アゼスホーム株式会社 ホームメイト南8条店ブログ

こんにちはアップ

 

賃貸部のジリュウですチョキ

 

新元号「令和」になり早1ヶ月半、市内ではよさこい祭り、札幌まつりも終わり、

 

夏へ向かっております。

 

さて、本日6/17(月)は満月。

 

最近、SNSやネットニュースなどでは

 

6月の満月を「ストロベリームーン」と呼んで話題になっていますが

 

どうしてそのように呼ぶようになったのでしょうか?

 

アメリカの先住民は季節を把握するために各月の満月に名前をつけており

 

6月がいちごの収穫時期であったことから

 

6月の満月をストロベリームーンと呼んでいたと言われています。

それが近年、SNSやネットニュースを中心に話題となり広まったのですが

 

元々がストロベリーの収穫時期に見える満月という意味のため

 

一部で言われているように

 

月がイチゴのようにピンク色に見えるということはありません。

 

夕日が赤く見えるように月の出間もない月は赤みがかって見えること

 

さらに今の時期は空気中の水蒸気が多いため

 

19時~20時ごろの高度が低い月は少しピンク色っぽく見えるかもしれませんが

 

月が高くなるにつれていつものように白っぽく輝く満月になります。

 

尚、各月の満月にも名称があります。

 

来月7月は”Buck Moon”(男鹿月) 先月5月は”Flower Moon”(花月)と

 

その月の季節感のあるものが由来となっているものがほとんどです。

 

ちなみに今夜は、雲の間や雲越しに月を見られるチャンスがありそうです。

 

季節の歩みを感じながら、自分だけの“映え”写真を狙ってみてはいかがでしょうか?