琵琶湖バスフィッシングガイド ホンツ琵琶湖レポート〜ホンツのホント〜

琵琶湖バスフィッシングガイド ホンツ琵琶湖レポート〜ホンツのホント〜

琵琶湖バスフィッシングガイド
ガイド情報・タックル・バスフィッシングに関する情報を発信していきます‼
ガイド御予約お待ちしております。
Facebook(本津 貴文)
Twitter(ホンツ@hontsu120)もやってますのでヨロシクお願いします‼

琵琶湖でバスフィッシングガイドさせて頂いております!! ガイドお問い合わせ。 Tel:080-4981-3277 (ホンツ直通) Add:ath-the-mont.blank_5@i.softbank.jp メールの場合は、お名前・連絡先・ご希望の日にちを記入の上、送信願います‼ ガイド料金。 ・一人様¥35000 ・二人様¥42000 ・三人様¥50000 宜しくお願いしますm(__)m
周期的に訪れる数釣りの出来る琵琶湖。

めちゃくちゃ釣れる!   それも琵琶湖の魅力。
こんだけ反応の得られるフィールドってそうないですからね! 

その琵琶湖に甘えさせていただき…










フリックカーリーを軸にウォブリングも使用してとにかく釣る。
でも、アクションが合わなければ正直、反応は半減以上。
個人的には、しっかりとバイトが出せないとデカいのを狙って獲りたいなんてなかなか難しいかと…  
基本はやっぱり大事!
数釣って学ぶことはめちゃくちゃ多いですからね!

そして、昼間夕方と水温が上がる時は…
シャローでリズムカーリーのテキサススイミング!


チャンスは正直少ないものの来れば…

そんなリズムカーリー展開。

ウィードもだいぶ抜けてきたので、TNも気になるところ! 
とにかく色んな展開で楽しめる琵琶湖。
どんなスタイルでも悪いものはなく楽しむ事が1番!

昨日の太陽パワー。
水温上昇からの今日のローライト。
雰囲気はかなりのモノ。  
強気に巻ききって、単発上等ビッグサイズ狙い。

朝一は水がクリアアップしたために、アラバマで巻く。
早々にバイトがあるも…
あれー。。。
リズムウェーブで気持ちの良いバイトが出たんですけどね! 
ただ、今シーズンはバイトが多い!

そこからはシャロー展開。
濁りを求めて巻きまくる。
テキサスのスイミングで!
あれれ… 

さらにシャローを巻き続け、ブレイクブレードに2発出るも獲りきれず…

雨が冷たく感じ反応も無くなったので、沖。
強気で狙ってるサイズでは…
けど、巻きで喰ってくるだけで楽しい! 
しかし、とんでもないサイズは出ずに終了となりました。
穏やかな予報。 
だけど、秋の天候に台風接近中はあまりアテにならない。
先日の雨の濁りを期待して流入河川からスタート。
ブレイクブレードをシコタマ投げるも無。
ベイトはおるものの反応無し。
ならばディープ! 
秋は特にディープかシャローか。
中途半端な水深は基本パス。
まぁ、南湖と北湖のディープと言われる水深の違いはあり。

北のブレイクが落ちきったディープ。
まさかのサイズ…
反応はあるんですが…
コンディションは良好。

魚探に映ると釣れる。楽しいのは楽しいですが今日はデカいのを狙いたい気分。
一気に南下してシャロー。
チャターにリズムカーリーのテキサススイミング。

バイトはあるもののすっぽ抜け多発で残念な感じ…

だったのですが、1発。
巻きで釣る。
秋爆?  広範囲に散りすぎて覚悟は必要。

ただ、濁りが日替わりなので日々探して狙っていくのが得策。
琵琶湖での人生初フィッシュは…
ブルーギル。
今シーズンにおいてはかなりレア。
自慢出来る琵琶湖初フィッシュ。

昨日の雨での濁り流入でイージー展開を期待したのですが…

まぁ、それが自然相手の楽しいところ。
それでもエリアが合えばサクッと釣れる。

そして奥様。
人生初の琵琶湖バス。
奥様にとっては記念すべきバス。
バスにとっても光栄なはず!  ww

と、ここからは奥様の1人舞台!
釣り方が分かったとのことで…
連発でめちゃくちゃ釣る。
も、アクションが変われば反応激減… 
お見事でございます!
ほんとにめちゃくちゃ釣る。
ギルも!
連発でギル。
そしてバス。
女性の方はほんとにスゴイ。
太陽のパワーもあってなのか? 
いやいや、そんなことは関係無しにネコソギ釣る。
初めはフッキングがなかなか上手くいかなかったんですが…
コツというかリズムを掴んでからは、バイトを出させてフッキング。
飲み込む速さ、上達のスピードは圧巻。

旦那様も負けじと釣るも…
完全に釣り負けてます。。。

バイトが減ったので、フリックカーリーのダウンショット。
まぁ、釣りますよね…  
惜しかったのは1番デカそうなサカナがバレたこと。。。
でも、キャストもすぐに出来てたし、自分なりに考えてアクションつけて間を作ってバイトを出す。
完ぺきでしたねー!
濁りがあってイージー…   
今は昔な話し。   最近の琵琶湖はほんとに水の入れ替わりを早く感じる。

なので、無理せずにバマ。
バイトはそれなりに多く楽しめる。   も、特大が口を使う前に元気な子たち。
これはこれで有難い。

レンジを落としてライトリグではバイト無数の一瞬で二桁。
釣れる時に釣りまくる。
それが可能なのも琵琶湖の素晴らしさですよね。
幻のブルーギルww  
この存在。それはそれでめっちゃ有難い。

昼からからはシャローでリズムカーリー。
水温上昇を狙うも明らかに水温が上がる気配無し…

濁りを求めて巻きまくる。
が、濁りが無くても喰わせのチカラがあるリズムカーリーのテキサススイミング。
コンディション良好な1発。
ほかにすっぽ抜けも… 

ラストはサイズアップ狙うもかわい子ちゃんを追加のみで終了。

水質変化も多くサカナからの反応も日々変化。
現場に到着するまでにコレって決めつけずその場の判断で釣っていくのもバスフィッシングの楽しい所。