不思議な魅力 | HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba

HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba

HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

今日のメンバー紹介は




森保まどか




中学2年生の14歳


ニックネームは『まどか』



HKT48で唯一の長崎県出身。


森保は、HKT48に入るまで、ピアノを8年間習っていました。


コンクールで、賞をもらったこともあるほどの腕の持ち主です。




森保は大人しく、おっとりとした性格の持ち主。


彼女がレッスン場で大騒ぎする姿を一度も見たことはありません。


外見も中学2年生とは思えない大人っぽさがありますので、


もっと年上に見られることがあります。




そんな森保は、同い年の安陪恭加とは仲良し。


波長が合うのか、2人はいつも一緒にいます。


そして、2人はいつも楽しそうにニコニコしているのです。


ワーワー!キャーキャー!していませんが、


2人はいつもニコニコしているのです。


不思議です。




森保は本当に不思議な子です。


以前、メンバーから貴重品を回収していたとき、


森保は、財布、携帯、そしてなぜか


「飴を3個」


必ず貴重品として預けてくるのです。


なぜ、貴重品に飴が?


まあ、森保は飴が好きなのでしょう。


私は深く考えずに、そう思っていました。




いつも3個預けていた飴が、1個足りず、2個のときがあったので、


「あれ?今日は2個なの?」と聞くと、




「あっ、ごめんなさい。」




森保はそう言って、慌てて飴をもう1個持ってきたのです。


あぁ、森保は本当に飴が好きなんだろうな…。


私は完全にそう思い込んでいました。





しかし、ある日のことです。


森保がいつも財布・携帯と一緒に持ってくるはずの飴がありません。


これは大変!


僕は「今日は飴ないの?」と問いかけました。


すると、思ってもみない言葉が返ってきました。





「あのー、そろそろ少し面倒くさいんですけど…」





えーーーーー!!!!!


僕だけではなく、スタッフ一同総ツッコミです。




実は、森保は決して飴が大好きだった訳ではなく、


たまたま貴重品を預けた最初の日に飴を3個持っていて、


何となく預けてみた、そして何となく預け続けていただけだったようです…。


あれから、森保が飴を持っている姿を一度も見かけません。


本当に不思議です。






森保まどかから、皆さんへメッセージ
      ↓
クールに見られることも多いのですが、実はおっとり、マイペースです。

こんな私ですが…一生懸命頑張るけん、応援してくれんねー。

HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


森保まどかでした。

HKT48さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース