誕生日

テーマ:


先日、めでたくお誕生日を迎えた私。


11年前にがんになった時には、絶対に生きていないだろうと、思えた時間の流れの中、娘は大学を卒業し社会人となり、母は医療過誤で亡くなり、息子は大学在学中、交通事故に合い高次脳機能障害者になった。



いろいろと、想定外の事が起こるのが人生としても、皆こんなもんでしょうか?


人様の人生を、垣間見ることは出来ないけど、この位アリなのかな?

・・・・・・・・。

考えるだけ無駄だよね。



息子は、私の誕生日の前日からお祝いムードで、自分が欲しい物や食べたい物を、私に便乗して夫にねだる。

私は、過去こんなにもお祝いしてもらった覚えがないから、ただただ戸惑う。

息子のお陰で、お誕生日祝と称し二度の外食、ホールケーキに沢山のプレゼント。

・・・・・・・。

やっぱり、戸惑う!




AD

心療内科受診日

テーマ:

月1の、お薬を貰うだけの通院。

傾聴とか、カウセリングなんて無縁の診察・・・とは、もはや言えず。


いいんですよ!

お薬さえ頂ければ。


5分で終わり、薬局で30分。


この所、不思議と私の情緒は安定感がある。

一時的なのか、この生活に慣れたのか、諦めがついてきたのか、判らない。


でも、驚いたことに「食欲」が湧く事がある。


ぐるナイを見て、食べたーい!と思ったりする。


事故以来の、新鮮な感覚。

160cm.50kgの現在。

勿論、BMIは20を切る。

以前は24位あったから、やはり心労は多かったのだろう。

時々、無性にお肉や、甘い物を欲している。

家族が、喜んでくれる。


だから、暫し本能の趣くままに。




AD

昔々・・・

テーマ:


ある所に、とある母子が、おりました。

子はまだ幼く、しかも身体の弱い男の子でした。


母はそんな我が子を、いつも心配し、熱を出せば付きっきりで、オデコを冷やし、せきが止まらなぬ日
は、ずっと背中をさすってあげました。


あまりにも身体の弱い幼子に、心を痛めた母は、丈夫に産んであげられなかった己を悔いました。

そして、こんな弱い身体では、この子は決して長生きはできぬまい、と母は悲しんでおりました。





だから、神様にお願いしました。



「神様、どうか息子を健康な子にして下さい。

もし、それが駄目なら丈夫な身体を持った私の運命と、取り替えてやって下さい。」
と。


常日頃、献身的な母を見ていた神様は、母の願い事を叶えてあげることにしました。






それから、三日後、


幼子は突然、亡くなりました。



そう、健康な母だけど短命な運命を持っていたのです。


そして、母は弱い身体で、それからもずーぅとずーぅとと、長生きをしたそうな。



事故後、読んだ何かの本に書いてありました。

強烈に、覚えていた昔話です。





AD