高田ほのか 短歌
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

写真×短歌ユニット、crawlru



深呼吸
してみましょうよ
ラコリーナ
過ぎゆくかぜに
春の字を足す

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

写真家、小林駿平さんとの写真×短歌のコラボユニット

crawlru(クロールル)

お気に召されましたら
インスタ、フォローしていただけますと嬉しいです
https://www.instagram.com/_crawlru_/?hl=ja

#instaTANKA
#インスタ短歌
#短歌フォト
#photo
#短歌
#アート

*・・。☆。.*・゚ *・・。。*:・º☆*・・。。.*・゚ *

小林駿平
https://syunpeikobayasi.wixsite.com/ss-yy-uu

高田ほのか
https://honokatanka.com

写真×短歌ユニット、crawlru



泣きたいのか
笑いたいのか
分からない日は
君に逢いたい日です

写真家、小林駿平さんとの写真×短歌のコラボユニット

crawlru(クロールル)

お気に召されましたら
インスタ、フォローしていただけますと嬉しいです
https://www.instagram.com/_crawlru_/?hl=ja

#instaTANKA
#インスタ短歌
#短歌フォト
#photo
#短歌
#アート

*・・。☆。.*・゚ *・・。。*:・º☆*・・。。.*・゚ *。:・。
小林駿平
https://syunpeikobayasi.wixsite.com/ss-yy-uu
高田ほのか
https://honokatanka.com

写真×短歌でコラボしている小林駿平さんがコンテスト一位に

写真家・小林駿平さんとのコラボユニット、
crawlru(クロールル)

写真家の小林駿平さんが、
GMPCというコンテストで受賞、1位になられたとのこと
https://goopass.jp/magazine/gmpc2102result/

小林さんは受賞のおことばで、「撮影という行為を通じて、世界を自分と同じフィールドに立たせることが出来る」とおっしゃっています。

短歌が、読者が詠み手の想いを追体験できるという感覚とおなじなんですね。

小林さん、ほんとうにおめでとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


目の前に
あなたが座る
ライラック
あたまのなかが
きゅうにしずかだ

短歌教室の生徒さんや、インスタグラムなどで、「小林さんとのコラボがとてもいいからぜひ続けてほしい」というお声をたくさんいただき、小林さんと話し合い、
当初3ヶ月限定だったコラボを今後も続けていくことになりました。

crawlruもしよろしければ、これからも楽しんでいただけたら嬉しいです。
https://www.instagram.com/_crawlru_/?hl=ja

@_crawlru_

#instaTANKA
#インスタ短歌
#短歌フォト
#photo
#短歌
#アート
*・・。☆。.*・゚ *・・。。*:・º☆*・・。。.*・゚ *。:・。

小林駿平
https://syunpeikobayasi.wixsite.com/ss-yy-uu

高田ほのか
https://honokatanka.com


生徒さんの短歌が日経に!&新規生徒募集


生徒さんの短歌が日本経済新聞に載りました!

 六畳間でキューバ葉巻をくゆらせた父の至福はいまなお香る 村上和隆
(2021.2.27 日本経済新聞 歌壇 三枝昂之・選)

【村上さんのお声】
2017年から高田ほのか先生の短歌教室で習っています。そこで作った作品のひとつを推敲して年末に投稿しました。すると昨夜教室の友人から「載ってるよー」と連絡ありました(投稿したこと忘れてました)。
いやーーー(^O^)/自分の作品が活字になるって感動です。教室でいろいろご指導をいただいています。これからも続けて頑張りたいと思います。
なお、昨年から日記代わり毎日2首つくることをしています。もっぱら仕事の出来事、感動や時に「がっくり」の記録です。日々のことを文字にすることは大事だなとしみじみ思います。

村上さん、本当におめでとうございます。

_____________________________________

☆4月から、新たに火曜日枠で短歌教室を開講します☆

ウェブサイトを作成してくださっている竹下翔さんが、春色の素敵なバナーをつくってくださいました。

新型コロナウイルス感染予防のため、2020年春よりオンラインで短歌教室を開講しています。
開講当初15人だった生徒さんが2021年3月現在、倍の30人になりました。
生徒さんたちの嬉しいお声にわたしが元気をもらっています。

土日コースの人数が増えてきており、もっと丁寧に講座をしたいという想い、
また、「土日はいけないので平日も開催してほしい」というお声に応え、
4月6日から、月2回、火曜日にオンラインの短歌教室を開講します!

日  程:4月6、20日、5月11、25日、6月8、22日
時  間:午前9:30~11:30
体験料金:千円
※4月6日以降からの途中入会もOK!

コロナ禍という変革の時代、短歌は自分の心の根っこを見つめ直し、本音を吐きだし、励まし合うことのできるますます貴重なツールになってきていることを感じます。

遠方でも、自宅にいながら気軽に短歌にふれることができます。
この機会に、あなたのご参加をお待ちしております。
ご興味のある方は、直接メッセンジャー、もしくはウエブサイトのお問い合わせホーム
よりお申し込みください^^

お問い合わせホーム
https://honokatanka.com/contact

☆土日も若干名募集しています
https://honokatanka.com/seminar

生徒さんの声
https://honokatanka.com/customer

生きているといろいろなことがありますが、教室での二時間は
ひつじに全部あずけて、すこしでも心を軽くしてもらえたらなあと思います😌






朝日新聞の短歌エッセイ、東村アキコ先生の『かくかくしかじか』


朝日新聞の【好書好日】で連載中の「歌人・高田ほのかの短歌で味わう少女マンガ」。
今回取り上げるのは、第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞を受賞した『かくかくしかじか』です。
https://book.asahi.com/article/14276433

いつもエッセイと一緒にご紹介させていただいているマンガコマですが、集英社さんから、全体のネタばれになるところなので控えてほしいとの連絡があったそう。
とても残念ですが、確かに集英社の方のおっしゃるとおり。ということで、マンガの代わりに5巻の表紙が入ってます。
もし気になった方がいらしたら、お近くの本屋さんや通販サイトへgo!
どこのページや!って聞いてもらえたらすぐ答えます。

好書好日で連載は今回が最終回となりますが、最後にかくしかのことが書けてほんとうによかった。(新しい連載が朝日新聞の紙面で始まる予定です)

“泣ける”とか、軽く語るレベルの作品じゃない。
魂にガッツを入れたい、あなたに読んでもらいたい。
http://cocohana.shueisha.co.jp/story/higashimura/kakukaku/






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>