気笛

テーマ:

蒸気機関車「SLばんえつ物語」号の発車前の様子を


見てきました。JR新潟駅から福島県のJR会津若松駅


まで、片道4時間をかけて往復します。


越の風ブログ  willow wind




このSL・C57180は昭和21年8月三菱重工三原製作所


で製造されたものだそうです。ということは今66才という


ことでしょうか。今も現役ですから、ずいぶん働き者です。


越の風ブログ  willow wind

越の風ブログ  willow wind





車内の装飾もレトロ調で昭和の良き時代を感じさせてくれ


ます。


越の風ブログ  willow wind





「SLばんえつ物語」号は全席指定で、おとな510円、


こども250円、別に目的地までの乗車券が必要です。


体全体を震わすおおきな汽笛も感動的でした。


越の風ブログ  willow wind

越の風ブログ  willow wind


ぜひ乗ってみたいと思いました。




抗菌繊維竹布専門店 トキの里 のホームページも


ご覧ください。


hiroshi

















開花

テーマ:

待ち遠しかった春がようやくやってきました。



庭の椿が満開です。鮮やかな赤い花がたくさん集まって

豪華な感じです。


越の風ブログ  willow wind



モクレンも負けじと大きな白い花をいっぱいに咲かせています。

冬が長かっただけに、春の訪れがことのほかうれしいです。



越の風ブログ  willow wind



春の花といえばやはり桜です。大河信濃川河口のやすらぎ堤の


桜が見事です。



越の風ブログ  willow wind



越の風ブログ  willow wind



hiroshi






スタート

テーマ:

昨年暮れに「竹布専門店トキの里」は引っ越しをしました。


今までと同じ地下商店街「西堀ローサ」の中で、三越の地


下食品売り場に近いところです。



チャレンジショップで隣り合っていた2店舗と合同の店舗で


前より広くなりました。木目調の内装と、少し照明を落として


落ち着いた雰囲気を出しました。共同店舗の名前を「きんも


せい」に決めました。きんもくせいのように飾らないけど存在


感のあるお店にしたいという、みんなの気持ちからです。


越の風ブログ  willow wind




仲間の一人は「ロバの布」の中村忍さんです。素晴らしい感性


をお持ちの女性でシックなオリジナルバッグが大好評です。


作る先から売れていくので作品の制作が追いつきません。



越の風ブログ  willow wind


もう一人の仲間は笑顔がとてもチャーミングな「M - made」の


佐藤真美さんです。かわいいリバティーの生地でつくったこれ


もオリジナルの手提げバッグやペンケースなど、ファンがたくさ


んいます。おいしいコーヒーや紅茶もあります。どこからか古い


ミシンを手に入れてきて展示しています。お店の雰囲気にピッタ


リです。


越の風ブログ  willow wind


二人とも、とても働き者で店内で制作しています。いつも心地よい


ミシンの音が絶えません。



hiroshi





晩秋

テーマ:

山間部の紅葉が街中にも降りてきて


季節の移り変わりと、自然の美しさを


感じさせてくれます。


庭の紅葉もこの2-3日の間に見事


に色づいてきました。



越の風ブログ  willow wind



通勤途中の駅前通りの銀杏も見事に


黄金色です。



越の風ブログ  willow wind


萬代橋の蔦も秋模様です。


越の風ブログ  willow wind

今朝ラジオの FM PORT に竹から生まれた


天然抗菌繊維竹布の紹介が約10分ほどありま


した。竹布専門店「トキの里」も案内してくれまし


た。


直後にお客様から電話で、竹布製品についてのお


問い合わせがありました。少しでも抗菌繊維竹布が


必要とされる方のお役に立てればいいなと思いまし


た。



越の風ブログ  willow wind



hiroshi













夢中

テーマ:

もう何十年も前になるでしょうか、新潟市が生んだ漫画家水島新司の

野球漫画に夢中になりました。控え目でも強くて優しいドカベンや、

男らしさが強烈なあぶさんなど、みんな大好きな登場人物でした。


そんなキャラクターの銅像が新潟市の古町商店街に設置され、訪れた

人々を楽しませてくれます。


                                                   
        越の風ブログ  willow wind

             景浦安武     「あぶさん」 


        野球人の鑑(かがみ)。水島新司が理想と

する男の中の男だ。




        越の風ブログ  willow wind

             水原勇気     「野球狂の詩」


       日本プロ野球初の女性選手である。

秘球ドリームボールを投げる名ストッパーだ。



        
        
         越の風ブログ  willow wind

            岩田鉄五郎    「野球狂の詩」


        全ての水島野球漫画の源になっている男

だ。球聖だ。間違いなく生涯現役を張る男

だ。




        越の風ブログ  willow wind
             殿馬一人       「ドカベン」


        天才といわれてふさわしいのは音楽のほ

うかもしれない。そのリズムに乗った打法

まさに秘打といわれる所以だ。




        越の風ブログ  willow wind
             山田太郎       「ドカベン」

        彼がいるだけで回りがあったかい雰囲気

になる。気は優しくて力持ち。不言実行の

スラッガー。



        越の風ブログ  willow wind
               里中智      「ドカベン」 

                   

        通称「小さな巨人」。小柄な男が巨人とい

われる迄になるには相当な努力をしたは

ずだ。これでいいということがない努力家

        だ。


        越の風ブログ  willow wind
              岩鬼正美      「ドカベン」


        とにかく口数が多い、失言も多い。でもこ

        の男は憎めない。トゲはあっても毒のない

        有言実行のドラッガー。




hiroshi