HomeDeco 權田のブログ

HomeDeco 權田のブログ

『住む場所が人をつくる』という言葉を心に留めて、暮らしが豊かになる方法を施主さんと「一緒に考えて」探すことを大事にしています。客観性を持ちつつ、施主さんの立場になって考えます。お気軽にお声かけください。

住む場所が人をつくる』という言葉を心に留めて、暮らしが豊かになる方法を施主さんと「一緒に考えて」探すことを大事にしています。客観性を持ちつつ、施主さんの立場になって考えます。お気軽にお声かけください

季節の移ろいを楽しみました。いい時間ですお茶

飛び石が敷かれていた元々のアプローチ部分を歩きやすくする為、自然石のアプローチにリニューアルしました。

 

 

素材の中では、自然石は滑りやすくなりますが、施主さまとも話し合い、お庭の雰囲気も活かせられるように自然石の乱形を敷き詰めました。

 

【BEFORE】

 

【AFTER】

 

石材は TOYO工業が販売している「オークルストーン」のエーゲグレーというカラーです。

 

庭石との相性も抜群でしたキラキラ

 

先日のお休みに9月の島根を楽しみに散歩しました👣

 

まずは松江市民みんな大好き梢庵さんへ。

 

テラス席から宍道湖を眺めながら食べるモーニングは格別です。

注文したスペシャルコーヒーはガツンと来る濃さなのに苦味は少なめ、松庵コーヒーはマイルドで飲みやすい優しいお味でした。

両方おいしかったので気分によって飲み分けたいですね☕

 

 

そのあとは、おいしい食材探しにフードスタジアム山京へ。

普通のスーパーでは取り扱いなさそうな珍しいものがあるので見てまわるのが楽しかったです。

おいしそうなお酢もゲット出来て大満足😊

まろやかでドレッシングに使うのもよいと書いてあったので早く試してみたいです。

 

午後は安来の足立美術館へ

2年前に行ったときと変わらず、綺麗で壮大な庭園。癒されます。

ちょうど雨上がりで、植物や石の色が鮮明に写って、いいタイミングで庭園を観れました。ラッキー👌

 

美術品もたくさんあり、じっくり見ようと思えば半日まるまる過ごせられますね。

 

 

同じく安来でぶどう狩り🍇

巨峰など数種類のぶどうをおいしくいただきました🤤

自分の手で狩りとったぶどうを、もぎたてに食べれて幸せでした

 

 

時期ごとの山陰の楽しみ方、もっと知りたくなった1日でした👍

ポップサーカス行ってきました!

 

おもしろすぎて2度行きました😂

 

 

後方席からと前方席からのそれぞれで観ましたが、それぞれに良さがありますね。

↑後方席から

↑前方席から

 

後方席はパフォーマンスの全景を頭をあっち向きこっち向きせずに見られる良さがありましたが、

わたしは前方席で観る方が、迫力と緊張感が増し増しになって好きでした🎪

 

 

***

 

全ての演目が印象深いのですが、なかでも脳裏に蘇るのは、少年が活躍していた器械体操的なのと、二輪の大車輪と、超高所でパフォーマーさんが飛び交っていた空中ブランコの3つです。

 

 

器械体操的なのはパワーとアクロバティックとコンビネーションが魅力的でした。

 

二輪の大車輪が高速で回転する演目は、手に汗を握るほどハラハラドキドキしました。

恐怖さえ感じて、幾人か、目を瞑っていた人もいるのではないでしょうか?

 

最後の大トリの空中ブランコは、大技ばかりで、オーディエンスみんなが一つになって見届けていた感覚を持つくらい、会場全体が集中していました。

道路から、ポップサーカスのテントを大きいなぁと見ていましたが、まさかあのテントの屋根に人がつっかえるくらい高所でパフォーマンスがあるなんて想像できませんでした。

しかも前方席から見ていたときは、パフォーマーさんの瞳が見えるくらい近かったので、超高所から下に張られたネットまで勢いよく落ちた時の背中に浮き出たネットの跡が見えて、その時は言葉で言い表せないものがありました。

 

 

 

インターネットが普及した時代で、探せば動画なんていくらでも湧いて出てきますが、

やはりこういった舞台はライブで肉眼で見るに限ります。

 

 

次回、ポップサーカスさんがまた松江に戻ってくることがあればまた行きたいなぁ。。。

そば茶、煎茶、ハーブティー、、、お茶がマイブームの今日この頃です。

 

先日伺ったお茶屋さんでは、抹茶茶碗が金箔入りガラスの器で目を奪われました。

 

同じお茶でも、器や場所や気分によって、味わいは変わるような気がします。

 

 

そんな最近、欅の木製の”茶筒”を我が家にお迎えしました。

蓋を閉めようとする時、蓋の荷重によって、蓋が自然と落ちて閉まる精度の高さに職人さんの息遣いを感じます。

 

好みにささった一生ものに巡り合えるのはうれしいです。

 

 

 

このお気に入りの茶筒に入った、お気に入りの茶葉を、

お気に入りの器に淹れて、お茶時間を楽しみたいと思いますお茶