相続が開始し、

亡くなった親の通帳を確認したら、

数万円しかなかった。

 

「勝手に引き出したわね!

 1000万円はあったはず」

 

通帳、キャッシュカードを預かっていた長男夫婦。

すべてを長男にまかせていた長女。

 

こんなケースってよくありますよね。

 

 

確かに引き出したのは親と同居の長男夫婦。

 

でも、もしからしたら

親から引出しをお願いしたのかもしれない。

 

日常品購入のための引き出しはOKされていた

のかもしれない。

 

親の介護費用のために使ったのかしれない。

 

実家のため大型娯楽製品を買ったのかもしれない。

 

引き出したお金が長男の口座に入金されているが、

口頭で長男にあげた(贈与)のかもしれない。

 

 

真実はひとつだか・・・・。

 

 

後々トラブルにならないために、

面倒ですが、

長男夫婦は、

レシート、メモは残しておくようにしましょう。

 

本当は勝手に引き出してはいない場合でも、

誤解されることが多いので、

気をつけましょう。

 

相続人だったら、誰でも過去に遡って

親の取引履歴を確認できますからね。

 

 

長女は、

言いずらいかもしれませんが、

「レシート、メモとっといてね。

 税務署が気にするのは、資金シフト(名義預金、贈与)

 だったりするから」

のような言い方で

やんわり言ってみてはいかがでしょうか。

 

親がその当時判断能力が全くないこと、

明らかに子供自身のために引き出したこと

を客観的な証拠で明らかに証明できる場合以外は、

勝手に引き出したと主張することは、

非常にむずかしいですから。

 

 

お金の管理をしていて

親の面倒を見ていた者

(お金を使いたい放題と思われがち) 

     VS

心配しているが、

親の面倒をみていない(みれない)者

(何もしなかったのに死んだら出てきたと思われがち)

 

 

お互いお気をつけください。

亡くなってからでは争いになるだけですよ。

 

 

預金の相続手続きと言ったらの

川崎市麻生区新百合ヶ丘稲城市の相続手続き代行

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相続の連絡したが最後、

銀行口座が凍結。

預金が引き出せない。

 

100万円くらいなのに・・・。

 

最近増えてきた、

子供がいない配偶者と兄弟姉妹が相続人。

妻は困ってしまった。

人数が多ければ多いほど問題が・・・。

 

一番多いのが兄弟姉妹の一人が認知症。

遺産分割ができなければ預金が引き出せない。

成年後見を申し立てる金額でもないし。


兄弟姉妹相続の場合、100万円の1/4

それを人数割り。

兄弟が多ければ1人数万円ってことも。

他の相続人が全く協力してくれない、

こんな場合も結構ある。

 

妻が法定相続分なら100万円の3/4の75万円、

もらう権利はある。

でも相続人全員のハンコが必要。

1人でもハンコが押せなければダメ。

 

じゃー裁判って言っても、

時間ばっか取られるだけだし。

弁護士の先生に依頼するにしても費用が・・・。

 

「面倒だから、あきらめるか」

 

 

 

法定相続分−専門家の費用

よりは少ない金額かもしれないけれど、

あきらめるよりはベターな方法。

 

それが、「預金の仮払い制度」

 

預金額×1/3×法定相続分

(ただし1金融機関一人上限150万円まで)

 

預金100万円の場合、

妻はいくらもられるのか?

 

100万円×1/3×3/4

=33万3333円

 

 

 

配偶者の場合、他の相続人の人数が増えても

頭割りはないので、自分の取り分は関係

100万円の預金の場合は約33万円。

 

とりあえず、これだけは確実のもらって、

後は、遺産分割せずにほっておく。

(取得金額は遺産分割で取得したとみなされるだけ)

 

 

預金額がそれほど多くない場合は

こんな方法もあるってことを

頭の片隅に置いといていただければ、

と思いブログを書いてみました。

 

 

 

 

ご参考にしていただければ幸いです。

 

なお、

金融機関はなんだかんだ理由をつけて

やりたがらないですけど、

法律で認められている制度なので、

チャレンジしてみましょう。

 

 

川崎市麻生区新百合ヶ丘

預金の仮払いといったらの

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。

                                                                           

 

最初の段階で

無料相続相談をして

相続の方向性をいっしょに確認しましょう。

 

 

 

                                                                            

 

                                       

 

時には何もしないことが

ベターな選択肢になることも。

 

もちろん、

それが全てではありませんが、

総合的に勘案して、

必要ならやる。

必要ないならやらない。

 

例えば、認知症対策として、

任意後見、遺言、生前贈与、信託等あります。

 

焦りは禁物。

まずは、本当に必要かどうか。

やるかやらないかはケースバイケースです。

当然コストもかかりますし・・・。

 

もちろん、

私のところでも結構、家族信託をやっています。
念のため。

 

悩んだら、

無料相談をご利用ください。

 

相続は

他の相続人との関係等

相対的要因により、

絶対これがいい。

はあまりない気がします。

 

最良なベターをめざしましょう。

 

 

 

 

                                                                           4

 

 

 

相続対策でベターな選択をめざす

司法書士田中康雅事務所は

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市を

中心に相続業務を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も金の価格が上がりましたね。

銀も上昇傾向。

 

何となくコロナ禍あたりから、

巷ではそんな話もちらほら

耳にするようになってきていました。

 

銀なんかは、

在庫がない貴金属取扱店が多く、

販売日は月1回程度。

しかも数分で販売終了。

そんな状況を昨年目の当りにしました。

 

これから先はわからないですけどね。

 

ところで、

相続関係のお話すると、

金銀等貴金属を相続した場合は相続税の対象。

 

売却した場合は、

譲渡所得の対象になります。

(利益が50万円以下でしたら大丈夫ですけど)

 

なお、

一度に金・プラチナなどの地金を200万円以上売却した場合、

貴金属店は買取店が管轄税務署に支払調書を提出します。

190万円ずつ2日に分けて売却した場合は、支払調書不要。

また、銀の場合、支払調書提出の対象になっていません。

 

支払調書を提出しない場合であっても、

利益がでたら、もちろん、確定申告の準備してくださいね。

ご不明な点は税務署、税理士のお問合せください。

 

 

金銀等でも相続したら、相続税の対象ですよ。

遺産分割協議書にも書きましょう。といったらの

川崎市麻生区新百合ヶ丘

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。

 

 

追伸

ある証券会社の相続手続きで

提出から1か月以上たってもまだ終了していません。

早くして欲しいんですけど、株価下がっているから・・・

 

 

 

 

川崎市麻生区新百合ヶ丘稲城市相続手続登記

なんでも相続相談

 

 

 

ホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      1

 

 

                                       2

 

 

                                      3

 

 

                                      4

 

 

みなさんは、

相続手続きというゴールへ向かって

慣れない道を歩いていかれることと思います。

地図(マニュアル)には一般的な注意事項は記載されていますが、

その道の特有の細かな注意事項まで記載されて

いないことがほとんどだと思います。

 

そもそもその道を通っていいものなのか?

本当はそこが一番大事なことだと思います。

 

もしかしたら、オオカミがいるかもしれません

 

一歩進む前に、まずは相談。

 

無料相続相談はお早めに

 

 

川崎市麻生区新百合ヶ丘・稲城市で

相続

オオカミの相談といったらの

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。