Magic Spell / 上等な猫使いのかけた魔法 #7 - 最終話 | ☆アメ女 BY NATURE☆ - アメリカ男トノ イロイロエロエロ デスガ。。。何カ?
2005-04-16 20:11:52

Magic Spell / 上等な猫使いのかけた魔法 #7 - 最終話

テーマ:Thoughts of me /アメ女考
記事アップが遅れました、ごめんなさい(;´Д`;) 。 この『上等な猫使い。。。』を書き始めるきっかけになった出来事から、なんだか急にイロイロな事が私の周りで起こり始めて、さそり座EXの事も、急にHawaiian(ハワイアン)のEXと食事する事になったり(ワタシ イチオウ Single ナンデ。。。)、私は神様が私にどうして欲しいのか、もう全く、解りませんの(;´Д`;)。 タメサレテ イルノカ、 ソレトモ??? 先週の金曜日の事を書くために、長い事掛けてきたのに、そうしている間にも、思いも寄らぬことが起こり続けて実は昨晩から今日、土曜日の夕方まで私はさそり座EXと一緒でしたが長い事かけて彼と話してきましたが、その先週から今日までに起こったイロイロな事は、まるで止まってた流れが急に流れ出したような感じで、どうしたら良いのか、解らないまま、とにかく先週の金曜日に私の心に起こった事、続きを書きますゎ。



★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*

かつてのようではない彼に戸惑いながら、彼の体を心配しながら水を取りに行った。その時、部屋の中のテレビは、日本のエロチャンネルになっていた。 水を持って帰ってきて彼に飲ませて、彼は目を瞑って仰向けに寝て息を整えていた。病魔を取り除く手術をしたら全てが解決するという事ではないのは解っていても、彼の変わってしまった様子を見ながら戸惑ってしまう。 私は彼が、自分が今までのように出来ないので私が待ち構えているかのようにプレッシャーに感じると嫌なので、Bedの淵に座りテレビの方を見てタバコを噴かしていた。テレビの中では、さすが世界有数のエロ大国日本のエロビデオらしい、非日常的な光景が広がっている。5人ほどの主婦が集まっては、訪問販売や若い家庭教師らしき男などを片っ端から、寄って集って集団で犯していくと言う物である。振り向くと、彼が退屈そうにして居たので、私は彼の横に横になることにした。手術の後で、彼の調子が掴めないで居て、彼にまだいく気があるのか分らなかったからだ。少ししてゆっくりと彼にKissをして、何となく彼がまだ終わる気のない事を感じ取ったので、今度は私が動く事にした。



口で感じ取った彼のやる気を、彼の胸毛に覆われた胸に伝えて、彼の体側に繋げて、彼の下腹部に繋げて彼の股間へ繋げていく。。。彼のDin'Din'の先端にKissをして、そこではDin' Din'を口に含まずに、彼のBalls(玉)を持ち上げて、尖らせた舌を彼のお尻の穴とBallsの間で振動させた。ここを刺激されるのを好む男は多い。Din'Din'を口に入れるかと思いきや、いきなりそこへ行かれて不意を突かれた彼が息を飲む。彼のMoan(喘ぎ声)が聞けるので私は暫くそこで遊んでいる。Ballsを手で優しく揉みながら少し避けてBallsと足の付け根の間に舌を滑らせる。。。ここも男の敏感な所だ。彼がまた大きなMoanを零す。。。男のMoanが私の心に火を点ける。私は、右手でBallsを口に運び、舌と唇でBallsを転がしたり、吸い込んでは唇の間を滑らせて口から出しを繰り返しながら、左手でお尻とBallsの間のSpotを指で刺激していく。この時に、私の中に予期せぬ動きが起こったのだ。。。最後にこんな風に彼に感じたのはいつだっただろう。。。私は正直自分の心境に戸惑っていた。彼のBallsが愛おしくて仕方が無いのだ。口の全ての筋肉を、彼のBallsの為に弛緩させたり緊張させて、まるで大切なものを温めるかのように、私はBallsを可愛がった。その時、彼がGod Damn!と叫んだ(イチオウ カソリック ナンデス スミマセン)。 これは、今まで彼と一緒に居て初めての事だった。彼がどんなに私とのMake Loveが、今までに無く最高なのだと言っても、そんな事は本当なのか優しさなのかは分らない。けれど、いつもは、快感の高まりの中で彼の動きや動きの強さや早さに変化が出て彼の快感が強まるのを感じても、Oh God!と叫び声を上げる事はあったが、God Damn!という最強のCurse word(忌み言葉。悪い言葉)を口にする事は無かったので、それを聞いたとき彼が今までの中でより大きな快感の中に居る事は伝わってきた。



彼のBallsのお尻の穴から彼のBallsの横、そして彼のBallsは私のよだれで満遍なく滑っている。私は、彼を快感で追い詰めていく、左手で滑ったBallsの舌を絶え間なく刺激しつつ、右手が手伝いながら口にBallsを含んだり出したり、一方を暫く続けたらもう一方を。。。フコウヘイ ハ イケマセン。。。 彼が我慢できずにもう一度叫んだ。。。God Damn! それを境に私は、素早くBallsを離し、彼のDin'Din'を唇をすぼめてから彼の先端から強めの刺激を与えながら強めに吸い込む。。。締まったPussyに入れるときのような快感を与えるために。。。彼のMoan(喘ぎ声)で私の口もWatering(よだれがち)になっているので、先に舐め上げる必要も無かった。彼の快感は頂点まですぐの所にある、私は一気によだれで滑ったDin’Din'での根っこを右手で締め上げ、緩めて下げて。。。テンポをずらしつつ唇を閉めてDin' Din'の上の方を吸い上げ、口の中では同時に舌がDin'Din'の裏筋を舐め上げる。。。時には喉の奥を全開にして、喉の奥まで開いて彼のDin'Din'を一気に根元まで咥える。その瞬間彼の大きなMoanを聞く。そして。。。また。。。繰り返し。。。  時々、思い出して左手でBallsを持ち上げて揉む。。。彼の我慢も限界に近づいたとき、彼が上体を起こして私の肩を引き上げ私の口に荒々しくそしてたっぷりとしたKissをして、私の脇を両手で抱き、引きつけ、私を彼の上に跨がせた。彼のMoanを聞いて、私のPussyは熱を持ち充分に蜜をたたえている。。。It's my turn to fuck you this time Baby... (コンド ハ ワタシ ガ アナタ ヲ Fuck スル バン ネ。。。)



彼の両肩を両手で押し彼を横たえる。。。彼の筋肉で盛り上がった胸を両手で撫で、彼が男である事を味わう。。。両手の爪の先でを彼の腹部まで滑らせ、そこに手をつき、右手を使って彼のDin' Din'を私の中に招き入れた。体重が乗る分だけDin'Din'が奥まで一気に届く。二人のMoanが重なり、私は最初のその大きな快感の波を充分に味わった後、我慢できずに腰を思いっきり回す。暫くただ激しくLatin(ラテン)のリズムを踊るように腰を回していると、彼が余りの快感に両手で頭を抱えた。それから右前に腰が突き出る時に素早く叩きつけるように緩急をつけてリズムを取り、別の所に彼が当たるように変化をつける。。。Fuck Me! Fuck Me Baby!!!  彼がそう叫んだ後、私の腰に両手を添えて、動きを導く。彼のCUMが近づいているのだ。彼が、下から突き上げるようにリズムをあわせて、Din' Din'を叩き込んできた。 激しさが頂点を迎えたとき、彼が私の腰を自分に思いっきり引きつけて、自分の腰も突き上げ、雄叫びを上げCUMした。。。充分に搾り出すように快感の頂点が過ぎるのを待つ。。。それから彼が起き上がり私の脇をもう一度抱き上げ、Din' Din'を抜きDoggie (バック)の体勢に私を促す。



私は快感を引きずりながら、両手をついて出尻の骨格を最大限に利用して背中をそらせてもっと欲しがるPussyを突き出す。彼が間髪入れずに入ってきた。さっきまでそこに居たのに、まるで今が最初の挿入のように、新しい大きな快感の波が私を引きずり込む。私の Ahhh...大きなため息が納まる頃、彼がゆっくりリズムを刻み始め、徐々にスピードを上げていく。。。始めは自ら腰を彼に向かって叩きつけていくのだが、そのうちに私は、大きくなっていく波に飲まれながら我慢できなくなり、ついていた腕を崩してTits(オッパイ)をBedの冷たいシーツに擦り付ける。シーツでさえも私のNipples(乳首)を刺激してしまうほど、全身が敏感になっている。我慢できなくなって腕を崩した私は、Pussyを彼に叩きつけられないので、彼が私の腰を両手でリズムを取りながら引きつけて叩き込む。。。Ahhh...腰だけが反りあがりむき出しになったPussy、クリに彼のBallsが当たってくるのでアチコチから入ってくる快感の情報を処理しきれなくなって私の脳が麻痺し始める。。。もっと叩き込みたくなってもう一度腕を突いて起き上がるとすかさず彼が手を伸ばしてきて私のTitsを鷲掴みにした。おっぱいフェチの彼の興奮がココで一気に高まり、Titsがスイッチの私にとってはギアをもう一段上げられた状態になり、私はBedの頭の板を手を踏ん張って、コレでもかと腰を彼に叩きつけ、彼を一気に頂点へ引き上げた。 And He Came... (デ、 カレハ イキマシタ。。。)



★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*



私はLove Motel ((ラブホ)に行く前に彼に、「I'm starving! (腹が減って死にそうだ)」と言っていたのを思い出して、彼にRemind (思い出させる)する。彼が優しく微笑みながら、「Me too! (僕もだよ)」と言いT.G.I.F.へ行こうと言ってくれた。T.G.I.Friday's(ティージーアイフライデーズ)は40周年を迎えたChilli'sチリーズ)のようなスタイルの、アメリカのレストランだ。T.G.I.Fは いつもココに書いてきているように、Thank God It's Fridayの略で、週末が来たことを喜ぶ、今では挨拶のようになっている言葉である。T.G.I.Friday's(ティージーアイフライデーズ)は、その名前付きのカクテルパートナーのように瓶詰めカクテルをコンビニなどでも販売しているほど有名なレストランチェーンである。実は13-4年ぶりに東京に帰ってきた私は、日本にT.G.I.F.が日本に在ると知らなかったので、この日偶然に見つけたとある街のT.G.I.Friday's(ティージーアイフライデーズ) に二人で興奮していたのだ。東京の真ん中に帰ってきて以来、私も私の子供も本格的なアメリカンスタイルの食事が恋しくなっていた。私達は、学校から帰って来たであろう子供に電話して、T.G.I.Fに行こうと話し迎えに行った。 私は元々メキシカンフードが好きで、大昔私がまだここに住んで居た頃も、よくZESTなどのメキシカンフードの店に頻繁に出入りしていたので、私の子供もあの手の料理が大好きだ。だから、私達は沖縄のBase(基地)にChillisチリズ)というアメリカで人気のあるメキシカンフードレストランが出来たとき、凄く嬉しかったので頻繁に食事をしに行ったし、Off Base(軍の外)にあるメキシコ料理屋によく行ったものだった。メキシカンフードは、私と私の子供と彼が何も心配しないで食べ物を注文できる場所であった。所がこちらのBaseにはChilli'sがない。だからかなり長い事私はあの雰囲気と味から遠ざかって居たので私は、久しぶりの典型的なSpanishと交じり合ったようなアメリカンフードレストランで、私達3人がこよなく愛するものを食べれる!と思うと、興奮して待ちきれなかった。



Ranchレンチ)と言う種類のドレッシング(T.G.I.Friday's(ティージーアイフライデーズ))
の場合ブルーチーズドレッシングね)につけて食べるBuffalo wingsバッファローウィングス)という辛口チキンとセロリスティック、モッツァレラ・チーズのフライ、ポテトにチェダーチーズとベーコンビッツを乗せて焼いたもの。。。とにかく私達は今までMissing (恋しがって)していたものを片っ端から頼んだが一つだけ私達の好物がない。T.G.I.Friday's(ティージーアイフライデーズ)にはTortilla chips(トルティーヤチップス。コーンチップス)とナチョチーズのディップなどというような基本的なものは無かった(この当時はなかったのよねぇ。2012年現在はありますよ。)。でも、Guacamole(ワカモレ。アボガドのDip)とSalsa Sauce(サルサソース)はあったので店員さんにTortilla chips(トルティーヤチップス。コーンチップス)に似たものがあるか尋ねると、サラダの上に乗せるような細切りのチップスはあると言うので妥協して、それも注文した。すると、どうだろう! T.G.I.Friday's(ティージーアイフライデーズの渋谷店。感謝しています!)は気を利かせて、ワザワザ三角形に生地をカットして典型的なTortilla chips(トルティーヤチップス。コーンチップス)を私達の為に作ってくれたのだ。そんな粋な計らいに、私はとても感動した。まるで私達3人がこうして揃って懐かしの味を口にする事を、T.G.I.Friday's(ティージーアイフライデーズ)と神様が歓迎しているかのように思えた。 アリガトーウッTGIF!。。。 カミサマ ソウナノ??? (;´Д`;)

どうなっちゃっているの? 前に書いたように、私は後戻りしたくて、後ろ向きに歩きたくて彼と会っていたのではない。私は、彼にかつてのような感情はもう持てないだろうと思っていた。2ラウンド目のMake Loveの最中に蘇ったあの感覚。。。そしてT.G.I.F.でのあの感覚。。。 『上等な猫使いのかけた魔法』が、ココで威力を発揮している。。。その魔法が呼び覚まされて、猫科の私は『上等な猫使い』である彼を、恋しがる。。。 



頭では、後戻りするべきじゃないと思うしもう一度試してみる勇気などもう残っていない(一度前に同じようにチャンスを与えていたから)、もう一度試して失敗して子供を傷つけるのもゴメンだし、もう一度試して失敗してまた振り出しに戻るような事をする時間の余裕も私にはない。。。と考えている。それなのに、心の方は変な混乱を起こし始めた。あの日から、あの金曜日から、存在しない答えを探しているような気持ちで、日々は流れていく。。。






☆アメ女 BY NATURE☆ - アメリカ男トノ イロイロエロエロ デスガ。。。何カ?-For Real 2
For Real?



ここクリックしてねん♪Blog Ranking - ブログランキング





★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*









記事アップが遅れて、沢山ジラシテしまってゴメンなさい(;´Д`;)。。。急に昨日の夜の電話で彼が「I'm really missing going out with you (君と行った夜遊びが本当に恋しいんだ)」なんて言うので、私もそうだなぁなんて思っていましたら、まぁ、今日は突然なのにGo Outはムリだけど食事に行かない?って言う話しになって、また今週も3人で食事する事になり、行ってきました。実はもう既に彼は、この金曜日ちょっと変だったんですよ。。。なんか怪しい(笑)。で、食事中に「病院へ行って、子供の成長痛の事(うちの子成長痛が小さい頃から激しいので)を医者に聞いてきた」とか話してましたし。。。食事から戻って、子供を寝かしつけてから、彼とイロイロ・エロエロ(エロエロ モ カヨッ!)話をしたんですゎ。エロエロ ガ アサマデ デ。。。(笑) 朝、子供と3人で食事をして、子供が遊びに飛び出していってそれからまたずっと過去の事から、イロイロ・イロイロ。。。出ましたゎ。。。2度目のプロポーズ。 でも、答えられないとはっきり言いましたゎ。それで、その理由などを全てきちんと話して来ましたし彼も彼の考えや、彼のプランを全て話してくれました。まぁ、それでも簡単にああそうですか、と言えるほど傷は浅くないですし、結婚は親戚や家族を巻き込むので、彼氏彼女が自分達の勝手で別れられるのと違って、問題は単純ではありませんし(;´Д`;) 、自分が決断できないのに親を説き伏せる事など出来ないとも話して来ました。彼の頑張りには心から感謝します。しかし、だからもう二度と同じ間違いを繰り返さないかなんて誰にも分らないですし、分らないのに とりあえず飛び込むほど、無垢じゃないです。。。イロイロありましたから(;´Д`;)エヘヘ 。。。子供の心の事もあるので、その責任は大きいですからね。子供にも一個人として発言の権利を与えて行くべきだと考えて、子供にも彼と話をさせました。。。子供はきちんと、「時々会うから大丈夫だけど、一緒に居るようになったらダメかもしれないもん」と彼にはっきりと言いました。同じ恐れを子供も持っていました。その外に、学校の事や環境が変わることも子供に丁寧に彼は話していました。。。子供はそれをしっかり聞いてから遊びに出かけていきました。答えなんか出てませんゎ。。。でも、分らない間に決断はしたくないので、答えがどちらになるかに関わらず、時間は懸かると思いますゎ。。。









★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*









くっだらない事も、書いていいですかぁ?(笑)





記事中にあった、エロ番組の事ですけど、その5人の主婦のお話の中で、細切りのにんじんが出てきたんですよ(爆)何に使ったと思います? 。。。知っている人も居るのかなぁ? 日本のエロビをほとんど見ない私と私のEX達ですので知らないだけかもしれないけど、こんな事アメリカ人のEX達から「これ良いんだぜぇー」とかって一度も聞いた事がなかったですゎ(笑)。私ね偶に、Din'Din'のさきっちょの穴におフェラ中に、舌を突っ込んでみたりするんですけど、それで好印象を得た事は特に無かったんですけどね。。。その細切りにんじんをね、主婦が(笑)あの穴にそぉーっと入れて、耳に猫じゃらしをコチョコチョするみたいに動かすんですよぉ(*´Д`*)ハァハァそうしたら、男優さんが『あぁぁぁぁぁっんっ、もうダメっすぅ~』って言うんですよ(笑)。だけど主婦は襲う集団なんで、「お医者さんで、こんな事されるんでしょぉ~ん♪ だ・い・じょぉーぶっ!」とか言ってやめないで、もうその男の人は悶え捲くりなんですけど、試した事ある方居ますぅ? 本当にそれは秘儀なのか教えてください☆ さそり座くんは、その見慣れない光景に 『 にほんのエロビ。。。なんかすげぇー』みたいに驚いていましたよ(笑)









★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*





それでは、これから皆様の所へ、お礼参りにお伺いします☆





★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*









HoneyBun通信:@14:38

金曜日の分『上等な猫使いのかけた魔法#6』のコメレス、完了しましたぁ! イェイ 最終話の分のコメレスとお礼参りは、また夕方頃からさせて頂きますね♪ 今、なんかちょっとだけアメブロの重さを感じ始めたので、今日、今までのコメントを全部読ませていただいた所で、一旦コンピューターから降りますゎ。 子供とお散歩してきますねぇ♪



では、後ほど☆ 









★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*

Honeybunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス