ほくとの気ままなブログ

ほくとの気ままなブログ

ブログの説明を入力します。

映画

「プライズ~秘密と嘘がくれたもの~

 

2011年 メキシコ、フランス、ポーランド、ドイツ 109分

 

ベルリン映画祭銀熊賞受賞(この年の金賞は、先日紹介した映画「別離」また「ニチェの馬」銀熊賞を受賞しています)。

 

<監督>

パウラ・マルコビッチ

<キャスト>

ラウラ・アゴレカ、

パウラ・ガリネッリ・エルツォク

 

<内容>

1970年代のアルゼンチンで、世間から身を隠すようにして海辺のボロ屋でひっそりと生きる1組の母子。

けれども7歳の少女セシリア(パウラ・ガリネッリ・エルツォク)には、なぜ自分たちがそうした生活を送らなければならないのか、その理由がよく分からない。ある日彼女は、軍人が教室に参列した学校の作文の授業で、軍に入隊した親戚が死んだことを素直に書き綴った文章を先生に提出する。その晩、それを知った母親は、思わず血相を変えて家を飛び出し…。

 

女性監督パウラ・マルコヴィッチが記憶と実体験を基に描いた本作

暗躍の時代にもひときわ輝く子供たちの無垢な笑顔に心掴まれる至極の感動ドラマ。

第61回ベルリン国際映画祭において、撮影と美術の2部門で銀熊賞芸術貢献賞を受賞した本作は、現在メキシコを拠点に活動する女性監督のP・マルコヴィッチが、1970年代の軍事独裁政権下のアルゼンチンで少女時代を過ごした自らの記憶と体験をもとに作り上げた半自伝的ドラマ。

 

抑圧的な社会体制の中で人々がピリピリと神経をとがらせ、息をひそめるようにして不安な毎日を送る一方、そんな大人の事情がよく分からないままにひとりの少女が書き上げた作文が波紋を巻き起こす様子を静かに描き、軍事政権下の不条理を浮き彫りにさせている。天才子役パウラ・ガリネッリ・エルツォクの無垢な表情から目が離せない幼き主人公セシリアを演じたパウラは本作でスクリーンデビュー。演技とは思えない7歳の少女そのままの仕草立ち振る舞いは観客を魅了し、フランスのビアリッツ国際映画祭では見事最優秀主演女優賞を獲得。今後の活躍が期待される注目の若手女優である。

(CURIOUSCOPEより)

 

**************************

 

 

少々ネタバレ注意!

 

とにかく子供たちの動きが演技なのか?

自然体なのが印象的な映像です。

 

 

そしてその中でも主人公演じるパウラ・ガリネッリ・エルツォクは、絶品。天才子役と言われるのも納得。

演技というより、その当時その場所で生活していたかのような振舞い、本当の親子にも見える演技などは素晴らしかった。

そして何と言っても明るい性格の子供が、次第に落ち込んでいく心理描写が秀逸です。

 

 

この物語は、監督のアルゼンチンの独裁政権下での半自伝的映画だということだから、これまたすごい。

海辺のぼろ小屋での、謎の多い生活なるのですが、実際にこのような生活や出来事があったのだろうと驚くばかり。

映画の中では、食事を作ったり食べたりしているような、生活感のある場面がほとんど出てこないので、逆にどのような糧を得る生活をしていたのだろうか?

 

 

そして彼女の父親は?と想像しながら話の流れに引き込まれていきます。

そして、何かよくわからない家族の真実が明かされてくる後半からの展開に目が離せなくなってきます。

 

 

セシリアは学校へ行くことになるのですが、事前に母から家族の事を聞かれたら、父はカーテンを売り、母は主婦だと答えるように教え込まれます。

 

 

内容のところにも書きましたが、ある時、軍人が作文を募集するとの事で、本来であれば国や軍隊を賛美するような作文を書かなけいけなかったところ、セシリアは正直に軍隊に入った親戚が殺されてしまったことを書いたものだからさぁ大変。

 

そのことを聞いた母親は、担任の先生の自宅まで行き、作文の内容を書き直したいことを行って伝えます。

しかしそれはほかの生徒にとっても不公平になるので、できないといって返されてしまいます。

しかし彼女たちが出た後にその作文の内容を読んだ先生は、急いで彼女らを追いかけます。

そして、もう一度書き直しなさいと許してくれました。

 

セシリアは、なんて書けばいいのと母親に尋ねると、母親は最初に書いたものと反対の事を書けばいいと言います。

そして後日、書き直した作文が最優秀賞になってしまいました。

 

 

