今日は明るい知らせ、2~3日前からキツツキのドラミングが聞こへていたが、連れ合いがしっかり確認、台所の窓のすぐそば3~4mのところの太い栗の木の3mくらいのところに穴をあけている。今日じっくり観察していると頭の赤い羽根が長い個体と短い個体、の2羽が交互に穴を掘っている、この時期2羽の共同作業は「巣作り」、生きた木に穴をあけるのは大仕事、果たしてうまくいくかどうかじっくり観察していきます。

物干し場と近いので遠慮しながら生活するようです、卵を産めば少々のことでは大丈夫なはず、今が一番大事な時です。