BBQ親父による、息子の2022年中学受験記録

BBQ親父による、息子の2022年中学受験記録

息子は2009年に生まれて2019年より通塾。
2022年中学受験予定の記録です。

5年の成績で一番印象的だったのは、夏に社会が不調になったことです。
社会が偏差値を50切ったりしだして、足を引っ張られてクラス落ちもありあせりました。
社会不調と算数国語もパッとしないのが重なって、5年の夏期講習マンスリーでは4科偏差値60を切ってます。
60切ったのは4年では3回ありましたが5年ではこのときのみ、6年に入ってからは一度も無いです。

何度か書いてますが、歴史が始まる前に地理のレベルが上がって、これまで何となく覚えて何となく点が取れてたのが、ちゃんと覚えてないと全然点が取れないような問題に変わりました。

テコ入れとしてMonoxerというスマホアプリを導入したのがこの頃です。
詳細はこちら
テキストを基本全部打ち込んで重要語句を指定してやることで、穴あき問題を作ってくれますので、これで繰り返して穴をつぶしていきました。
遡って5年のテキストの頭から私が全部入力して、復習させました。
入力の負荷がそれなりにあるので、万人向けではないと思いますが、これ以降社会は60切ったことがないです。

この5年夏の社会が、これまでのウチの最大のピンチだったと思います。
ウチはここを乗り切るのに大変苦労したので、地理は5年夏までに一旦仕上げておくことをお勧めしたいです。
全員がここで崩れる訳ではないので、大丈夫な方が多いんだとは思いますが。

その後、社会以外に理科の季節の図鑑や漢字も、Monoxerでやるようになりました。
国語は主に妻、それ以外は私と入力を分担してます。
白地図と年表トレーニングをコンスタントにやり続けるようになったのもこの頃だと思います。

年号は語呂合わせ入れたオリジナル年表を作成しました。
語呂合わせはネットで調べて良さそうなのを選んでます。

あと、Youtubeも使うようになりました。
コロナ不安から5年頭くらいから車で送迎してるので、帰りの車内で書いてます。
一番聞くのはAkira先生。
語呂合わせ系は、違うの混ざると混乱しそうなので、ちょっとやったけどやめました。
後は一問一答系。
これは年表カードや公民のカードを、妻に読み上げて貰ってオリジナルの音声ファイルも作りました。


2022/2/1まで、あと107日。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング


5年3月から夏までの算数の偏差値平均は、59.8でした。
(2科61.6、4科62.1)

5年の間も、全教科テキスト全部やってました。

5年上半期は、コロナで学校が休校になったのが一番大きな出来事だったかと思います。
時間はあるんですが、時間を潤沢に使って回す(要はダラダラと長時間やる)ようなスタイルが定着すると学校再開時に詰むと思ったので、サピの復習(家庭学習)は普段同様に平日は夕方以降のみと、敢えて時間を制限してやることにしました。
但し、遊び癖がつくのも困るので、平日昼間は学校に行ってるのと同じくらいの時間は机に向かうように、エクストラの課題を用意しました。

5年からはコアプラスが始まります。
最初は、毎日決めたページ数をこなして先取りしていって、テスト前に復習する、というスタイルでした。
が、一旦やったものもテストの頃には結構抜けていて、テスト前にちらっと見たくらいでは全然定着してなかったりしました。
結局、テスト2週間くらい前から試験範囲を数日おきにくり返すスタイルに変更しました。

■5年春
5年になるころには
秘伝の算数 応用編
も読んでました。
800題も5年のに代わってます。
8月には3周終わって6年のに入りました。

4月頃には、「プレ中学への算数」が終わって「合格を決めるキーポイント」に移ってます。

このころから中学への算数を購入していましたが、まだ全部やりきる力はなく、私が抜粋してました。
朝勉強の一環で「中学への算数」や、

算数星人さんや

算数ソムリエさんのサイトから、
1問ずつコピー/印刷してしてルーズリーフに1枚1問切り貼りしたものを、1日1問やってました。
テストの最後の大問にも段々手が出るようになってきたように思います。


中学への算数は、リアルタイムにやるのではなく、ストックしておいて6年になってから単元で選択してやってました。
現在ではストックが切れたので、やりたい単元の今年のバックナンバーを購入してやっています。

図形の必勝手筋」始めたのもこの頃。

休校期間には、コベツバさんもやってました。
基本的に先取りはしてないんですけど休校期間に比をやれて、結果的に楽出来たと思います。

問題集や参考書ではないですが、「数の悪魔」をこの頃に与えています。
算数への興味を開くのに、試してみてもいいかも。
松丸くんがおすすめする帯がついてました。

この頃から、社会でジュクコ先生の「論述で覚える最強の社会」を購入し、テスト前1週間は読書を控えてこれを読み込むように指導してます。
単発知識ではなく流れで捉えて欲しかったのと、麻布武蔵海城タイプの記述を睨んで選んでます。
歴史漫画は、校舎の社会の先生には勧められなかったのですが、角川のものを揃えて読ませました。
地道に中古をちまちま集めましたが、お得なフェアとかあればそこで一気に新刊を揃えるのもアリだと思います。

漫画は歴史をストーリーで捉えられるのがメリットだと思いますが、フィクションというか、漫画と言うスタイルで成立させるためのデフォルメやギャグと史実を切り分けて考えられないと、デメリットもあるかと思います。


2022/2/1まで、あと108日。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング


息子がマンスリーで「納戸」と「礼賛」が読めてなかったんですが。
まあ「納戸」は良いとして(良いのか?)「礼賛」。
漢字は主に妻が見てるんですが、見た記憶ないと。

私自身は確か中学の現国の教科書だか副教材だかに谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」が出てきて知った気がして、小学生には難しいとは思うんです。

でも最近どっかで見た気がして。

過去問とか幾つか見てみたけど見当たらない。
まあこんなの男子校じゃ灘ぐらいしか出ない気がするし、読めなくても良い気はするけど、なんか気持ち悪くて。
どこで見たんだっけかなあ。。


2022/2/1まで、あと109日。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング

予約してるもの


インフルエンザの薬剤として承認されている薬を内服することで、予防効果があることは分かっており、厚労省からも承認は出ているようです。
が、保険適用外の自由診療になるのと、医師によっては処方してもらえない事もあるらしい。
受験体制になるまで考えたこともなかったし知らなかったんですが、受験界隈では珍しくないですよね。

ただ、私はあまりインフルにかかるリスクは高くないと思っていて、積極的には考えてませんでした。

・去年と同じく世の中がコロナ対策を行っていれば、あまり流行しないのではないか

・ウチは1月以降は感染回避のために自主休校予定
・もちろん家族全員予防接種するつもり(まだ予約できてない)


しかし、今年は大流行の恐れというニュースが出てました。

インフルエンザ「今季は大流行の恐れ」…学会がワクチン接種呼び掛け
去年流行しなかったから、集団免疫が形成されていないためとのこと。

とりあえず予防的投与の情報は仕入れておこうと、SNSで同級生の医師に意見を聞いてみました。
・デメリットとしては副作用が出る可能性があるくらいじゃないか
・とりあえず処方してもらっといて、使うかどうかは後で判断するのもあり
(例えば本人以外の、私たち親がインフルエンザになってしまった場合にすぐ飲むとか、風邪ひいたかも?な時にとりあえず飲むなど)


おまけ情報として、現在お子さんが灘に通う私の同級生は、受験直前に親子3人でイナビルを予防として吸入したと。

なるほど。。

処方を求めるにしてもまだ先になると思いますが、とりあえず息子のかかりつけ医に、処方して貰えるものかどうか打診してみようかと思います。

2022/2/1まで、あと109日。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング



下書きしてたのが公開されてました。。
点数記載前でした。


そういえば書き忘れてましたが、二週間前に文系日のクラスが落ちた事を書いてましたが、無事一度で戻ったようです。

 
例によって、国語の記述以外は息子に丸付けして貰いました。

 

算数:7割
 
国語:6割弱

 

理科:8割弱

 
社会:6割

国語が良くないですな。
トータル7割切りました。
ちょっと国語が最近良くないな。
記述に力入れ過ぎなのかなあ。

 

2022/2/1まで、あと110日。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング