連絡先 080-5516-4557 (阿部)

      3
      テーマ:
    • 【4月6日:講座&講演会:東京】第209回 孫氏経営塾月例会「関東戦国史と城郭攻防戦」

      第209回 孫氏経営塾月例会「関東戦国史と城郭攻防戦」 戦国史から学ぶ・・・歴史ファン、城郭ファンの皆様に。どなたでも参加できます。<講演会>日時:平成31年4月6日(土)14時開演場所:偕行社3階 A,B会議室   (JR市ヶ谷駅出口正面の靖国通り右側を直進300m、三つ目の信号「東郷公園入口」交差点を右折、80m先左側の田中歯科のビルの3階、「偕行社」の外看板あり。)講師:伊東 潤 先生(今最も注目を浴びる気鋭の歴史小説家)演題:「関東戦国史と城郭攻防戦」参加費:一般2,000円、会員 1,500円、学生1,000円(※基礎講座のみの方1,000円です。)--------<孫氏基礎講座>日時:平成31年4月6日(土)12:30時開演場所:偕行社3階 A,B会議室--------申込先:孫氏経営塾 事務局 神保明生(jimbo-brightlife@docomo.ne.jp) tel:00-5780-3743

      テーマ:
    • 【4月6日:勉強会:東京】新春特別企画『学問が高める人間力―江戸から明治へ、時代のダイナミズム』

      新春特別企画『学問が高める人間力―江戸から明治へ、時代のダイナミズム』江戸から明治へ、時代のダイナミズムを支えた思想とは・・・。平成から新元号へ!今こそ知るべき論点を三者が語ります。【お申込みフォーム】https://ws.formzu.net/fgen/S11466827/※FB「参加ボタン」ではお申込みとなりませんのでご注意下さい。◯小川榮太郎(おがわ・えいたろう)文藝評論家。一般社団法人日本平和学研究所理事長、拓殖大学非常勤客員教授。昭和42(1967)年生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学院修了。専門は近代日本文學、十九世紀ドイツ音楽。著書に『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)、『小林秀雄の後の二十一章』(幻冬舎)、『天皇の平和 九条の平和――安倍時代の論点』(産経新聞出版)、『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)、『一気に読める戦争の昭和史 改訂版新書』(扶桑社)、『徹底検証 安倍政権の功罪』(悟空出版)、『左巻き諸君へ!真正保守の反論』(飛鳥新社)など多数。フジサンケイグループ主催第十八回正論新風賞、アパ財団主催第一回日本再興大賞特別賞受賞。◯小林隆(こばやし・たかし)昭和二十四年新潟県直江津市(現、上越市)生まれ。傳承文化研究所代表。サラリーマン経験の後、昭和六十年代より地域起しネットワークの活動を行う。平成六年東京に居を移し「源平かるた」のルール考案を手掛け、「百人一首源平かるた」を通じて美しい言葉日本語と伝統文化を子どもたちに傳へ續ける他、障害者向けの寺子屋ことば塾『眞心の學問會』開塾、平成二十年『百人一首源平かるた教室』に於て小林式かるた記憶學習術を考案するなど、精力的に活動している。◯林田明大(やはしだ・あきお)作家・陽明学研究家。1952年長崎県生まれ。実践哲学としての王陽明の思想と、日本の禅、ゲーテやR・シュタイナーらの思想とを比較融合させた独自の視点による研究で知られる。その研究成果を、94年に『真説「陽明学」入門』として上梓。2015年には英語版(第3部を除く)も刊行。著書に『評伝・中江藤樹』『イヤな「仕事」もニッコリやれる陽明学』(いずれも三五館)、『山田方谷の思想を巡って』(明徳出版社)、『志士の流儀』(教育評論社)など。この度ワニ・ブックスより、『真説「陽明学」入門』新装版として加筆、小川榮太郎理事長の解説を加えて刊行した。【お申込みフォーム】https://ws.formzu.net/fgen/S11466827/※FB「参加ボタン」ではお申込みとなりませんのでご注意下さい。<勉強会>[日にち]4月6日(土)[会場]厚生会館 5階「青竹の間」〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目5−9[開場]13:00[開会]13:30[閉会]17:00[参加費]一般:2,000円/学生:500円/PSIJサポーター:無料<懇親会>[開催時間] 17:10から約2時間[参加費] 5,000円※先着20名様まで。飛び入り参加は受付できません、必ずご予約下さい。[勉強会参加費について] 当日一年分のサポーター費をお支払いの方は、参加費無料となります。サポーターについてはこちら(https://psij.or.jp/welcome/)を御覧下さい。<< 留意事項 >>・途中入退場は自由ですが、録画録音をしておりますので、お静かに願います。【お申込みフォーム】https://ws.formzu.net/fgen/S11466827/※FB「参加ボタン」ではお申込みとなりませんのでご注意下さい。

      テーマ:
    • 【4月12日:コンサート:東京】天皇陛下御即位三十年奉祝公演「海道東征」

      天皇陛下御即位三十年奉祝公演「海道東征」交声曲「海道東征」信時 潔 作曲、北原 白秋 作詞------------------------------------------------------初代神武天皇ご即位2600年の奉祝曲「海道東征」を、天皇陛下御即位三十年の佳節にあたり奉祝公演いたします。曲目: エルガー  行進曲「威風堂々」 第1番 ニ長調 作品39-1 ブラームス  ハンガリー舞曲集より 1番ト短調 3番へ長調 5番ト短調 外山雄三  管弦楽のためのラプソディ 信時潔  交声曲「海道東征」------------------------------------------------------日時:平成31年4月12日(金) 19:00~(開場 18:00開演)会場:東京芸術劇場コンサートホール(池袋駅西口)全席指定:S席¥8000、A席¥7000------------------------------------------------------主催:産経新聞社 共催:神社本庁後援:天皇陛下御即位三十年奉祝委員会、フジサンケイグループ------------------------------------------------------お問合せ先 東京音協 03-5774-3030(平日11:00~17:00)http://t-onkyo.co.jp/

      テーマ:
    • 【4月13日:講演会:東京】樋口隆一氏講演会 ~北海道を守り ユダヤ人を救った~

      明治学院大学名誉教授指揮者 樋口隆一氏講演会~北海道を守り ユダヤ人を救った~ わが祖父 樋口季一郎を語るーーーーーーーーー★ 平成31年4月13日 (土)★ 開演 14:30 (開場14:15)★ 文京シビックセンター26階  スカイホール★ 参加費 1000 円 (学生無料) 予約不要 ・都営地下鉄 三田線・大江戸線  春日駅 (シビックセンター連絡口) 徒歩1分 ・東京メトロ 丸ノ内線・南北線  後楽園駅 (5番出口直結) ・JR総武線/水道橋駅 (東口) 徒歩9分ーーーーーーーーーひぐち りゅういち 1946年東京生まれ音楽学者、指揮者明治学院大学名誉教授、音楽三田会会長、日本アルバン・ベルク協会常任理事、 DAAD友の会会長祖父は樋口季一郎陸軍中将。東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。同大学院修士課程修了。作曲理論を池辺晋一郎に学ぶ。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生として、テュービンゲン大学にて、音楽学をゲオルク・フォン・ダーデルセンに師事。1979年教会カンタータに関する研究で哲学博士。指揮法をアレクサンダー・スムスキーに師事した。シュトゥットガルト聖マリア教会代理合唱長、ゲッティンゲン・バッハ研究所客員研究員。帰国後、バッハとシェーンベルクを中心とする西洋音楽史を専門領域としながら指揮者、評論家として活動。1988年京都音楽賞、89年辻荘一賞を受賞。2000年明治学院バッハ・アカデミーを創設し芸術監督。2002年オーストリア学術芸術功労十字章が授与された。明治学院大学文学部芸術学科助教授、教授、文学部長を歴任。2015年退任。樋口氏は昨年イスラエルを訪問し、在イスラエル日本大使館、イスラエル日本学会、イスラエル日本親善協会主催によるイスラエル日本学会「明治維新150周年・イスラエル建国70周年シンポジウム」に参加、「祖父季一郎のユダヤ人観~1938年1月11日付ハルビン新聞インタビューより」を講演。在イスラエル日本大使館の金曜講座にて講師として登壇。ユダヤ国民基金にも訪問、熱烈な歓迎を受け、1941年に登録されたゴールデンブックの祖父季一郎氏(1938?1942年4370人のユダヤ人を満洲で救出されたと言われている)の名前を閲覧。ーーーーーーーー主催・英霊の名誉を守り顕彰する会 お問合せ・090-6709-9380

      テーマ:
    • 【4月17日:講演会:東京】平成の大演説会 Vol.30 -許さないぞ!韓国-

      平成の大演説会 Vol.30 -許さないぞ!韓国-「慰安婦」問題、「徴用工」裁判での賠償判決、レーダー照射、そして何より不敬発言!文在寅政権下で加熱する反日感情はとどまることを知らない。もはや、わが国民も黙っていられない。多くの皆さんにご来場いただき、韓国に怒りの声を届けよう!弁士①:荒木和博氏(特定失踪者問題調査会代表)弁士②:潮 匡人氏(元航空自衛官)弁士③:加藤達也氏(産経新聞元ソウル支局長)とき:平成31年4月17日(水)   午後6時45分開会(開場6時30分)ところ:文京区シビック・小ホール    (文京区春日1-16-21)   <会場への交通機関>   メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅より徒歩1分   都営地下鉄大江戸線・三田線「春日」駅より徒歩1分協力費:2,000円※ご来場者には展転社厳選書籍の割引特典あり!主催:展転社   〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-46-402   電話03(5314)9470 Fax03(5314)9480    book@tendensha.co.jp

      テーマ:
    • 【4月20日:講演会:神奈川】江崎和博 先生 講演会-日本の国体とは何か-

      江崎和博 先生 講演会-日本の国体とは何か-日本文化を学ぶ会 主催江崎和博 先生 講演会演題:【日本の国体とは何か】日時: 平成31年4月20日(土)会場:かながわ県民センター 304会議室時刻:13:20開場 13:40開演 16:40終了----------------------------------------------------------------------------------------ますます厳さをます混沌とした国際情勢の中でわが国は、白村江、元寇以来の国家存亡の危機を迎えています。そこで、本講演では日本が絶対に守るべきものとは何かを古事記や日本書紀の原典といわれるホツマ伝えに基づいて「歴史工学」と「三種の神器」の視点から紐解きます。----------------------------------------------------------------------------------------江崎和博 先生プロフィール鎌倉歴史ゆかりの会 会長一般社団法人世界品質戦略研究所 代表理事元法政大学准教授博士(社会システム開発工学)技術士フェロー(経営工学部門)IASRフェロー-----------------------------------------------------------------------------------------施設分担金(参加費)1000円 ご夫婦はお二人で1500円大学生無料※講演会終了後、17時から懇親会を居酒屋で行います参加費は3,500円(実費)くらいになります。-----------------------------------------------------------------------------------------ご質問はこのイベントページmessengerでお願いいたします当日連絡:阿部吉辰 080-5516-4557

      テーマ:
    • 【4月21日:勉強会:東京】歴史学舎 和 鏡 (れきしのまなびやわかがみ)

      歴史学舎 和 鏡 (れきしのまなびやわかがみ)のご案内私達の祖国 日本は世界で最も長く誇り高い歴史を紡いで来た国です。日本をしっかりと次の世代に引き継ぐために、中学歴史教科書を中心に子供達、孫達と共に国史を学び直しませんか?■第四回は 平成31年4月21日(日)13:50受付、14:00開会(毎月1回原則日曜日開催 (スタッフ、お手伝いいただける方は13:20集合)■会場:文京シビックセンター 3階 C会議室[住所・電話] 〒112-8555東京都文京区春日1-16-21  電話: 03-3812-7111(文京区役所代表)[交通]東京メトロ後楽園駅・丸ノ内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分■参加費 会場費、資料代、運営費などとして \1,000をご負担願います。学生と20歳未満は無料です。■使用テキスト1.『市販本 新版 新しい歴史教科書』(自由社 平成27年6月刊)定価1200円(税込) ※文部科学省検定済(平成27年3月)の教科書に一部加筆の上、市販しているものです。お持ちで無い方は会場では一冊¥1,000でお求め下さい。 学生と20歳未満の方は無料贈呈(websiteから無料で見ることが出来ます。https://www.nextgen-textbook.org/ →無料ダウンロード2. サブテキスト 『自由社と学び舎の教科書読み比べ』 始めて参加の方でお持ちの無い方には差し上げます。 ■会次第・輪読会についての説明と会長挨拶・輪読 第一章 古代までの日本 参加者・質疑 意見交換 解説など随時挟みます。・ミニ講演 未定■対象以前学んだ歴史知識をブラッシュアップしたい方、歴史を学んでいるお子さんやお孫さんと共に学びたい方、学校で習った歴史に首をかしげる方、そして現役の中学生、高校生、大学生、留学経験者、これから留学したい方、海外勤務経験者、これから海外勤務が見込まれる方、等々 誇り高い日本の歴史、文化、伝統、そして國軆について考えて見ようと思う方なら大歓迎です。若い方、でも一人では・・・?と思う方はお友達を誘って申し込んで下さい。※強圧的言辞、不規則発言、ヤジ、罵倒、妨害行為、長時間の発言独占などはご遠慮願います。■申込みお名前、メールアドレス、つくる会会員又は非会員の別(非会員の場合で紹介を受けた方はその紹介者名)を明記して下記会長もしくは事務局あてメールかFAXでお申し込みください。会員以外の方はご紹介会員から申し込んで戴いても結構です。今回は35名定員(スタッフ含む)のため早めに下記までお申し込みください。初めての方は教科書と配付資料をすでにお持ちかお持ちでないかもお知らせ下さい。※ 会長 愛甲浩一郎 koichirojiji@gmail.com※ 事務 濱田大三 hamd@axel.ocn.ne.jp Fax:03-3313-3985■次々回(第六回)は5月25日(土) 文京アカデミー千石学習室B 13:50受付 14:00開始

      テーマ:
    • 【4月21日:講演会:大阪】防衛講話・懇親会のご案内

      <池 太郎 氏>防衛講話・懇親会のご案内<防衛講話>日 時;4月21日(日)午後4時~5時半(受付3時半)場 所;大阪新阪急ホテル 紫の間    〒530-8310 大阪市北区芝田1-1-35講 師;池 太郎氏 (前海上自衛隊呉地方総監)演 題;「伝統を継承する人材育成」~自己の振り返りから~受講料;会員:1,000円、非会員:2,000円    (懇親会に参加される方は無料)<懇親会>日 時;午後5時45分~午後7時45分場 所;大阪新阪急ホテル 花の間会 費;10,000円懇親会参加の方は、4月12日までに必ず、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。振込用紙を送付いたします。電話 06-4256-4868 FAX 06-4256-4869メール info01@kanboukai.jp主催者: 関西防衛を支える会

      テーマ:
    • 【4月28日:講演会:栃木】親日国NO.1 ポーランドと日本との熱き”絆”!

      日本が主権回復した4月28日に行う時事講演会親日国NO.1 ポーランドと日本との熱き”絆”!講師:川添 恵子(ノンフィクション作家)日時:平成31年4月28日(日)   14:00~16:00(13:30受付) 場所:栃木県護国神社 護国会館   栃木県宇都宮市陽西町1-37最寄駅:東武宇都宮駅下車 タクシー5分参加費:1,000円主催:日本を愛する栃木県民の会後援:産経新聞社宇都宮支局お問合せ・申込み先:正岡富士夫  携帯:090-3511-3795、e-mail:f-masaoka@tvoyama.ne.jp

      テーマ:
    • 【4月29日:式典&講演会:東京】昭和の日をお祝いする集い

      奉祝 天皇陛下御即位三十周年昭和の日をお祝いする集い昭和天皇のお誕生日だった4月29日は、国民の祝日「昭和の日」です。「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」祝日です。私たちはここに集い、昭和天皇をお偲びするとともに、民族の悲境をみごとに乗り越えた昭和への思いを次代に正しく伝えていきましょう。日時:平成31年4月29日(月・祝)  式典=13:30~  記念講演=14:15~場所:明治神宮会館  東京都渋谷区代々木神園町1-1   交通:JR代々木駅下車徒歩8分     JR原宿駅下車徒歩10分     都営大江戸線代々木駅下車徒歩8分     東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前徒歩10分入場:無料講師①:三木善明(そうぎよしあき)氏(元宮内庁掌典補)演題①:「宮中の祭祀に奉仕して」--------講師②:長谷川三千子氏(埼玉大学名誉教授)演題②:「宮中の祭祀に奉仕して」--------記念演奏:東海大学吹奏楽研究会主催:昭和の日をお祝いする集い実行委員会http://www.syouwanohi.com/お問合せ:  TEL:03-5357-1344  FAX:03-5314-9480

      テーマ:
    • 【5月3日:イベント:東京】第21回 公開憲法フォーラム

      第21回公開憲法フォーラム風雲急を告げる東アジア情勢憲法審査会の意義を問う!日時:新元号元年5月3日(金) 14時~16時場所:砂防会館1F大ホール(定員1,000名)   交通:東京メトロ永田町駅(有楽町線、半蔵門線、南北線)4番出口 徒歩1分参加費:1,000円ご発表の皆さん:(順不同・メッセージ発表含む)櫻井よしこ氏(ジャーナリスト・主催者代表)中曽根康弘氏(新憲法制定議員同盟会長)古森 義久氏(麗澤大学特別教授)井上 隆氏(日本経済団体連合会常務理事)西  修氏(駒澤大学名誉教授)内田 文博氏(美しい日本の憲法をつくる国民の会事務総長)ナザレンコ・アンドリー氏(共愛学園前橋国際大学留学生)小堀 裕子氏(大学非常勤講師)各党・会派代表挨拶(ご依頼中) 自民党、国民民主党、公明党、 日本維新の会、希望の党、未来日本--------共催:民間憲法臨調、美しい日本の憲法をつくる国民の会後援:新憲法制定議員同盟お問合せ:美しい日本の憲法をつくる国民の会  TEL:03-5213-4323  FAX:03-5212-7201

      テーマ:
    • 【5月18日:講演会:東京】「日本人を騙し続ける、報道されない事実」

      西村幸祐先生講演「日本人を騙し続ける、報道されない事実」 フェイクニュースの本質は「都合の悪い事実」のカットにある。贋ニュースで本質と事実を隠すことが目的だ。平成の御代が終わったが、歴史、安全保障の真実が削除され続けた時代だった。そんな歴史を振り返り、メディアに騙されない方法を考えます。【講 師】西村 幸祐(にしむら こうゆう)先生 批評家、岐阜女子大学客員教授西村幸祐公式サイト http://kohyu-nishimura.com 昭和27年東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科在学中より「三田文学」編集担当。「ニューミュージック・マガジン」、音楽ディレクター、コピーライターを経て1980年代後半からF1やサッカーを取材、執筆活動を開始。2002年日韓共催W杯後は歴史認識や拉致問題、安全保障やメディア論を展開。「表現者」編集委員を務め「撃論ムック」「ジャパニズム」を創刊し編集長を歴任。 現在は一般社団法人アジア自由民主連帯協議会副会長、岐阜女子大学南アジア研究センター客員教授、関東学院大学講師。 著書に『ホンダ・イン・ザ・レース』『幻の黄金時代―オンリーイエスタデイ'80s』『「反日」の構造』『「反日」の正体』『マスコミ堕落論』『NHK亡国論』『21世紀の「脱亜論」』『日本人に「憲法」は要らない』『報道しない自由』『西部邁・日本への警告』など多数。共著に『イチローと村上春樹はいつビートルズを聴いたのか』『トランプ革命で甦る日本』などがある。【日 時】 平成31年5月18日(土) 14時30分~16時30分(開場:14時05分)【会 場】 文京シビックセンター 4階シルバーホール(文京シビックセンター内)       東京都文京区春日1-16-21 03-3812-7111交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」直結or都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円、事前申込の学生:500円、高校生以下無料【懇親会】 17時~19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円【申込先】 5月17日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は5月16日21時迄) FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp (千田宛て)【主 催】  千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50https://twitter.com/Masahiro_Senda FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp【後 援】新しい歴史教科書をつくる会 岡山県支部

      テーマ:
  • 19Mar
    • 【3月23日:講演会:千葉】石油資源と大東亜戦争 ~ 昭和天皇と陸軍落下傘部隊 ~

      石油資源と大東亜戦争~ 昭和天皇と陸軍落下傘部隊 ~併映: ~ DVD動画「義烈空挺隊の真実」の上映 ~昭和天皇は「大東亜戦争は石油で始まり石油で終った」とご述懐された。資源の乏しい日本の生命線というべき石油が途絶えることは、致命的であり、日本は自存・自衛の為に立ち上がったのである。当時の若者たちは、国の為、家族の為に雄々しく戦った。この戦争の緒戦において、南方の制空権と大量の石油と油田地帯を確保したパレンバン落下傘部隊の決死の戦いと、大東亜戦争が、アジア諸国が独立する端緒となったことを、歴史を通して検証する。1.開催日 :平成31年3月23日(土)13時00分~16時30分(12:30受付開始)2.場 所 :船橋市勤労市民センター 第一会議室千葉県船橋市本町4丁目19-6 (☎ 047-425-2551)3.参加料 :1,000円(お一人様)「予約・お問合せ」070-6941-1941,koichirojiji @gmail.com  4.次 第(1)開会挨拶 (13時00分~13時15分)         川畑 賢一 (新しい歴史教科書をつくる会千葉支部長)(2)講演会  (13時15分~15時45分)     講師  奥本 康大 (「空の神兵」顕彰会会長)(3)連絡事項他(15時45分~16時30分)5.主催:「船橋・史の会」、共催:「新しい歴史教科書をつくる会」、「歴史学舎れきしのまなびや和鏡(わかがみ)」<講師略歴>昭和25年生  元出光興産㈱  現在は保護司、調停委員昭和17年2月14日 パレンバン奇襲作戦に参加し、「殊勲甲」の手柄を挙げ、昭和天皇に単独拝謁を賜わった奥本 實中尉の長男。共著書 「なぜ大東亜戦争は起きたのか?空の神兵と呼ばれた男たち」(共著者 高山 正之 ) ~ハート出版~ 共著書 「大東亜戦争 失われた真実」(共著者 葛城 奈海)  ~ハート出版~

      2
      テーマ:
■特定非営利活動法人 次世代の教科書を考える会


■千葉県 中学歴史教科書 読み比べ会

Ameba人気のブログ