人吉ではたらく社長のブログ

人吉ではたらく社長のブログ

人吉ではたらく社長のブログ

 
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
その昔、JC(青年会議所)という団体に所属しているときのお話です。

JCでは、主体となって行う事業について、目的、予算、実施にいたるプロセスなんかを何度も何度も会議で議論していきます。事業担当になった時なんか、資料作りや理事会承認までの段取りで、そりゃもう大変でした。もちろん、地域に対して公益性があるかとか、メンバーのなけなしのお金を事業費として使うのですから、真剣です。

議論がヒートアップして、枝葉の議論で喧々諤々して盛り上がっている時に、いつもT越先輩から「その事業の目的は何なの?」とよく突っ込まれたもんです。そのたびに、ハッと我に返って足元を見返すことが多かったと思います。

物事に対して「それは手段なのか?目的なのか?」という思考が働くようになったのもこの頃からでしょうか。そう言った意味ではJCというところでよく勉強させていただいたと思っています。

今日の営業会議で、ふと「この営業活動の目的は何?」とスタッフに振ってみたところ、まったくトンチンカンな答えが返っていました。一瞬愕然としたものの、私の伝え方や共有の仕方がまずかったんだとすぐに反省しました。

つまり「このくらいわかっているだろう」といった前提で話をして進めてしまってたんですね。もちろん時間が経てば立つほど、スタッフと私の考えの差は大きくなり、結果とのギャップに苦しめられることになります。ここは時間をかけるべきところでした。

物事を決めて進める時には、果たして理念や目的の共有ができているか。

今一度考えて行動したいと思います。

テーマ:
新年度になりました。政令指定都市くまもとが誕生し、昨夜から熊本市内も賑わっているようです。九州新幹線全線開通、そして政令市指定。このチャンスをどう活かすかは私達の努力次第です。

さて、恒例となりました国宝青井阿蘇神社の蓮池清掃。枯れた蓮の茎を抜くことで、6月頃から綺麗な蓮の花が咲きます。仕事の合間を縫って、日頃より神社にご奉仕している方々とともに、ご奉仕させていただきました。


photo:01

蓮池はこんな感じで蓮が枯れた状態になっています。



photo:02

池に入り、枯れた蓮を取り除きます。わが野球チームヤンガーズの若手が頑張ります!



photo:04

境内の小さな池もお掃除。



photo:03

若手の恋愛王子、今年も頑張りました。


今年も綺麗な花が咲きますように。

テーマ:
激動の3月が終わりました。

個人的なことで色々とありましたが、それでも充実していた1ヶ月だったと思います。

昨夜は弊社スタッフの歓送迎会でした。女性スタッフ2名がそれぞれの道を選んで、次のステージへ進むことになりました。

創業以来支えてくれていたUさんは、業界未経験で月8万円のアルバイトから、優秀なシステムエンジニアに成長してくれました。仕事でつまづいた時に泣きながら電話してきたことを思い出します。それでも歯を食いしばって、プロジェクトをやり遂げ、周囲が一目置くような存在になっていました。残念ながら出向先への転職という結果になりましたが、きっとその会社の戦力になることは間違いありません。これからも一緒に仕事ができると思います。持ち前のガッツでこれからも自分の夢に向かって頑張って下さい。


管理部のHさんは、寿退社した前任に代わって約半年、弊社を縁の下から支えてくれました。誰からも好かれる笑顔と、総務や経理業務という責任ある仕事をしっかりとやり遂げてくれました。家庭の事情での転職となりますが、幸い弊社のエンド様への転職となります。今後はもっと違った形で交流ができると思います。頑張ってください!


これほど涙の送別会はなかったですね。みんな一言スピーチで涙ぐんでました。私も最後の挨拶でグッときてしまいました。

私からの贈る言葉は「頑張ってください」という言葉で締めようと思ったのですが、思わず「ありがとうございました」という言葉が口をついて出てしまいました。そうなんです。感謝の言葉しかありません。小さな会社で本当によく頑張ってくれました。本当にありがとうございました。


去る者がいれば、新しく加入するメンバーもいます。新スタッフもまた違った風を吹き込んでくれることでしょう。これから一緒に新しい道を歩いていきたいと思います。

春の別れは、新しいスタートですね。


※事務スタッフの後任が未だ決まらず、当面は私が週末事務です。笑

テーマ:
今回の韓国IT企業視察で学んだこと、実践したいことをお伝えします。
あくまで私見ですのでご容赦ください!

気づきは以下の9点

①経営者のマインドが極めて高い
・情熱はもちろん、成功するんだという強い気持ち。
・調子のいいとき、今が最高のチャンス!
②スピード感のある経営
・意思決定が速く、事業スピードも速い。
・運を呼び込む行動力
③常に海外を見据えた戦略
・グローバルな視野に立った戦略を常に意識。そのためのBP探しが重要。
・海外展開は社長の仕事、トップダウンで交渉。
④韓国のスピード、日本の品質で補完し合う
・海外展開では重要なBPとなりえる。
⑤パートナー選びが重要
・中途半端な気持ちでアライアンスしない。死ぬ気でやらないと突き上げが凄い(WIN-WINの関係)
・人間的に信頼出来る人と付き合う(フィーリング)。
・人間関係を大事にしている。
⑥企業文化を大事にしている
・企業文化を夢のあるキャチフレーズで表現。
・新卒採用
⑦日本型企業経営は実は凄い
・社員満足度が企業文化を支える
・グレートカンパニーを目指す
⑧自社のビジョンを体感させる
・商品やサービス(または社員)にも自社のビジョンを反映させ、それを体感させる工夫。
⑨表現力がハンパない
・プレゼン資料もグローバル対応。動画やコンテンツで見せ方を工夫している。
・わくわく感を感じる見せ方。


自社で取り組みたいことは以下の8点

①経営者としての夢と情熱を持つ
②Think Global,Act Localの思考
③スピードある組織運営のために組織をシンプルに運用し意思決定を速くする。
④夢の再定義をする(周囲がワクワク感のあるコアバリュー)
⑤社員にとっての「自社の存在意義」を明確にする。
⑥アライアンスは死ぬ気でやるし相手にもそれを求める。
⑦商品(サービス)のわかりやすさの追求。モノ→コト
⑧グレートカンパニーを目指す!


あと番外編ですが、英語や韓国語を勉強したいですね。苦労しましたもん・・。


最後にJIRAN SOFTの呉社長がおっしゃった一言をお伝えして韓国ツアーを閉めさせていただきます!

「社員の夢を叶えてあげることが一番先だ。そのあとで会社の夢を実現させる。」

テーマ:
2日目2社目の訪問先は、Inervit社。

スマートフォンやモバイル端末向け、組み込みDBMSの開発を行っています。サムスンなどとも取引がある会社で、搭載端末は1億台を越えているとか。製品の紹介やデモなんかがあるんだろうなあ、と個人的には思っていましたが、ここでは技術云々という話ではなく、会社のあり方を学びました。

まずはプレゼンの冒頭「Inervit社が目指すものは社員の幸せである」と明確にお話をされました。社員のために福利厚生に力を入れることはもちろん、社員の家族へのケアまでしっかりと行われています。
具体的には、以下の取り組みを行われています。

①映画上映
・月一回選ばれた映画を社内上映
②朝食提供
・チームの間にコミュニケーションの時間として活用する
③送年音楽会
・毎年12月に社内文化センターで実施
④自己開発費の支援
・余暇・文化活動費、外国語の塾や講習費、家族との食事費(結婚記念日、誕生日)
⑤孤児家長のサポート
・孤児家長への生活支援費
⑥誕生日パーティー
・すべての社員がお祝い出来る
⑦国内保養地の運営
・家族、恋人ともに利用可能なリゾート
⑧健康診断
・本人、配偶者、子供を対象
⑨知識共有会
・週1回テーマを選定し相互知識を共有
⑩社員寮の運営
・未婚、遠距離通勤社員

$人吉ではたらく社長のblog


社長の姜さんは、社員の信頼を大事にしており、社員との約束は必ず守るのだとか。社員の満足度が高いと社員が優秀な知人を紹介し、いい人材が集まってくるのだといいます。また退職した社員の会みたいなのがあって、毎回その会に参加しているのだといいます。せっかくの縁だからその縁を大事にしたいと。まさに少し前の日本型経営ではないでしょうか。今一度、私たちも原点回帰が必要なのかもしれません。

ビジョンは明確で、グローバルに向いています。ここでも日本と韓国はお互いに補完しあうことでマーケットに対応できるとおっしゃられてました。

ここでの気づきは以下の6点です。

①社長のマインドとして重要なものは「情熱と人間味」
②ニッチマーケットで一番を目指す
③日本型経営への原点回帰
④企業文化を大事にする(チームを壊す人間は採用しない)
⑤グローバルなビジョン(世界一のソフトウエア企業を目指す)
⑥社員への信頼を大事にする


残り3社は韓国ベンチャー企業財団とベンチャー2社でした。割愛して総括の中でご説明します。


(続く)




テーマ:
韓国IT企業視察ツアー2日目です。

前日は21時にようやく夕食にありつけたものの、ツアーバスがエンジントラブル。極寒の車内で死にそうになりました。笑

飲み直しに街へ出たものの、珍道中続きで結局ホテルのラウンジで一杯。経営者同士の交流も深まり、豪華なホテルで就寝できたのが3時。6時には起床という弾丸トラベルならではの強行スケジュール。もう眠くて眠くてたまりませんでした!

2日目は4社訪問。

まず最初に訪問したのは、Finger Touch社。

デジタルサイネージの制作・設置、コンテンツやソリューション開発を行っている会社です。日本国内でも大手と契約されているとのこと。高い技術力に基づいた最新鋭のデジタルサイネージは圧巻でした。

ソウル地下鉄に巨大なデジタルビューを設置しているとのことで、周辺地図や、乗り換え情報、乗り継ぎバス情報、病院、ショッピング情報、観光情報もクリック一つで詳細情報を表示してくれます。しかも他言語対応とのこと。凄い。


$人吉ではたらく社長のblog
透明LCDによる映像が流れます。現物をショーケースに入れて、透明LCDにはイメージ映像を流すことが出来ます。写真ではわかりずらいですが、かかとの赤いシューズが映像です。


$人吉ではたらく社長のblog
こちらは46インチタイプ。博多港に3台設置してあるとのこと。今度見に行かなきゃ。コントロールは韓国から行っているそうです。


$人吉ではたらく社長のblog
アサヒのビールに見立てた造形に透明LCDタイプを装着。企業プロモーションには最適ですね。もちろん動画が流れています。

社長のシンさんに成功の要因をお尋ねすると「運と情熱」だとのこと。
JIRAN SOFTの社長もおっしゃっていましたが、とどのつまり「TOPの行動力」だと思います。その行動力は情熱がなければ出来ませんし、「運」も運を呼び込むための行動力が大前提になっていると思います。

この会社は少数ですが、日本だけでなく、各国からのオファーや視察が絶えないとか。しかもほとんどの会社が来訪されるようです。それだけ、商品力が凄いのだと思います。
我々へのプレゼンも動画を活用されており、利用シーンの提案などには説得力が違います。

サイネージのコントロールも自社でおこなっています。ちなみに博多港のサイネージもここからコントロール。10分単位のスナップショットを画面に表示し、トラブル時にはリブートさせています。

$人吉ではたらく社長のblog
コントロールセンター。

この会社の気づきは、以下の3点。

①商品力が凄い。販売のしやすさ、商品の企画化など、プロダクトだけではなくビジネスモデルまで踏み込んで商売している。
②独自の強みを持っている。その強みを明確に理解している。
③アライアンス先との役割分担が明確(国内は広告収益、海外は販売のアウトソーシング)


(続く)

テーマ:
韓国IT企業視察、初日の2社目は、ゼニタム社。この会社はスマートフォンやデジタルサイネージ向けARの技術を持たれています。

ARと言えば、拡張現実。LayarやセカイカメラなどGPSセンサーを活用したARが主流ですね。しかしGPS ARは誤差が最大の悩み。開発はしやすいが誤差が大きく(50~70m)、正確性が低いようです。

最近では、NFT(Natural Feature Tracking)方式への移行が進んでおり、ゼニタム社ではこの技術に特化していました。私も詳しくないのでうまく説明できませんが、NFT ARとは、ターゲットイメージを先に登録しておいて、実空間の物体に情報を表示するという技術です。

ただ、現在常用化しているNFT基盤のARエンジンは5つくらいのターゲットしかトラッキングできず、また先に登録したイメージしか認識できないため、ビジネス化への障壁となっていました。今後は無制限で、リアルタイムにターゲットの登録ができる、大容量のARコンテンツサーバや共有プラットフォームなどの課題があるため、ビジネス化にはしばらく時間がかかるものと思われます。

社長の、利用者のインフラになりたいという思いと情熱を感じることができました。韓国ではGDPが日本の1/5ということもあり、すぐに国内市場が飽和状態になってしまうそうです。そのため、起業して間もない企業でも常に海外進出を視野に入れているのです。

$人吉ではたらく社長のblog


初日3社目は、JIRAN SOFT社。
セキュリティに特化した会社で、アンチスパム、アンチポルノ、情報漏洩対策データサーバ、ファイルセキュリティなどのサービスを提供しています。特にアンチスパムの分野では韓国内70%近くのシェアをほこります。

まず驚いたのは呉社長のプレゼン。創業からのお話や理念を熱く語られる姿に感銘を受けました。ともすればプロダクトありきのお話になりがちなのですが、さすがに引込まれました。Preziでプレゼンされていましたが、最近よく目にしますね。

すべて呉社長の人柄につきるのですが、ここでは、次の気づきがありました。

①韓国、そして世界の歴史に名を残したいという強い想い。
②絶対に成功するんだというマインド。成功するまでチャレンジしつづける情熱。
③成功要因は「運」→成功は一人ではできない。パートナーが重要。またそれに伴う行動力。
④海外展開で重要なのはパートナー選び。フィーリングが大事。
⑤意思決定はトップダウン。しかし部下が誤っていても1年は任せる。
⑥夢の定義(会社の理念)「信頼、挑戦、情熱」
⑦事業展開のスピード

韓国はとにかく意思決定や事業展開までのスピードが速いです。速いのですが品質はいまいち。これは走りながら考える、とにかく準備が完璧でなくても事業展開を進めるという韓国人の気質なのでしょうか。逆に日本は意思決定が遅く、慎重、それでチャンスを逃すということもしばしば。しかし品質は超一流。この両国の気質を活かして、上手にパートナーを組むことができれば世界進出も夢ではありません。「韓国のスピード×日本の品質」ですね。


$人吉ではたらく社長のblog
呉社長のプレゼン。


$人吉ではたらく社長のblog
JIRAN SOFT入り口のサイネージ。


$人吉ではたらく社長のblog
入り口には理念をビジュアル化したパネルがあります。


$人吉ではたらく社長のblog
台所までオレンジです!おされー。


ちなみに呉社長に社長の仕事を3つあげるとしたらという質問に対しての回答は、

①会社の文化を作り上げる
②資本金管理(利益と投資をコントロール)
③いい人材を採用する

だそうです。

夜の焼き肉もご一緒していただき、楽しかったです!

