先般の台風15号の被害に遭われたすべてのみなさまと現在も停電、断水で通常の生活に戻られていないみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

 

昨年のこの時期は胆振地方での地震により、この南茅部は2日間の停電にみまわれお客様に多大なご迷惑とご心配をお掛けするとともに当ホテルスタッフもつらい日々を過ごしました。

 

一刻も早い復旧で普段の生活に戻れることをお祈りいたしております。

 

この北海道は台風15号の被害を受けることなく、台風が南の海上を東に去ったあとには秋晴れでちょっと涼しく爽やかな日が続いております。

 

画像は当ホテルから車で約5分のところにある縄文・史跡「大船遺跡」です。

 

現在、ユネスコ世界文化遺産国内候補になっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺産になっており、これから2019年度の国内候補として正式な発表があったのちユネスコの諮問機関であるイコモスによる現地調査を踏まえ、早ければ2021年に世界文化遺産に登録されることになります。

 

そんな「大船遺跡」ですが、晴れ渡った空の下、遊歩道の散策が非常に気持ち良いです。

 

縄文時代のあと、アイヌ、そして、我々和人の時代から、この高台より下、現在の海岸線に人々は住んでいるわけですが、現在より海抜が高かった縄文時代には、この高台で集落が形成されていました。

 

 

その中でもこの「大船遺跡」は、約千年に渡り、人々が住み続けていた痕跡があるほど、当時の一等地。

 

現代で言えば東京の白金台みたいなものでしょうか。

 

確かに周囲の自然環境は素晴らしく食糧にも事欠かなかったと思いますが、それだけではなく何か特別な大地の力というものを感じます。

 

それゆえ、ここをパワースポットとしてたびたび訪れる方もけっこういらっしゃいます。

 

ヒーリング効果抜群です。

 

当ホテルへいらっしゃる際には是非、お立ち寄りいただきたいスポットのひとつです。

 

 

 

そして、この「大船遺跡」の正面の海に見える定置網の施設は、当ホテルでも「いか塩辛」や「酢いか」「ダルス」などが好評の地元の網元「久ニ野村水産」さんの大謀網施設です。

 

この9月を迎え脂が乗った天然のブリが好調ですね。

 

 

当ホテルではこの南茅部で水揚げされた天然のブリを7月にはさっぱりと「ぶりしゃぶ」でご宿泊の夕食でお出ししていましたが、この9月は、焼き物の「照り焼き」でお出ししています。

 

 

栄養いっぱいの天然のブリ、そして、ここ南茅部で上がるものはブリ特有の脂のクセが弱く旨味が強て美味しさ抜群!

 

自然のパワーを体感し、美味しいものを食べて、そして、当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉に入って癒されてください。

 

 

 

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

 

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】

http://www.jhpds.net/hirome/uw/uwp3100/uww3101.do?yadNo=365457

 

お電話でのお問い合わせ・ご予約は

フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30~21:00)

 

ご予約、心よりお待ち申し上げます。

 

ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら

http://www.hotel-hiromeso.grats.jp/

 

 

 

このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。

ここをポチッと押してください。

     ↓

https://blog.with2.net/link.php?1733963