土方歳三資料館日記 (Hijikata Toshizo Museum Blog)

土方歳三資料館日記 (Hijikata Toshizo Museum Blog)

土方歳三の生家跡に設けられた資料館にて運営に携わる子孫の綴る日記。

「土方歳三資料館図録」発売中!
図録表紙

おまけ編ですキラキラ

 

法要後、函館空港へ送って頂きながら、松前観光協会の方と松前城資料館の久保先生に、いろいろな史跡をご案内いただきました。

 

久保先生は、松前町の歴史の第一人者です。

箱館戦争、特に松前の戦いについてもお詳しく、土方軍の行軍ルートなど勉強になりました。

 

最初に私のお願いで、松前公の歴代墓所にお寄りいただき、お参りさせて頂きました。今回、旧幕府軍側だけでなく、やはり新政府軍側の墓所にも手を合わせたいと思いました。

 

 

 

 

 

そのあとは、折戸浜台場あとへご案内いただきました。

折戸浜台場は、松前手前にあり、江差方面から南下してくる新政府軍を阻むには、最後の砦となった台場です。

 

 

風車(?)の立っている平場が折戸浜に設けられた台場跡。

ちょうど木古内駅前のモニュメントに絵図が紹介してありましたので、画像をお借りして載せてみます。

 

右下の平場が上の写真の平場と一致する場所です。

       (どちらも原史料:函館市中央図書館所蔵です)

 

 

実際にその場に立っていると、学校の校庭くらいはありそうな平場になっています。

明治2年の戦いで旧幕府脱走軍は、ここに砲台を設置し、新政府軍の海陸からの攻撃に対し、「ここを抜かれたら松前になだれ込んでくるぞ。」と防戦しました。

 

数十年前、開発のために崖を切り崩したところ、新政府軍の軍艦より放たれたとみられる砲丸が出てきたそうです。

 

向かいには松前小島が見えます。

 

 

折戸浜台場を後にし、

久保先生は、「明治元年の11月、土方軍は白神岬の海側から攻めてくると予測した松前藩は海沿いに陣を張って待ちぶせたけれど、実は当時3つあった道のうち、遠回りして一番山側のルートから進軍してきたんだよね。」

と、旧道をご案内くださいました。

敵の予想の裏をかく戦術をとる土方軍。

小さい頃から喧嘩強い歳三さんの勘どころでしょうか。

 

結構幹線道路沿いに旧道は遺されていて、GWには旧道ウオークなる催しもあるそうです。

 

歳三さんの通った道を歩いてみたくなりましたキラキラ

(土方資料館も忙しい時期なので、当分予定は立てられませんがアセアセ

 

そして、その時でした!!

 

クマが、停車していた車のすぐ前(1メートルないくらい?)を、たかたんっと軽やかに横切って、すぐ脇の繁みに入りましたびっくりびっくりびっくり

 

「く、熊だ!」と地元のお二方も驚きが隠せない様子!!

 

 

 

…逃げもせず。エンジン音とか自然界ではありえない音がしてるのに怖くないのかな?

 

車に乗っている私たちをしばら〜く眺めた後、ザザザと熊笹の繁みの中へ消えて行きました。私たちも、クマを刺激しないようにと静かに発進しました。

 

 

あーびっくりしました。

人生初のヒグマとの遭遇ですガーンガーンガーン

 

久保先生によると、おそらく3歳くらいの子グマ。独り立ちしたばかりで、母親がついていなかったから良かった。あれで母子連れだと、母親がすごく攻撃的で危険なんだそうですアセアセ

 

少し前には人間の生活圏に近寄ることはなかったそうですが、ちょうど前日にも木古内駅のそばのスーパーの近くで熊の目撃情報があったとニュースで報じられていたそう。

もしかしたら、だんだんと人間の生活音に熊が慣れ始めてきているのかなと思いました。人間に危害があれば、罪ない動物も射殺されますし、どちらにも良いことはないので、なるべくお互いテリトリーを守って共存できると良いですよね。

 

しかし、ゆったりした動きで

「のっしのっし、がおー」

のイメージのあったクマでしたが、実物はめっちゃ身のこなしが軽く機敏さもあって、狙われたら一瞬で捕まりそうでしたえーん

しかし、全員無事で良かったです。

暖かい時期の北海道はアスファルトのあるところでも、何があるかわかりませんね。

(鹿、飛び出しとかもよくあるようですしアセアセ

 

いつも道南の台場跡を訪ねると思います。

雪の積もる前にと、旧幕府脱走軍はたくさんの台場を作っています。雪解けを待って新政府軍がやってくると、きっとわかっていたから。

しかしながら、新政府軍との攻防より以前に、見張りの兵士など、道南の厳しい自然との戦いではなかったかと。

寒さ、束風、動物たちとの闘い…

 

銃砲の響く戦場までは熊は近づかなかったでしょうが、台場などの持ち場で寒さをこらえ昼夜見張りをする隊士たち、行軍の間のハプニングなど、苦労はしのばれます。

そんな事柄にも思いを馳せ、帰路に着きましたキラキラ

 

 

最後に人生初体験のおまけつきで、

今回の旅、いろいろな意味で忘れられない旅となりましたキラキラ

 

 

 

長くなってしまいましたが、最後までお読みくださった皆様、

お付き合い頂きましてありがとうございましたキラキラ照れキラキラ

 

 

星終わり星

 

 

 

北海道松前 戊辰己巳の役百五十年事業実行委員会の皆様のご尽力にて、盛大な除幕式と150回忌大法要会が執り行われました。

 

 

 

除幕式直前の様子。今回合同慰霊碑の傍らには、戊辰戦争終結150年を記念して道南各地に建てられているモニュメントが建てられました。

こちらは土方軍が陣を敷いたということで、土方歳三のモニュメントです。

 

この道南各地のモニュメント、一つ一つ全て違います。

その地ならではの史料や解説が書かれていて、ものすごく勉強になるキラキラ

法華寺のモニュメント、少しご紹介しちゃいますキラキラ

 

        (画像はモニュメントよりお借りしました)

 

そして除幕式が始まりました。

 

松前仏教会のお坊様が揃い、宗派を超えてお経を読まれ、大変荘厳な光景でした。

 

題字は、碧血碑を建てて以来、代々旧幕府軍戦没者の慰霊にご尽力されてきた榎本家の現ご当主・榎本隆充様のご揮毫です。

 

題字の「安」に込められた松前の皆様の想いキラキラ

読んでいてジンときました。

 

参列者に配布された式次第

 

建碑までの経緯が書かれています。

 

 

 

その後は、法華寺本堂にて、150回忌大法要会が執り行われました。

 

 

当時は埋葬禁止令が敷かれたために、会津、東北、道南を中心に戊辰の役にて命を落とした方々の墳墓と伝わる自然石や、無名戦士の合葬墓などは数え切れないほど存在します。

今まで機会があれば、そうした場所を訪ね、手を合わせてまいりました。法華寺の合葬塚へも、何度かお参りさせていただいておりました。

 

誰にも訪ねられることなく、参られることもなく、故郷から離れた戦死地で静かに眠る御霊も多い中、松前で戦死した方達は、松前町の皆さまのご尽力により手厚く供養され、幸せだと思います。

何より、今回の建碑を、榎本武揚総裁、歳三さんが喜んでいることと思います。

 

150年もの長い間、旧幕府脱走軍戦没者の合葬塚を護り、供養を続けられてきた法華寺さま、この度、建碑にご尽力されました戊辰己巳の役から150年事業実行委員会の松前の皆様に感謝の気持ちです。

 

 

 

法要が終わり、上を見ると、晴れ渡る秋の空、でしたキラキラ

 

その伍は、おまけ編キラキラ

人生初、ヒグマとの遭遇!

 

除幕式当日は、午前中に私が

「土方歳三と箱館戦争」という題で

1時間弱の講演をさせていただきました。

 

会場も立派に設えていただき、

貴重な機会をいただいたことに感謝をしながら、心を込めてお話しさせていただきました。

ふるさとでの歳三の少年&青年時代、箱館戦争の歳三さんに関するあまり知られていないエピソード、没後150年を迎えて、などなど…

 

拙い話をお聴きくださいました松前の皆様、ありがとうございましたキラキラ

 

 

そして、講演会場には、松前城資料館が所蔵する、箱館戦争関連の貴重な史料が展示されていました。

 

榎本武揚が松前城にて詠んだ七言絶句。

後年交友関係にあった松前出身の名士・吉田三郎衛門が、お願いして揮毫してもらったと伝わります。この漢詩を贈られた時に添えられた書状一式も大切に保管されていて、由緒のはっきりとわかる貴重なお軸キラキラ

何より、松前城中において詠まれたという内容が貴重ですねキラキラ

 

 

 

 

松前公の短冊も

 

歳三軍に占拠された法華寺の三上超順の短冊

 

 

やはり、現地に行くと地元ならではのゆかりの品に出会うことができますね。

 

これらの史料は、今後松前城に併設された松前城資料館にて機会を見て展示があるようです。

 

新政府軍側だった松前藩、榎本総裁筆頭の旧幕府軍。

どちらも国や幕府のために忠義を尽くしたことは変わりありませんが、立場は敵同士となります。

あの戦では、各藩ともに明日はどうなるか、どちら側につくのか、和平なのか戦になるのか、本当に混沌とした日々だったのだと思います。

 

 

 

講演後、昼食をいただいたのが、松前きっての老舗温泉旅館・矢野旅館さんでした。

 

 

松前名物「のりだんだん御膳」星キラキラ星

 

のりがもう一段中に隠れているから、「のりだんだん」キラキラ

こののり弁には感動しましたラブラブ

のりが別物です。顔を近づけるとふわっと磯の香りがします。

目を閉じると、まるで、

 

「今私は岩場に立っています」

って錯覚に陥るくらい!

地元の方によると、北海道最南端の松前町や白神岬あたりののりは潮の流れが早く海は荒いから収穫は大変だけれど、アワビものりもマグロも最高星星星に美味しいのだとかキラキラ

しかものりは、海女さんが摘んだ手漉きの最高級のり。

「松前人のソウルフードだよキラキラ」って誇らしそうに教えてくださいました。

 

また、こちらの松前漬けは女将特製の手作りで、そちらも美味しくいただきましたニコニコ

 

 

午後は、いよいよ、慰霊碑の除幕式と150回忌大法要です。

その四に続きますキラキラ