サント島といえばブルーホールと穏やかなコバルトブルーの海に囲まれた島。いついっても、どこのビーチに行っても穏やかで、波が立っている場所なんてみたことがありませんでした。

 

しかーし!

なんと波乗りできる場所があったのです!(知らなかった、、、)

 

 

その名も『ダニー アイランド』!

 

 

なんとDANYというオーストラリア人が個人で所有するプライベートアイランド!(うらやましい!)

 

このDANYと話をしていた時『SANTO島はサーフィンできないからなあ、、、』なんてぼやいていたら、『おい!HIRO!俺の島ではサーフィンできるんだぞ!Come and check it out!』というありがたいオファー。

 

 

ということで行ってきました。

 

 

 

ご覧の通り俺が訪れたこの日は残念ながらほとんど波がありませんでした。

風もビュービュー。

 

それでもDANYのファンボードを貸してもらい、”一応”波に乗ることはできましたよ。

 

 

このDANY ISLAND、ツアーで訪れることもできるようなので興味がある人がいたらご一報ください。

シュノーケルも楽しめるし、お酒などが飲めるバーを設営中でした。

 

 

 

 

第二次大戦の時のアメリカ軍の飛行機の機体の一部、だそうです。

 

 

年明けしょっぱなからマスケリン島へのジュゴンツアーに同行してきました。

 

今回お知らせしたいのはジュゴンのお話ではなく、新しく始まったばかりのマスケリン島でのお勧めツアー。

 

その名も、、、

 

『木彫りのカヌーで無人島まで漕いで行き、テント泊するザ、ワイルド!ロビンソンクルーソーツアー!!』(長い、、、、)

 

 

このカヌー↓を”漕いで”無人島を目指します。

 

 

当然ながらエンジンなどは付いておりません。

頼れるのは己の力のみ!

 

 

 

ツアーガイドのテンズリー。

はっきりいいますが、この人が一緒に漕いでくれなかったら無人島までたどり着けたかどうか、、、

 

 

照りつける日差しの中、カヌーを漕ぐこと2時間ちょっと。

なんとかたどり着いた無人島。

 

 

 

(カヌーを漕ぐのがしんどくて道中の写真がほとんどありません。あしからず、、、)

 

 

この無人島の名前は『ウライ島』。

亀が産卵にくる島らしいのですが、それを象徴するようなものがこれ↓

 

 

どうみても亀。

 

 

この無人島に一泊するためにテントを張り、夕食の準備をしている間に日がくれてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じのキャンプ。

当たり前ですがトイレ、シャワーなんぞはありません。

ザ ワイルド!

 

 

 

ジュゴンばかりではないマレクラのマスケリン島!

お勧めのツアーです!

 

 

 

PS

本来このツアーは3泊4日かけてこの周りの島々を渡り歩く(漕ぐ?)らしいのですが、今回無理を行って一泊バージョンでやってもらいました。

 

一泊で本当によかった、、、

 

 

 

正月気分なんてこれっぽちも感じない、暑いバヌアツの年始。

 

こんなところでTV撮影のコーディネートをさせていただいています↓

 

 

うつくしー!

めちゃくちゃきれいなハバナ湾!!

 

この海で癒されたい貴方!

バヌアツでお待ちしております。

 

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

バヌアツの元旦は快晴。

気持ちのよい風の吹くすごしやすい日でした。

 

そしてこれが元旦のパンゴの波↓

 

 

 

ちょっと風が強めでしたが、肩くらいのちゃんとフェイスのあるウネリが入ってきていました。

 

しかしなんか肌をちくちく刺すプランクトン(?)がいて、数箇所刺されたので30分ほどであがってしまいましたが、、、

 

 

『一年の計は元旦にあり』

2019年、波に恵まれた1年になるよう、海の神様にお願いした1月1日でした。

 

 

2019年も私及びバヌアツをどうぞよろしくお願いします!

 

 

 

 

突然ですが、鼓膜を破ってしまいました、、、

 

俺の鼓膜がどーなろうとほとんどの人には全く興味のない話だと思うのですが、書かせていただきます!

 

というのも、俺自身が以下のネットの情報を見て本当に安心したからなんです。

https://rocketnews24.com/2011/02/04/71427/

 

そう、これは俺の使命。

世界中の鼓膜破り初体験の方々に捧げる物語をつづること、、、

 

 

 

今日からちょうど3週間前。いつものようにサーフィンしていたところ、運悪く海の中に隠れていた岩に左耳をぶつけてしまったのです。

 

ちょっとぶつかった程度だったのですが、ぶつかった瞬間に左耳がキーンとなり『あ、こりゃ鼓膜いったかな、、、』と、生まれて初めて鼓膜を破ったのにもかかわらずわかってしまいました。

 

即効で海からあがり、即効で対処方法を弊社スタッフNANAKO嬢にネットで検索してもらうと『数週間で自然に再生するからそのままで』とのこと。

 

なんだか妙に安心しました。

そんでもって周りの人に『鼓膜破っちゃってさー』と自慢げに話していたら、みなが口をそろえて『医者に行け!』とのアドバイス。

 

皆さんの親身な言葉に涙しながら病院に行ったところ、鼓膜は完璧になくなっていました。

 

鼓膜がないということは、音が聞こえずらいという障害もあるのですが、それより何より耳の奥に変なものが入ってこないように防御している膜がない、ということだそうなのです。つまり中耳までいろんな”いらんもん”が入ってきてしまうということ。

 

それによって耳が炎症を起こしたり、化膿したり、ってのが問題なんだそうですよ。

ということで抗生剤を一週間分もらい服用しました。

いやー、医者に行ってよかった。

みんな、ありがとー!

 

 

 

あれから3週間、、、

フランス人のお医者さんに診てもらったら『わお!めっちゃ再生されてるわよ!』というありがたいお告げをいただきました。

 

自然治癒能力、万歳!!!