H I R O B l o 〜

H I R O B l o 〜

ご訪問ありがとうございます。 主に鉄道など、載せています。稀に鉄道以外の記事も載せたりしています。お気軽にご訪問ください。

 

皆様、お久しぶりです。

 

4月6日(土)に久しぶりに京浜急行電鉄を撮影しました。

 

この日京急蒲田駅で、「さよなら800形」の記念乗車券が発売されていて早朝から列に並びました。

800人ぐらいでしょうか、列が凄かったです。

5000部で一人2部まで購入可能でしたので余裕で買えました。

 

京急蒲田駅地上時代と比べて大きかったです。

 

京急蒲田から鶴見市場まで乗りました。

800形運用に入っているため桜と撮りました。

 

800形は京急創立80周年の1978年に3両固定編成で登場。磁界チョッパ制御、電力回生ブレーキなど、

省エネルギー車両の先駆けとなった車両です。愛称「ダルマ」

 

京急鶴見ー鶴見市場の「鶴見橋」で撮っています。

 

桜綺麗でした。

新1000形

新1000形ステンレス車

 

 

上大岡にて

 

次は金沢文庫ー金沢八景で撮りました。

新1000形8次車

新1000形1800番台 1800番台は従来の1000形と違い中央に貫通扉が設置されました。

 

新1000形1次車

1500形

800形

丸型ヘッドライトで片側4扉ロングシートの鋼製車、オール電動車の3両固定編成、

固定窓の採用、窓まわりを白とした斬新なスタイルで登場しました。

浦賀に向けて通過しました。

 

最後金沢八景で800形に乗りました。

 

都営浅草線の主力車両「5300形」新型車両の「5500形」の登場により置き換えが進行しています。

 

800形に乗車しました。

懐かしい三菱製の扇風機、片開き扉

やっぱり落ち着きます。

 

 

1979年に斬新なデザインや設計、省エネルギー性能などが評価され

鉄道友の会から京急では初めての「ローレル賞」を受賞されました。

2016年11月に800形823編成に約32年ぶりにデビュー当時の塗装になりました。

823編成が最後の800形として現在活躍中です。

 

2019年6月中旬に800形は引退します。

 

 

 

 

800形が引退したら片開き扉は

事業車両のみになります。

 

 今回もご訪問ありがとうございました。