兵庫県丹波市 山本造園hitoniwaのブログ

兵庫県丹波市 山本造園hitoniwaのブログ

わたしたちは、単に眺める為の、車をとめるだけの庭でなく、
「庭」という親と子、街と家がつながり合えるコミュニケーションスペースを造り続けています。
http://hitoniwa.jp/

垂水区にてこの夏最後の庭づくり。
 
以前、中庭を施工させていただき、今回は駐車場周りの植栽。
 
 
image
 
 
 
梅雨の間に樹木を事前に植えつけて先日、梅雨が明けてから下草の植え込みを施主様家族の皆さん
 
と一緒にワークショップにて行いました。
 
 
 
 
この日は薄曇りの中でしたが暑い中、
 
みんなで頑張って予め配置しておいたポットを苗を植えていきます。
 
一方、駐車場の舗装は施主さん自ら石を敷き詰めて少しずつ進んでいます。
 
 
 
中庭は2年ほど前に庭の工事をさせていただきました。
 
こちらに植えている樹木のほとんどは、施主様実家の裏山へ散策に行き実際、庭に植えれそうな
 
樹木を選んで掘り取り、養生した上でこちらの庭へ移植しました。
 
一部傷んでしまったものもありますが、ほとんどがうまく根付いてくれました。
 
その中でもミツバツツジは今春も満開に花を咲かせてくれたそうです。
 
 
image
 
その中庭の奥ほどに実用と添景を兼ねて石で作ったベンチとテラス。
 
芝生も馴染んで良い感じになってきました。
 
 
 
image
 
駐車場の完成は秋ごろかなぁ。
 
緑に囲まれた駐車場楽しみです。    
 
 

 

淡路島の淡路市内ににて庭づくりでした。

 

 

梅雨のど真ん中でしたが、工事中の天気もまずまず。

 

順調に進めることができ工期内に無事終えることができました。

 

 

少し高低差がある玄関から道路までをスロープでアプローチをとり、それに合わせて工事を進めます。

 

アプローチの材料のみ丹波石を持ち込んで石張りを。

 

その他は事前に淡路島内にて材料を探し現地、地元で用意できるものでできるだけ揃えました。

 

 

現場は海岸近くの高台。海を眺めることができますが、それだけ海が近いということ。

 

植栽の際には、潮風に弱い性質のものはできるだけ避けて組み合わせを考えました。

 

 

工事の途中には近所の方から声をかけていただき、

 

‟これは何ていう名前ですか? いろんな植物があるから楽しみです。” と、街に緑を貢献できることもうれしく思います。

 

 

最終日は小雨が時折降りしきる中ですが、無事完工です。

 

 

 

 

 

 

 

また天気が少し落ち着いたら、外観の写真を撮りたいと思います。

 

 

 

 

猛威を振るった新型コロナウイルスもだんだんと減少へと向かいつつ、関西では緊急事態宣言が解除になりましたが、まだまだ余談は許さない状況です。

 

そんな中ではありますが、少しずつ初夏の手入れメンテナンスに伺っています。

 

 

 

先日伺った3年目の春を迎えた庭。

 

 

 

 

 

 

新緑眩しい最中、枝葉の整理、調整をしながら、春先に開花し終わった宿根草や山野草なども少しずつ手を入れていきます。

 

 

蕾が大きくなり始めた、これからの時期が楽しみなヤマアジサイとコバノズイナ

 

 

 

株が大きくなってきたティアレア“スプリングシンフォニー”

花も美しいが、植えた環境が合い濃淡際立つ緑の葉が何とも美しい。

 

 

 

この庭は、幅僅か2メートルにも満たない空間。新緑の美しい木々や野草を縫うように石を敷き詰めた小道があります。

 

その小道を抜けると土間テラスと丹波石を積み上げた石積みのベンチでヒトの憩える場所を造っています。

 

日々の暮らしの一部として庭での空間を活かしていただくために設けました。

 

室内からはそんな一連の空間を景観として眺めることができます。

 

 

 

手入れの間に時折木漏れ日が差し込む瞬間と、最後に庭全体に水を打つとしっとり艶やかな間。