軍本部の式典での表彰式に出たいというセシリア。

しかし反対する母親。

授賞式当日、式典に出たがって駄々をこねるセシリアに、母親が1通の手紙を見せます。

父親の事を書かれたと思われる手紙。

その手紙の内容を読んだセシリアが母親に「悲観論者って何?」と尋ねます。

母親は存在しないものだというような事を伝えます。

セシリアは、お父さんは軍に殺されたのかと問います。

 

軍政権に反対の思想をもつことで連行されて挙句の果てには、命まで奪われたのだと想像します。

 

 

表彰式当日、先生の子供さんの靴をかりて表彰式に出るセシリア。

でも終始うつむき加減。

そして親友には、父親の事を伝えます。

 

 

帰宅して、母親に報告と同時に謝るセシリア。

そして最後の場面では、海岸の砂浜で一人泣く彼女が映し出されます。

なんとも印象深いラストシーンでした。

 

 

淡々と日常の生活が描かれていく、地味なストーリー展開。

荒れ果てた海や何もない砂浜。

子供たちの声など、長回しの映像に不協和音がそのストーリー展開をより効果的な味付けをしていきます。

 

監督が幼少の時を送った時代背景、そして親子の背後に忍びよる恐怖の体験をよりひきだしてくれています。

 

 

終始地味な中にも、いぶし銀の輝きを感じる玄人好みの映画でしょうか?光るものがある素晴らしい映画だと思いました。

 

子供たちは正直に明るく楽しく生活を行いたい、しかし大人たちの都合によって、大きな波に翻弄されてしまう子供の心を見事なまでに表現した作品。

なかなかの掘り出し物でした。

 

あのメキシコ映画「ROMA」の雰囲気を個人的には感じた次第。

 

5点満点中3.8

麺食い街道2&藤沢廃墟&クイズ 

 

先月末から今月までの外食麺食い街道!

 

★「レストランセンターグリル」で

ナポリタン大盛り 

 

 

 

2月22日土曜、ジャク&ベティで映画を観た後に、友人が伊勢佐木町で用事があるので昼でもとの約束。当初、久しぶりに天ぷらの「豊野」へ行こうと思っていたのですが、あれ~~~!お店が閉まっている。

どうも昨年の11月に閉店してしまったよう。 

人気店だと思っていたのですが?なんででしょうね。

ということで急遽「レストランセンターグリル」へ移動しました。

何度か紹介をしておりますが、モチモチ麺、安定のナポリタン!!

ケッチャップのナポリタン発祥の店、間違いなくおいしいです!!

 

5点満点中4.0

 

 

 

 

 

 

★ 「麺屋502」

 

 

3月7日映画を観た後に、横浜ポルタにある「玉泉亭のサンマー麺」を食べようと思いつつ、店前に数名が並んでいたので予定もあるために、急遽大船にあるこちらの店に予定変更。

ランチが3時まででしたから、即効の移動でしたw。

 

 

こちらのお店はたぶんオープンして3年弱くらいの比較的新しい店だと思います。

ちょっと奥に入ったところにあるので、注意していないと見逃してしまうようなところにあります。

カウンター8席のみのこじんまりとしたお店。

到着した時は、店内はいっぱいで少し並びました。

 

 

502特製ラーメン大盛りを注文!(750円、大盛り100円増し)

半煮卵、チャーシュー、ノリ、ニラ、きくらげ、糸唐辛子にフライドオニオンチップが奇麗に飾られています。

特にフライドオニオンチップこれが、ほど良いアクセントになっています。

麺は極細ストレート麺(博多ラーメンの麺の感じ)、スープは澄んだ黄金色の醤油味の優しいスープ。

スープは美味しかったですね。

麺もまずまず美味しいのですけれど、個人的には極細より中太~太麺のほうが好みなので・・。

どうして、優し系スープには細麺が多いのでしょうかね?あっさり系や塩ラーメンなどのスープにも、どちらかというと細麺が多いですよね。中太麺でもしかりスープは絡むとは思うのですがどうでしょうか?。

 

お水は国産レモンが入っているレモン水が用意されています。

女性3人で切り盛りしていましたが、対応は良かったですね。

外で待っていた時も、少しお待ちくださいと挨拶してくださいました。

美味しかったです!

リピはありですね。

 

5点満点中3.8

 

 

 

 

 

 

★イタリア料理「モナリザン」

 

 

川崎で映画を観た後、せっかくだから川崎市内で一番古いと言われているイタリアンのお店。

評判のパスタを食べようと訪問(徳島ラーメンを食べるかどうか迷ったのですが・・)。

3月14日寒く雨が降る中、11時開店まもなくに入りました。

お店の雰囲気は結構いいです。

お客さんも開店から数組いました。

 

↑1F

2F?

↑2枚画像お借りしました。2F3Fではパーティもできるようです。

 

 

キャセロール・スパゲッティ(1,000円)

人気No.1メニュー!のグラタン風スパゲッティです。

ランチタイムは消費税サービス+ドリンク+サラダ付きで大変お得との前情報♪

外が寒かったからアツアツのグラタンにからむスパゲッティを、ハフハフしながら食べました。

そしてグラタンの海の中には海老がゴロゴロ入っています。

 

 

麺は少ないのかな?と思っていましたが、けっこうお腹いっぱいになりましたね。

 

美味しかったです。

ドリンクバーついているとのことでオレンジジュースも飲みましたが・・・会計は1000円じゃなかったような???Ww

 

次回、他のスパゲッティなどもチャレンジしてみましょうか!

 

5点満点中3.9

 

 

 

 

 

 

 

★平塚にて、「伊勢うどんいせ」

 

 

 

伊勢うどんは、随分前にお土産でもらったものを食べたことしかなく、その時の印象が大変良かったのです。

メチャメチャ柔らかい、でも煮込みすぎたうどんとは全く違う食感。

そしてあの独特のタレに感動したのですが、お店で食べる機会もないしそもそもこちらでは伊勢うどん専門店は皆無かと思っていたところあったんですね。

やっと先週3月28日に、わざわざ平塚まで楽しみに行ってきました。

ただ・訪問前に麻酔して歯の治療した後、1時間もたたないうちでの訪問がちょっと失敗でした。

お店はまずまずの客入り、店員さんの接客も良し。

 

 

注文したのは、3種類の麺を楽しめる「伊勢三昧」月見うどん、カレーうどん、伊勢うどん3種類各ハーフに、かき揚げ味噌汁がついたセットです(1000円)。

口の片側が、まだ麻酔で少ししびれというか感覚がない状態でしたので、口に入れたものがダラァ~と出ないように注意しながらの食事!!

 

 

柔らかく太い麺ですが、前に食べた時の麺はもっとヤワヤワだった気がするんだけどなぁ~が、まず最初の印象。

そこそこ美味しいのは美味しいのですが、期待しすぎてのギャップがありましたね。

もしかするとこの程度のヤワヤワだったのかもしれませんし、とにかく本場伊勢で食べたことないので何とも言えませんが・・。

麻酔で歯の治療後の口のなか状態、なおかつDrの手元が狂ったのか、あとで鏡みたら歯の部分とは関係ない唇の一部もちょっとえぐられていた状態でしたから、口の中いっぱいにしっかり味わうことができなかったもの残念でした。

リベンジで、三重県まで行きますか??ww

 

5点満点中3.2

 

 

 

 

 

 

 

★番外「藤沢廃墟」

 

藤沢駅北口銀座通りの商店街の路地をちょっと入った場所。

周りはマンションなどが建っているある一カ所に、ポツンとタイムスリップしたような廃墟があります。

前から気にはなっていたのですが、初めて訪問というより藤沢に用事があったので訪れただけですw。

廃墟マニアの間では割合有名な場所のようです、

 

「飲食朋友会」バラック酒場。

 

奥になにやら・・・・・!!

 

なんじゃ~~こりゃ!!

 

ありゃ~~すげぇ!

 

当日はもう取り壊されているのではないかと思っておりましたが、健在でしたね。

いやぁ~恐ろしいほどの廃墟感!

しかしなんで取り壊さないのでしょうか??昔観た写真と比べても、さらに年月が経過しているのでまた一段と廃墟化が進んだりしている感じではありました。

 

 

どうも昔はこの周辺は遊郭街だったようですね。

この近くに住む方の通路にはなっているようですが、夜はちょっと怖いような・・・^^;

私はけっして廃墟マニアではありませんので、あしからずw

 

 

 

 

 

★クイズに挑戦!

 

そうそう、藤沢駅北口にはレトロな喫茶店「ジュリアン」もあります。

 

 

この喫茶店、ある映画のロケ地にもなっています。

邦画で原作は漫画です。

 

さてその映画の題名はなんでしょうか?

そして劇中に登場したその喫茶店の名前は?

 

 

答えは、次回のブログ記事で!!と思いましたが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

映画「別離」

 

 

 

2011年 イラン 123分

 

<監督>

アスガル・ファルハーディー

 

<キャスト>

レイラ・ハタミ、

ペイマン・モアディ、

シャハブ・ホセイニ

 

第84回アカデミー賞外国映画賞受賞、

ベルリン映画祭金熊賞受賞、

その他世界各国での映画祭で受賞しています。

 

<内容>

イランのテヘランで暮らすシミン(レイラ・ハタミ)とナデル(ペイマン・モアディ)には11歳になる娘がいた。妻シミンは娘の教育のために外国へ移住するつもりだったが、夫ナデルは老いた父のために残ると言う。ある日、ナデルが不在の間に父が意識を失い介護人のラジエー(サレー・バヤト)を追い出してしまう。

その夜、ラジエーが入院し流産したとの知らせが入り……。

 

(シネマトディ)

 

**********************

 

 

ギャオにて初鑑賞。

人間の複雑な心理と

社会問題も浮き彫りにした人間ドラマ。

 

離婚が決まっている夫婦、そしてその娘介護が必要な夫の父親、そこに関わる貧しい3人の家族がおりなす人間ドラマ。

そしてもう一つ重要なのはコーラン、この点はイランの映画だという感じでした。

コーランの前では嘘は言えない。

日本人にはもしかしたら理解できないかも?

ただ同じような教えは日本でもありますけれどね、嘘を言うと閻魔様に舌を抜かれるとか。

 

 

娘の教育のためには海外に移住したいという妻、しかし意見が合わずに家を飛び出してしまった妻。

病床の父親をおいて子供の為とはいえ海外には行けないという夫。

お互いの気持ちのすれ違いが、問題を起こしていきます。

この家庭は、欧米文化に感化されているようなイランの中流家庭。

 

妻が出て行ってしまったものだから、父親のために介護人を雇います。実はこの介護人は失業している夫に隠れて働きに来ています。

そして彼女は敬虔なイスラム教徒であって、妊婦さんでした。

 

 

ただしこの女性を雇うことで、問題が発生します。

雇い主と介護人、二組の経済的格差のある家庭、それぞれの倫理観なども違う家庭が交錯して、色々な出来事がおき摩擦が生じてきます。

 

 

 

ある日主人公の夫が部屋に戻ると、父親がベットから落ちて意識がなくいなっている。

手には縛られていたような痕跡が。

そしていなければいけない介護人が外出してしまっている。

何故にそのような行いをしたのか?

戻ってきた介護人とひと悶着あった後に、彼女が流産してしまったという知らせが入り、裁判沙汰になってくる。

 

このあたりから入り組んだ人間模様が感情の高まりがマックス状態に。ただし、その事件の核となる真相は伏せられてドラマは進行するので、見ているものは色々と推理してしまいます。

 

 

展開が、個々の嘘や隠し事などが入り組みあって進行するものですから、ミステリーのような推理小説のような展開に発展していきます。

 

ただやはり根底に流れているのは、誰でも持っている人間の業であろうということがわかります。

それぞれが必死で生きるためには、誰かを傷つけ迷いながらながら生きていく等・・。

 

ですから観客は自分をどのキャストに置き換えて、また自分だったらどうなのかと、我が身にに置き換えて観ることもできるでしょう。

 

それぞれが何か守りたいものがあっての出来事。

だからそれが余計に話を捻じ曲げてしまうことにもなるのです。

 

この文章読んでいて、ねじ曲がっていませんか?

話の内容少しでも理解いただいているでしょうか?w

 

 

誰が本当に悪者なのか?犯人探しをしたくなるところですが、実はこの物語には絶対的な悪者が出てこないのです。

 

 

前述しましたが、観るものがキャストの誰に共感するかでも、見方も変わってくる感じ・・というように複雑な人間模様に翻弄されそうですw

 

終始、喜怒哀楽あるメインの5人による会話で話が進行しています。

とにかく、それぞれの役者さんの演技が本当にうまい。

ドキュメント映画を観ているような感じでした。

 

日常どこの家庭社会でも起こりそうな問題、そしてどこにでもいそうな人物を見事に演じています。

ですから約2時間のドラマですが、見入ってしまってあっという間でしたね。

演技の良さもありますが、脚本の良さもあるのでしょうか。

 

特に秀逸だったラストシーン。

 

離婚が決まっている両親。

裁判官がその両親がいる前で、その娘テルメーに母親のほうについて行くか?それとも父親のほうについていくか?を問います。

娘は決まっていると話しますが、答えをなかなか言いません。

裁判官は、子供が応えやすいように両親には部屋の外で待つように伝えます。

 

 

外に出た両親は向かい合わずに、少し距離を経た、手前と奥に位置して座っています。

このアングルは最高でした。

修復が絶望的な様子。

 

そしてエンドロール・・。

テルメーの答えは、さてどちらになったのでしょうか?

観るものに答えをゆだねます。

 

 

この作品は、舞台劇としても成立しそうな様相。

誰が悪者だったのか?誰に責任があるのだろうかと、推理しながら観ているものを作品に引き釣り込んでいきます。

 

出来事自体は特に特別な事件でもないし、映像でスリリングな場面など特にあるわけでもないのですが、見続けさせる力、引き込む力のある作品だと思います。

 

なかなか見ごたえありました。

 

 

5点満点中3.9