ばんさんのひとりごと
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

クラシックミニ ドアアウターパネルの取り替え (KUNI)

クラシックミニも生産が終了し早20年。

 

全ての車輌が車庫保管とまではいかないだろう。

 

今回はドア下の錆に注目してみよう。

 

既に再塗装がされ、それらをポリパテで仕上げられていると、板金屋さんでないとなかなか見抜けないと思う。

 

今回はオリジナルペイントのドアアウタースキンを取り替える作業だ。

 

外から見ると一見綺麗に見えるが、部分的にぷつぷつと錆が塗装を押し出している。

 

 

 

インサイドにも錆が発生。

 

 

まずはドアヒンジを取り外し、グラインダーにて切開していく。

 

 

 

次に、元々スポット溶接してある部分も取り除く。

 

 

 

 

剥ぎ取ってみるとこんな感じだ。

 

マーキングしてある部分が表面を押し出していた部分だ。

 

写真でもお解りいただけるとおり、それ以外も時間の問題だ。

 

 

 

インナーパネルは穴こそ開いてないものの、錆はかなり進行しているようだ。

 

それらをベルトサンダーとメタルブラスターを使い、表面の錆を取り除く。

 

 

 

その後サンドブラストで錆の芯まで取り除くとこんな感じだ。

 

これをやらないと何の意味もないと思う。

 

 

 

 

その後プライマーを塗布。

 

 

次に、アウターパネルを取り付ける前にこの部分に防錆剤を塗布。

 

 

サイレンサーシートを張り付け、ハンマリングでアウタースキンを折り曲げていく。

 

 

 

 

ここで再度ドアヒンジを取り付けた後、ボディーに取り付け、チリ合わせをしてその後溶接。

 

アウタースキンにはポリパテは付きません。

 

 

その後サフェーサーを塗装し、ボディーと共に塗装して完了。

 

 

完。

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>