京都嵐山で絶品の濃厚栗スイーツに出会いました。

 

 

 

ほぼリアルタイム更新しています。

 

 

ヒトミです。こんにちは。

ヒトミって誰?って人はこちらからどうぞ

ヒトミの温泉グルメ日記は、ヒトミが行ってよかった美味しいお店、素敵な温泉(こちらはやや少なめ)を紹介しています。読んで、食べたい!美味しそう!入って見たい!を感じてもらえたら嬉しいです。

 

 

*****

 

老松 嵐山店

 

老松さんといえば、京都で一番古い花街にある和菓子屋さん。

京都にあって創業は意外と新しく、明治時代。

 

老松は、儀式や祭礼、茶席で使われる菓子を主に作ってきた「有職菓子御調進所」なのですが、その枠にとどまらず、京都の歴史や、日本古来の食材、お菓子のルーツをお菓子で体現するなど、お菓子を通じた歴史文化を次世代へとつなぎ、京都でもちょっとしたステータスのあるお店となっています。

 

夏場にだけ販売される、夏の涼菓「夏柑糖」。

唯一の甘味処併設の店舗がある京都嵐山店の

水に浮かぶ本わらび餅が有名です。

 

 

が、今回は秋らしくこちらをセレクト。

栗しぼり 煎茶のセット 864円

 

 

 

和栗をむいてふかして、濾してぎゅっと茶巾でしぼった

いわゆる栗きんとんです。

中津川のすや、などと比べると一回りほど大きい上生菓子サイズ。

当然その分、お値段も一回りお高いですが(笑)

 

 

 

見た目は、茶色いつぶつぶが見えていて、表面は滑らかでしっとり。

黒文字で、一口大にカットして口に入れれば、

ふわっと口に広がるのは、混じりっ気のない濃厚な栗の香り。

だけど後味はすっきりとした甘さキラキラ

 

これは、美味いラブラブ

 

 

 

岐阜の栗きんとんは、それはそれで美味しいけれど、

老松さんのは、研ぎ澄まされていて、和栗の風味が引き立っていました。

栗だけど、どこかスッキリとした甘さや口当たりで、

上生菓子な出来栄えとでもいいましょうか。。。

 

 

栗が負けちゃうかなって思ってお煎茶にしたけど、

お抹茶でもよかったかも。

 

 

インスタ映えは全く、全く望めませんが、

栗のお菓子が好きな方に、老松さんの栗しぼり、おすすめです。

 

 

栗2017年食べた栗のお菓子。

岐阜で新栗を使った栗粉餅

イタリアのクリスマスのお菓子パネットーネ

マックスブレナー秋のフローズンドリンク

 

栗過去に食べた栗のお菓子

チョコレート研究所のモンブランかき氷

岸辺の頃のケモンテベロ

小布施堂本店の2014年限定商品秋のおぼろ

芦屋ジラソーレのコース内ドルチェ

奈良ラペッシュの縦長すぎる出来立てモンブラン

豊橋の喫茶三愛のフォトジェニックホットケーキ

東大阪リエルグの栗の波状攻撃モンブラン

ラヴィルリエの出来立てトルシュオマロン

池田アテールの和栗がとろりのモンブラン

福岡パティスリージャックのモンブラン

日根野シャルルフレーデルのモンブラン

奈良ガトードボワのショコラ光るモンブラン

茨木サロンドテジャマンの出来立てモンブラン

 

 

 

老松 嵐山店(HP)

電話 075-881-9033

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町20

交通 京福電鉄「嵐山」駅徒歩3分 JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅徒歩10分 

 阪急電車「嵐山」駅徒歩12分 

営業時間 9:00~17:00 [茶寮] 9:30~16:30(L.O.) 

定休日 なし