ホクモウスポーツガーデンのブログ

ホクモウスポーツガーデンのブログ

-footballにおいて「考える」をテーマに書かれたブログです-

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
「考える」ための軸として、サッカーにおける優先順位がブレないことが大事!!

ツエーゲンU-15(中学2年生)のトレーニングを見学。
●トレーニングメニュー
①4対1もしくは3対1
正方形のグリッドでポゼッション。ボールは2個。1個は足、もう1個は手でボールを回す。ディフェンスは、足で回しているボールをカットするか、手でボールを持っているオフェンスに手でタッチすることで、攻守交替ができる。
②6対3
長方形のグリッドでポゼッション。特に、攻撃の方向性は決めない。
③8対4
センターラインの真ん中に黄色のマーカー2個で門を作る。その少しサイドの両側に赤色マーカー2個ずつで門を作る。
攻撃は、真ん中の黄色マーカーの門をダイレクトで通せれば2点。赤色マーカーの門をダイレクトで通せれば1点。
④7対7のゲーム

●所感
・全体通して、【ゴールを奪うために一番効率が良い選択肢は何か、ゴールを奪われないように守る中で相手からボールを奪うためにはどうしたら良いか】、というシンプルではあるが選手も指導者もブレやすいサッカーのセオリーがしっかり徹底されたトレーニングメニューと指導者の指示が出されていた。
指導者の指示が一貫しているため、選手も「考える」ための軸がしっかりしており、プレーの良し悪しが明確になっていた。

具体的には・・・
①攻撃に関して、まずは優先順位としてゴールに一番近い中央突破。相手が中央を固めたら、はじめてサイドというセオリーが徹底されていた。
中央突破については、バイタルエリアへの流動的な入り方、パスの入れ方、ボールがバイタルエリアに入った時に孤立させないような3人目のサポートの距離などの指示が出されていた。
②守備に関して、追い込んだ時にアタックする機会を逃さないこと、アタックにいける時、いけない時、どちらでもない時の、どちらでもない時にアタックにいくのかどうかの判断について、指示が出されていた。

※ あくまでも筆者が観て感じたことを書いているものなので、指導者の意図と相違などもあるとは思いますが、ご了承下さい。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス