【「サブスリー塾」サブスリーランナーのトレーニングって?】

【「サブスリー塾」サブスリーランナーのトレーニングって?】

「しまだ大井川マラソン」「とくしまマラソン」「いびがわマラソン」「加古川マラソン」「しまなみ海道100km遠足」「名古屋ウィメンズマラソン」「掛川・新茶マラソン」「一色マラソン」「焼津みなとマラソン」「美ヶ原トレイルラン」「静岡マラソン」

サブスリーランナー塾長(ひろのぶ)が考えるサブスリーを達成するために…

 【 クリアすべき6つの目標 キラキラ詳細はここから クリック 

1.月間300km以上走る              4.体脂肪率を10%以下にする

2.大会前1度はLSDで「50km以上/日」走る 5.ビルドアップ走で「3分50秒/km」まであげる

3.ハーフマラソン:1時間25分以内で走る 6.サブスリーをとると公言する 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

_「あかねさすMagazine」-693-『大虐殺の人格異常者NEW

■■■「プチ信の部屋」の「YouToube」を開始しましたビックリマークチャンネル登録 」をお願いします本■■■

晴れくもり2月目標「ジョギング:200km」以上「体重:60kg以下」「体脂肪:11%以下」】

  ジョギング:4.5km(月累計:79.5km) 体重:?kg 体脂肪:?%

左矢印気分マーク・・・・・・・節分・・・・・・・・・・・・・・・本命チョコ・・・・・・・・・・・・・・・・・ガックリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今朝…ひな熱っぽいビックリマークと言い出したらしい。

(僕はもうすでに出勤していた)

 

で…近所の病院にいったら

なんと「ゾフルーザ」をもらってきた。

 

ってことは…「インフルエンザB型」と判定あせる

(まぁ…コロナウィルスじゃなくてよかったかなはてなマーク

すぐに「ゾフルーザ」をもらって…寝たらぐぅぐぅ元気になったアップというひな

 

今、年度末で忙しい時期。

特に今年は就職活動が早まり…正直…今がピークひな…絶対にうつすなよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チューリップ赤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・モグラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【次回の大会…「4月12日:掛川・新茶マラソン」】

今日は「朝:4.5km走った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・足あと・・・・・・・・・・・・・・足あと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・足あと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

晴れくもり2月目標「ジョギング:200km」以上「体重:60kg以下」「体脂肪:11%以下」】

  ジョギング:5.1km(月累計:75.0km) 体重:?kg 体脂肪:?%

左矢印気分マーク・・・・・・・節分・・・・・・・・・・・・・・・本命チョコ・・・・・・・・・・・・・・・・・ガックリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日は職場の仲間たち(おっさん達)「カイジ:ファイナルゲーム」を観てきた。

ツッコミどころが満載だったが…藤原竜也さんの世界観にやられたビックリマークって感じ。

(ツッコミどころのひとつは真剣佑さんのワイシャツ…パツパツに見えた。笑)

 

見終わってからは

米政食堂の「から揚げ定食」を食べた上矢印

年末年始の体重増がもどっていないので…ダイエットしなきゃなんだけど…食べ過ぎたあせる

 

まぁ…こうやって…同僚と楽しくいられるのもいいなぁ~と思う。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チューリップ赤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・モグラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【次回の大会…「4月12日:掛川・新茶マラソン」】

今日は「朝:5.1km走った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・足あと・・・・・・・・・・・・・・足あと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・足あと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プチ信の部屋 -693- 20/02/23

 

今回は「大虐殺の人格異常者」

 

第二次世界大戦でナチスドイツが行ったユダヤ人の大虐殺。
毒ガスなどで600万人ものユダヤ人が犠牲になったという。
世に言う「ホロコースト」だ。
 
その指示を出したのは有名なアドルフ・ヒトラー!
また、実際にその大虐殺を実施した人がいる。
 
その人の精神は大丈夫だったのか?
そんな悲惨な行為を毎日行える人間はどんな人格異常者か?
僕はそう思ってしまう。
 
アメリカ・イェール大学で行われた社会心理実験がある。
 
この実験は3人が登場する。
しかし、実際の被験者はAのみ。
 
「A:教師役(問題を出し、間違えると電流を流す)」。
「B:生徒役(問題に答え、間違えると電流を受ける)」。
「C:研究者」。
 
流される電圧は当初45ボルトで「生徒役」が問題を間違えるたびに15ボルトずつあげていく。
実際、電流は流れておらずBは演技をしている。
 
C(研究者)は途中でAが「実験を継続したくない」と言った時に…
感情を全く乱さずに「続行してください」などと伝える。
 
Bは270Vで悶絶の叫び声をあげる。
300Vで実験の中止を訴える。
330Vで無反応になる。
 
実験に用意された最大V数は450V。
最大Vまでは27回もボルト数を上げる事になる。
皆さんは450Vまで行くのは何%だと思いますか?
 
実験結果では65%が450Vまでスイッチを入れてしまったという。
つまり、半数以上の人が無反応になってしまった人に330V以上の電流を流したのだ。
また、300Vに達する前に実験を中止した人は誰もいなかったという。
 
その実験はアイヒマン実験。
アイヒマンはホロコーストで残虐な行為をくり返した実施責任者の名前。
 
アイヒマンはどんな人だったのか?
彼は真摯に職務を行う平凡な公務員だったと言う。
獄中の彼を知る人物は総じて「普通の、どこにもいるような人物」と評したそうだ。
 
このアイヒマン実験は権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。
アイヒマンって特別な人間ですか?
 
あなたの周りに
上司から与えられた無茶な指示を思考停止状態で行っている同僚っていませんか?FIN.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 -692- 】 【目次】 【 -694‐ 】