ひとみ矯正の倉林です。
いつのまにか避けて通りたくなるような青空。
熱中症対策が必要な季節となりましたねー。

さて
昨日は、最近開園した保育園の歯科検診にいってまいりました。1歳から5歳まで、約50人弱の小さな保育園で、開設したばかりという事で、乳歯列前半の子どもたちばかり。それでも先生の指示に従ってキチンと順番を待っていました。

2歳児がトップバッター。
最初のひとりがちゃんとできると
次からはあーんとお口を開けて準備してくれます。
「EからEまでー」と記入をしていると
子どもたちから
「いーからいーまでー」
と、可愛い真似っこ。

泣いてるいたのは二人。
おかあさんが連れてきた女の子。
先生だけだとみんなと同じようにできるそうで、
保育園では子どもたち、緊張しながら頑張っていたのですね。

もう一人は どうしても嫌だったらしく
終わったときに
「嫌だっていっているのに!
なんでよー!」
と、ちゃんとお口で訴えておりました。

歯科検診では
歯が生えているのか
虫歯はないか
歯茎の病気はないのか
汚れの具合はどうか
かみ合わせはどうかー
を記入します。

結果ー
おかあさん、ご家族のケアーが素晴らしいなと思いました。
ほとんどのお子さんは
キチンと順番をまち、お口を見せてくれ
清掃状態も良好でした。
この調子で頑張っていけば。
でも
矯正治療の必要性はかならずあるのだな
ということも、実感しました。

虫歯を作らず頑張る秘訣は
ご家族の協力から。
起きている時間のほとんどを過ごす
保育園はとても重要かな。
これからも園医として協力出来るよう頑張ってまいります。
写真はシャンシャンの大ファンの
あけみこども歯科の明美先生が買ってきた動物園のお弁当。
シャンシャンは最近は好き嫌いが始まり、🥕にハチミツを付けて食べているんだって。虫歯は大丈夫かなー?