100歳まで歩ききる為の 【もも裏歩き】ウォーキング教室

100歳まで歩ききる為の 【もも裏歩き】ウォーキング教室

もも裏歩きのコツ、もも裏歩きのやり方、もも裏歩きの効果、もも裏歩きの動画、正しいウォーキング、間違ったウォーキング、正しい姿勢、悪い姿勢、反り腰や猫背、腰痛、膝痛、股関節痛にならない正しい歩き方に関する記事を書いています。

こんにちは(^^♪

お尻は垂れて欲しくない

女性なら誰しもが思う事です。
 
 
垂れる=筋力低下
 
筋力低下=脂肪がつく
 
脂肪がつく=余計に垂れて見える
 
 
こんな悪循環に陥ります。
 

 

 

 

 
最近では、お尻のトレーニングも
流行っていますが、筋肉は着いていますが、
理想のお尻ではない感じがします。
 
 
筋肉が大きくなり、
垂れ尻は改善されていますが、
小さく締まっていない感じです。
(私の好みの問題でなく(^_^;)
 
 
それは、トレーニングの時は使えていても、
日常生活で使えていないので、
脂肪が乗ったまま大きくなった感じです。
 
 
そこまでは、求めていないかもしれませんが、
垂れ尻と脂肪の両方を変えたいと願うなら、
普段の生活で常に使う事が必要となってきます。
 
 
なぜ、
お尻やお尻の下の外側にばかり、
脂肪がつくのか?
 
なぜ、
ジムでトレーニングをしているにも関わらず、
脂肪がつくのか?
 
なぜ、
スポーツをやっているにも関わらず、
脂肪がつくのか?
 
 
歩き方を変えないからです。
 
 
 
日常の全ての歩き方で、お尻を使うのです。
 
 
お尻を使えれば、
もも裏の筋肉も勝手に使えてきます。
 
 
骨盤が前に倒れて、
股関節が固まっている人は、
使っているつもりになっています。
 
 
立った時に重心が、かかとにある人は、
なんちゃってウォーキングになっています。
 
 
ダイエットや、脚やせのための
ウォーキングの人もいるでしょう。
 
 
無駄です。
 
 
体重が減れば、それなりに細くなりますが、
何故か脂肪だけ残ってしまいます。
 
 
股関節が開きづらい、股関節が閉じづらい
どちらがダメでも脂肪が付きます。
 
 
正しい歩き方は、
股関節を強く外側へ回した後、
強く内側へ回ります。
 
 
内側への回旋、
外側への回旋を常に使う事で、
垂れ尻は改善されます。
 
 
 
しかし、股関節が自由に動くけれど、
垂れ尻の人もいっぱいいます。
 
 
使い方を知らないのです。勿体ないですね。
 
 
もう一つ、
お尻の上の方が盛り上がり、
まるで筋肉が付いているかのような
人がいます。
 
盛り上がってるのは、
お尻の上の方だけで、それより下は、
ペコっとして、シワシワです。
 
 
それは、
体重の重いチョコチョコ歩きの人です。
 
 
股関節を前にも後ろにも大きく動かさず、
ただ重い体重にお尻の筋肉が耐えて、
張りすぎて大きくなったものです。
 
 
どんどん足の裏側の筋肉は衰え、
膝の悪い人も多いです。
 
最悪なお尻と言えましょう。
 
 
垂れ尻治したいなら、歩き方からですね。
 
 
 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

・間違った姿勢とは?

・正しい姿勢の作り方とは?

・間違った歩き方とは?

・どこをどう使えばいいのか?

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

基本となる重要な話をしています。

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

イメージも沸き、正しい歩き方も

スムーズにできるようになります。

是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/


知り合いのや、お友達、親族などに

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

アマゾンから購入できますので

是非是非 (≧∇≦)b

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

の日程やお申込みはこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

 

 

立っている時間より、

座っている時間の長い人がほとんどです。

 

座っている時間を体を固めずに、

過ごすことは現代人の課題でもあります。

 

 

腰痛にならない座り方

 

反り腰に成らない座り方

 

腰が丸くならない座り方

 

疲れない座り方

 

むくまない座り方

 

股関節を固めない座り方

 

肩の凝らない座り方

 

などを多くの人が探しています。

 

 

 

悪い形で座っている時間が長いと、

立ち方や歩く時にも障害となり、

正しい姿勢を作ることができなくなる

原因となります。

 

この記事では、

本当に正しい座り方とはどういう座り方なのか

を書いていきます。

 

 

テレビや雑誌で健康に良い

というものに対しては、ブログの中で、

今までも警鐘を鳴らしてきました。

 

しかし、最近の新しい健康法で、

また犠牲者が出ています。

 

しかも、その健康法のせいで、

痛くなったということに気付いていません。

 

 

痛くなった場所とは?

 

 

かかとです。

 

 

 

かかとが痛くなれば、足を付く度に

痛いのですから、健康になるどころか、

歩くのもままならないので、

運動量が減ってしまいます。

 

 

確かなエビデンスがあるにせよ、

痛くなっては意味がないのです。

 

 

以前にもある運動法はやらない方が

いいと言いました。

 

 

覚えているでしょうか?

 

 

それは、スクワットです。

スクワットがダメな理由はこちら

👉 https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/entry-12423096362.html

 

 

その他にも健康器具にも注意!

と言ってきました。

こちら👉 https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/entry-12437114282.html

 

 

 

そろそろ皆様もお気付きですね。

【かかと落とし健康法】です。

 

 

これをやって、かかとを痛くしたのです。

 

 

 

その前にも何人かの患者さんに聞かれ、

痛み後出る前に辞めてください、

 

と言ったのですが、

 

 

今回は、やっているのを知らず、

痛くなってから【かかと落とし健康法】を

やっている事知りました。

 

 

しかも、その患者さんは、

以前にもかかとが痛くなったことがあり、

「かかと重心が悪いんだよ」という事を教え、

ウォーキング教室にも来てもらっていました。

 

 

最近では、かかと重心も改善され、

腰痛も減り良い状態だったのに、

またメディアがやってくれました(^_^;)

 

 

体重の軽い人なら、かかと落としをしても

すぐには痛くならなかったかも知れません。

 

 

今回痛くなった方は、ある程度体重があり、

レントゲンでも踵骨棘(かかとの変形した骨)が

出ている人なので、

再悪化しやすかったのもあります。

 

詳しい踵骨棘の説明はこちら

➡️ https://ameblo.jp/kokkakuseitai/entry-12443312145.html

 

 

骨に刺激を与える事で、

骨から出るホルモンが活性化され、

血糖値を抑え、骨密度も上昇させ、

血圧にも良いとされています。

 

 

でも、かかとをガンガンぶつけて、

また痛くなっては、正常に歩けません。

 

そもそも、かかと落としなんて必要ありません。

 

 

筋肉や腱は、

全て骨にくっついているのですから、

筋肉を強く動かせば、

骨には最高の刺激が行っています。

 

 

 

問題は、

 

・筋肉を弱くしか使っていない事

 

・使う筋肉が偏っていて、

使えていない筋肉が多い事

 

・使えていない筋肉が多いので、

骨に対しての刺激が少ない事

 

なのです。

 

 

正しい歩き方さえすれば、

かかと落としなんてしなくても良いのです。

 

そもそも正しい歩き方は、

かかとの時間を最小限に減らし、

使えていなかった筋肉を最大限に使う

歩き方なので、最高に骨にも刺激があります。

 

 

これからも、世の中には、

様々な健康法が出てきますのでご注意を!!

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

・間違った姿勢とは?

・正しい姿勢の作り方とは?

・間違った歩き方とは?

・どこをどう使えばいいのか?

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

基本となる重要な話をしています。

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

イメージも沸き、正しい歩き方も

スムーズにできるようになります。

是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/


知り合いのや、お友達、親族などに

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

アマゾンから購入できますので

是非是非 (≧∇≦)b

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

の日程やお申込みはこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

歳を取ると筋肉が付かないのではないか?

 

こんな質問を受けることがあります。

 

 

筋肉は何歳なっても付きます。

 

 

思っいっきり筋肉を使ったときを

100%とすると、

 

60%以上使うと筋肉は太くなる

と言われています。

 

 

足が細くなっていくということは、

関節を守るサポーター役がよれよれに

なっていくのと同じです。

 

食い止めなければなりません。

 

 

 

私は、一生懸命歩いているわよ!

 

 

そうなんです。

 

 

歩く時は、早歩きで60%以上の力を使って

いるにも関わらず、足が細くなるのです。

 

 

歩く事を意識せず、たらたら歩いている人は、

筋力が減って、色々痛くなるのは

当たり前ですが、一生懸命歩いているにも

関わらず、痛くなる人も多いのです。

 

 

言葉は悪いですが、

無駄な努力になってしまうのです。

 

 

以前にも、

歩き方は歩数より質という話はしました。

👉 https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/entry-12425184792.html

 

10000歩を目標にしている人は、

やがて10000歩に泣かされることに

成りかねないのです。

 

いくら歩いても足が細い人は、

一日も早く歩き方を変える必要があります。

 

 

歩いていない人より、

間違った歩き方を10000歩した人の方が、

関節が壊れていくからです。

 

 

 

努力は、

報われるはずではなかったのか?

 

努力さえしていれば、必ずいつか

実を結ぶのではなかったのか?

 

努力は、

人を裏切らないのではなかったのか?

 

一念天に通ずとは、嘘なのか?

 

 

なんと矛盾した事でしょう。

 

 

努力を嘆いていても始まりません。

 

 

問題は、何が間違っているのか?

 

 

方向です。

 

 

足を前に出して、体の位置に戻す。

 

この繰り返しでは、

筋肉は付かないのです。

 

 

歩いているのに、足が細い人には、

必ずガチガチのところがあります。

 

 

「ももの外側」と「ももの前の筋肉」

それと、「すねの筋肉」です。

 

そこだけ異常に硬くなり、発達はしています。

以前にも言った一番硬くしてほしくない

筋肉が硬くなっているのです。

👉 https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/entry-12423006035.html

 

60%以上の筋力を使っているのは、

ここだけだったのです。

 

 

 

正しい歩き方の方向は、

 

足を後ろに送り出し、体の位置に戻す。

 

これなのです。

 

 

 

エジソンは言っています。

 

天才とは、

1%のひらめきと99%の努力である

 

歩き方で言う、この1%のひらめきとは、

足を出すのではなく、後ろに送ることなのです。

 

1%のひらめきがなければ、

99%の努力は無駄になるのです。

 

歩いても足が細いわけは、

「ももの前」と「ももの外側」と「すねの筋肉」

しか使っていなかったのです。

 

 

「背中」「お尻」「もも裏」「内もも」

「ふくらはぎ」「足の裏の筋肉」は、

何も使えていなかったのです。

 

60%以上の筋力を使うべき筋肉は、

これらの筋肉なのです。

 

これらの筋肉が使われず細くなれば、

ももとももの間に隙間ができ、

O脚になり、どんどん外側に重心が

ブレるようになり、あらゆるところを

痛めるようになっていくのです。

 

 

歩き方の天才になることが、

【100歳まで歩ききる唯一の方法】

なのです。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

 

・間違った姿勢とは?

 

・正しい姿勢の作り方とは?

 

・間違った歩き方とは?

 

・どこをどう使えばいいのか?

 

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

 

基本となる重要な話をしています。

 

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

 

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

 

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

 

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

 

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

 

イメージも沸き、正しい歩き方も

 

スムーズにできるようになります。


是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

 

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/



 

知り合いのや、お友達、親族などに

 

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

 

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

 

アマゾンから購入できますので

 

是非是非 (≧∇≦)b

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

 

の日程やお申込みはこちらから

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

 

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

 

あなたは、自然と

 

アゴを引いてしまっていませんか?

 

 

アゴを引いても、正面を見てられるのは、

 
姿勢が間違っている証拠です。
 
 
本来の正しい姿勢で、アゴを引くと、
 
下を向いてしまいます。
 
 
アゴを引くということは、
 
首の背骨の自然なカーブがなくなり、
 
真っ直ぐになった状態です。
 
 
いわゆる、ストレートネックで、
 
一日中いることになるのです。
 
 
 
頭の重みを分散できず、何十年もかかり、
 
そのひずみは頚椎に現れます。
 
 
ストレートネックを簡単に考えていると、
 
ひどいことになります。
 
 
背骨は変形し、下のレントゲンでは、
 
団子の様になっています。
 
 
 
ストレートネックに加え、
 
骨粗鬆症になっていると骨の変形が進み
 
この様になってしまうのです。
 
もちろん、こうなると様々な症状がでます。
 
肩こり、首痛、腕の痛み、しびれ、
 
肩甲骨の間の痛みなど。
 
 
 
なぜ、アゴを引いてしまうのか?
 
 
下腹を前に出すと(骨盤が前へ倒れると)
 
上半身は後ろに戻ろうとします。
 
 
下腹よりみぞおちが後ろになると、
 
勝手に首は真っ直ぐになるのです。
 
 
みぞおちが後ろになるとは、
 
みぞおちの裏の背骨が丸くなっている
 
ということです。
 
腰と背中の間の背骨です。
 
 
 
背中は丸くなくても、
 
みぞおちの裏の背骨(胸腰椎部)が
 
丸くなれば、勝手に首は
 
ストレートネックになるのです。
 
胸腰椎部の詳しい場所はこちら ↓↓↓
 
 
骨格的に言うと、骨盤が開き、
 
前に倒れた人は、
 
首が真っ直ぐになるのです。
 
 
当然、重心はかかとになるので、
 
股関節が使えなくなり、前に足を出す、
 
悪い歩き方になります。
 
 
首が真っ直ぐな人を観察してみてください。
 
必ず、お腹から腰を突き出すように
 
歩いています。
 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

 

・間違った姿勢とは?

 

・正しい姿勢の作り方とは?

 

・間違った歩き方とは?

 

・どこをどう使えばいいのか?

 

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

 

基本となる重要な話をしています。

 

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

 

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

 

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

 

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

 

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

 

イメージも沸き、正しい歩き方も

 

スムーズにできるようになります。


是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

 

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/



 

知り合いのや、お友達、親族などに

 

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

 

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

 

アマゾンから購入できますので

 

是非是非 (≧∇≦)b

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

 

の日程やお申込みはこちらから

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

 

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

 

突然膝の力が抜けて、

 
「カックン」となった事ありませんか?
 
 
理由は、二つ。
 
 
1つ目は、
 
筋力が落ちすぎて、反応しても、弱いので
 
瞬間的に膝がカックンとなる。
 
いつも、かかと体重であって、
 
もも前の筋肉が張りつめているので
 
瞬間的に力が入りづらい状態です。
 
 
 
筋肉は、きちんと収縮するからこそ
 
力が入るのですが、
 
硬くなっているので反応が悪く、
 
更に筋肉が細くなっているので、
 
収縮する力も弱い。
 
 
 
筋肉の硬さ + 筋肉の弱さ
 
この二つ両方の人が
 
突然膝がガクッとなるのです。
 
 
2つ目は、
 
膝が伸びなくなっていて、
 
膝のお皿が引っかかる人です。
 
正しく歩いていなければ
 
O脚や、X脚になるだけでなく
 
膝が伸びなくなってくるのです。
 
 
 
膝が伸びない状態で毎日過ごしていると、
 
膝の軟骨がすり減って起こる
 
「膝蓋軟骨軟化症」と言う
 
病名まで付いてしまいます。
 
お皿と膝との間が狭くなり、
 
ももの筋肉が収縮しようとしても
 
 
膝が曲がっている+皿と膝の間が狭い
 
 
その為に膝の皿が動いてくれないのです。
 
 
皿が上に動いてくれなければ
 
もも前の筋肉に力は入りません。
 
ですから、突然「ガクッ」と
 
膝が落ちるように、
 
力が入らなくなるのです。
 
 
この膝落ちによって、転倒したり、
 
靭帯や半月板を損傷したり、
 
骨折する人も少なくありません。
 
 
 
予防法は、
 
 
・ ももの前の筋肉を硬くしない事
 
・ 膝がきちんと伸びきるようにしておく事
 
 
この2点です。
 
 
そのためには、
 
正しい姿勢と正しい歩き方が
 
やっぱり必要になってきます。
 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

 

・間違った姿勢とは?

 

・正しい姿勢の作り方とは?

 

・間違った歩き方とは?

 

・どこをどう使えばいいのか?

 

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

 

基本となる重要な話をしています。

 

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

 

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

 

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

 

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

 

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

 

イメージも沸き、正しい歩き方も

 

スムーズにできるようになります。


是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

 

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/



 

知り合いのや、お友達、親族などに

 

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

 

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

 

アマゾンから購入できますので

 

是非是非 (≧∇≦)b

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

 

の日程やお申込みはこちらから

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

 

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

 

要支援1や要支援2の方は、

 

デイサービスに行って

 

色々な運動をしています。

 

特定疾病と診断されると

 

介護保険を使えます。

 

 

その中には、

 

・骨折を伴う骨粗しょう症

・脊柱管狭窄症

・両方の変形性膝関節症 

    又は、変形性股関節症

 

があります。

 

 

これらの病名で認定され、

 

デイサービスには通っているのに、

 

どんどん歩けなくなる人が

 

あまりに多いのです。

 

 

椅子に座っての運動では、週に2回行っても、

 

歩けなくなってしまうのです。

 

要支援を受けた方でも、

 

まだまだ復活できるのに

 

実にもったいない、もったいない過ぎる!

 

歩く上での筋肉は、歩くことでしか付きません。

 

少々の膝の変形がなんですか!

 

少々の狭窄症がなんですか!

 

少々の骨粗しょう症がなんですか!

 

 

全部、正しい歩き方を身に着ければ、

 

症状を改善させ、

 

悪化を防ぐことができるのです。

 

 

骨密度については、こちらの記事も

ご覧ください。

 

 

 

痛みが強いなら、私が治療して、

 

そのあとは正しい歩き方を身に着ければ、

 

関節の悪化を防げるのです。

 

実際に、私から歩き方を習った80代の人は、

 

痛みなく元気に歩いています。

 

でも、要支援認定をもらえるけど、

 

そんなのいらないわ!

 

みたいな人ですけど・・・

 

 

デイサービスと共に、

 

もったいないと思うことがあります。

 

 

カー〇スです。

 

カー〇スに行っているけど、

 

何にも筋肉がついていなく、

 

腰痛やひざ痛で訪れる人が

 

後を絶ちません。

 

 

もう、筋肉付かない証明みたいなものです。

 

何種類かの器具を、ほかの人と同じ負荷

 

やったところで、筋肉付くはずありません。

 

 

カー〇スに行って運動するのは良いですけど、

 

それにプラスして、歩くことが必要なのです。

 

歩きは、自分で負荷を調節できます。

 

正しい歩き方ができるようになれば、

 

関節に負担を掛けずに、

 

筋肉に強い負荷を与えられるように

 

なるのです。

 

 

つまり、歩くだけで、

 

必要な筋肉が付いてくるのです。

 

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

 

・間違った姿勢とは?

 

・正しい姿勢の作り方とは?

 

・間違った歩き方とは?

 

・どこをどう使えばいいのか?

 

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

 

基本となる重要な話をしています。

 

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

 

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

 

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

 

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

 

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

 

イメージも沸き、正しい歩き方も

 

スムーズにできるようになります。


是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

 

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/



 

知り合いのや、お友達、親族などに

 

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

 

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

 

アマゾンから購入できますので

 

是非是非 (≧∇≦)b

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

 

の日程やお申込みはこちらから

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

 

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

未だに、,ベビーマッサージ教室が

 

存在しています。

 

 

スキンシップ程度で、

 

お母さん同士の情報のやり取りとしては、

 

良いと思いますけど……

 

死亡事故だって以前に起きているのに

 

よく行くな~と思います。

 

 

骨もまだできてませんから、

 

異常なほど可動がありますし、

 

筋肉にだって、なにも発達していません。

 

 

それなのに、

 

少し首の座りが遅いから、

 

少し寝返りが遅いから、

 

少しハイハイが遅いから、

 

少しつかまり立ちが遅いから。

 

 

そんな理由で生後4ヶ月から

 

筋肉を使わせるとか言った

 

バカみたいなところもあります。

 

 

情報過多が悪い方に悪い方にいって、

 

それを商売にする輩も多いということです。

 

 

 

それはさておき、子供のO脚X脚です。

 

 

赤ちゃんの頃は、皆んなO脚だということは

 

知っていますよね。

 

 

決して、おんぶのやり過ぎで

 

なっているわけではありません。

 

抱っこだって、結局開いているのに……

 

 

赤ちゃんのO客は、いつくらいまでなの?

 

そんな事で質問を受けることもあります。

 

 

およそ、2歳くらいまでは、

 

O脚で当然です。

 

 

そして、2歳半くらいまでに、

 

膝は真っ直ぐになっていきます。

 

 

でも、ここからがあまり知られていない

 

事実があります。

 

 

3歳くらい~7歳くらいまで、

 

逆にX脚になるのです。

 

 

8歳くらいには、また真っ直ぐになります。

 

 

様子を見て、10歳くらいになっても

 

O脚やX脚が目に付く様でしたら、

 

まず整形外科にて、レントゲンをとり、

 

骨の発育状態をみて、異常がなければ、

 

歩き方や、座り方に問題が

 

あるのかもしれません。

 

 

骨の成長が止まるのは、

 

個人差もありますが、

 

女の子で15歳前後

 

男の子で17歳前後

 

なので、そこまでは自然に

 

矯正されることもあります。

 

 

ですが、骨の成長がとまった

 

女子校生や若い女性に

 

あまりにもO脚とX脚が多いのが、

 

現状です。

 

 

若いうちからの

 

正しい姿勢や正しい歩き方も

 

とても大事なことだと考えます。

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

 

・間違った姿勢とは?

 

・正しい姿勢の作り方とは?

 

・間違った歩き方とは?

 

・どこをどう使えばいいのか?

 

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

 

基本となる重要な話をしています。

 

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

 

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

 

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

 

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

 

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

 

イメージも沸き、正しい歩き方も

 

スムーズにできるようになります。


是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

 

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/



 

知り合いのや、お友達、親族などに

 

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

 

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

 

アマゾンから購入できますので

 

是非是非 (≧∇≦)b

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

 

の日程やお申込みはこちらから

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

 

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

 

あなたは、

 

とんでもなく悪い歩き方の人を

 

たくさん見ています。

 

 

でも、何も分かっていない。

 

 

 

私の骨格治療整体に来ている

 

お客さんとの会話です。

 

 

もう何度か、治療もして、

 

歩き方も教えているお客さんです。

 

 

「また体が戻ってます。

ちゃんと教えた歩き方してました?」

 

お客さん

「何だかわかんなくなっちゃたわよ」

 

「悪い事ばかりやってるから

固まっちゃって分からなくなるんです。」

 

お客さん

「悪い事って何?」

 

「週に何回カードゲームに

行ってるんですか?」

 

お客さん

「週2回か、3回だけど」

 

「それは何時間ですか?」

 

お客さん

「6.7時間よ」

 

「その間に座りっぱなしで

どこが固まりますか?」

 

お客さん

「でも、歩いてるわよ」

 

「違うんです。固まりすぎると

歩幅がチョコチョコになって、

自分でもリセット出来なくなるんです。」

 

「カードゲームやった後に

ちゃんと歩きました?」

 

お客さん

「もう疲れちゃて帰るだけよ」

 

「固まった分は、毎日歩く事で

リセット出来るんです。

でも、固まり過ぎると、

自分なりにやってるようでも、

全然ダメな歩き方に戻っちゃうんです。」

 

お客さん

「・・・・・・」

 

「もうわかるでしょ!

チョコチョコ歩いている人?」

 

お客さん

「ホント、先生に言われてから

背中丸くしてチョコチョコ

歩いている人みて、あんな風に

なりたくないって思うのよ」

 

「何言ってるんですか!

そんな歩きをしてるですよ!」

 

お客さん

「えっ私が?」

 

「人の振り見て我が振り直せ

と言いますが、〇〇さんは、

人の振り見て我が振り直さず

って言うんです。」

 

お客さん

「ハッハッハッ、

そうよね、何だか戻っちゃてる

感じするもの」

 

 

お客さん

「でも、本当に多いわよね。

可哀想な歩き方をしてる人」

 

お客さん

「あんな歩き方してたら

もうダメよね。」

 

「フッフッフッ、

何言ってるんですか!〇〇さんも

周りからそう思われてるんですよ」

 

お客さん

「えっ私が!?」

 

私とお客さん

「ハッハッハっwww」

 

「そんな風に見られているのも

知らないって幸せですね〜」

 

お客さん

「ホントヤダわそんなの。」

 

「そりゃそうですよ〜

チョコチョコ歩いて、

膝が痛いって言ってるんだから」

 

お客さん

「そうなのよ、

ちゃんと歩いている時は痛くないのよ」

 

お客さん

「人の事言ってる

場合じゃないわね、本気でやらなきゃ」

 

「今日、また教えますから

今度は、いつもこの歩き方にして下さい」

 

 

 

歩き方を、指導してそのあと。

 

 

 

お客さん

「もう分かったわ、

その絵がわかりやすかった。

今度は、大丈夫。」

 

「ホントですか〜

必ずカードゲームしたあとは

固まりますから、しっかりこの歩き方で

歩いて下さいね。」

 

 

 

こんな風に、自分がまともに

 

歩けていない事さえ知らずに

 

他の人を可哀想と思っている人が多いのです。

 

 

どんなに年齢も重ねていても、

 

やる気さえあれば必ず復活出来るのです。

 

 

ちなみに、このお客さんは、

 

84歳の方です。

 

 

まだまだ元気に遊び回るき満々な方です。

 

そんな人は、周りも動かして、

 

私の事さえもやる気にさせてくれます。

 

お客さんから学ぶことも多いです。

 

 

 

私は、父が63歳の時に産まれた子供で

 

物心着いた時には、父は70歳のでした。

 

家におじいちゃんやおばあちゃんは

 

同居していませんでした。

 

 

 

これが良いのか悪いのか、私は、

 

老人を老人と見ることがありません。

 

 

 

私の父は、80歳を超えても、

 

全身汗だくで治療していました。

 

やる気さえあれば、いつまで元気で

 

居られると思ってしまうのです。

 

 

だから、私は年寄りを年寄り扱いしません。

 

人によっては、厳しい先生に見えるかも

 

知れませんが、私にとっては普通なのです。

 

 

一番老いる時期と言うのも

 

分かってきました。

 

 

75~80歳です。

 

 

自分をもう歳だと言う人が

 

増える年齢なのです。

 

たかが数字の年齢に、気持ちも、身体も、

 

負けそうになる時なのです。

 

 

年齢は、数字でしかありません。

 

 

いつまでも元気でいる意思があるならば

 

元気でいられるのです。

 

 

 

 

しかしながら、

 

1つだけ必要なものがあります。

 

 

 

それが、正しい歩き方なのです。

 

 

元気でいる意思があっても。

 

どんなに体に良いものを食べても。

 

どんなに良い体操をしても。

 

どんなに医者の言うことを聞いても。

 

 

正しい歩き方を身につける

 

それ以上の元気でいる方法は

 

この世に絶対ありません。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

 

・間違った姿勢とは?

 

・正しい姿勢の作り方とは?

 

・間違った歩き方とは?

 

・どこをどう使えばいいのか?

 

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

 

基本となる重要な話をしています。

 

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

 

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

 

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

 

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

 

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

 

イメージも沸き、正しい歩き方も

 

スムーズにできるようになります。


是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

 

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/



 

知り合いのや、お友達、親族などに

 

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

 

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

 

アマゾンから購入できますので

 

是非是非 (≧∇≦)b

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

 

の日程やお申込みはこちらから

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

 

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー

 

電車を立って待つ人達を見ているだけで、

 

歩き方が見えてきます。

 
 
お腹を出し、腰を反り、背中を丸め、
 
足をクロスして、スマホを見ています。
 
 
体幹をまるで使っていない状態です。
 
 
 
電車待ち(立ち姿勢)や、
 
電車までの移動(歩き方)は、
 
座りっぱなしの人にとって
 
すごくすごく大事な時間です。
 
 
自分の姿勢の状態を認識し、
 
把握できる絶好の機会なのです。
 
 
まわりを見て下さい。
 
 
お腹を出さずに立っている女性は、
 
何人いますか?
 
 
お腹は出ていないけど、
 
背中を丸くして立っている男性は、
 
何人いますか?
 
 
お腹を出して立つことで、
 
上半身の重みが全て腰に乗り、
 
かかとに重心が来ます。
 
それを続けていると、ある関節が
 
正しい歩き方の邪魔してしまう
 
最高に悪い状態にしてしまいます。
 
 
その関節とは?
 
 
膝です。
 
 
 
その関節がどうなるのか?
 
 
伸びなくなるのです。
 
 
 
私が治療してきた20代、30代の女性で
 
すでに膝が完全に伸びない人が
 
たくさんいます。
 
そのままにしておけば、100%の確率で
 
将来、変形性膝関節症になるでしょう。
 
 
 
あっ、私の膝も伸びない!!
 
と思っているのではないでしょうか?
 
 
関節や筋肉は正直です。
 
膝の関節をきちんと伸ばす機会は
 
一日にどれくらいありますか?
 
①椅子に座っている時間が多い人
 
②横向きで寝ることが多い人
 
③立っている時にお腹を出す人
 
④歩き方が悪い人
 
この三拍子どころか、四拍子揃ってしまうと
 
膝を伸ばす機会はゼロです。
 
 
一日中、膝を伸ばすことがない状態を、
 
何年も繰り返しているのですから
 
伸びなくなって当たり前です。
 
 
最初に、膝の皿の下にある
 
膝蓋靭帯に痛みがでる人や
 
膝の皿が擦れて、水が貯まる人もいれば、
 
膝が捻れてきて、
 
膝の中の内側に痛みが出てくる人もいます。
 
 
 
しかし、面白いもので逆もあります。
 
過度の内股でお腹を出して立つと、
 
今度は膝が伸びすぎてしまうのです。
 

 

 

 
内股だと膝を外側へ逃がしやすくなるので、
 
お腹を出すと膝が伸びづらい分、
 
重心を外側へ移動させてしまうのです。
 
 
これが、O脚です。
 
 
最初に述べたお腹を出して、背中を丸め、
 
足をクロスする女性と言いましたが、
 
クロスする後ろ側の足が内股だと、
 
O脚を助長します。
 
左が軸足の人が多いので、
 
なんだか左の膝のほうが
 
O脚になってきている
 
と、感じる人はまさにこれです。
 
 
 
こんな風に、お腹を出して立つと
 
将来、膝を悪くする要素が
 
詰まっているのです。
 
 
せめて、お腹を締めて立ってください。
 
その時に自分のももを触ってください。
 
無駄にももが固くならず、
 
膝が自然に伸びる感じです。
 
 
もしも、すでに膝が伸びない人でも、
 
正しく歩けば、どんどん伸びてきます。
 
軽度なら(;・∀・)
 
 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

・販売している商品

ウォーキングで失敗しない為の【LINEで簡単!姿勢歩き方診断】

 

 

・無料の商品

無料の姿勢講座プレゼント!

 

プレゼント動画の内容は

 

・正しい姿勢とは?

 

・間違った姿勢とは?

 

・正しい姿勢の作り方とは?

 

・間違った歩き方とは?

 

・どこをどう使えばいいのか?

 

・常識と思われている非常識



 

など、もも裏歩きをする上で、

 

基本となる重要な話をしています。

 

動画の配信後、メールマガジンが届きます。



 

実際に悩んでいる方たちの、

 

姿勢や歩き方のに関する質問や疑問に

 

答えています。

 

その疑問が自分の悩みとリンクしたとき、

 

もも裏歩きのコツを掴むことができます。


 

遠方の方で、ウォーキング教室に

 

参加出来ない人にもオススメです。


 

理論から頭に入れて、納得してもらえると

 

イメージも沸き、正しい歩き方も

 

スムーズにできるようになります。


是非、登録してくださいね。

 

 

私のブログのURLです。

 

https://ameblo.jp/hiroskeletalcorrection/



 

知り合いのや、お友達、親族などに

 

コピーしてLINEに張り付けて教えてあげてください。

 

きっと何かが健康のヒントになります。


 

私の本も好評販売中です。

 

アマゾンから購入できますので

 

是非是非 (≧∇≦)b

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4774517682/


 

【もも裏歩きウォーキング教室】

 

の日程やお申込みはこちらから

 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/walkinglesson

 

事前決済はこちらから

 

https://www.street-academy.com/steachers/218248


 

【もも裏歩き】ウォーキング教室 

 

【もも裏歩きウォーキング協会】代表

ウォーキングトレーナー