一般皮膚科の治療も、美容医療も

対象になる患者様によって、その効果は違う。

個人差は想像以上に大きい。

 

医療サイドも常に学びがあり、

人の体の複雑さに驚きと興味を覚える。

今回は美容治療について。

 

美白フェイシャルも、数年前まではある程度決まった出力で行っていたが、

毎回診察させていただいて、効果を確認してから出力を変更するようになった。

 

大きな個人差に気づいてからだ。

 

効果がないと思われた方も、設定変化で効果が出る。

さらに基本的な肌の弱さのある方には レーザー以外の食事やサプリが必要であり、

それも並行して指導が必要である。

 

再生治療でも、効果も一時的な腫れも疼痛も個人差が大きい。

 

お一人お一人に対するきめ細やかな配慮が、ますます必要に感じる。

 

皮膚科医になり、33年位になると思うが、

これが経験値なのだと思う。

 

当院の看護スタッフは私と同じ目線で治療をサポートしてくれている。

ここにも個人差・バラエティがある。

私の二個の眼でなく、十個の眼で見たら、さらに深い洞察になる。

本当にありがたいと思う。

 

最近はミクロ(細菌叢)から、マクロ(地球レベル・例えば国単位)で

多様性こそ、健全!!

を確信しているので、

 

自分の経験だけでなく、皆の眼の総合力で

多様性に富む患者様の肌・トラブル・気持ちに沿った治療を実行しますキラキラ!!