道産子な母ちゃんの転妻生活


北海道出身の母ちゃんが暑さに負けそうになりながら慣れない土地で育児に奮闘中!



子育ては「孤育て」(孤独な子育て)にしたくないな。

育児は「育自」(子どもだけではなく自分自身も成長させていく)になるといいな。



北海道は広いから、北海道の中でも地域によって気候も食べ物も言葉も習慣も違います。

北海道外へ引っ越せば、気候も言葉も食べ物も文化も違って当然!

同じ日本でも、言葉や習慣が違うのです。


だったら海外へ行けばいろんなことが違って当然!

お互いの違いを認め合い、尊重していけたらいいですね。








このブログは一般の主婦が個人的趣味で書いて(&描いて)楽しんでいるものです。

有用な情報は、きちんと調べたり整理されてまとめを書かれている他の方のブログを訪問することをお勧めいたします。








このブログは、転勤族の妻として引っ越した先々の土地での出来事や日々の家事育児などの何気ない出来事を、故郷北海道の話題や好きな特撮・漫画・アニメなどの話題に無理矢理つなげて強引に書いていく、はんかくさいブログです。

(※「はんかくさい」は「あほらしい・ばからしい・みっともない」といった意味の北海道弁)





北海道の話、フィリピンの話、特撮やアニメや漫画の話、転勤族の話、育児の話、お弁当写真、自作イラスト…等、全部ごちゃ混ぜハロハロスタイルで、どの話題を中心にかくかは気分次第です。


その日の気分によって書く内容が変わります。



読書登録していただいても、ご期待に沿う内容のブログが更新されるかどうかはわかりません。




私自身はアメーバの通知をオフにしていますので、メッセージやコメントは時間帯を気にせず書き込んでいただいて構いません。

アメーバに常時ログインしているわけではありませんので返信が遅くなることはご了承ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

月よりだんご




どうも、おばんです。

(※「おばんです」は北海道弁で「こんばんは」の意味。おばさんの意味ではない)

中秋の名月のはずが
残念ながら雲で
お月さまが見えませんでした。

昨日は月がきれいに見えたから
いいことにしておきます。

今日は月見えてる?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


お月見団子ではなく
うさぎ饅頭を食べました。

すすきは近所に生えまくってました。

蚊に刺されたし
あちこちに「蜂注意」の
看板がありましたが
お散歩は楽しかったです。

お月様を探して
暗くなってからも歩いてみました。

母ちゃんは難聴で
(一側はほぼ失聴、健側も軽度感音性難聴)で
平衡感覚障害もあるので
暗いところを歩く時はライト必須です。

夫の転勤であちこち引っ越しましたが
私の障害を考慮して
夜道がある程度明るく歩道があることが
すまい探しの条件の一つになっています。

写真は昼間のお散歩の時のものです。








緑の多い街に住んでいます。

北海道に住んでいた頃は
工場や交通の激しい道路の近くに
住んでいることが多かったので、
北海道にいた頃よりも
自然に触れ合える場所に住んでいます。

野菜の直売所がいくつもあって
夏はお散歩が楽しかったです。

秋も直売やるかな〜
芋食いたいな〜

食べるの大好き!


せっかくの十五夜は
あいにくの雲の予報だったので
子どもが公園で自主トレしてる横で
自宅月見用イラストを描いておきました。

おててモデルは
もちろんうちの子。

雲の中が明るく輝いていたので
晴れていたらきっと
きれいだったでしょうね。


みんなの心にも
優しい月の光が
届きますように

おやすみなさい



すいません
今夜はフィリピンネタ無しですわ

アメーバ以外のフォロワーさんも

ありがとうございます

道産子な母ちゃんの転妻生活 - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

みんなのうたの
ひげなしゴゲジャバルが
頭から離れません

人は慣れてしまうもの…



敬老の日ですが、
会いに行かないのが
一番の敬老という
悲しいご時世で

大正生まれの祖父母が
生きてるうちに会いたいけど
面会禁止なんですよね…

コロナ禍前から感染対策が
しっかりしていた施設だから
安心ではあるのですけどね。


敬老の日は昔は9月15日でしたね。
いまだに移動祝日に慣れません…


高齢者施設や病院などは
敬老の日・十五夜・秋分の日に
行事食が用意されることがありますが
今週は祖母が美味しいものを
食べられていたら嬉しいな。

自分は今までに
9月に入院したことは3回ありますが
まともに食事ができない状態で
点滴ばかりでした…

9月は気候が不安定で
体調を崩しやすいので
みなさんも気をつけてくださいね。


入院を何度もした私も
かなり丈夫になり
健康な人の生活にすっかり慣れて
しまっていましたが
久しぶりに熱を出したら辛かった…



ワクチンの副反応で熱が出た後のせいか

久しぶりに外に出たせいなのか

道産子で暑さ感覚がおかしいのか
更年期でホットフラッシュがあるのか

最近、暑いのか寒いのか
よくわからなくて困っています…








ブログをお休みしていたのは

色々とありまして…


前回の記事で書いた

夫の勤務先のイベントに出す

お料理動画を編集したり


親戚の誕生日の準備や

敬老の日の準備や


ワクチンの副反応に備えて

食料の買い出しや

駐車場の雑草とりや落ち葉集めと

台風に備えてベランダの片付けや


子どもの通院や

母ちゃんの眼鏡紛失とか


なんやかんやとありまして…



あ、子どもは薬が効いて

腫れもひいて痛みもとれて

すっかり良くなりましたよ。



子どもは元気なのに

母ちゃんが熱を出したので

学校を休まなければならず


ただでさえ登校日が少ないのに

今月はまだ6回しか登校できていません。


母ちゃんが寝込んでいたから

一人で寂しくご飯を食べたり

宿題がわからなくても放置だったり


母ちゃんのために

飲み物やアイスを出してくれたり


子どもなりに大変だったことでしょう…



母ちゃんは

インフルエンザワクチンなど

他のワクチンでも副反応が強く出る体質で

慣れているはずだけど、

それでもやはり辛かったわ…



副反応が怖いからワクチンは嫌だと

思う人もいるでしょうが

「副反応でも辛いのだから

感染してしまったらもっと辛いでしょう」

と私はいつも医師達に言われるので

ワクチンは接種した方が良いと思います



「ワクチンしたから大丈夫」ではなく

「重症化を防ぐための接種」でしょうね…


ワクチン後もブレイクスルーで

無症状のまま人に感染させるかもしれないから

マスクやディスタンスなどの感染対策は

引き続きしていくという感じかな?



久しぶりに熱を出して思ったけど、

副反応で2、3日の体調不良でさえ辛いのに


もし新型コロナウィルスに感染して

発熱に加えて呼吸困難まであって

入院が必要な状態でも入院できなかったらと

想像するだけでも辛すぎる…


そんな状態で一人ぼっちで

あるいは子どもの世話をしながら

食事の用意や洗濯をしたり

あちこち消毒したり換気したり…

きついっしょ…



陽性患者数が減ったという報道だけみて

ぬか喜びしていられないですよね。


12歳未満はまだワクチンが打てないし

子どもの感染数は増えてるし


ブレイクスルー感染は

無症状の人も多いし…



いくら陽性患者数が減っても


入院したくてもできない人がいたり

救急車を呼んでもすぐに搬送してもらえない

という状況がまだあることに

慣れてはだめだよね…



ウィズコロナの時代は

マスクや人と距離をあけることに

慣れていかないとならないのでしょうけど


本来なら入院すべき人が入院できないとか

検査や手術が延期されてる人がいるとか

面会できずに孤独な入院生活とか

立ち会い出産ができないとか


子ども達が登校や給食の制限を受けるとか

修学旅行や運動会が無くなるとか


慣れちゃいけないことってあるんでないかい?




夫はフィリピンに残って単身赴任中です。


会えなくなって一年以上になり

夫のいない生活にも慣れてしまいました…


ん?…慣れちゃ…いかん⁈



毎日ビデオ通話はしていますよ。


最近は美容室も営業していなかったため

髪が伸び放題の夫のもっさりヘアも

見慣れてしまっていましたが、

制限緩和で美容室も再開したらしく

久しぶりにすっきりした姿で

画面に現れました。


今年もショッピングモールでは

クリスマス商戦が始まったようです。


フィリピンは

世界一長くクリスマスを祝う国で

9月からクリスマスシーズンなのです。


 9月September

10月October

11月November

12月December

クリスマスを祝うこの4ヶ月を

フィリピンではバーシーズンと呼びます。


私が暮らしていたBGCは

街中がクリスマス装飾だらけで

信号機まで期間限定でクリスマス仕様になり、

初めて見た時はびっくりしました。


コロナ禍で学校の対面授業はないままでも

街のクリスマス装飾は豪華で

フィリピン人のクリスマスにかける情熱に

驚かされるばかりです。


わずかな期間でしたが

フィリピンで暮らしてみて

日本人との価値観の違いには

色々と驚かされることが多々ありました。


働き方というかサービスの姿勢も

違うのですよ。


子どもが泣いてたら

店員さんがあやしてくれて

親はゆっくり食事する光景を見かけたり


良い面もいっぱいありましたが…




フィリピンに住んでいた頃は

メニューに載っていても用意できない

と言われることはよくあり

注文し直すことがたびたびあったので、

最初の注文通りに

一回でオーダーが通ればラッキー

みたいな感じでした。


フィリピン駐在妻あるある

NO AVAILABLEの洗礼!


最初は腹が立つけど

だんだん慣れてしまい

こんな店でこんなことがあったよと

笑い話になってました。


あるお店では

パスタのメニューが8種類くらい

書いてあったのに

実際に今作れるのは1つだけと言われたり…笑




日本のお店だと

用意できない商品は

あらかじめメニュー表から削除したり

貼り紙がしてあったりする店が多いですよね。


そういうのが当たり前かと思ってた日本で

実際には提供されてないサービスを

載せ続けてるお店を見つけちゃうと

なんだかな〜と思っちゃうわけです。


それとも

他のお客さんには提供されていて

うちだけ提供されてない?

嫌がらせされてる?と被害妄想…


いやいや…きっと

お店の人も疲れていて

チラシの修正まで気が回ってないのでしょう…


チラシや注文確認システムには難ありですが

商品は気に入っているので

チラシが入って来る度に

また注文しちゃうんだろうな…




別のお店の話ですが


普段はそのお店は

ネット注文メインで利用していて

たまたま実店舗に行ったのですが


売り場でこういうの見かけて


とても好感が持てました。


ありですよ。


商売なんですから

仕方ないですもの。


わざわざそんなことを告知

しないお店なんてたくさんあって

売れない商品は売り場から消えることに

慣れてしまっていたから


気にかけてくださったのが嬉しい。


高齢者や幼児や

私みたいに体調不良で食欲の無い人や

うちの子みたいに歯が抜けた人は

食べやすくて良かったのですけどね。


そういう商品の特徴を

売り場の人も理解していたからこそ

あえて貼り紙したのかなと思いました。


商品がなくなるのは残念ですが

経営難になってお店が潰れたら

元も子もないですからね。


正直で誠実でいいんでないかい〜



お気に入りのケーキ屋さんは

定休日が増えました。


常連客だった私も

あまり買いに行かなくなってしまい

申し訳ないな…と思いますが


子どもが「サッカーで強くなるためには

ケーキばかり食べちゃいけない」と

気づいてしまったし


何かと出費が嵩むので

家計的にもケーキばかり

買う訳にもいかないし…


今月は敬老の贈物やお月見のお供えで

和菓子屋さんに行っちゃったし

ケーキは来月かな…


ハロウィンのカボチャスイーツ

食べたい!食べたい!食べたい!



二ヶ月前にうちの子に

かき氷のサービスをしてくれた

あの居酒屋さんは休業延長で、

あれからずっと休業のままです…


別のお店はイベントを開催して

密になっていました…




BGCで私がよく食べに行っていた

Motto Mottoは閉店したらしいし


SM AURAのテナントもだいぶ変わり

私がよく食べてた

クレープ屋とチュロス屋は消えたと

夫から聞きました。



競争社会だから仕方ないんだけど

思い出の場所が無くなると寂しいね…



生きるためにはお金が必要で


みんなそれぞれの立場を守るために

戦っているのですよね…


それぞれの立場…


この連休で

人の動きは活発になったみたいですね…


みんな生きるために営業してるのだから

誰が正しくて誰が正しくないとか

一概に言えなくて


経済を回すことは必要なのことなのですが


感染対策に協力しているお店が

損をしてしまうとか

対策の甘いお店がクラスターを発生させて

まじめにやってる同業者まで

悪く言われるとか


そういうのは避けて欲しいなと

思ってしまいます。



無職の私は何も言える立場じゃないのかな。



いまだに前職の夢を見てうなされます。


仕事していた時の話は

なるべく人に話したくないです。


ただ言えるのは

私みたいに壊れちゃったら

どうにもならなくなるから


辛いと感じている人は

無理しないで欲しい。



そして

辛い思いをしている人達に

無理させないであげて欲しい…





仕事で心が壊れてしまい

全てを捨てそうに

なってしまっていた私を

拾ってくれた夫に感謝してます。


会えなくて

お互い寂しいね。


でも今はまだ

帰るタイミングではないよと

夫の一時帰国を拒否する鬼嫁で

ごめんよー


したっけパー




アメーバ以外のフォロワーさんも

ありがとうございます

道産子な母ちゃんの転妻生活 - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

ずっとお風呂に入ってなかったから
子どもにくさい!と言われました
やっと洗ったけど
まだ臭い気がする…泣

ぎびがずぎだどざげびだい






おばんです。


トウモロコシは

トウキビと言ってしまう

道産子な母ちゃんです。


内地で暮らすようになり

できるだけ標準語に近づけようと

努力はしていますが、


トウキビはなかなか直りません…



昔働いていた職場は

ご高齢の人と話す機会が多く、

人によってはトウモロコシのことを

「きび」とか「きみ」とか

呼ぶ人もいましたよ。



(※「おばんです」は北海道弁で「こんばんは」の意味。おばさんを意味する言葉ではない)

(※「内地(ないち)」は北海道外のことで主に本州を指す)

(※「トウキビ」は「トウモロコシ」のこと。「ゆできび」は「ゆでたトウモロコシ」のこと)


【索引】北海道弁と北海道生活に密着した言葉(随時追加更新中) | 道産子な母ちゃんの転妻生活




うちの子は少食で

コーンはよく食べるので

主食がわりによく食べさせてました。



フィリピンのタガログ語では

トウモロコシはmaisらしいです。


公用語が英語のフィリピンに

せっかく住んでいたのに

母ちゃんも子どもも

すっかり英語を忘れてしまいましたが、


たまに変なところで

帰国子女っぽい発言があるうちの子…


よくOuch!言ってます。笑




夏休み中は

フィリピン人のオンライン英会話を

受講していました。


英語は忘れてしまったけど、

歌やゲームで楽しく遊んでました。



感染症対策でお出かけできず

豪雨や酷暑で外遊びもできず

オンラインの習い事は

夏休みの救世主でした。



うちの子は習い事を

いくつかやってますが

全部がオンライン対応

してくれる訳ではなくて…


休講にして代わりに課題を出してくれたり

オンライン対応にしてくれるところは

親にとってありがたいけど


柔軟な対応ができないところは

もう辞めてしまうのも

選択肢に入れようかなと考え中…



習い事の先生達も

経営があるから大変なのでしょうけど


書面だけの「対策してます」で

実行されてないところは

もう信頼できないわ…



「感染症対策してます」と

自治体の認めた証が

掲示されている店でさえ

入ってみたら全然だめだめなところも

あるからねえ…



うちの子の学校は

全員にタブレット端末が渡されても

オンライン授業にはならないようですし


母ちゃんのワクチンが完了するまで

自主休校も考えようかな…



子どもは学校が好きだし

習い事も好きだから


行きたい気持ちと怖い気持ちで

揺れています。



母ちゃんが休めと言った訳ではなく

子ども自ら「お休みしようかな…」と

話し始めて…



そんな真剣な話し合いの最中に…



フィリピンに単身赴任中の

父ちゃん(私の夫)から

「会社のファミリー企画で

家族で料理している動画が欲しい」と

連絡がありました。


夫の勤務先は

たまにそういうフィリピン支社独自の

お楽しみ企画をやっています。

(今はオンラインで)


気安くOKしたら

なんと課題料理が決まっていて


今週中に

アドボかシニガンを

作ってる動画を撮れと⁈


外出を減らすために

食材は基本的には

毎週来る宅配で

前の週までに注文してるのに


材料どうすんだよ⁈




野菜をたくさん食べられるレシピ、教えて!

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう



フィリピン料理のシニガンは
タマリンドという酸っぱい豆?みたいなのをつかって味付けしたスープです。

独特の酸味があるスープで
辛くないトムヤムクンみたいな味です。
(トムヤムクンもタマリンドを使ってます)

野菜たっぷりとれます。

私はお店で食べた中では
エビのシニガンが好きで
フィリピン滞在中は
たまに作ってました。

シニガンは
日本で言えば
味噌汁が家庭によって
味が違うのと同様で
味や具材はさまざまらしいです。

タマリンドが無くても
フィリピンのスーパーで
手に入るシニガンの素を使えば
簡単に作れます。

Amazonで
懐かしいシニガンの素をみつけて
迷う母ちゃん…

梅干しで代用して作ってみるべか?



フィリピン料理のアドボは
肉を酢で漬け込んで
砂糖と醤油とニンニクで煮込んだもの。

日本人にも作りやすい材料で
味付けも日本人好みにしやすいかな。

単身赴任の父ちゃん(夫)は
骨つきの鶏肉とゆで卵で
アドボをよく作っているみたいです。

海外単身赴任で
フィリピンは外出制限が厳しく
最近はまた外食もできなくなり
不便な生活ですが

ネットで調べていろんな料理に
チャレンジしてるし
お菓子作りもやってるし
自慢げに写真を送ってきます。

食べることが好きな母ちゃんの
ハートと胃袋を
離れていても掴みっぱなしです。


フィリピン人の食事は
あまりバランスがよくなく
たくさんの米に味の濃い煮込み料理を
混ぜて食べてます。

フィリピン料理ばかりたべてる訳じゃないけど
自炊と外出制限もあり
ちょっとぷにぷに気味の父ちゃん…

ぷにぷには嫌いじゃないんだが
健康を考えたら
野菜もたくさん食べて欲しいな。

早く日本に帰って来れるといいね
(上司が一時帰国を提案してくれたらしいけど、お断りさせた鬼嫁なのですが…)


うちの子の好きな野菜は
ピーマンです。

日本の小ぶりなピーマンを
丸ごとグリルかトースターで
皮がシワシワになるまで焼いて
(アルミホイルで包むとよい)
削り節と醤油をかけたら

種はとらずにそのままガブリ!

苦味がなくて
ピーマンの嫌いな人も
パクパクいけちゃいますよ。

NHKのガッテンで数年前に
紹介された作り方です。


フィリピンのスーパーで買った
ピーマン(green pepper)は
サイズが大きくて
この作り方は向きませんでしたが、

日本のピーマンと違い
苦味がないので食べやすかったです。

日本のピーマンはシシトウと交雑して
苦味があるものがあるようです。


私の実家は
北海道の海沿いで
潮風のせいで野菜が育ちにくいのですが

それでも
高校生にもなって
ピーマンが嫌いだった私のために
小さな庭に風除けを立てて
美味しいピーマンを育てて
お弁当に入れてくれた親のおかげで
ピーマンが食べられるようになりました。

もう2年半以上親には会ってませんが
北海道の家族が
元気でいてくれることを願っています。

したっけねパー
(※「したっけ」は「そうしたら」の意味の北海道弁。「そうしたらさようなら」の意味でも使う)



アメーバ以外のフォロワーさんも

ありがとうございます

道産子な母ちゃんの転妻生活 - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村
私が好きなバンドのメンバーで
昔モヒカンだった人がいるのよね…
それを知ったからって
描きかえはあんまりじゃないかい…
うちの子はオリパラの影響で
サッカー以外のスポーツも
興味がわいており
最近は
バスケットゴールのある公園で
遊んだりしてます

スラムダンクのアニメみせてみたい!

(バスケが人気のフィリピンでは
スラムダンクが放送され
人気だったらしいよ)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>