なな色オーガナイズ
  • 30May
    • クローゼットオーガナイザー認定講座を受けて その2

      こんにちは!クローゼットオーガナイザー認定講座のお話、第2弾です。前回、料理と同じで、ファッションにも先生やレシピが必要と書きました。で、私は食べ物が大好きなので、やはり食べることに例えて、お話します。好きなもの食べたらいいじゃん!の時代は終わって、今は健康や美容のことを考えて、多少は計画的に食べますよね。それと同じで、欲望のままに欲しいものを買って着るというのを卒業し、クローゼットを整え、思考や家事をスリム化していくことが、忙しい私たちが楽に暮らすには必要です。先月、私たちライフオーガナイザーによるチャリティイベントが全国で開催されましたが、福岡会場で基調講演された熊本の託摩美由紀さんのお話の中で、スティーブ・ジョブズの服選びについて聞く機会がありました。有名なお話なのでご存知の方も多いと思いますが、彼は服を選ぶ時間が勿体無いと、同じものを複数所有し、常に制服のように着ていたそうです。彼のようにクールに考えると、服をお店で選ぶ時間、買ったものを手持ちの服とどう組み合わせるのか考える時間、また、着た後にはその服の特性に合わせて収納したり、お手入れする時間、クリーニング店に持っていく、専用の洗剤を買いに行くなどなど、ファッションには多くの時間と労力がかかっていて、他に優先度の高いものがある場合、確かに勿体無いかも?という気がします。でもやはり、ファッションには自分を表現する、人に見られたい自分になれるという楽しさ、喜びがあるので、私たちはたくさんの時間と手間のことを後回しにして、ついつい楽しい方ばかりを追いかけてしまっています。クローゼットオーガナイズは、この後回しにしている部分についても同時に考えて、もっと賢く、スマートにファッションを楽しめるようにしていこうというものだと思います。ただ、いつもいつもスマートに!クールに!ばかりだと、心から楽しめないので、たまには好きなものをしっかり食べて心も体も満たすように、休日は好きな服を着よう!とかいう提案もちゃーんとします(^O^)ここら辺が、すごいところで、もう愛としか言えません!!なんと意識高く、戦略的、そしてどこまでも優しいクローゼットオーガナイザー!!本当に!まさに講師のお二人がそういう方たちなんです!すっごい熱くてすっごいクール!ちなみに、我らが鈴木尚子先生は講座後の懇親会で本当はビールを飲みたいのに、ハイボールを何やらかにやら言いながら(笑)飲んでいらっしゃいましたよ!(もう、根っからのオーガナイザー(≧▽≦)尊敬します!)将来こんな自分でいたい!と、ここまで読んでくださった皆々様、今日食べるものをしっかり選ぶように、着るものもしっかり選んでいきましょう!なりたい自分になるために!ありがとうございましたではまた(*^▽^*)

      2
      テーマ:
  • 25May
    • クローゼットオーガナイザー認定講座を受けて

      おはようございます。長いことブログを書いていなかったのに、突然書くことにしたのは、たくさんたくさんお礼を言いたい方たちからの指令だから。その方たちとは…クローゼットオーガナイザー、鈴木尚子さんと林智子さん!お二人によるクローゼットオーガナイザー認定講座を受講してきました。書くことがありすぎて、何から書こうか悩みますが…まずは、クローゼットオーガナイザーとは?から。モノや情報が溢れる現代では、日々着るものや身に付けるものに悩み、さらにはそれらにまつわる家事や収納する環境についてお悩みの方が多くおられます。そういった方々に、ライフオーガナイズの手法を用いて、楽にキレイを維持しやすい家事や収納の仕組みづくりの提案を行い、ご自身が心から着たい服や身につけたいものを選び取るための思考の整理法をお伝えします。さらには、その方の魅力をさらに引きだすようなコーディネートなど、ファッションの理論についてもお伝えします。それぞれにあった方法を提案し、その方のなりたい自分をクローゼットからともに構築していく片づけのプロです。↑これは私が書いた文章で説明力がちょっと足りんかもです講座の中で、クローゼットオーガナイズが何で必要か?料理に例えて教えてもらって、私は理解しやすかったので、その話を…例えば、冷蔵庫にある材料だけで調理して、誰かが満足して食べてくれる料理を作りたいとして、おそらく多くの人がネットでレシピを検索したり、誰か料理上手に聞いたりすると思います。私が作った料理は、何人かに食べたもらったとしても、たかが知れていますが、ファッションはもっともっと多くの人の目に触れますよね。好きなもの着てたらいいやん!と思っていましたが、ファッションには自分と世の中をつなぐような大きな不思議な力があります。(お二人を見てたら、めちゃ実感!)そして、日々それらを気持ちよく選んで着るために、私たちは、お手入れや収納といった家事とは縁が切れません。装いの力を戦力的に使う(使わないにしても)、衣類にまつわる家事を楽しくスマートにして、自分自身をハッピーにしていくために、このお二人からたくさんたくさん学んできました。料理と同じように、楽しく生きたい私たちのファッションにも、先生やレシピが必要なのです!!と断言したところで、続きはまた!ありがとうございました!

      11
      テーマ:
  • 05Jun
    • 防災ママカフェ@佐賀に参加しました。

      こんにちは。佐賀では初開催という、防災ママカフェ@佐賀に参加してきました。(前日に福岡市で開催された同イベントに参加したライフオーガナイザー®︎甲斐祐子さんから情報をゲット!福岡で、また開催予定とのことです。詳しくはこちら)講師は、かもん まゆ 先生。お話の中で、印象に残ったことをあげてみます。ーこれからを生きる子供は、自分たちより大きな災害に遭う確率が高い。(佐賀は断層がいくつもあり、これまでたまたま遭遇していないだけ)ー地球は生きている=地震が起きるのは当たり前。その時の自分や家族のために、できることから少しづつしておく。(子供達にも、普段から話し、色んな経験をさせておく)ー地震は備えられる災害。緊急地震速報がなったら、これをする!というルーティンを子供と遊びを交えて練習しておく。ーそう悪いことにならないはず…と災害時に働くバイアスの話。(非常時、正常な判断ができる人は1~2割だそうです。)バイアスが働いてると感じたら、顔を叩いて「正気に戻れ!」と自分に言い聞かせる。などなど、ついて行くのがやっと、なくらい沢山のことを教えていただきました。(3回分のセミナー内容だったらしいです…)このセミナーは防災ブック「その時ママがすることは?」という小冊子(上の写真)に沿った内容でしたが、こちらはかもん先生のリンク↑から購入できます。また、セミナーでご紹介いただいた本、「クレヨンしんちゃんの防災コミック」「じしんのえほん」もぜひ読んでみて、再度ご紹介したいと思います。何かできる事から!と先生の日頃持ち歩く防災ポーチの真似をして、手持ちのもので作ってみました。この防災ポーチと水を常に持ち歩くとのことでした。先生のポーチには、このようなモノの他、簡易トイレや救急セット、常備薬、アイケア用品、アルミブランケットなどが入っていました。(非常食も、私はアーモンド等を入れてますが、先生のはエナジーバーでした(^^) ボチボチ揃えます…)子供さんがいるお母さんを始め、すべての方に聞いてほしいと思った防災ママカフェ。告知を見聞きされたら、ぜひ!

      9
      テーマ:
  • 02Jun
    • JALOチャリティイベントまとめと慢性的に片づけられない人のサポート

      こんにちは。先週のことになりますが、チャリティイベント福岡、無事終了しました。昨年と違って、今年は最初からスタッフとして関わり、関係者一同、お仲間なので、私なりにパトロール?して、皆さんのレポートを随時ご紹介しようと思います。他人任せ~(笑)福岡会場の総監督・・・つのじちよさん(福岡)初登壇だけど、名言を生んだ(^o^)・・・梅野優子さん(福岡)お客様の声も載せてあります!・・・三浦峰子さん(長崎)わかりやすい丁寧なレポート!・・・井上明美さん(熊本)震災での経験を語られた・・・井形純子さん(熊本)成人した娘さんとの話で会場もほっこり〜・・・飯田由美子さん(佐賀)さてさて、私はといいますと、この濃い〜イベントの余韻に浸りつつ、一昨日、北九州へ行って来ました!目的は、大津泰子さん(イベントでは基調講演を担当↓)の講座です。今回受講した講座は、CD(慢性的に片づけられない状態)タイプの方のサポートをするための基礎知識を学ぶもの。この分野のサポートをするオーガナイザーはCLOと言って、大津さんはCDスペシャリストという資格を取得されています。CD状態は、脳のある部分の機能の仕方の差で起こるらしいので、この分野に関わるオーガナイザーは、発達障がいなどの診断をされている方、診断などはされていないけど、生きづらさを常に抱えておられるような方などをサポートします。大津さんは、様々なタイプの発達障がい傾向の方のサポートに入ったご自身の経験も交えて、お話してくださいました。最近、よくテレビでも「ゴミ屋敷」などと言って取り上げられたりする家や、そこまではいかないにしても、例えば、明らかに多過ぎる使っていないモノに囲まれ暮らすお年寄りなど、世の中見渡すと、「なんで?」って方がおられますよね?身近に触れることがないと、あまり普段考えることは無いと思いますが、話を聞くにつけ、自分自身や周りの人のことにも思いが至ります。「もっと楽に、もっと生きやすく」(日本ライフオーガナイザー協会の理念)は、すべての人が対象だ!とあらためて感じました。読んでいただき、ライフオーガナイズに興味を持たれた方!明日(新潟、神戸、高松)、明後日(石川、広島)とまだまだチャリティイベントに参加できる会場がございます。お申し込みフォーム↓は、ギリギリまで開けてあるそうですので、ぜひドタ参加してくださいませ〜!お申し込み、詳細はこちら☆おまけ☆北九州での学びのあと…まさかの‼️海〜〜🏖パワーいただきました!大津さん、ありがとうございました❣️佐賀平野から出掛けていって良かった(^o^)ありがとうございました。ではまた!

      6
      テーマ:
  • 23May
    • 変化のタネはそこここに

      こんばんは!大分ブログを更新しておりませんでしたが、元気で過ごしております。最近は、庭に出るのが楽しすぎて、現実逃避的に庭に出てます。家の中のお片づけにも最高の季節ですが、はっきり言って、家の中のことはそっちのけ(ブログも?)でどハマり中(^^)以前は、全然愛着が湧かなかった庭…我ながら、どうしちゃったの〜〜???という感じですが、昨年、この方に来てもらったのが大きい気がします。こんな風に人は変わるものですね~価値観が変わる?気づきを得る?機が熟す?悟る?何かと出会うことで、いつどのように変わるか全然わかりません!が、いつでも変わり得ます!そう考えると、未来が楽しみですよね~何かピンとくること、どんどんやって参りましょう。ところで、いよいよ今週金曜日は先日お知らせしておりましたチャリティイベントです。福岡会場は、おかげさまで受付終了となりましたが、同日26日に開催されます仙台会場と28日開催の札幌会場、また、6月開催分では、高松、石川、広島に空きがございます。どこに変化のきっかけとなる種が落ちているかわかりません!モミジの種の画像お借りしました(^^)お近くの方、ライフオーガナイザーに会いに行こうかな?と思われた方は、今すぐお申し込みを~ ※なお、お申し込みフォームは、5営業日前までではなく、開催日ギリギリまで開けているとのことです!まずはトライを↓お申し込み、詳細はこちらありがとうございました。ではまた!

      テーマ:
  • 28Apr
    • 笑って、学べて、寄付できる!チャリティイベントのご案内

      おはようございます。昨日は、日本ライフオーガナイザー協会(JALO)主催のチャリティイベントのリハーサルでした。(昨年の様子は、全6回!にわたってレポしておりますので、よかったらこちらも読んでみてくださいね)このイベントは、JALOが定めた5月30日:ゴミ・ゼロ=オーガナイズの日までの2週間をGet Organaized Week!とし、おおよそこの期間に一般参加者を募り全国各地(今年は全国17会場)で行われます。各地域のオーガナイザーによって催され、私も初めてスタッフとして関わっている次第です。東日本大震災の復興支援から始まったこのイベント。昨年から熊本・大分の震災復興支援も目的としております。(ちなみに、昨年の寄付総額は、1,507,303円とのことでした!)今年の福岡会場のテーマは「家族」総勢10名のライフオーガナイザーが登壇いたします。一番身近な家族にまつわるお片づけの話は、どれも大変貴重で、タメになるし、面白いです。(昨日は、おかげさまで大笑いさせていただきました〜〜また、ウルっとくる場面も♡)中でも、個人的に特に貴重だなと思ったのが、熊本の被災されたお二人からの生の声です。家族との当たり前な暮らしの有り難さ、日常からの安全・安心のための備え等、改めて多くのことを考えさせてもらうことができました。盛り沢山の濃~い学びと、参加していただくことで震災復興にも協力できるイベント!(福岡会場は天神の国体道路沿い、ソニーストアの入っている真新しいビルで、環境も最高です♡)ぜひ、お誘い合わせの上、ご来場くださいませ❣️スタッフ一同、お待ち申し上げておりまーすm(._.)mチャリティイベントの詳細、お申し込みはこちらから♪↑福岡以外の全国の会場についてもご確認いただけます。ぜひどうぞ〜ありがとうございました。ではまた!

      1
      テーマ:
  • 13Apr
    • 浅田真央ちゃんからの学び

      こんにちは。春真っ盛り、何でもかんでも活発に動いていますね。新しいワクワクする季節です(^o^)浅田真央ちゃんも新しいスタートを切られました。私は昨日、一昨日と涙涙でテレビを見ておりました~〜昨日の会見での晴れやかなお顔が特に印象的で、演技をされている時のように、神々しささえ感じました!真央ちゃんのトリプルアクセルへのこだわりを、「なぜあそこまでこだわり続けられたのかわからない」とコーチが仰っていたのが印象深く、私は執着について考えていました。私は、自身のモノへの執着と向き合っています。よく、執着を手放そうと言われますよね。それが苦しみのもと!と聞いているので、執着が悪いことばかりのように、感じていました。でも、会見での彼女のとても晴れやかな顔を見ていたら、執着させてもらえたから、こんなに晴れやかな顔で次のスタートを切れるのではないか?と思えてきました。執着パワーがあってこその人間というか…良い、悪いだけでは語れないというか…執着パワーがあってこそ、その人らしいし、楽しかったり、苦しかったり、感じて、もがいて、きっと最後には晴れやかな顔になれるように、最初から仕組まれたもののように思えてきました。その人その人、いろんなシナリオをもって、生まれてきてて、先は全く読めないですが、日々、執着パワーを原動力に行動して、何かに気づき、成長するようにちゃんとなってる!心配ない!などと、一人思っていたのでした(^^)いつも真央ちゃんから、たくさんのパワーをいただいてきました。ありがとうございましたと心から言いたいです。そして、これからもお姿を拝見するの楽しみにしてます❣️ドウダンツツジシャクヤクオリーブも新芽が🌱ありがとうございました。ではまた!

      6
      テーマ:
  • 31Mar
    • 捨てるから始めない≠捨てない

      こんにちは。昨日、片づけに関わる仕事をされている方とお話しをする機会がありました。初対面のその方とお話する中で、結局は捨てるというようなことをおっしゃっていて、その言葉がスッと入ってきた!というお話。私は、「捨てるから始めない」というフレーズに惹かれ、ライフオーガナイズを学びました。「捨てたくなかったら捨てなくていいですよ」というようなことを人に言います。(先日のイベントでも言いました)捨てるではなく、「手放す」という言葉を使います。これら全部、私の気を楽にさせてくれる言葉でした。(捨てるから始めないは、当初は本来の意味すらわかっておらず、都合よく解釈していたような…)でも、実際のところモノと格闘しながら、結局は捨てないとね〜と痛感していました。何年も収納されているけど、全く出番のないモノたち…そこにあるけど無いかのように無視され、埃かぶって鎮座しているモノたち…他にも例えば、捨てらないので、これまで何方かに譲ってきたモノたち。それらも100%が誰かに使ってもらえて、成仏することはないはず…自分がしんどい思いをしなくていいように、都合よくまわり道してるだけ。捨てている事実がしんどいから、オブラートに包んでいるけど、捨てるか捨てないかでいうと、一個一個捨てています。(ごめんね~とか、ありがとうね~とか言いながら、より気持ちが入るモノは写真とか撮りながら…)結局、捨てています。(念押しで、捨てるから始めないは捨てないではありません)もっと楽に、もっと生きやすくありたいから。まだまだ、捨てるのに抵抗ありありですが、こんな風に感じられるようになってきたな〜と思える機会でした(^o^)ありがとうございました。ではまた!

      4
      テーマ:
  • 24Mar
    • ライフオーガナイザー365日目のつれづれ

      こんばんは。お彼岸ウィーク後、また少し寒さが戻ってきましたね。皆様いかがお過ごしですか?先日のイベントで、皆様にお話しさせていただいた副産物?で自分の片づけスイッチもバチーッと入り、片づけております。イベントでご一緒したるり子さん情報では、春分の日は占星術でいう宇宙元旦とのこと。それならば宇宙正月(松の内)は片づけウィークだ!と勝手に決め、楽しくやってます(笑)話は変わりまして、今日は、先日の記事で紹介しておりました2冊の本のうちのもう1冊、「捨てる勇気 残す覚悟」について書きたいと思います。(この本をイベントで書評も一緒に展示したかったのですが、最後の最後まで、自分のコンテンツが完成せず、結局本だけ展示…というわけでこちらで♪)著者の土井けいこさんの肩書きは、消費生活アドバイザー、環境カウンセラー。7年前の本ですが、中の言葉が、私の心に刺さりまくりまして、こんな方がおられたとは!と衝撃を受けました。まず、本の第1章のタイトルは「心の整頓していますか?」(ほとんどライフオーガナイザーじゃないですか~!と心の中でツッコミ)もうちょっと書かせてもらうと、「ものを持つ、多いのが悪いわけではなく、ストレスとコンプレックスで自分を肯定できなくなることが問題です」と、大きな文字で書かれていました。私がライフオーガナイザーの資格を取得し、今日でちょうど丸1年ですが、学ぶ中で、私がようやく気づいたことを、こんなに的確に明瞭に文字にしてあることに、とても感銘を受けました!読み進めると、実際の片づけの手法も、とても実践的で参考になりました。また、土井さんご自身が、阪神・淡路大震災を経験されており、片づけと是非とも同時進行したい災害への備えについても、書かれています。・・・・・・・・・・・・人それぞれ、どんなことが、やる気、行動につながるか分かりません。ライフオーガナイザー2年目も、いろんなものにパワーやヒントをもらいつつ、着々と行動していきたいと思います。ピッパッで行動しましょうね〜❣️↑夜のツタンカーメンの受け売り(^o^)ありがとうございました。ではまた!

      4
      テーマ:
  • 20Mar
    • お片づけイベント@牛津赤れんが館、無事終了しました〜

      おはようございます。昨日は先日から告知させていただいていたお片づけイベントでした。おかげさまで、私たちの予想を超えて大変賑やかに、無事に、そして楽しく終えることができました(^o^)ご来場いただいた皆様、多大なるご協力をいただいた皆様、温かい応援メッセージをいただいた皆様、本当にありがとうございました❣️このイベントの発起人、ライフオーガナイザー®︎飯田由美子さん、整理収納アドバイザーの山口るり子さん、私の、3人ともが初めての挑戦で、至らないところだらけだったと思いますが、あたたかい皆様のおかげで、最初の目標、”楽しく”をしっかり達成いたしました(^o^)本当に感謝!感謝!感謝!です。ちなみに飯田さんは、前日準備の時点から、もう来年のことを口にされてました(笑)至らぬ点は、来年改善し、パワーアップできることと思います!飯田さんの超力作!↑キッズが楽しくお片づけを学べるコーナー)^o^((気になる詳細は飯田さんのブログをご覧くださいませ〜)お片づけと同じように、今回、自分たちの頭で考えて、行動することで、たくさんの学び、気づきがありました。私は元来、考えてなかなか行動できないタチですが、学びは行動しないと得られない!行動するから得られる!と改めて実感させてもらいました。飯田さん、るり子さんも、ありがとうございました。お疲れ様でした!3人で写真を撮り損なったので、赤れんがの写真を…(佐賀玉屋の倉庫だったというこの建物も、きっと昔の活気が戻って来たようで喜んでくれていたのでは?赤れんが館もありがとうございました。)ではまた!

      10
      2
      テーマ:
  • 06Mar
    • ピンと来るコト、楽しいコト、探し探し、試し試し♪

      こんばんは。三寒四温、草木の芽も動き出しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?ちょっとブログの更新が滞りましたが、元気に過ごしてます(^^)前回の記事で紹介しました本の一冊「歯ブラシの法則」を読みました。カンで良さそう!と思った通り、私にはタメになる内容でした。というか、何でシンガー・ソングライターの著者が、こんなに片づけられない人の思考がわかるの〜??と思うほど!オーガナイズ同様、思考の整理に重きが置かれた内容であると同時に、かなり実践的でしたよ。ほぼ文字だけの本なので、サーっと読めました。(実は、実践はまだです…)何にせよピンときたら、いろんな方法を試してみる。行動し続けていくことで、確実にお家はより心地良い空間になる。自分が楽しく行動し続けられそうなことにアンテナを張って、参りましょう!と、自分にもエールを(^o^)楽しいといえば、私のライフオーガナイザー®︎1級同期の仲間がブログで紹介してた「夜のツタンカーメン」というラジオ!最近の私のお楽しみになっております(^^)まずは、紹介してくれたerikaさんのブログをご覧くださいませ↓私は、食器洗いの時のお供にしております。(食器洗い大嫌いですが、おかげさまで、笑いながら洗ってます♪)今日は、家系図を作る(ご先祖様を知る)ような話を聴きました。ソッコー役場に行って調べたくなりました!掃除、片づけに関わる回もあって、それ聞いた時も、ソッコー動いていました(^^)紹介してくれた仲間に感謝しつつ、私も紹介させていただいております。(誰かお一人でも笑顔になっていただけたら、これ幸い♪)最後に、3月19日に佐賀県小城市でお片づけのイベントやります↓小城には、羊羹や鯉料理や酒蔵もありますよ〜お誘い合せの上、どうぞお気軽にご来場くださいませ!ありがとうございました。ではまた!

      5
      テーマ:
  • 22Feb
    • 逃げない人の教え、そして私は…

      こんばんは。昨日は日本ライフオーガナイザー協会の佐伯新和(さえきにいな)副理事主催の勉強会に参加してきましたので、まずはそのお話。内容は、慢性的に片づけられない(Chronic Disorganization : CD状態)に関することでした。佐伯先生のお話を聞くのは、年末に参加したカンファレンスに次いで2回目。今回印象に残ったのは、逃げないという専門家としての姿勢でした。このCD状態に関する話について、これまで(私は自身が片づけられないので)、単純に興味があり、どちらかというとクライアントさん側の気持ちになって、話を聞いてしまっていたのですが、昨日先生のお話を直に伺って、あらためて専門家であるオーガナイザー側にも、保身に走らない・逃げないという、強いブレない気持ちが必須で、人に関わる仕事の責任の重さなど、ひしひしと感じました。佐伯先生は、CLOというCD状態の方をサポートする専門家の育成をされています。興味のあられる方は、こちらをご覧ください。この貴重なお話を聞いて、私はというと、やはり自分の問題に翻るわけですが…問題解決の途中にある私が、来月開催のイベント↓で、初めて人前で話します。はっきり言って専門家とは言えませんが、私がオーガナイズを学んで、気づいたことなど、同じようにお悩みの方の気が楽になるような話ができればと思います。どんな風に話したら、伝わりやすいかな?と頭を抱え、今日はヒント探しに近隣の図書館へ。片づけ本のコーナーで、2冊の本に出会いましたよ(^o^)ライフオーガナイザーの本でも、新しい本でもないのですが、私としては参考になったので紹介させていただきます。(ちなみにまだ読破もしていません!にもかかわらず、カンで紹介するという…)まず、「捨てる勇気、残す覚悟」。かなり独創的かつ実践的で、オーガナイズの手法にも通じる部分があり、私にはかなりピンときました!で、もう一冊は、「歯ブラシの法則」。まさにCD状態のお家で育った著者シーラさんは、なんとシンガーソングライター!序章の部分だけで、すでに引き込まれました(^^)読破したら(そして実践したら)、ちゃんと書かせていただきます!ありがとうございました。ではまた!

      4
      テーマ:
  • 16Feb
    • 思い切って手放したら…

      こんにちは。先日こんなことがありました。片づけとはあまり関係ありませんが、悪しからず…トマト缶を開けようとしたら、プルタブが外れてしまいました。こりゃ、どうしよう!と思いました。というのも、キッチンツールを片づけていた時に、「今日日、缶切りが必要な缶も売ってないし、要らんやろ?」と複数あった缶切りを手放してしまったから。その日は、ちょうど一つだけあったトマト缶を使って料理をしようと思い立ったところでした。わざわざ買いに行くのも面倒くさいので、急遽メニューを変更したんですが、数日経って、またこのトマト缶が気になり始めました。これ、どうしよう…お店に行って、交換してもらう?誰かに缶切りを借りる?なんで缶切り一つくらい残さなかったのか…などと考えていたら、ふと思い出しました(^o^)缶切りを手放そうと思った時、アーミーナイフがあるじゃないか!と思ったことを。(私は、捨てられないタチなので、通常だったら、全てを手放すことはできません。ハイ、断じて!)缶切り手放し時、アーミーナイフをキッチンツール入れに入れておくことをしなかったので、すっかり忘れていました。早速持ってきて、缶を開けてみようとしますが、今度は使い方が分からない!ネットで調べて、ようやく缶が開きました!!とってもスムーズに!刃は、通常の缶切りと逆方向の反時計回りに進みます。とても勉強になりました(^^)教訓缶詰はこのような不測の事態が起こりうる。手放し品の代替え品は、ちゃんと移動しておく。アーミーナイフはとっても優秀だが、勉強しないと宝の持ち腐れ。ありがとうございました。ではまた!↓来月イベントを行います。お近くの方、お気軽にお越し下さいませ♡

      6
      テーマ:
  • 10Feb
    • 雪降る日の挑戦宣言

      こんにちは。北部九州は(も?)雪です!朝方はこんな光景でした!!アナ雪❄️みたいな世界雪が降るといつも妙にそわそわしますので、ブログ更新⁈さて、昨日の話になりますが、佐賀県小城市に行ってまいりました。目的は、来月19日に佐賀市のライフオーガナイザー飯田由美子さんのお声かけでご一緒させていただくことになったイベント会場の下見です。(オーガナイザーとして、イベント自主開催、初めての挑戦です!)ヤッホー!チラシが完成しましたよ→https://drive.google.com/open?id=0BxhzSdmGO3UuVzgwWVNGNFRWLUEお声かけいただいた飯田さんは、先月こちらの記事でもご紹介しましたが、暮らしに関わるいろんなことに興味津々、エネルギッシュで行動派、前へ前へと進む尊敬すべき方です。(私は密かに飯田先生と呼んでます♪)飯田さんは、ライフオーガナイザー取得前に、整理収納アドバイザーの資格を取得しておられ、今回のイベントにはお仲間の佐賀の整理収納アドバイザー山口るり子さんもご一緒されます!山口さんは、図書館司書をされていた時に、図書館の本の整理やお片づけからこの分野に興味を持たれたという経歴をお持ちの方。利き脳も私(右左)、飯田さん(左右)と違って、右右脳タイプの山口さん。リンクのカッコイイホームページとスッキリ素敵なご自宅を是非ご覧になってください!手前味噌的ですが、利き脳がたまたま違う3タイプ、2つのお片づけの有資格者に一遍に会える好機です♡昨日見学してきた会場もレトロな素敵な建物です。中はこんな感じ↓さらに私たちの他に、ハンドトリートメントやフットマッサージをしてくれるキレイのプロの方も参加してくださいます(^^)お誘い合わせの上、どうぞお気軽にご来場ください。みんなでお待ちしておりまーす!ありがとうございました。ではまた!

      5
      テーマ:
  • 03Feb
    • 節分もごそごそオーガナイズ

      こんにちは。先日から取り組んでおります居間の収納の続きです。計画的に作られていないからか、収納したいものを想像しにくかった居間の収納。階段下の変形した方には、とりあえず、なぜかお縁に置いていた事務用品ケースを入れました。モノを取りに行くのに近い方がもちろん良いし、普段は見えない方がスッキリします。奥には扇風機などの季節の家電を納めることにしました。奥にチラッと見えますか?そして問題の、中板で分断された収納。こちらはやはり、これといって、アイデアが浮かびませんでした。で、一旦そこだけを考えるのをやめて、収納でやりたいことを羅列してみました。(オーガナイズのおかげか、ちょっとは試行錯誤できています♪)すると、新しいアイデアに辿り着きました(^o^)以前から、まとまった資源ごみの分別ステーションを作りたいと思っていたのですが、それをここに作っては?と思い始めました。以前は、この収納に取り付けられたハンガーポールに気をとられて?ここには衣類をかけるんだ!と何やら思い込みをしていました。さらに、資源ごみって名前からか、ごみをこんなところに?という考えもありました。でもよくよく考えると、洗った瓶や缶、電池や電球、古紙類は、現状でも出すまで家の中においているので、清潔を心がければ問題ないのでは?と思います。どうせうまく使いこなせていない収納なので、とりあえずやってみることにします↓またもや実験です(^^)さらに下段には、掃き出し窓に隣接しているので、防災用品や水、食料もまとめて備蓄してはどうかと思っています。(今、水などをおいている納戸よりもはるかに持ち出しやすそう)ゴールがない、脈絡がない~と行き詰っても、ちょっと立ち戻り、俯瞰してみると、何か違うものが見えてくることも!今後実際使ってみることで、またわかることがあるかと思います。どうなりますやら~~鬼と一緒に、要らないものも外〜!要るものだけ内〜!を今後も励行致します(^^)ありがとうございました。ではまた!

      6
      テーマ:
  • 25Jan
    • 想像できない、ゴールが見えない、脈絡が無い!

      おはようございます。一昨日のことですが、熊本のライフオーガナイザー井形純子さんの現場に同行させていただきました。井形さんは、一言で言うと、女性が憧れる女性といった感じの方でしょうか?(ちなみに、メンタルオーガナイザーでもいらっしゃいます。)優しさ、厳しさ、可愛らしさ(失礼ながら!)を併せ持つ素敵な方です。(土地柄でしょうか?熊本の知り合いにそんな女性が多いです~(^o^)井形さんからはもちろんですが、おかげさまで、現場のお宅からも、私自身の今後の活動やオーガナイズにも通じる色んなことを考える、感じる機会をいただきました。昨日まで大分余韻が残っていたのですが、現実に戻って、私の片づけ新戦略についての続きです。まず、居間にある二つの収納について、写真を撮って、中身を書き出しました。片づけのステップの中で、収まっているものを全出し(全部出すこと)をしますが、いわばエアー全出しです。エアー全出しして見てみると、なんでここにこれを入れているんだろう?と思ったもの多数。そして次に、書き出したものとは関係なく、本来そこに収納したいものを列挙してみました。すると今度は、本来そこに収納したいものをサクッと想像することができない、できにくいと感じました。(これは、ゴールが見えないこととイコールではないでしょうか?)というのも、それぞれの収納には、当たり前ですが、スペックがあります。例えばこのような↓高さを分断する中板が入っていたり…階段下などは↓変形してて、入るものが限定されますよね。他にも扉の開き方、奥行き、材質…条件は色々。ウチの場合は、そもそも何を入れるか想定されていないけど、とりあえず存在してる感が大!本当はこんなもの入れたいよね〜、でも仕方がないから入るサイズのこれを入れておくか…みたいな脈絡の無さ…私の場合は、モノが多いのに加えて、とにかくその収納を全く生かしきれてないのです!(今更⁈ライフオーガナイザー???って感じ)この現実をどうしていくか?やっていたら、何かわかるバズ!と信じて前に進むしかありませーん。先は大分長そうですが、よかったらまたお付き合いくださいませ。ありがとうございました。ではまた!

      5
      テーマ:
  • 17Jan
    • 元気が出るドキュメント「人生フルーツ」

      こんにちは。先日、たまたま「人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり」というドキュメント番組を見ました。ある建築家というのが、津端修一さんという御歳90歳!のご主人で、雑木に囲まれたご自宅で奥様(御歳87歳!)と畑をしながら暮らされているのを記録したものでした。お二人のことを全く存じ上げなかったので、初めは、「このおじいさん、知ってる人に似てるなー」くらいな感じでなんとなく見ていたのですが、数分後にはなんかすっごいご夫婦!と驚嘆しながら、画面にかじりついて見ていました。びっくり其の1、とにかくお二人ともよく動かれます。その動き方は、私たちが知っているお年寄りさんのものではありません!びっくり其の2日々の暮らしの楽しみ方がユニーク、かつ素敵。ご主人の設計されたご自宅、手製の看板や畑用の立て札、お餅つきの時に出てくる旗や焼印など…そして、畑のものを使って奥さんが作られる只々美味しそうな料理(特にお菓子!)なんとも楽しげで幸せ~な感じ。びっくり其の3雑木林のある暮らし。ご自宅は、もともと山だったところを真っ平らに造成されたニュータウンの一画で、木は40年ほど前に購入した時に植えられたとのこと。何にもなかった土地とは思えないほど木々は成長。(実は、ご主人はこのニュータウンの設計者で、いろんな経緯があってこの暮らしを実践しておられます。)この番組で出てくるキーワードが、「こつこつ、ゆっくり」(樹木希林さんがナレーションされています)奥さんが障子の張り替えの場面で、「『何か自分一人でやれることを見つけて、時間はかかるかもしれないけどこつこつやってみる。やってみることで何か見えてくることがあるから、とにかく自分でやること!』とお父さんが言うんですよ〜。」と言っておられたのが印象的でした。何十年もお二人でこつこつ、ゆっくりを続けてこられて、この暮らしがあるんだなーと背筋が伸びる感じがしました。この、見ているだけで元気になる、力をもらえるような、お二人の暮らしが「人生フルーツ」という映画として、今月公開されているとのことです!↑公式ホームページからタイトルの画像をお借りしました。人生の大先輩のお二人からの贈り物のような映画。この暮らしを選ばれた建築家のご主人の思いについても描かれていると思いますので、ぜひとも劇場へ~。ありがとうございました。ではまた!

      7
      テーマ:
  • 14Jan
    • 大人の社会科見学〜百聞は一見に如かず〜

      こんにちは。今日は、またまたお初な話題。佐賀市のライフオーガナイザー飯田由美子さんのお誘いで、佐賀市エコプラザの見学ツアーに参加させていただきました。まずは、百聞は一見にしかずという事で、たくさんの写真を載せて書かれたの飯田さんのブログをご覧ください。(お気付きの方もおられると思いますが、私は環境問題とか割と気にするエコ人間で~、飯田さんもかなりのエコエコ〜!)一番身近で、誰も避けては通ることのできないゴミ…約1時間半、たくさんの新事実や衝撃的な光景を見聞きしてきました。(普段見られない私たちの暮らしの影の部分…)印象に残ったことを挙げてみます。袋に入れられた燃えないゴミは、最終的には人の手によって分解されている。(これは全国どこでもそうとのこと。そのまま埋めると、かさばるので、金属、プラスチック、木などに人が分解。)分別ルールが、市町村によって違うのは、処理する機械の能力や処理した資源ごみの受け入れ先の有無により変わってくる。(佐賀市では、ペットボトルのラベルは機械で処理できるので剥がさなくて良かったり、廃プラの収集はしていなかったりする。)一時期話題になっていた、天ぷら油のバイオディーゼル燃料は、ディーゼルエンジンの進化により、新型車にはそのまま使えなかったりする。燃やして出る二酸化炭素の5~10%は施設内の温室で藻を栽培し、光合成によって処理。(藻からアスタキサンチンなどを抽出できるとのことで、このような処理は最先端。)佐賀市ではゴミ処理に年間約34億円かかる。(1人あたり1万4千円程のお金を使っている。←これはネットで検索)処理施設の寿命は30年~50年と言わている。(佐賀市の施設は築13年)新たに処理施設を作るには、場所(もう場所がない⁈)やお金(200億⁈)の問題が大きい。お話してくださった市原さん(この見学ツアーを7年くらい担当されている)は、消費者が求めるからその商品やサービスがあるのか、逆に、それがあるから消費されるのか?「卵が先か、鶏が先か?」みたいな話を何度もされていました。そして、・製品を作る企業は、作る段階で、廃棄される時のことをもっと考えて欲しい!・日本人は、消費しすぎ。ゴミになるものを安易に買わないで!・市民だけが頑張っても、行政だけが頑張っても、全体で考えなければダメ!というようなことも仰っていました。私も、私1人消費や分別を頑張ってもダメですが、このような発信を続けていったり、オーガナイザーとして何ができるかな?と、これからもアンテナを立てていきたいと思ったのでした。こんな光景を見るのがちょっと…という方には、↓こんな学習できるコーナーや…食品ロスの展示ペットボトルによる水の展示↓リユースショップもあります(^^)有名な有田焼き多数昔ながらの掲示板ここでは、キッズコーナーやスーツケースや車椅子等の貸し出しも(^^)私の地域の処理施設もあらためて訪問したいと思いました。皆様も是非!ありがとうございました。ではまた!

      8
      テーマ:
  • 11Jan
    • 私の片づけ新戦略

      こんにちは。年頭に当たって、自宅のオーガナイズについて新たな戦略を考えています。昨年は、劇的に!とはいかないまでも、大分モノを減らすことが出来ました。おかげさまで(^^)今年も減らす作業は続きますが、残ったモノたちの中からさらに選び抜くことをしていきます。そしてモノが減ったところで、今後やっていきたいのが、収納計画。今までは、モノが多すぎて、本来はここに収納したら楽〜、便利~というベストポジションの選択までは出来ませんでした。要は、空いているところに詰め込むという感じ…今年は、使うモノのベストポジションを選定し、優先的に納めていきます。(宣言したはいいけど、のびのび~のんびり~にならないように、苦手な計画もちょっとずつ立てます。)まず計画するにあたって、1階の部屋と収納について、簡単な表を作ってみました。1階には、居間に2箇所、仏間・お縁・廊下・脱衣所にそれぞれ1箇所の収納、そして納戸があります。 〜以前は、そもそも収納が少ないんだよ!と思っていましたが、そうでもない?と思う、今日この頃…これらの収納場所に何が納まっているのが使いやすいのか?でも現状では、何が居座って、何がはみ出しているのか?を分析してみることに。この分析ができたら、俯瞰できたも同然!もうバッチリ!と都合よく考えています(^o^)随時、こちらで状況報告をしたいと思いますので、よかったらこのオーガナイズ実験を見守ってやってくださいまし。今日はここまで。ありがとうございました。ではまた!

      5
      テーマ:
  • 07Jan
    • 謹賀新年

      あけましておめでとうございます。新年も6日が過ぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?のんびりしていると、あっという間に日が経つのですが、大晦日に振り返ったように、一年間、結構いろんなことをやっておりました…これからまた一年、どんなもの、人に出会えるか楽しみにしております。さて、まだ松の内ですが、早速何か新しいものに出会った、挑戦した、という方も多いのではないでしょうか?私は、先月カンファレンスで学んだように、今年は脳が喜ぶという視点で、新しいことをより積極的にしていきたいと思っております。というわけで、早速「私のお初なこと」について書きたいと思います。まずは、体がやっぱり資本ということで、体操(三井島システム)の話。一昨日が体操の初稽古?でした。新年から、今までやってきたものに加えて、上級編のクラスに参加します!と先生に宣言していたので、行ってきました。(この誰かに宣言するというのは、オーガナイズでも使いますが、かなり有効です。あと、新年といった区切りも!)いざ当日、準備に手間取ったり、寒かったりで、一瞬来週からでもいいのでは?とよぎりましたが、宣言していたんで、どうにか行ってきました。バタバタと準備して行ったら、なんと会場の暖房が壊れているとのこと!人一倍寒がりなので、ああ~来週からにすればよかった…などと、またまた心折れそうな感じだったのですが、温まるために呼吸をやるよ!といきなり始めた先生を、見よう見まねで真似していると、すぐに温まってきました。なんとか必死についていき、終わる頃には、ポカポカになって、気分もリフレッシュ!私の脳みそ、しっかり喜んでました(^o^)おかげさまで、今後も続けていけるかも?という良いスタートでしたが、実はヨガマットを忘れたり!と、結構バタついたので、時間も含め、体操のためのオーガナイズが必要と思いました。このように大分発展途上ではありますが、本年も身の回りの環境・脳・体をオーガナイズして、楽しく日暮らし!をテーマに語らせていただきます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。ではまた!寒い中、良く咲いとる小菊🌼

      4
      テーマ:

プロフィール

ライフオーガナイザー小森

自己紹介:
佐賀県のライフオーガナイザー小森と申します。 資格取得後ただいま修行中の身です。 利き脳は右左タイ...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス