今一番楽しみなドラマ「エール」! | ☆数秘に秘められた才能を生かして輝くあなたへ~enjoy life~

☆数秘に秘められた才能を生かして輝くあなたへ~enjoy life~

はづき数秘術アカデミー特別認定講師 冴木マミです。

生れたもった才能・長所・強み・隠れた本性を知り
自分らしく輝き幸運へと導くお手伝いをさせていただきます。
~より自由により豊かによりHappyに~

数あるブログからここに

たどり着いた奇蹟に感謝いたします☆

 

 

はづき数秘術アカデミー

特別認定講師

 

レイキセラピスト

冴木マミです。

 

いつもありがとうございます☆

 

 

お友達追加特典として

あなたの今年の運命のサイクル

過ごし方などお伝えしますクローバー

 


 

 

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..


虹数秘6月のメッセージ

 

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..

 

 

昨日は雨で肌寒い一日でしたが…

今日は28℃と一気に気温があがりましたね。

 

温度差が激しいと頭痛やめまいなど引き起こしますので

皆さま♡くれぐれもご自愛くださいね☆

 

 

 

今、一番楽しみにしている朝の連続テレビ小説

「エール」皆さん、観てますか?

 

子供の頃の裕一がとっても可愛くて♡

始まった時から毎日楽しみに観ていますブルー音符

 

 

昭和を代表する作曲家古山祐一(窪田正孝)と

歌手として活躍した妻 音(二階堂ふみ)

昭和の時代を歌で人々を勇気づけた夫婦のお話。

 

 

このドラマは3月末から始まったんですが

裕一と音の出会いが、音が裕一に出した

ファンレターから文通が始まり結婚すると言うニコニコ

 

文章ってその人の本質は伺えたりしますが

 

ファンレターから、音の人柄を見抜いた

裕一は音楽だけでなく見る目も天才ですよね合格
 

このドラマのモデルは作曲家

 

古関 裕而1909年8月11日

PN11-11-1

「1」が「5」つも!!
 

アーティスティックで時代を先取りする

直感・ヒラメキ型で多くの人に影響を与える

インスピレーションを生まれながらにお持ちです。

凄い方ですね拍手

 

 

 

今日のお話は

 

運命を変える作詞家と出会い第二段のレコード

「船頭可愛いや」出したんですが、またもヒットせず…

 

このままではコロンビアレコードを解雇されて

2年受け取っている契約金は前払いの印税なので

会社に返金しないといけないのです…

 

 

あーぁ…

どうなるのでしょう…

 

 

志村けんさんも出演しているので何話まで

出られるのかも、気になるとこですね。

 

 

 

 

主人公役の窪田正孝さんを

ほんの少しだけ数秘でみてみました。

 

 

1988年8月6日

PN6-4-5/6

 

「宿命数6」(6日生まれ)

穏やかで愛情豊かで誰に対しても親切です。

包み込むような人柄は多くの人から親しまれ

小さなことでも大きく喜ぶ感激やさんでもあります。

 

「運命数4」

コツコツ真面目な堅実家さん。

穏やかで誠実で粘り強い努力家タイプ!

几帳面で慎重に着実に形にしていくことができます。

 

 

「使命数5」

自由に飛び回るコミニュケーター「つなぎ役」

 

 

 

どこまでも穏やかで愛情深い方なんでしょうね♡

 

 

これからの展開がワクワク楽しみですむらさき音符

 


 

何気ない日常が奇蹟。

今日もありがとうございます☆

 

 

 

 

はづき数秘術認定講師養成コース
2020年は誰とつながるかが重要になります。
あなたは誰とつながりますか^^

冴木マミが開催する
はづき数秘術アカデミー認定講師養成コース

東京 4期募集開始しました。





★詳細はコチラ

こちら下矢印からもお申込みできます。


 お申込はこちらをクリック
 

 

 

 

 

 


 

冴木マミのご提供メニュー
ピンク薔薇はづき数秘術入門講座詳細
ピンク薔薇はづき数秘術マスターコース詳細
ピンク薔薇はづき数秘術アカデミー認定講師養成講座詳細
クローバー個人セッション詳細



こちら下矢印からもお申込みできます。


お申込はこちらをクリック

 

お申込はこちらをクリック



 

 

数秘術ランキング

 

いつも応援励みになります!


数秘術ランキング

アップ応援クリックして頂けたら嬉しいです♡ 

 

 

フォローしてね!

今日も笑顔の1日をお過ごしくださいねピンク薔薇

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます☆