保坂つとむの宅建合格塾

● ご訪問、ありがとうございま~す(^O^)。

 当ブログは、現在、毎日19時~21時頃に更新しています!


● 大手予備校の講師をしています。

 また、宅建学習サイト“たっけん.com”を運営しています。

 (当サイトは、現在工事中)


● このブログは、本気で“宅建(宅地建物取引士)”試験合格

 を目指すみなさまのために制作しています。


● メルマガ版もあります。一緒に読むと、学習効果倍増!

 無料メルマガ(まぐまぐ!):保坂つとむの宅建合格塾


● 2020年4月4日から、ツイッターもはじめました。

 twitter:保坂つとむの宅建合格塾


● たま~に、クラシック音楽やスポーツなど宅建以外の記事

 も書いたりします(*^▽^*)。


● ブログ記事の内容に関係のないコメントは承認しません。

 あらかじめ、ご了承ください。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

宅建12月試験に有利・不利はなかったのか…



有料メルマガアイコン
※ 保坂つとむが制作する宅建受験者向けの総合メールマガジンです。1ヵ月コーヒー1杯の値段(税込みワンコインでオツリがくる!)で、スマホがあれば、いつでもどこでも学習できるコンテンツが手に入ります。このアイコンをクリックすると、発行サイト(まぐまぐさん)の案内ページに入ることができます。





新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします(*^▽^*)。



…で、新年の第1弾もやはり、昨年(令和2年度)12月の宅建試験に関するお話しです。



宅建試験の試験団体(不動産適正取引推進機構)は、10月と12月の試験は“平等である(有利・不利はない!)”ことを強調しています。でも…

● 試験問題の難易度をみても
● 受験率をみても


ちっとも平等ではなかった…
というのが私の感想です。



私の予想合格ラインは「37点」としているのは、すでにこのブログでご説明していますが、もしも、12月の本試験の合格ラインが「38点」となった場合、明らかに12月受験組の方が不利となってしまう…と考えます。



それと…

12月の試験は、10月試験に比べて、受験率が極端に低かった(20%近いマイナス!)ので、通常の合格率としてしまうと、宅建士の不動産業界への供給人数が足りなくなる恐れがあります。



だから…

大原の「36点」予想も、一理あると思っています。

(ちなみに、私は大原の宅建講師ですが、本試験対応スタッフではないので、大原の合格ライン予想には一切かかわっていません…汗)



いずれにしても…

もう、12月の試験実施は昨年限りにしてほしいです。さて、来年はどうなるのでしょうか。。。






今日も応援の“ポチッ”をお願いしま~す!
    ダウン

人気ブログランキングへ









1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>