狭隘路線バスの先へ

狭隘路線バスの先へ

路線バスをメインに紹介します。道は狭いほう、車両は古いのが好き。

 「津和崎」到着後、港の空き地で転回するため集落を通り抜ける。

 ここだけ切り取ると結構栄えてるように見えます。実際は、この写っているところ以外民家はほぼありません。津和崎の人口は50人強だそう。

 

撮影日 2021年9月27日(月)

撮影便 「青方」7:10発 「津和崎」行

西肥バス 青方ー津和崎線(2021年9月30日休止)

 

 「大瀬良峠」で出発待ちの2台。

 前のバスは、「立串」から到着後、折り返して「青方」へ向かいます。後のバスは「津和崎」から到着後、また「津和崎」へ向かいます。

 

 ん?2台が折り返さずにそのままそれぞれ、「青方」と「津和崎」に向かえば良いじゃんと思ったあなた。甘いですね。田舎のバスはそんな単純ではないのです。知らんけど。

 いや、マジでこの運用なんやねん。

 

撮影日 2021年9月27日(月)

撮影便 前「大瀬良峠」6:24発 「青方」行 後「大瀬良峠」6:24発 「津和崎」行

西肥バス 青方ー津和崎線(2021年9月30日休止)

 

 学校がある日の6時24分。長崎県新上五島町の山奥で2台のバスが並ぶ。それも1分足らずの僅かな時間だけ。

 これを至福と言わずして何と言う。

 

撮影日 2021年9月27日(月)

撮影便 前「大瀬良峠」6:24発 「青方」行 後「大瀬良峠」6:24発 「津和崎」行

西肥バス 青方ー津和崎線(2021年9月30日休止)

 

 稲刈りが終わった田んぼと奥の海上に石油備蓄基地。自然と化学のギャップがすごい。

 あと地味に1日1.2本しか走らない貴重な区間です。

 

撮影日 2021年9月26日(日)

撮影便 「飯の瀬戸」16:55発 「青方」行

西肥バス 青方ー飯の瀬戸線