(続く)


テーマ:
3月8日~9日まで、韓国のIT企業を視察してきました。これは全国のITベンダーで作るITベンダー経営研究会の視察研修の一環で、毎年行っているものです。例年国内なのですが、さすがにグローバル時代を見据えた経営が必要とのことで、初の海外進出となりました。
2日間(正確には1日半)で全8カ所。弾丸ツアーとなりました!


初日は、サムスンのグリーン・トゥモローを見学。サムスンの次世代戦略「ゼロエネルギー×ゼロエミッション×ユビキタス」を実現したITエコハウスとでも言いましょうか。廃棄物の再利用、環境に配慮した資材、40%近くのエネルギー消費削減できるように設計された建物です。さらに、太陽光や風力発電、地熱冷暖房等を利用する代替エネルギーを装備しており、そのすべてを完全ITで制御している感じです。

ちなみにゼロエミッションという言葉がわかんなかったので調べてみました。

「産業活動から排出される廃棄物などすべてを、ほかの産業の資源として活用し、全体として廃棄物を出さない生産のあり方を目指す構想、考え方」


$人吉ではたらく社長のblog
グリーントゥモロウの外観。


$人吉ではたらく社長のblog
まずはゼロエミッション、IT技術についての説明を受けました。真っ暗な中でのプレゼンは見せ方がうまいと思いました。


$人吉ではたらく社長のblog
電気を蓄電するリチウム電池


$人吉ではたらく社長のblog
パネルで発電量などを管理。


$人吉ではたらく社長のblog
浄水機能。


$人吉ではたらく社長のblog
家の中はIT技術で管理。家のあちらこちらでエネルギーを見える化しているため、不要なものは消そうという意識が生まれます。


$人吉ではたらく社長のblog
健康管理もIT。便器が尿の成分を検知して自動的にデータを送信・記録され、洗面台の鏡に表示されます。こんなもので毎日計測されるものイヤだなあ・・。「飲み過ぎです、飲み過ぎです」みたいに警告が出たりして。


$人吉ではたらく社長のblog
ICチップの活用で、タンスの中の服まで管理できます。洋服のコーディネート提案、洗濯日の管理なんかも可能です。


$人吉ではたらく社長のblog
冷蔵庫の食材もICチップで管理。冷蔵庫の在庫管理やレシピなどに活用できます。


韓国はドアホンが家全体のコントロールが出来るようにコントロールパネル化しています。スマートフォンの普及でスマホがコントロールパネル化するもの時間の問題です。

個々の機能の実現の是非は別として、近未来の住宅を想定し、ワクワク感を持って表現してある施設であると思いました。このワクワク感が重要で、決して新しい技術ではない部分も多いのですが、とにかく「見せ方=表現の仕方」がうまい。日本ではまだバラバラな技術を統合して表現されているのは凄いの一言。国策といえばそうですが、国を挙げての力の入れ方が違いますね。

女性の参加者の方が「ITの力で女性が楽になれば、もっともっと社会進出が可能になる」とおっしゃられていたのですが、近い将来そうなるのでしょうね。

(続く)

テーマ:
2月24日(金)10:00~16:30熊本市流通情報会館にて
「IT経営フォーラム2012in熊本」を開催します。

2012年どうなるの?新しい時代に乗り遅れないためにはどうすればよいか。
激動の2012年を生き抜くキーワードは・・ずばり、

【クラウド×ソーシャル×マーケティング】です!!

業界をリードする5人の識者が、ここ熊本に集結します。2度とない機会です。ぜひご参加ください!
セミナーは事前登録となっております。各セミナー限定60名です。お早めにお申し込みください。

同時開催の展示会「IT経営展」も実施します。こちらはどなたでも入場できます。お気軽にお越し下さい。

$人吉ではたらく社長のblog

お申し込みはこちら

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス