衝撃的すぎるインドの童話

テーマ:

 

HIROMI☆インド の

 

インドの面白い事やウザイ事や美味しい物のブログです。

 

お越し下さりありがとうございます♡

 

インドの雑学満載です!

 

 

 

 

初めての方はコチラの記事をどうぞ

右矢印  自己紹介

 

以前の人気記事

右矢印  インド人の性格は?

 

 

 

 

 

皆さんは子供の頃に聞いた童話のどのお話が一番印象に残っていますか?

 

私はやっぱり桃太郎かな~?

 

桃太郎が犬と猿とキジと一緒に鬼退治に行くのが印象に残っています。。

 

 

 

 

どこの国にも童話はあって

 

ヨーロッパの童話にも好きなお話が多いですが、

 

今まで聞いた童話で一番衝撃的だったのがこのインドの童話です。

 

 

 

 

 

ある池に1匹の鶴とカニやカエルや沢山の魚が仲良く暮らしていました。

 

 

 

鶴は毎日沢山の魚を食べていました。

 

 

 

 

時が経ち鶴は年老いて体が弱くなり、魚を捕る事が出来なくなってしまいました。

 

 

 

 

そこで良いアイデアを思いつきました。。

 

 

ある日頭を垂れて悲しそうにしていると

 

「鶴さんどうしたの?」と池の仲間が集まって来ました。

 

 

 

 

鶴は「人間がこの池の水を抜いてビルを建てると聞いたのじゃよ。」

 

「だから池の皆の事を考えるとわしは悲しいんじゃ・・・」と答えました。

 

 

 

 

池の仲間が「どうしよう?何かいい方法はないかな~?」と言うと

 

鶴は「良い方法を思いついた!」

 

「わしが別の池に連れて行くよ。」

 

「年老いてよく見えないからひとりずつじゃがね。」と言いました。

 

皆は「それは良いアイデアだ!」と賛成して、

 

ひとりずつ別の池に連れて行ってもらう事にしました。

 

 

 

 

鶴は騙したみんなを次々に別の場所に連れて行き、

 

食べてしまいました。

 

 

 

 

最後に残ったカニが別の池に連れて行ってもらう為

 

鶴の上に乗って景色を見ていましたが他の池は見当たりません。。

 

 

 

 

カニは不安になって

 

「池はどこ?」と聞くと

 

鶴は「全員食べた。今度はお前の番じゃ!」と言いました。

 

 

 

 

カニは全力で戦い

 

鶴の首を切って無事災難を逃れました。。

 

 

 

 

 

 

 

これインドの学校でも教えている童話です。。

 

 

このお話を聞いた時には違い過ぎる文化に強烈なショックを受けました。

 

 

 

 

 

いや、これ人生で知っておいた方がいいかもしれないけど

 

子供に絶対聞かせたくない様な・・・

 

 

 

日本やったら年老いた鶴を池の仲間が助けて

 

鶴が恩返しをする話になってるよね。

 

 

 

インドじゃ人生そんなに甘くないって事か・・

 

 

でもどこでもやっぱり子供にコレ聞かせたくないわ。。おばけ

 

 

 

 

読者登録すると更新情報が受け取れます♪

 

ブログ応援いつもありがとうございます!

ヨギをポチッとピンクハート

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村