ホリスティックケア自分で治すアレルギー、腸内環境 、腸キッチン学

ホリスティックケア自分で治すアレルギー、腸内環境 、腸キッチン学

米国認定NTI栄養コンサルタントのお家でできる自然療法ブログ

***事務局 後藤のレポートです***

 

 

 

今回は全5回のうち3回目。

腸キッチン学なのに前回までに
まだ腸は登場していません・・・💦💦

 



【前回までのレポート】
■ 腸キッチン学アドバイザー養成講座はじまります!
■ 【開催レポ①】腸キッチン学アドバイザー養成講座 vol.1

 *1-1 腸キッチン学とは
 *1-2 こころのしくみ

■【開催レポ②】腸キッチン学アドバイザー養成講座vol.2

 *2-1 栄養と消化,吸収,排泄のしくみ
 *2-1 胃のしくみ

 

 

 

日時

 


沼津:2月12日(水)
東京:2月15日(土)

 




3月には10名の

腸キッチン学アドバイザー
誕生します。
 

 

image
沼津メンバー



image
東京メンバー
 
 

各地で講座など開催される予定です。
必要な人に届けるべく学びを深めています♪
 
 
 
 
3-1 口腔のしくみ

 

 

からだも大事だけど
その前にこころが大事←第1回




も大事だけど

その前にも大事←第2回




今回は胃に入る前、
外から見える消化器系臓器である

口腔のしくみから始まります。



 

もー
唾液をなめんなよっ!

って感じです。

 

 

 

 

片栗粉でとろみがついたあんかけ料理など

食べている途中でサラサラになってくるのは
唾液がついた箸のせい。

 

唾液がデンプンを分解するというのは
小学生の理科で習います。
 

 

 

 

その他、唾液には


・湿潤作用

・抗菌作用

・粘膜修復作用

・消化作用

・洗浄作用

・PH緩衝作用

・溶解味覚作用

・免疫作用   …etc

 

 

 

めっちゃ役割も多くて大切なのですが、
現代人は唾液の量が減っているそうです。

 

 

 

 

抗菌作用や洗浄作用もあるので
唾液が少ないと

 

虫歯にも歯周病にもなりやすいえーん



口内炎にもなりやすいえーん



免疫にも関係しているから

風邪もひきやすいえーん



ストレスが多かったり、更年期以降の女性は
ドライマウスになりやすく
口臭の素にも…

 

 

 

唾液、本当に大切です…

 

 

 

 

でもでも、朗報です!

簡単に唾液を増やす方法があるんです!





それは
よく噛むこと



なーんだ…

 

って思わないでください。



噛めば噛むほどいいことだらけ❤️




認知症の予防にもなるし、
前回習った大事な大事な
胃酸分泌のスイッチも押してくれます。



腸での栄養吸収に向けての旅は
すでに口腔から、いや食べる前に

五感を刺激して唾液分泌を促すところから

始まっているんです。




「よく噛んで食べましょう」には
いろいろな目的が含まれていたんですね。



まずは自分から、そして家族から
習慣化を目指します!

 

 

 …とわかりやすく教えてくれる

講師のかじさんも本来早食いなんだそう💦💦

 

 

 

 

 

3-2 小腸のしくみ

 

 

やっとで腸!
こころ→口腔→胃→小腸まで

やってきました。

 

image

 

image

image

 

image

 

 

「腸活」やら「美腸」やら
必ずどこかの雑誌で特集されている程
腸は注目されています。




ところで

 

「腸活」の腸って

大腸なの?それとも小腸なの?


そもそも
大腸と小腸の役割ってなに?





その辺り、意外と知られていないかも
しれません。



一般的に「腸活」は
大腸の腸内細菌を育てることを

いうようです。




今回はその大腸の前の小腸。




主に栄養素の吸収免疫を司ります。




そしてアレルギーの原因
よく腸の問題が指摘されますが

その辺りも学びます。




アレルギーの9割は

腸粘膜に問題があり、
リーキーガット(腸漏れ症候群)という
言葉も随分浸透してきました。



《リーキーガット》

小腸の表面の細胞と細胞を結びつけるタイトジャンクションが破壊され、そこから身体に不要な毒素や細菌、未消化のタンパク質などが体内に入ってしまう腸の状態


こわっガーン




私自身
普段から健康で不調らしい不調もないので

今まで自分には関係にないことだと
思い込んでいましたが、


講義を受けているうちに

 

私も
腸漏れに漏れなく該当しているかも…えーん

と思い当たる点多し。

 

 

 

 


恐れているより、まずはセルフチェック!
今回のおうちでできる簡単チェックは

・唾液PH

・カンジダ菌チェック

・リーキーガットチェック

 

image

毎回セルフチェックキットがつきます

何とかリーキーガットは大丈夫でした・・・




からだの基礎知識を学び、
自分の状態を知り、意識するだけで
日頃からの生活が変わります。





今、ネットで調べれば
情報はいくらでも手に入りますが
その情報の点と点を結べているのか
それは自分に該当していることなのか


要するに

生きた情報になっているかどうか…

 


 

腸キッチン学では

情報を生きた知識として結びつけ、
自分や家族のからだに
何が起こっているか理解し、
そのケアを学びます。

 

 

 

 

だから内容が濃くて、濃くて、
皆さん、講座を撮影した動画で
復習もしているようですよ♪




学んだことをその場で1分間で発表。

いやーわかりやすいっ拍手




次回、第4回の内容は、

 

 

4−1 大腸 腸フローラ

4−2 デトックス
 




一般的な「腸活」の主役、
大腸を学びます。

 

 

 

受講者さんの皆さんも
宿題がんばってくださいね!




レポート:事務局 後藤みどり

 

 

 

情報満載で読みやすい!
毎日20時に届きます♪

ご登録はクリックしてね下差し

DAY1:腸キッチン学が変える世界

DAY2:細胞をキレイにするために一番最初に整える事

DAY3:あなたは食べたものから出来ていなかった

DAY4:腸美人は〇〇で決まる

DAY5:太っているのに栄養失調

DAY6:最強で最安の栄養吸収方法

DAY7:断食の罠 成功する人と老ける人

DAY8:発酵食品との付き合い方

DAY9:甘いものがやめられない

DAY10:リーキーガットって何? 家庭で簡単に調べる方法

DAY11: 腸を修復する栄養素

***事務局 後藤のレポートです***

 

 

 

開始から2週間後、

第2回目が開催されました。

 




【前回までのレポート】
■ 腸キッチン学アドバイザー養成講座はじまります!
■ 【開催レポ】腸キッチン学アドバイザー養成講座 vol.1

 *1-1 腸キッチン学とは
 *1-2 こころのしくみ

 

 

 

日時

 


沼津:1月29日(水)
東京:2月1日(土)

 

 

 
 
0期の受講者は合わせて10名。

薬剤師、大学生、ネイリスト、クレイ講師、
耳つぼセラピスト、さば節屋の女将、
元鞄作家・・・などなど
 
 
 
 
お仕事も受講のきっかけも様々ですが、
基本的な思いは同じ。




自分や家族、
大切な人に健康であってほしい




腸キッチン学主宰のかじすみよさん
思いとリンクして
みなさんの学びに熱が入ります。



image
情報量が多過ぎて書くのが追いつかない〜(汗)



栄養学の常識は、実際コロコロ変わります。


この前まで良いとされていたことが、
間違っているとひっくり返されたり、
またまだまだ発見されていない栄養素も
たくさんあるそう。




そんな中、
真実を握るのは自分のからだの反応。




数ある情報に振り回されず
 
 
自分や家族が今どういう状態に
あるのかを
理解し


正直なからだとこころの声に
正しく耳を傾け

 
自分で答えを
導き出せるようになる!

 
 
 
前回のふりかえりをしつつ、
そして
【腸キッチン学】の目的も確認しつつ、
モリモリの1日がスタートします。

 
 
 
 
2-1 栄養と消化,吸収,排泄のしくみ

 

 

おうちで細胞を整える
腸キッチン学
ですから、


健康のために
全身の細胞37兆個に
(ちょっと前までの定説は60兆個)
栄養を送り届けるために
必要なことを学びます。




病気の原因としてあげられるのが
第1回目にもあったこころの問題


それから次に栄養不足があげられます。



栄養不足には2種類あり、
①絶対的な量が足りない
②栄養素がちゃんと吸収されていない
(=細胞に届けられていない)


日本人は②に該当する方が多いそうです。


 

 

最近、テレビでも
肥満でも栄養不足の場合があるなど
取り上げるようになっていますものね。



 

私自身が腸キッチン学に
興味を持ったきっかけは


「人は食べたものではできていない」


ということをかじさんから
教えてもらったからです。


かなり衝撃でした。





もちろん何を食べているかも大事です。
それが始まりですからね。



 

なので、まずは正しく
からだに必要な栄養素を知る講義が
始まります。




そこで
しつこい程(笑)タンパク質の話。




タンパク質が大事なことくらい
もちろん知っていましたけど



そんなレベルじゃない💦💦
ヤバイほどタンパク質は大事だってことが
わかります。




必要に応じて
サプリなどの栄養補助食品の助けも

必要になるかもしれませんが

だからと言って、プロティンを飲めば
解決するわけではなく、

第1回目に学んだボディタイプなどからも
判断していくことが必要になります。



 

全5回を通じて
自分で判断できるようになりたいという
気持ちが湧き上がってきます筋肉キラキラキラキラ

 

 

image



学んだことを

その場で簡潔にまとめて人に伝えるという
トレーニングもするのですが、


これが本当にドキドキ…笑い泣き




情報量はものすごいし
そもそも学んだばかりだっちゅーの…




でもでも、
受講者さん達は伝え方が

どんどん上手くなっているんです〜!!びっくり




「5歳児にもわかるように伝えたい」


という自身のテーマを持って
チャレンジしている方もいたりキラキラキラキラ




「今、学んだことを、

これを学ぶ前、
知る前の自分に伝えるとしたら
何を一番に伝えたいか、
どういう風に伝えたいか、
それを考えてみるといいかもしれない」




かじさんの控えめながらも
的確かつわかりやすいアドバイスが
本当に勉強になります。




伝える側として
聞く側がどう受け取るのか
どうすれば受け取ってもらえるのか
意識したいと思います。

 

 

 

 

 

2-2 胃のしくみ

 

 

胃の主な役割はズバリ
消化!!!


 

 

胃でちゃんと消化できないと
腸での栄養吸収ができません。




消化酵素で分解して
どろどろにして

胃から次に進んで行くのですが、

ちゃんと消化して小さくなっていないと


「やりなおしっ!」



と十二指腸から胃に
送り返されてしまうのです。




それが
胃もたれ

 

 

そもそも、
なぜ消化できていないかというと
胃酸の問題が多く含まれています。




日本人は胃が弱い民族で
そもそも胃酸の分泌が悪いそう。




胃酸の不調があると
吸収できない栄養素は以下の通り。


タンパク質

ビタミンA

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンB3

ビタミンB6

ビタミンB12

ビタミンE

葉酸

亜鉛

カルシウム

マグネシウム

銅       etc


 

 

ひーーー💦💦
こんなに多いのー?
午前中に学んだ大事な大事な
タンパク質も入っている…えーん

 

 

 


「腸」の前に「胃」を学ぶ理由が

理解できました。

胃、大事。

胃酸、めっちゃ大事。



 

 

そこで
どうすれば胃酸が出るようになるか
その前に
そもそも自分の胃酸は十分出ているのか

 

 

家庭のキッチンでできる
セルフチェックの方法を学び
次回までの宿題として必要な

キットをお持ち帰りします。



これぞ、腸キッチン学♪
家庭でできる予防医学
です。


 

image



胃酸のセルフチェック方法については
かじさんの

腸キッチンおうち細胞ケア
11日間無料メールセミナー

無料特典としてついています♪

 

登録はこちら↓↓↓

https://88auto.biz/kajisumi/registp.php?pid=2

 

 

 

image

さぁ、受講者の皆さんの
胃はどんな様子なんでしょうか?

次回の発表が楽しみです。


ちなみに、私は
ちょっと胃酸分泌がよろしくなさそうです…
えーん




次回、第3回の内容は、

 

 

3−1 口腔のしくみ

3−2 小腸のしくみ
 




「次回は〈口腔〉だから、〈胃〉よりも
ボリューム少なめですかねー?」



と確認したところ、


「口腔もめっちゃ大事なの!
ボリュームは変わりませんっドキドキ




とのこと笑い泣き

 

 


受講生のみなさま

次回も頑張りましょうね♪



【開催レポ③】腸キッチン学アドバイザー養成講座vol.3に続きます。




レポート:事務局 後藤みどり

 

 

 

情報満載で読みやすい!
毎日20時に届きます♪

ご登録はクリックしてね下差し

DAY1:腸キッチン学が変える世界

DAY2:細胞をキレイにするために一番最初に整える事

DAY3:あなたは食べたものから出来ていなかった

DAY4:腸美人は〇〇で決まる

DAY5:太っているのに栄養失調

DAY6:最強で最安の栄養吸収方法

DAY7:断食の罠 成功する人と老ける人

DAY8:発酵食品との付き合い方

DAY9:甘いものがやめられない

DAY10:リーキーガットって何? 家庭で簡単に調べる方法

DAY11: 腸を修復する栄養素

 

米国NTI

認定栄養コンサルタント

キッチンで細胞を整える

腸キッチン学主宰

梶 純代です

 

 

 

今日は2月4日

二十四節気(にじゅうしせっき)

の暦の上では

新しい年の始まり

立春

という日になります

 

 

 

二十四節気は

1年を春夏秋冬の4つに分けて

それぞれを6つ

(3つの節気と3つの中気)に

分けたものです

 

 

 

今日立春が

1年の始まりドキドキ

 

 

私は暦や月の満ち欠けの

専門家ではないですが

 

自然と調和しているような

暦を知るのは

とても楽しいなあと

思っていますニコニコ

 

 

 

 

腸キッチン学は

こころとからだの事について

お話をしていますが

 

 

 

私達のからだも

元をたどれば

宇宙の元素から生まれている

ので

 

 

 

 

私達のパイセンである

同じ元素の月や

自然界の影響を受けるのは

当たり前

という感覚です

とか言う割には

それほど詳しくないけどチュー

 

 

 

 

立春の今日は

最初の季節

春のスタートブーケ2

になります

 

 

 

春の始まりと言われても

 

 

どこが春やねん

寒いわっ!!雪の結晶雪の結晶

 

 

 

と思うような

立春ですが

 

 

 

 

1年のスタートということで

今年の漢字1文字

決めましたラブラブ

 

 

 

 

2年前から

クレイソムリエの大谷景子さんや

プレミアムソムリエ仲間の影響で

今年を表す1年の漢字を決める

ということをしているのですが

 

 

 

早い人は

年末には決めているものの

 

 

 

わたくし

いつも1月のお正月には決まらず滝汗

 

 

 

決めた~と思っても

違うなとか迷い滝汗

 

 

 

少し経った頃に

やっと決まるというのを

繰り返してます

 

 

 

なぜかというと

しっくり来るまで

寝かせたいから

めちゃ良い感じの言い訳にしましたグッ

 

 

 

 

本当にこの漢字1文字の

パワーが凄まじく

私にとっては

1年を左右するような

ものになっているのも事実ゲッソリ

 

 

 

 

因みに

去年の漢字一文字は

 

 

整!!

 

 

 

言霊ではないけれど

 

 

 

まさに

整!!

という年になりました笑い泣き

 

 

 

 

経済的なことや

人間関係や

今までのキャリアとか

 

 

 

これでもカッ!!という位

色々な意味で

いらなくなったものを

捨てたり

手放したり

整理しなおした年

 

 

 

ある意味

ものすごく

苦しい作業の連続でした

 

 

 

めっちゃ

断捨離したわゲロー

 

 

 

 

というか

1月もまだまだ

整モードは

残ってる感じで

 

 

 

年末から

電化製品の不具合祭り

 

 

 

パソコンがダメになり

データーが大量に紛失したり

携帯の不具合など滝汗

 

 

 

良い意味でも

整える集大成になりました笑い泣き

 

 

 

1月は正月以来

SNSとはほぼ無縁の生活

インスタもFBも

ほぼ正月で止まってるし~

 

 

 

SNSから1ヶ月間

離れてみると

 

 

 

SNSとの付き合い方の

良いこと、悪いことも含め

両方について考えるきっかけになりましたニコニコ

 

 

 

 

そして今年の一文字は

(今日、決まりました)あせる

 

 

 

(はぐくむ)

 

 

 

自分の芯の部分や

講座の受講生や

家族や

自分の夢

新しく変えたい自分に

よりフォーカスして

育めたらなあドキドキドキドキ

 

 

 

 

まだ考えてなかった

私のような方も是非

言霊の入った

漢字一文字で

新しい年をスタートしてみてくださいニコニコ

 

***事務局 後藤のレポートです***

 

 

 

さあ、始まりました!

腸キッチン学アドバイザ養成講座。





腸キッチン学アドバイザー養成講座はじまります!
はコチラ→


 

 

日時

 


沼津:1月15日(水)
東京:1月18日(土)

 

 




沼津会場は、講師のかじさんのご自宅。




ベランダからは海が見える
とても素敵な白いリビングです。
 
 
 
 
1−1 腸キッチン学とは

 


腸キッチン学は
ホリスティック栄養学をベースにした
完全オリジナルメソッドです。

 

 

 

 

・からだのしくみ

・こころのしくみ

・食のちしき

・セルフチェックの仕方


の4つを使って
自分メンテナンス力を高める知識
身につけます。



 

また、今回の講座では
腸キッチン学アドバイザーとして
わかりやすく伝えるトレーニングもします。

 





グループワーク中  みんな真剣です♪





従来の栄養学では

主に栄養素とカロリー計算を学びますが、



これは誰が何を食べても
同じように栄養が届くというのが
前提の学問になっています。




でも同じものを食べているのに
人によって健康と不健康な人が
いるのはなぜなのか?



従来の栄養学では
解決できない問題があります。


 

 


それは人によって

細胞への届き方が違うから


 

何をどのように消化して
吸収するか、排泄するか
受け手の状態によって違う
ため
まずは自分のタイプを知ることが

大事になります。


 

 

 

私たちは大きくは

4つのボディタイプに分かれていて



そのタイプによって必要な酵素が
違うとのこと笑い泣き
 

 



ボディタイプ診断中
かじさんスタイルがいい…
ドキドキ

 


 

まずは
自分や家族のタイプを知るということが
本当に大事。




受講者さんが
腸キッチン学アドバイザーとして

簡単にできるセルフチェックを
広げていかれるのが本当に楽しみです♪


 

 
2−1 こころのしくみ


 

胃や腸の消化や吸収のしくみを
学びに来たのに
なぜこころのしくみなの?




と受講者さんは思われたかもしれません。




でもこの回がこの講座のキモキラキラ
言ってもいいくらいなのです。

 

 

 


からだのしくみの知識を
いくら学んでも学んでも
そして実践しても
どうしても解決できない場合があるのです。




日本でもよくある言葉で
「病は気から」
は、あながち間違いではありません。




車酔いをよくする子が
酔い止めによく効く薬だと言われて
ラムネ飲ませたら
大丈夫だった…という事例は
プラシーボ効果というそう。



信じることや思い込みで
治療効果が得られるんですね。




逆の場合は、
ノーシーボ効果といいます。



水も毒だと言って飲ませれば
具合が悪くなるかもしれませんね。



 

かじさんが学ばれた
ホリスティック栄養学では
こころのことは中盤以降で出てきたそうで


もっと早く
こころについて知っていた方が
からだのことも理解が早かったのにーームカムカ
という経験を踏まえての
今回のプログラムになっています。

 

 

 

その他

 

・量子力学

・波動

・潜在意識と顕在意識

・脳のしくみ

 

 

など
こころのしくみの
科学的な講義
が続きます。





これを1日で理解するのは到底無理!



全5回かけて、いや、一生かけて

回収していく学びなのではないかと
思います。

 

 

 

 

受講者さんの


「子育て真っ最中の時に
これを知っていたかった!」

 

という印象的なコメントもありました。

 

 

 

 

 

 


第2回の内容は、

 

 

2−1 栄養と消化、吸収、排泄のしくみ

2−2 胃のしくみ
 


 

とても楽しみです♪

 

 

 

 【開催レポ】腸キッチンアドバイザー養成講座vol.2
に続きます。





レポート:事務局 後藤みどり

 

 

 

情報満載で読みやすい!
毎日20時に届きます♪

ご登録はクリックしてね下差し

DAY1:腸キッチン学が変える世界

DAY2:細胞をキレイにするために一番最初に整える事

DAY3:あなたは食べたものから出来ていなかった

DAY4:腸美人は〇〇で決まる

DAY5:太っているのに栄養失調

DAY6:最強で最安の栄養吸収方法

DAY7:断食の罠 成功する人と老ける人

DAY8:発酵食品との付き合い方

DAY9:甘いものがやめられない

DAY10:リーキーガットって何? 家庭で簡単に調べる方法

DAY11: 腸を修復する栄養素

***事務局 後藤のレポートです***



2020年1月より



腸キッチン学アドバイザー養成講座
0期 全5回




が、東京と静岡沼津で
始まりました。








この腸キッチン学
完全オリジナルメソッドです。




主宰のかじすみよさんの数ある資格の1つに
米国NTI認定栄養コンサルタントという
資格があるのですが、




この時に学ばれた
ホリスティック栄養学がベースとなっています。





Holisticとは、
ギリシャ語のholos(全体)が語源となっており

holosは、whole(まるごと)holy(神聖なる)
heal(癒す)h
ealth(健康)

などの意味も持つと言われています。

 

 


 

この米国NTI認定栄養コンサルタント
という資格は

その名の通り、アメリカの資格なんですが
なんと毎月レポートが50枚もあったとか。
脱落者続出らしい・・・笑い泣き



 

 

10年前は
今ほど簡単に情報が得られないため、
英語の文献を読み漁り、
調べながらの学びだったそうです。




資格取得後も、

日本中の先生や専門家の方から

栄養学、量子学、予防医療などを学び
どんどんアップデートを繰り返されています。




この膨大な知識の中から

必要な知識
チョイスして

凝縮
しかもわかりやすく
おうちで実践できる

メソッドとして
腸キッチン学

を完成させました。




使えない学問は意味がない。

 


おうちで簡単にできなくてはいけない。


セルフチェックに使うものは
手に入りやすいもの。
安価なもの。





と、かじさんは考えています。




そしてそれをたくさんの方に
知って欲しい。


自分と周りの人たちを
健康にして欲しい。




とかじさんは願っています。






そんな思いの詰まった

腸キッチン学アドバイザー養成講座
開講です!



【開催レポ】腸キッチン学アドバイザー養成講座 vol.1
へ続きます。


 

 

 

レポート:事務局 後藤みどり

 

 

 

 

情報満載で読みやすい!
毎日20時に届きます♪

ご登録はクリックしてね下差し

DAY1:腸キッチン学が変える世界

DAY2:細胞をキレイにするために一番最初に整える事

DAY3:あなたは食べたものから出来ていなかった

DAY4:腸美人は〇〇で決まる

DAY5:太っているのに栄養失調

DAY6:最強で最安の栄養吸収方法

DAY7:断食の罠 成功する人と老ける人

DAY8:発酵食品との付き合い方

DAY9:甘いものがやめられない

DAY10:リーキーガットって何? 家庭で簡単に調べる方法

DAY11: 腸を修復する栄養素