道産子な母ちゃんの転妻生活


北海道出身の母ちゃんが暑さに負けそうになりながら慣れない土地で育児に奮闘中!



子育ては「孤育て」(孤独な子育て)にしたくないな。

育児は「育自」(子どもだけではなく自分自身も成長させていく)になるといいな。



北海道は広いから、北海道の中でも地域によって気候も食べ物も言葉も習慣も違います。

北海道外へ引っ越せば、気候も言葉も食べ物も文化も違って当然!

同じ日本でも、言葉や習慣が違うのです。


だったら海外へ行けばいろんなことが違って当然!

お互いの違いを認め合い、尊重していけたらいいですね。








このブログは一般の主婦が個人的趣味で書いて(&描いて)楽しんでいるものです。

有用な情報は、きちんと調べたり整理されてまとめを書かれている他の方のブログを訪問することをお勧めいたします。








このブログは、転勤族の妻として引っ越した先々の土地での出来事や日々の家事育児などの何気ない出来事を、故郷北海道の話題や好きな特撮・漫画・アニメなどの話題に無理矢理つなげて強引に書いていく、はんかくさいブログです。

(※「はんかくさい」は「あほらしい・ばからしい・みっともない」といった意味の北海道弁)





北海道の話、フィリピンの話、特撮やアニメや漫画の話、転勤族の話、育児の話、お弁当写真、自作イラスト…等、全部ごちゃ混ぜハロハロスタイルで、どの話題を中心にかくかは気分次第です。


その日の気分によって書く内容が変わります。



読書登録していただいても、ご期待に沿う内容のブログが更新されるかどうかはわかりません。




私自身はアメーバの通知をオフにしていますので、メッセージやコメントは時間帯を気にせず書き込んでいただいて構いません。

アメーバに常時ログインしているわけではありませんので返信が遅くなることはご了承ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

心機一転⁈と、読者についていた嘘の数々…









読者の方々から

どうしてイラストと

ヘアスタイルが違うのかと

時々聞かれていました。


元々の姿は

ショートヘアだったのですが

色々あって

ヘアドネーションするつもりで

伸ばしていただけです。


ヘアドネーションは髪の毛の寄付です。

カット代や送付料も自分で払います。


必要な髪の長さは

寄付する団体により違い、

ジャーダックの場合は

31cmから受付てもらえます。


髪を折り返して使用するので

31cmだとショートウィッグにしかなりません。


前回はカツラを作れるギリギリの長さ

31cmでカットしてもらったのですが、

ウィッグを使用する子ども達の希望は

ロングウィッグの希望が多いらしく、

もっと伸ばそうかと考えていたのですが…


人生の多くをショートヘアだった私には

ロングヘアのストレスが

日に日に増してしまい…


春休みに子どもと一緒に切るつもりでしたが

雪が降ったり寒くて

お風呂上がりの冷えが辛いと言うし

試合で着替えの時に邪魔になるし

もうすぐ花粉シーズンが始まっちゃうし

もう切っちゃうことにしました。


胸あたりまで伸びていましたが

ドネーションカットしてもらい

すっきりさっぱり

ショートヘアに戻りました。


人生の多くはショートヘアだったので

「寒くない?」と

よく聞かれてきましたが


ショートヘアの方が

帽子・マフラー・耳当てなどが

隙間なくしっかり当たるので

実は暖かいんですよ。


北海道出身なのに寒がりだね

とよく言われますが、

北海道で生活したことのある人は

寒さの怖さを知っているので

体を冷やさない工夫をしているものです。


最近、内地の私が暮らす地域でも

珍しく雪が降り

「雪はね」とか「冬靴」とか

「手袋をはく」とか

雪関連の言葉が標準語で咄嗟に出なくて

子どもには北海道弁が通じないので

ちょっと焦りました。


方言ブログをサボってたので

今年は新記事も増やしたいな。


子どものサッカーの話も

母ちゃんのPTA役員の話も

海外単身赴任の父ちゃんの

フィリピン生活の話も

色々と書きたいことはあるのですが


手と目の調子が悪いというのは言い訳で

気持ちの浮き沈みが激しく

ブログを書くのも読むのも

お休みしがちです。


昨年も色々ありましたが

我が家の一番の大きな出来事は

1年4ヶ月ぶりに父ちゃんに再会

したことですかね。


実は先月、

フィリピンに単身赴任中の

父ちゃん(私の夫)が一時帰国してました。


日本でもフィリピンでも隔離期間があり

家を長期に留守にするため

ブログに載せることを控えてました。


もう既にフィリピンへ戻り

隔離期間も終わり

無事に帰宅しています。


夫の一時帰国の話はまたいずれ…


コロナ禍で鬱々としていたところに

ショックな出来事が続き

かなり落ち込んでましたが、

夫に会えて話を聞いてもらえたし

また頑張れそうです。


髪を切って心機一転!

髪色もチェンジしようかなと考え中です。


髪色の参考に

好きなアニメキャラや

大好きだったV系バンドの写真を

探してしまう危ない母ちゃんでした。


したっけねーパー




アメーバ以外のフォロワーさんも

ありがとうございます

道産子な母ちゃんの転妻生活 - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


我が家にめんこいモンチッチが爆誕!

目覚めの寝癖はサイヤ人!

モンチッチが

作画チェックしてくれたから投稿したよ


例の期間限定記事は消しました


ちゃんと飯食って眠れたら褒めて褒めて



おばんです。


大晦日におせちを食べたい

道産子な母ちゃんです。


お蕎麦だけじゃ足りないべさ〜


北海道ではおせちは大晦日から食う…



今年はお蕎麦の天ぷらを

揚げた時に

やけどしなかったよ。


えらい?


ほめてほめてー



まあ、

昼飯の支度でうっかり

指を切って

血塗れで

わやだったけどな。笑



今年も色々ありましたね。


12月になって

自分にとっては

ショックなことも起きて


いまだに気持ちの整理が

つかないのですが


美味しいものを食べたら

かなり元気になりました。



今日は大好きなドラマを

観られたし

ハッピーな気持ちで

年を締めくくれます。


色々あるけど

生きてれば良いことあるっしょ


来年もまた

楽しいことが

いっぱいありますように!




アメーバ以外のフォロワーさんも

ありがとうございます

道産子な母ちゃんの転妻生活 - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

あなたの2022年も
ハッピーでありますように

三年という月日…と肉の話


おばんです。

ヤシの木を見たら

テンション上がっちゃう

道産子な母ちゃんです。


北海道は内地と植生が違うので、

内地に引っ越したばかりの頃は

竹林とか柿とか柑橘類とかを見る度に

興奮して写真を撮っていましたが、

フィリピンでヤシの木を見たら

やはり興奮しまくりでした。


写真を見た北海道の親族達も

ヤシの木にやはり興奮していました。


道産子は南の地域への憧れが

ありますよね…


(※「おばんです」は「こんばんは」の意味の北海道弁。おばさんを意味する言葉ではない)

(※「内地(ないち)」は北海道外のことを意味し主に本州を指す)

(※北海道は寒いので竹や柿や柑橘の木は育たず、温室のある施設でしか見ることができない)


【索引】北海道弁と北海道生活に密着した言葉(随時追加更新中) | 道産子な母ちゃんの転妻生活


北海道は寒いので

南の地域への憧れは

みんなあるとは思うのですが


私が昔働いていた職場は

転職して沖縄へ行っちゃう人が

なぜか続出してしまい

上司が困っていました…


退職した後も交流のあった人からは

ダイビングしてる写真付きの年賀状が来る

というのがお約束パターンでした。



私もいつか沖縄旅行に

行ってみたいなと思っていたら…


沖縄を通り越してフィリピンに

行っちゃったのですよ。



私がフィリピンを

初めて訪れたのは

3年前の11月。


当時フィリピンに出張中だった

夫に会いに行きました。


3年前の今日

2018年11月29日に

BGCのハイストリートで

家族で撮ったこの写真を

部屋に飾っています。


あの頃はマスクは不要で

笑顔で写っていました。


家族が離れ離れになってしまい

子どもが父親を身近に感じられるように

部屋に写真を飾っているのですが、

印刷する写真を選ぼうとしても

家族揃って撮った写真が

意外と少ないのですよね…


夫と子どもが一緒に写った写真は

たくさんあるのに

夫と自分が一緒の写真や

自分と子どもが一緒の写真は

意外と少なかったし

家族揃っての写真も少なくて


一緒に暮らしていた頃に

もっといっぱい夫と一緒に

写真を撮っておけば良かったと

後悔しています。


次に夫に会えるのはいつかな?

日本かな?フィリピンかな?

いっぱい家族で写真を撮りたいな…



夫と子どもの写真はたくさんあるのに

自分がまともな顔や服装をして

写っている写真は少ないかも…


何か食べてる写真か

部屋着姿の写真か

サンタ帽とかハロウィンとか


貞子の真似とか

ゴリラの真似とかの

変顔した写真とか…


七五三の写真は

メイク濃すぎで別人状態だし…



自分の父親が亡くなった時に

遺影に使う写真がなかなか見つからず

苦労したのを思い出します。


私に万が一のことがあっても

ゴリラ顔の遺影は

頼むからやめてくれ!


ゴリラの真似は得意ですが

ゴリラのように繊細ではないし

草食系ではなく肉食系です。


お肉、大好きです。


牛も豚も鶏も羊も馬も鹿も猪も兎も

抵抗なく食えます。


どうやら今日11月29日は

いい肉の日らしい。


▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


昨日は秋刀魚を買ったけど
お買い得品のステーキ肉も
買っておけば良かったかな…

子どものリクエストは
おうち焼肉でしたが
今夜はハンバーグでした。

ハンバーグも肉だべさ!

でも「夜は焼肉っしょ!」だけ
言いたかったな…
(ライダー俳優の台詞ね)


フィリピン料理には

レチョンという豚の丸焼きがあり、

私が初めてフィリピンで食べたのが

3年前の11月29日、

マカティのホテル

Dusit Thani MANILAの

朝食ビュッフェでした。 


(ホテル名はカタカナ表記だとデュシットマニラとかデュシタニマニラとかデュジットタニマニラとか、ものによって表記が違います)


朝から豚さんが丸焼きにされる姿が

ドーンと見えるのでびっくりしましたが、

パリパリの皮としっとりした肉が

美味しかったです。


豚の丸焼きレチョンは

祝祭の時に食される特別な料理らしいですが

ビュッフェではよく提供されていて、

フィリピンでいくつかのビュッフェで

レチョンを食べてみましたが

お店によってはしょっぱすぎたり硬かったり

あまり美味しくない場合も

残念ながらありました。


ビュッフェ好きなので

フィリピンでもちょくちょく

ビュッフェに行ってましたが

コロナ禍で行けなくなり残念…


ビュッフェ好きなのに

BGCのシャングリラホテルのビュッフェに

一度も行かないまま帰国したことが

心残りです…


日本へ帰国してからは

あれだけ好きだったビュッフェに

まだ一度も行ってません。


行きたいなと思って

とあるお店をのぞいたら

鼻出しマスクの店員が

料理を運びながら大きな声で

「○○できあがりました〜」と

叫んでいるのが見えて…


ビュッフェに行くのは

もう少し待とうと思いました。

(たまたまその店がそうだっただけで、きちんとしてる店もあるでしょう…)



うちの子は日本のとあるビュッフェで

ローストビーフの味を知ってしまい

事あるごとにローストビーフを

食べたがるようになってしまいました。


母ちゃんもローストビーフは好きだけどさ


フィリピンで生活していた頃は

食べる機会がなかったのですが

日本はスーパーやコンビニでも

ローストビーフが買えたりするので

嬉しいやら困るやら…


でもお店でいただく

肉汁したたる厚切りのローストビーフは

また別なんですよね…


いつかまた家族みんなで

ローストビーフのあるビュッフェに

食べに行けたらいいね。



うちの子のお口の中の手術は

無事に終わって経過も良好で、

術後は給食がうまく食べられず

色々と大変でしたが、

今はもうすっかり落ち着いて

おかわり争奪戦にも

参加するようになったらしいです。


好きな授業は何ですか?と聞かれて

「給食!」と答えちゃうような子です…


あとは歯が生えてきてくれれば

お肉も食べやすくなるかな…


3年前の11月、

フィリピンに着いて

初めて食べたものは

なぜかたこ焼きでした。


北海道たこ焼き⁈


どこらへんが北海道⁈


タコか⁈


北海道でよく食べられるミズダゴは

内地のマダコとは違って

頭が大きくて柔らかいので

北海道民はタコの頭もよく食べます。


うちの子は

タコザンギ(タコの唐揚げ)が好きで

帰省するとよく買ってあげてました。


フィリピンで食べたあのタコ焼きの

タコの産地はわかりませんが、

フィリピンでも

HOKKAIDOという地名は

一定のブランド力があるようです。




私の故郷は北海道ですが

北海道には

3年前の12月に帰ったきりです…


いつかまた

北海道に行きたいけど

感染症に弱い体なので

もうしばらく我慢しようと思ってます。


人混みと乗り物が苦手で

妊娠中に北海道を離れてから

子どもが2歳半になるまで

親に会いに行かなかったくらいの人間です。


親も会いに来なかったし

うちの母は内地の出身ですが

数えるほどしか

北海道から出ていません。


しょっぱい川を渡るってそういうもんさ…


3年前、フィリピンに行く前に

弟に言われたのよ。

内地に行った時点で

俺らには外国に行ったのと

同じようなもんだ」って…


北海道と内地の行き来は

交通費もばかにならないし

気候も違うし

なかなか大変なのです。



交通費も移動時間もかかるし

感染症の動向もわからないし


北海道もフィリピンも遠いわ…



夫にも会えず

親にも会えず


何かに縋りたくなりますが…


いつか会えるその時まで

子どもと頑張りたいと思います。



毎日、朝ドラから流れてくる

アルデバランを聴いて

泣きそうになる…


みんなが幸せでありますようにと

祈ってるわ。




フィリピンでは2020年の3月から

学校の対面授業が中止

されていましたが、

まだ試験的らしいけど

とうとう対面授業が

再開されたそうです。


やっとだね…


一時帰国していた人達が

フィリピンへ戻るという話も

目にします。


夫も仕事関係で

新しく赴任してきた人に

暮らしのことを教えてあげたり

するようになったらしい。


3年も暮らしてればそうなるわな。


3年後はどこに住んでるかな… 



変異株がどうとか

入国規制がどうとか

ブースター接種がどうとか


3年後どころか1ヶ月後の生活すら

読めない状況ですが


生きていればきっと

良いことがあると

信じています。



したっけねーパー


(※「内地(ないち)」は北海道外のこと。主に本州を指す)

(※「しょっぱい川」は津軽海峡のこと。北海道弁としては一般的ではないようだが一部の道民は使う)

(※「したっけ」は「そうしたら」の意味の北海道弁で会話の最後に「そうしたらさようなら」の意味でも使う)


【索引】北海道弁と北海道生活に密着した言葉(随時追加更新中) | 道産子な母ちゃんの転妻生活






アメーバ以外のフォロワーさんも

ありがとうございます

道産子な母ちゃんの転妻生活 - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

無理!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>