こんばんは。

 

農家民宿 栃堀の風、オーナーのひろみです。

農家民宿 栃堀の風webサイト

 

阿賀町移住コーディネーターとしての活動もしています。

阿賀町で暮らそう

 

 

ある晴れた日の朝。

 

畑の上に積もった雪上にたくさんの足跡がありました。

カラス、ハクビシンはあると思われますが、

一番右側の足跡はなんだろう??

 

足跡の先は

採りきれなくて木に残ったままの柿が。

鳥や動物たちにとって冬場の貴重な食糧のようです。

今は、この柿もほぼなくなってきましたが、

 

調べてみると、木守り柿というそうで、

収穫後の木の上に柿の実を1個、もしくは数個残しておくことをいうそうです。

木守り柿には2つの想いが込められているそうです。

 

柿の木への感謝。

そして、生き物への贈り物。

 

納得です。

 

ただ、我が家の場合は、採りきれなかったというのが実情で

結果として、木守り柿になったというところであります(;^_^A

 

最近では、クマや動物が来るから全部採れという風潮になっていますが、

うまく共存していくことが出来なくなってきているのかな。。。

現状では仕方のないことなのかもしれませんが、

少し寂しい気もします。

 

木守り柿のような素敵な習慣がまた行えるような、

自然、動物、人とが共存していくためにはどうしたら良いのでしょう。

里山の整備なんだろうな~。。

 

 

💡神聖幾何学フラーレン製作ワークショップはこちら

 

💡フラーレンプロテクションお試しはこちら

 

💡フラーレンプロテクションプロ養成講座はこちら

 

💡ネックインプラント除去コズミックオペレーションはこちら

 

💡農家民宿 栃堀の風 オンラインショップはこちら