北海道のアンジュルムファンのブログ

北海道のアンジュルムファンのブログ

北海道在住のアンジュルムファンが、アンジュルムのことのみならず、いろいろなことを書きます。
Twitter、YouTube、Ustreamなども運用中。
2014年12月22日、改名に伴い「北海道のスマイレージファン」から「北海道のアンジュルムファン」に変更しました。

【北海道のアンジュルムファンはいろいろなところに投稿中】
Hokkaidosm - Twitter -- 最新情報。短い記事。
北海道のアンジュルムファン(@Hokkaidosm) - Twilog -- 上のTwitterを自動的にブログ形式にまとめる。
Hokkaidosm - YouTube -- YouTube上にあるスマイレージ関係の動画まとめ。
北海道のアンジュルムファン 公開用ページ -- すべての集大成。

【お知らせ】
上記「Hokkaidosm」のTwitterが規制にかかって使用できないときにはサブアカウント「Hokkaidosm_sub 」で運用します。

【今回の情報流出の詳細情報開示と情報保護体制強化を求める署名をしました】→http://bit.ly/ameba_sign_201308

今年もプリキュアあそーとが9月にリリースされますが、先行して本日よりオンラインで回せます。

そこで、オンラインだとどんな感じになるのかを確かめるべく、回してみました。

 

まずは昨年までの状況のまとめです。

 

2021年春(ゆめのまち)は12種を33回、9900円でそろえました。

 

2021年秋(奇跡の指輪)は心優しい女の子のおかげで、11種を13回+4回=17回、5100円でそろえました。

 

2022年(夢みるお子さまランチ)は14種を17回、5100円でそろえました。

 

2023年(ASF)は12種を22回、6600円でそろえました。

 

さて、2024年の挑戦結果はどうなったでしょうか。

今回は全11種。単価はこれまでと同様300円です。

 

ガシャポンオンラインでは複数回まとめて回すことができますので、まとめた結果を記載することとしましょう。

  • 1回目:11回(3300円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアスカイ):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアプリズム):4個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアミラクル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアニャミー):3個
    • C賞缶ミラー(キュアリリアン):1個
  • 2回目:3回(900円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアミラクル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアニャミー):1個
    • C賞缶ミラー(キュアリリアン):1個
  • 3回目:3回(900円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアスカイ):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアミラクル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアニャミー):1個
  • 4回目:5回(1500円)
    • A賞ビッグサイズフィギュア(キュアワンダフル):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアスカイ):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアマジカル):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアフェリーチェ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):1個
  • 5回目:2回(600円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアフェリーチェ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):1個
  • 6回目:3回(900円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアスカイ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアワンダフル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアリリアン):1個
  • 7回目:4回(1200円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアスカイ):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアプリズム):1個
    • C賞缶ミラー(キュアワンダフル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):1個
  • 8回目:2回(600円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアフェリーチェ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアリリアン):1個
  • 9回目:5回(1500円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアマジカル):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアフェリーチェ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアリリアン):2個
  • 10回目:3回(900円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアプリズム):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアフェリーチェ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアワンダフル):1個
  • 11回目:5回(1500円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアプリズム):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアミラクル):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアマジカル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアワンダフル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアリリアン):1個
  • 12回目:5回(1500円)
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアミラクル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアワンダフル):1個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアニャミー):2個
  • 13回目:10回(3000円)
    • A賞ビッグサイズフィギュア(キュアワンダフル):1個
    • A賞ビッグサイズフィギュア(キュアフレンディ):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアスカイ):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアプリズム):2個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアミラクル):2個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアフェリーチェ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):1個
    • C賞缶ミラー(キュアニャミー):1個
  • 合計:61回(18300円)
    • A賞ビッグサイズフィギュア(キュアワンダフル):2個
    • A賞ビッグサイズフィギュア(キュアフレンディ):1個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアスカイ):6個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアプリズム):9個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアミラクル):7個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアマジカル):3個
    • B賞カプセルラバーマスコット(キュアフェリーチェ):6個
    • C賞缶ミラー(キュアワンダフル):5個
    • C賞缶ミラー(キュアフレンディ):7個
    • C賞缶ミラー(キュアニャミー):8個
    • C賞缶ミラー(キュアリリアン):7個

これまでの記録(33回)を大幅に上回る61回という結果となってしまいました。

オンラインでは回さない方良いかもしれませんね…。

明日12日リリースですが、今日(11日)から順次届いています。

 

今回はこんな感じで発注しています。

  • Neowing(4月27日発注)
    • 初回A
    • 初回B
    • 初回C
    • 初回SP
    • 通常B
  • 楽天ブックス(4月27日発注)
    • 通常A
    • 通常C
  • タワーレコード(5月31日発注)
    • 通常A

到着状況は下記の通りです。

なお、当方は「関東圏からは発送の翌々日到着」地域となります。

  • 楽天ブックス:6月9日発送、11日着(ゆうパケットでポスト投函)
  • Neowing:6月9日発送(発送通知メールは10日付)、11日着(ゆうパック)
  • タワーレコード:6月10日発送、12日着(ゆうパケット)

この状況を踏まえて次の発注を考えるため、記録しています。

以前こんな記事をアップしました。

要約すると、「ホテルとJRのセットプランでは、旅行会社が指定した途中下車取扱駅以外での途中下車ができない」「同じ区間でも、旅行会社によって途中下車取扱駅が変わる」ということです。

 

これまでのデータを少しまとめてみました。
【凡例】乗車:この駅から乗車、○:途中下車取扱駅、×:途中下車取扱駅以外、降車:この駅で降車
2020年12月(船木卒業公演、近畿日本ツーリスト)は手元に保管していた切符が見当たらないため省略
2021年11月(笠原卒業公演)はJRとホテルを別手配したため対象外

今回はこうなりました。

  • 2024年6月:佐々木卒業
    • 旅行会社:日本旅行
    • 新函館北斗:×
    • 新青森:○
    • 東京:×
    • 横浜:下車

これがやっかいなのが、「東京駅が途中下車取扱駅じゃない」と言うこと。

今年も東京でのスケジュールを入れました。

そのためには一旦東京駅で改札を出る事になるのですが、途中下車取扱駅以外での途中下車ができないのです。

 

日本旅行にちょっと確認してみました。

JTBという社名は出さずに、去年こんな案内を受けたが取扱相違ないかと聞きました。

  • 東京駅から使用することは可能であるが、使用しなかった部分の払い戻しは行わない
  • 東京駅では自動改札で対応できないため、駅員による切符の確認が必要

いずれも「ご認識の通りです」との回答でした。

 

なお、実はこの1週間前に母が桜木町方面に行くので、同様にJRとホテルのセットを手配しました。

その結果がこちらです。

  • 2024年6月:母分
    • 旅行会社:近畿日本ツーリスト
    • 新函館北斗:○
    • 新青森:×
    • 東京:○
    • 品川:○
    • 横浜:×
    • 桜木町:下車

今後はKNTの方が良いかもしれません。

 

ちなみに母は方向音痴のため、当方で1泊2日の説明書を作ったら60ページくらいありました。

当方はGoogleマップがあれば大丈夫なので、2泊3日で10ページに満たないくらいです。