キャサリンの保護猫ダイアリー
  • 25Oct
    • ”犬猫の食べ方” ➕誤飲

      この前、飼い猫のクックーが吐いた物に糸とゴムがあった( ̄□︎ ̄;)!!クックーは、刺身も茹でささみもキャットフード以外は絶対に食べないけど、糸と植物を食べる ∑(゚Д゚)人工観葉も食べて吐く。よってせっかくのインテリアグリーンも今や全てトイレに置くはめに。猫のおもちゃも、先っぽのおもちゃ本体には無関心で、もっぱらそれを吊るしてるヒモを咥えて食べようとする(ToT)昨日、全てのヒモ付きおもちゃをくそ〜!くそ〜!とハサミでバツバツ切って捨てた。ヒモ部分はプラスチックとかワイヤーに限る事にした。犬と猫の誤飲は、飼い主さんの意識一つで防げる。100%飼い主さんの責任。気をつけないとならない。自分に言い聞かせる。獣医さんのブログ ↓

  • 24Oct
    • サリー退院して帰って来ましたの画像

      サリー退院して帰って来ました

      今朝、病院に電話すると、サリーちゃんは退院できますのでお迎えにいらして下さい、と。え、、、あんなに上から下までズラーーーっと切って1泊で大丈夫?と不安になりながらもお迎えに。。サリー、迎えに来たよ。一緒に帰ろう。昨日の脚の震えもすっかりと消え、目の輝きも取り戻していました。サリー、帰宅しました。サリーちゃん、こんな感じです。 包帯ウエアの下のキズは見ていません。火曜日に受診なのでその時に病院で写真撮ります。サリー、帰宅後にケージに入れましたが、すごい勢いで出たい❗️出たい❗️と😱走り回る子じゃないので出してみると、え 変に元気なんですけど皆様から頂いたご支援品のダンボールの山を渡り歩き、トイレでオシッコ!あら、男性の声? いえ、姉の太い声です笑そして、ウロウロと普通に歩いてくれました❣️サリーの可愛い鳴き声付き❤️病院で麻薬系の痛み止めを使用したのでまさかハイになってるんじゃ?と思うくらいに、ハイテンションでウロウロこの後、再びケージに入れたのですが、やたら上に行ったり、下に飛び降りたりこれではケージの中の方が動き過ぎて傷口が開きそうなので、方針変更で出しました。そうしてお昼に少しの牛肉(焼いたもの)を食べてからは、ずーーーーーーーーーっと寝てます。ずーーーーーーーーーーーーーっと深く寝続けています。6時間、寝続けているので、心配になって時々、生きてるかチェックよっぽど疲れていたのでしょうか。病院では一睡もできなかったのでしょうか。それとも、痛いのでしょうか?心配になって、先ほど起こして、ad缶をあげたら、自分で食べてくれました❣️で、また寝始めました今も寝たままなので、めちゃくちゃ心配ですが、このまま様子を見て、今夜はもちろん一緒のお部屋で寝ます。後で起きてまたチョロチョロしてくれますように🙏🙏🙏まずは、本日、無事に退院して参りました事をご報告申し上げます。サリーの術後の経過が問題なく快方に向かいますように🙏🙏🙏また経過を報告させていただきますね。

  • 23Oct
    • サリー 手術への画像

      サリー 手術へ

      本日、10月23日 サリー手術へ乳腺全摘はもはや手遅れ、身体への負担を考えて諦め、腫瘍部分2カ所の摘出手術に昨夜のサリーちゃんいつのまにか術後服を自ら脱ぎ捨て一番落ち着くみたいな押入れにいました。今朝のサリーちゃん   昨夜から絶食だけど、普段から食が細いのでゴハン下さいコールは一切なし。そして、術前のサリーの2大腫瘍は下の方は自壊が始まりつつありました。病院にお届けした際、避妊手術もやってしまおうか先生に相談。避妊目的ではなく、卵巣や子宮への転移防止の為に、めちゃくちゃ迷った末、表面上のしこりを取る手術に加えて内部からの子宮卵巣摘出は猫への負担が倍増することを考慮しこの期に及んで、健康的な猫ならいざ知らずステージ4のガンのサリーにさらなる重い術後の辛さを押し付ける事は私にはできないと決め、今回はしこりのみにしました。手術は午後2時から。夕方5時半、サリーの面会に行きました。まず最初に先生が摘出した部分を見せて下さいました結構大きく取らなければならなかったというその塊は、、、、しこり部分2カ所をゴロンゴロンと取ったのかと思いきや、上から下まで、ズラーッとえ??つまりここ、全て、、しかも、、皮膚付き切り取ったものの写真ありますが、さすがに掲載は控えた方がよいかもで。。例えるなら、、、、スーパーの肉売り場に並んでる大きな皮付きササミやはり沢山の方に心配して頂いてるので今後の参考までに、加工して載せます。苦手な方は、ここからスパーッと飛ばして下さいそしてサリーは、麻酔から覚めて、痛々しい身体で横たわっており、脚が震えていましたそれは痛々しく....😭😭😭あんなに広範囲に皮膚ごと切られてたぶん両側の皮膚を引っ張って縫い合わせたようですが、獣医さん的には問題ないとは言え、私的には、、、ちょっと安心できないというか、ちゃんとくっつくの?縫い傷、めちゃ長いけど、開かないの?開いて感染症とか、、心配過ぎる(泣)想像してたよりずーっと大変な手術でサリーの負担もずーっとずーっと大きくて後悔はしてませんが、とにかく不安、心配明日の朝の調子次第で退院が決まります。帰って来たら、ずーっと側に置いて看病していくつもりです。以上、取り急ぎですが、サリー手術の報告とさせていただきます。あーーーーーーーーーーーーーーーーーーしんぱい避妊手術までしなくて、本当によかった

  • 22Oct
    • 感動のフィナーレを迎えたチーム半沢の画像

      感動のフィナーレを迎えたチーム半沢

      チーム半沢。南区から保護した野良チビ達。順繰りと譲渡は進み、3匹が残っていました。全くお声がけがなかった訳ではありませんでしたが、一抹の不安が胸をよぎり、連続して辞退させて頂いておりました。慌てずに最高の里親さんを待つ事に。最後の3匹は、愛之助テルケント正直、毎日一度は心の中で3匹残ってる......3匹残ってる.....と心配してました。と、それは突然に、ようやくこの方なら!と思える方よりご応募を頂き、それが一昨日そして昨日にお見合いそして今日にお届けとスピード感満載であっという間の展開に。さらにドラマチックな結末が待っていました。最初は愛之助にお申込みを頂き、ご両親と、後見人の娘さんと3名でお見合いに来られました。いつもなら私から兄弟2匹一緒はいかがですか?と切り出す所ですが、今回は地道にと思っていたのでお勧めは控えてました。しかし、お母様より、2匹で迎えたいとお申し出を頂き、検討の結果、愛之助とテルの2匹に決まりました。そして、預かって頂いてたうるにゃんさんと一緒に、本日、2匹を連れてお届けへ。ご両親、娘さんお二人、お孫さん達、たくさんで迎えていただきました❣️と、途中で話は残してきたケントの話に里親さんはご両親なのですが、そこで娘さんが、3兄弟なのにケントだけ残して可哀想1匹だけ離されるなんて可哀想ご両親、ちょっと怯むさすがに3匹は.....。そりゃそうです。分かります。が、娘さん、強し💪ケントも連れて来て下さいちゃんと責任持って3匹飼おうとなり、運良く(?). 里親さん宅とうるにゃんさん宅が車でわずか8分の至近距離だったので私たちは急いでケントを迎えに一回戻り、一人寂しく鳴いていたケントを愛之助とテルと合流させる事ができました3匹一緒に、捕獲された時から身体を寄せ合って頑張ってきた愛之助、テル、ケント。夢のようです。それも全て、里親さんご家族の皆さまが本当に本当に優しくて深く信頼できる方なので、私も嬉しくてたまりません。やっぱり最高の里親さんを待っててその通りになった。泣きたい程に感謝です。でもって、3匹ですが、とにかくビビリ王子の集まりですから、想定内のこんな感じ 固まり。猫が大大大好きなお孫さんが、頑張って撫で撫でしてくれましたたくさんの手が出るでる笑愛之助が一番人懐こいので代表してこんな風にこれから毎日、たくさんの愛情を受けながら暮らしていけます。最後は3匹一緒という感動的なフィナーレを迎える事ができた、チーム半沢。10匹捕獲して、2匹はもりめぐさんが保護してくれました。既に2匹は一緒に譲渡されています。私の保護の子猫6匹は今日で全員卒業しました。預かりの皆さん、今回も緊急の要請に快く受け入れをして頂き、ありがとうございました❣️ママ猫2匹は、相談者さん宅でのんびりやっています。来年あたり人馴れしたら、里親募集をしていくつもり。なので、チーム半沢、本日にて一旦、完となりました事をご報告申し上げます。皆んな、幸せにねーーーー

  • 20Oct
    • 子猫たちの里親募集!の画像

      子猫たちの里親募集!

      2か月の子猫4匹の代理里親募集です❣️山口さん保護です(o^^o)可愛い子ちゃんズ、いきますよ〜衣舞(イブ)ちゃんメスおもちゃ大好き食欲旺盛リラックスしてお腹を出して寝ていますおんにゃのこ。ふわふわ 雫ちゃんメス少しビビリちゃんで、温和しい子です抱っこするとそのまま寝てしまいます!ひーーーっ❣️ かわええーー❣️神(じん)くんオス一番の穏やかくん抱っこするとすぐ寝てしまいます!ぼくね〜、あのね〜、甘えたいにょ!ないちょだよ!紫耀(しょう)くんオスおもちゃ大好き穏やかなハンサムくん私もキンプリの平野紫耀くん、好きよby キャサリンついに子猫シーズンも終盤を迎えました。里親さん大募集です!ネコジルシは後日掲載しますが、メールで直接受け付けています。子猫の里親希望は下記まで!ellyhiroko@yahoo.co.jp応募条件★これから約20年の猫生、最後まで、看取るまで終生飼育できる方にお願いします。1.何があっても終生飼育2.ペット可住宅にて完全室内飼い3.ご家族全員の同意4.脱走対策を施してくれる方5.避妊手術の確約と2回目ワクチン接種。 手術とワクチンは実施時に証明書を。6.譲渡後は数回、画像付きでのご報告を7.こちらにお見合いに来て頂き、お話がまとまりましたら後日ご自宅に伺い、飼養環境の確認をもって猫をお渡しいたします。8.譲渡費用あります9.55歳以上の方、単身独居の方、若齢者の方はご家族の後見人が必要となります。10.お申込みの際は、お住まいの地区を明記願います。11、札幌市内及び近郊の方(車で1時間までが目安です)その他はメールのやり取りにてお互いに確認していきたいと。宜しくお願いします

  • 19Oct
    • のりちゃん、サリー、➕猫探しています!の画像

      のりちゃん、サリー、➕猫探しています!

      のりちゃん昨日来たのりちゃん昨夜も今朝も全く食べず、ならば口内疾患の確認の為今日も病院へ。さて今日は洗濯袋に入れてから連れて行きましょう、とケージの扉を開けて洗濯袋をかざすと、昨日の点滴と注射が効いて変に元気を取り戻したようでシャー バーン ドーンと、めっちゃ凶暴になっていて、キャアーーーーーー ムリムリやる気喪失して30分後、洗濯袋は諦めて素のままキャリーへ。素なら入れれる幸いにも歯周炎、口内炎は確認されずよって今日も胃腸炎の点滴と注射を。先ほどようやくほんの数粒、カリカリを食べてくれました、、なんとか食欲が戻る事を祈ります。今日も食べなければまた明日病院 怖いよ〜 のりちゃん怖いよ〜サリーサリーはしこりを舐め始めたので自壊を防ぐ為に、舐め防止に、昨夜から術後服を着せました。今日はソファーでシェスタでした。猫 探しています!うりくん、 去勢オス札幌市西区発寒9条13丁目付近うりくんは、北大でガンの治療を受けています。残念ながら再発し、もう長くは生きられないからと、飼い主さんがうりくんのしたい事をさせてあげようと、6月27日、お家の玄関前で日向ぼっこをさせてあげてたそうです。で、飼い主さんが家に戻った時、外からギャ!という声が聞こえ、慌てて外にでると、そこには野良猫が数匹いて、、、たぶん攻撃されて、うりくんは逃げていなくなったそうです。6月末の話ですが、飼い主さんは今でも諦めないで探しています。泣きながら探しています。時間が経過していますが、13歳で、ガン末期。それでもどこかで生き延びていてくれて最後は飼い主さんの腕の中で逝かせてあげたい。お近くで似た猫を見かけた方、保護されてどこかのお家の新しいニャンコがうりくんに似ていたら、ぜひ飼い主さんにお電話ください。木村さま090-4879-9231よろしくお願いします。

  • 18Oct
    • 半沢チーム直樹とミッチーお届け➕予定外入居猫の画像

      半沢チーム直樹とミッチーお届け➕予定外入居猫

      半沢チームの直樹とミッチー1週間前の譲渡会で2匹一緒が決まったので直樹を我が家に移動して2匹一緒にしました。直樹くんミッチーくんミッチーは兄弟が来て、遊び相手ができて、すごく楽しそうでした直樹は知らない場所に来て逃げてばかりいましたが、ねこじゃすりをしてからなついてくれてじゃすり、じゃすり指ちゅぱちゅぱで甘えてきてすっかり仲良しすっかり仲良しそして本日、里親さんにお届け致しました。頼りがいのあるお兄ちゃんと優しくい妹さん、そしてお母様(旦那様は単身赴任中です)お子様達がすっごく楽しみに待っていてくれてこれからはたくさん遊んでもらえます。良かったね、直樹、ミッチー!里親様、この度は兄弟一緒にお迎え頂き、本当にありがとうございました❣️どうぞ末永くよろしくお願いします❣️そして2匹がいなくなったので私は帰宅後にケージとお部屋のお掃除。さて、今夜から私の寝室は寝室らしさを取り戻す事に。と、思いきやのーあれーー? あれれー?この子は、なんと、半沢チームのつまり、半沢チームのママ猫ののりちゃんのりちゃんは、相談者さん宅で人馴れを目指してこの1カ月暮らしていましたが、昨日相談者さんから電話があり、のりちゃんが4、5日ゴハンを食べてない吐いてもいる、自分は捕まえれないから捕まえて病院に連れて行って欲しい、と。タイミングよく、私も今日は午後が空いていたので、相談者さん宅に出向き、逃げ惑うのりちゃんをキャリーに入れ病院へ。血液検査、レントゲン、エコーとフルコースの検査をするも、特に特別な病気は見当たらず、たぶん胃腸炎という結果に。点滴と各種注射をして様子見に。様子見するも改善されなければ通院となり、そうなると相談者さんは人馴れしてない猫をキャリーには入れれないので、我が家で様子見、通院して、元気になったら戻す事にしました。なので元気になるまで相談者さんからお預かりした形です。まだ来て1時間なので、固まっています。まだゴハン食べてくれませんが、お部屋を暖めて、ゆったりしてもらいます。のりちゃん、元気になーれ

  • 17Oct
    • ひまわりとカンナ里親さんへ➕サリーの画像

      ひまわりとカンナ里親さんへ➕サリー

      本日は、札幌市内の野良猫現場からふじねこさん経由で保護りましたひまわりとカンナを譲渡して来ました。ひまわりちゃん3匹保護してチャトくんは一足先にずっとの家族さんの元へ行ってます。サビのひまわりちゃんは、3匹の中でも一番臆病な子でしたが、カンナと2人一緒なので大丈夫だよ❣️お母様とひまわり。新しい名前は、プリンちゃんカンナちゃん ちょっとブラックスモークが入ったカンナちゃんも、やっぱりビビリ〜。預かりさんのランの母さんの側でめちゃ元気な活発な娘に育ちました娘さんとカンナ。新しい名前は、いちごちゃん🍓🍓めでたく姉妹一緒に幸せになりました❣️里親さん、めちゃくちゃ楽しみにして待っていてくれました。2匹を家族に迎えていただき、ありがとうございます‼️ランの母さん、預かって頂き、可愛い子ちゃんにしていただき、ありがとうございました‼️先に行ったチャトくんもいれてこちらの3兄妹は無事に幸せゲットしました。チャトくんと里親さんさて、サリーのお話。サリーちゃん、昨日少ししこりに自壊が見られたので、今日は病院へ行きました。先生とお話をして、体力あるうちに手術する事に決めました。貧血が出ているので、あまり日数をあけると悪化した際は手術もできなくなるらしく、来週の23日 金曜日 に手術を予約しました。大きな腫瘍部分2箇所を取ってもらい、自壊を防いでサリーのQOL生活の質をキープしていきます。そんなサリーちゃん、昨夜はビーフを夕食に食べたせいか?今日は朝から絶好調!朝は普通のウエットを自分で食べて、先ほどは夕食の再びビーフ(焼いてます)を、すごい勢いで平らげました‼️肉は元気の源❗️って感じです手術まで5日、体力つけて行こうねー❣️❣️今朝、再び皆さまから頂いた乳腺腫瘍の経験談を読み返していました。改めてお一人づつの愛猫への真剣な愛情深い取り組みを感動しながら読みました。たぶんこれからも幾度となく読み返して行きます。サリーのケアで分からない事が出てきたらメッセージで質問させて頂くかもしれません。その際はどうぞ宜しくお願いします。

  • 16Oct
    • あんな事こんな事いろいろの画像

      あんな事こんな事いろいろ

      今日は大テーマのないあれもこれもです。子猫の代理募集してます!まいちゃん!兄妹を守ろうとしているのか、一番前で小さなシャーをします。攻撃性はなく、抱っこ、撫で撫で出来ます!みいちゃん!食いしん坊の元気な女の子です!おもちゃで遊ぶのが大好きです。2匹はいつも預かりをお願いしてる山口さんが、何と、子猫9匹、ママ猫2匹を一人で捕獲し!すごい頑張ってくれてます! 凄すぎる! 捕獲うますぎる!2匹は姉妹です。生後2か月。ネコジルシとジモティで募集してますよ虹そらくん野良猫だった虹くん、譲渡して1週間です。こんなに幸せになってます‼️最初は夜鳴きもあったそうですが、今ではこんなんなりました!無防備すぎるーーーー(笑)おーい、野良時代は完璧に忘れたのかーい?我が家で流行りのブツこれ、知ってますか?ねこじゃすり、といいます。これで猫を撫で撫ですると猫が大喜び!と書いてあったのを見たのは去年。価格がなんと、4千円くらい!あり得ないわー、こんなの意味不明ー、買う人なんているわけないじゃーん、けっところが❣️サリー、気持ちいいのーーミッチーも、は? なんか好きかも!直樹に至っては、もしやママの舌で舐められているのを思い出したかのように、逃げ惑っていた直樹が、いきなりゴロゴロ3分で私はやめたのですが、2時間くらい続きました、ゴロゴロが。ゴロゴロうるさくて眠れませんでした。もちろんエリーもクックーも大好き❣️なお、猫にもよるみたいです。これは妹が自分の猫に買ったのですが、全く反応ないので私にくれました。決して宣伝してる訳ではありませんのでその点よろしくお願いします。責任取れませんのでなお、安い類似品も出てるようです。サリー近況毎日、強制給餌、お口に投薬、歯茎にインターベリー滴下で、私、日々嫌われ度がアップし始めました抱っこすると、イヤ〜ンて鳴かれます。目つきが、、、なかなか食べてくれなくて苦労してます。。なのでいろいろ試しています。例えば本日のメニューは、朝食 ad缶を強制給餌 シリンジ1本昼食 湯がいたササミ 2/3本 夕食 牛肉を焼いたもの 少し間食 フリーズドライささみ 少し夜食 ad缶強制給餌を予定してますあ、鰹節も好き!!じゃあ、とad缶に鰹節を混ぜたら残しましたまず基本的な栄誉摂取を考えて、ad缶を主食に決めました。あとは、とにかくあれこれと差し出すものの要らないわ、、、とされます顕著に分かるのは、キャットフードはお嫌いで肉が好き🍖 肉!肉!私の姉がガン治療してた時、やたらと肉が食べたくなり、週に3日、ステーキ食べてたそうです。同じなのかな?サリーちゃんの為ならお肉たくさん買って来ますよん❣️で、腫瘍ですが、腫れてきた感が、、、最初は触っても全く嫌がる素振りはありませんでしたが、昨日から、触ると抵抗して鳴きます。痛みが出てきたと思います。今日はしこりを舐めていました。違和感が出てきたのかもしれません。痛みが出てきたのであれば、早めに腫瘍部分の切除手術をしたいと思います。遊びの後のお昼寝痛みの原因を取り払う事が私の責務。病院に行って手術の時期を相談してきます。これでまた嫌われる

  • 14Oct
    • チーズくん治らない(ToT)の画像

      チーズくん治らない(ToT)

      サリーと同じ日、10月6日に札幌動物管理センターから引き出した血尿のチーズくん連れて来て真っ直ぐ病院へ直行し、血尿を確認、抗生剤のお薬をいただき、療法食のユリナリーやcdマルチコンフォートをずっしりと買い込み、治療スタート。しかし、、、、薬を全く受け付けず、ゴハンに入れたら食べない、シリンジでお口の中に入れようものなら激しく抵抗し、ギブアップさらに追い討ちをかけるように療法食を絶対に食べないあれもこれも、ドライもウエットも食べてくれない何か食べなきゃいけないので根負けして普通食をそして再び病院へ。もちろん良くなってる訳もなく、相変わらず尿にはストルバイト投薬は無理なので今回はコンベニア、止血剤入りを注射。あとは、療法食を食べるしかない、と先生に言われ性格は本当に可愛いくて、ものすごいスリゴロちゃん今は預かりおじさまの家にいますが、やはり初日からおじさまにスリスリ移動してから3日間、ウンチが出ずおじさまを心配させました。ビオイムバスターも効かなくバターを一口舐めさせて、ようやくスルリンと出たそう。おじさまには、ライラック乳酸菌を渡してお願いして来ました。もう何がなんでも療法食を食べてもらわにゃあかーーん❗️それしか治る方法はないんじゃってーー!チーズくん、基本的にものすごい少食。センターにいる時から少食とは聞いてたけど大きな身体して、食べる量はお子様なかなか大変な状況で、預かりおじさまに頑張って頂いてます。チーズくん、体重は5kg。(おデブちゃんのエリーと同じ笑)でもって昨日の通院で重たいチーズくんをキャリーで運んで、わたくし、右の腰がやられました。いま、めっちゃ痛いいやもう子猫しか運べないうそ、サリーは2.85kgだからギリ運べます。チーズくん、療法食を食べてよ🙏🙏🙏でないと治らないからねーー!預かりおじさまも心を鬼にして頑張る!と言ってくれてます。チーズくん、頑張れーーーー🙏🙏🙏

  • 13Oct
    • たくさんの経験談をありがとうございましたの画像

      たくさんの経験談をありがとうございました

      サリーの乳腺腫瘍の治療方針で悩んでおり、乳腺全摘出すべきか、部分切除すべきか、はたまた何もしないか、私にとって乳腺腫瘍は初めてだったので乳腺腫瘍の猫を看取った事のある方に主に手術についての経験談を募らせて頂きました。コメント欄、メールにて20名以上の方々よりご連絡をいただきました。愛猫の乳腺腫瘍に一生懸命に立ち向かった方ばかりで、どのコメントもそれは丁寧に詳しく書かれていました。亡くした愛猫への想いが溢れる文章に深く感動し、簡単にありがとうございました、なんていう返信なぞできないでいます。この場をお借りして、改めて、皆さん、本当に貴重なお話とアドバイスありがとうございました!!1回読むだけなんて勿体ない内容なので全てを何度も何度も繰り返し読み、分析し、自分の決断をしていきます。そのコメントの中に『獣医腫瘍科認定医』を発見し、さっそく札幌の認定医を調べ、これを最後にサードオピニオンを受けに行って参りました。C病院へ。手術以外の治療、つまり、放射線治療と、抗ガン剤治療もあると教わりましが、その先生は強くお勧めはしない、と。効果ははっきりと証明されてはいないそうです。肺への転移について、A病院では転移なし、B病院では転移あり、と分かれていたので、こちらの病院でもレントゲンを撮って見て下さいと言いましたが、すでに完全にリンパ転移があるので例え今、肺に写らなくても時間の問題で転移するはずだから、レントゲンを撮る意味はほとんど無いと。変わるかもしれませんが、、、決めました。しこりが小さいならば全摘出も考えますが、根治は望めなく、なのに大きな負担を今更サリーにかけたくなく。手術するなら、しこりだけの部分切除にします。ただ、皆んなが自壊するとは限らないようなので、慌てて早急に手術することはない。自壊は猫自身にとって非常に痛く辛いので自壊が始まりそうになったら、即刻に手術しようと思います。これはA病院とC病院の共通の見解でもありました。サリーは今はまだ普通にしています。痛がる様子は一切ありません。相変わらず食が非常に細い事だけが心配。それが結構、好き嫌いも激しく(^^;;人間の食べ物に関心を持ちます。今朝はAD缶はイヤイヤして、焼き魚をペロリと食べました。スープを飲んだり、ウエットを食べたり、なんと昨日は子猫用の小粒のカリカリも食べました!全てがほんのちょっとづつですが。三口、四口くらいですが。一昨日は、なんと!私が食べていたジンギスカンを食べました幸いにもサリーの内臓数値は非常によく、内臓の強い子だね、と褒められました😊残された時間は半年なのか1年なのか分かりませんが、サリーにはなるべく多くの楽しい時間を過ごさせてあげるつもりです。オモチャ大好きサリー❤️今いまは、歯周炎が改善されてもっとゴハンが食べれるようになるようベルバさんに教わったアンチノールとインターベリーを口内投与しては、嫌われています  改めて、経験談をお寄せくださった皆様本当にありがとうございました。この前のブログのコメント欄に全てを公開させて頂いておりますので、猫の乳腺腫瘍の治療にご関心のある方はどうぞご覧になって下さい。辛く大変だった皆様の愛猫への一生懸命の治療とケア、思い出させて申し訳なかったですが、非常に勉強になりました。何度も何度も言いたいです。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。お薬を入れたのでちょっと怒ってるサリーキャサリンより

  • 11Oct
    • 経験談をお聞かせ下さい 乳腺腫瘍の画像

      経験談をお聞かせ下さい 乳腺腫瘍

      サリーの事で、一人悶々と悩んでいる事があるのですが、決めるにしても判断材料が乏し過ぎると気がつきました。そこで、経験者さんにお尋ねしたい事があります、サリー【病状】乳腺腫瘍 ステージ4腹部に特大腫瘍2カ所足の付け根、脇、肺に転移あり【保護した理由】センターのケージで痛いまま亡くなるのはあまりに切なくて、緩和ケアをしながら看取るつもりで保護しました。【聞かせて頂きたい経験談】緩和ケアだけを考えて保護しましたが、病院で先生のお話を聞いて、とても迷ってる事があります。手術をすべきか否かです。乳腺腫瘍は腹部にしこりができます。いずれそのしこりは自壊する可能性が有ります。自壊すると常にそこから膿などが出てきて毎日ガーゼ交換しなければなりません。それは私的には全く問題ありません。ミーナの時も1日最低2回はガーゼ交換してましたが、変な言い方ですが楽しかったです。手がかかる事により愛情が増すタイプです。【手術の目的】で、その手術ですが、要は自壊を防いで猫自身のQOL(生活の質)を上げる、または、保つ為です。その為の手術です。ガンが治るわけではありません。【こからが本題です。3択です】今、私は3択で迷っています。1. 乳腺全てを取り除く手術 ガンの根治は望めないが、今以上に あちこちに転移するリスクを下げる。 胸から下腹部までズラーっと切る 大手術。 (これは猫への負担が大きすぎるのでは と心配です。)2. 腫瘍のみを切り取る手術 その言葉の通り、しこりだけを切除し  自壊を防ぐ。目的はそれのみ。3. 手術しない  すてにステージ4であり、今はまだ元気も  あり、静かにゆったり暮らしています。  (まだ来て5日ですが。)  下手に手術などしたら、それが返って  猫自体の体力低下、体調不良にならないか  というリスクを鑑みると、  あえて今から身体を切るとか、  治らないのにさらに負担かけるの?    とか、思い始めています。そこで、経験者さんのお話を参考にして最後ば私の考えで決断したいと思います。乳腺腫瘍の猫を看取った方、もしくは猫は今も生存している方の実際の経験を宜しければお聞かせ下さい。手術した方、手術しなかった方。コメント欄、もしくはメールにて。メールは、ellyhiroko@yahoo.co.jpどうかご協力をお願いします🙏

  • 10Oct
    • 本日の譲渡会の結果の画像

      本日の譲渡会の結果

      本日の譲渡会、まず朝イチに半沢チームのはるかママのキャリー入れに失敗30分ほど頑張りましたが、ケージ内で大量に脱糞、異常に逃げ惑い可哀想になってや断念しました朝からついてない。。。本日のチームキャサリン。ほとんど使わなかったフェイスシールド(笑)今子猫を預かって頂いているはっこさんとうるにゃんさんと。(リボンは加工ですよ)全員が野良チビで、初めての譲渡会だったのでかなり緊張して疲れた模様。寝たふりをして存在を消そうと必死だったケント、テル、愛之助想定通りにご来客は少なくもしや来客ゼロ、譲渡猫ゼロか?と本気で心配しましたが、少ないご来客でも効率は高く、参加14匹中、7匹にご縁がありました。本日ご縁のあった猫たちは、チーム半沢から直樹とミッチーが2匹一緒にケントもお申込み頂き、現在調整中山口さん保護からむっちゃんともんちゃんは2匹一緒にめいちゃんも決まりました一般参加のひなさん保護からは一番人気で応募多数の柚子ちゃん以上7匹です。今日は決まらなかった猫たちは、里親さん募集継続していきます。半沢 テルくん半沢 愛之助くん (応募者さんと調整中)山口まいちゃん山口みいちゃんひなさんの、よもぎちゃんひなさんの、檸檬ちゃんひなさんの、杏ちゃんみなしゃん、お疲れ様でしたお越し頂いた皆様、ありがとうございましたお疲れ様ーーー❣️

  • 09Oct
    • 明日の譲渡会の参加猫たちの画像

      明日の譲渡会の参加猫たち

      いよいよ明日は譲渡会です!明日参加の猫たち全員紹介!まずは、山口さん保護の子猫たち白黒シリーズですよまいちゃん ♀ 2ヶ月弱みいちゃん ♀ 2ヶ月弱めいちゃん ♀ 2ヶ月弱むっちゃん ♂ 2か月弱もんちゃん ♂ 2ヵ月弱次は一般参加 ひなさんの保護猫たちよもぎ (ママ)抗体検査 陰性檸檬 ♂ 3ヶ月過ぎくらい柚子 ♀ 3ヶ月過ぎくらい杏 ♀ 3ヶ月 (白血病陽性)最後は私の保護猫たち直樹 ♂ 3ヶ月ケント ♂ 3ヶ月テル ♂ 3ヶ月愛之助 ♂ 3ヶ月ミッチー ♂ 3ヶ月はるか (ママ) 1歳半抗体検査 陰性10月10日 土曜日10時〜15時札幌市東区北27条東19丁目元町北27条会館 二階マスク着用お願いします1部屋7名様まで2部屋あります場合によってはお待ちいただきます明日が良い日になりますように❤️

  • 08Oct
    • サリーの病状について 〜乳腺腫瘍〜の画像

      サリーの病状について 〜乳腺腫瘍〜

      乳腺腫瘍は私にとっても初めてです。猫のガンの緩和ケアも初めてですが、いろいろと学びながら頑張ろうと思います。やる気満々です(^^)今日は私が名医と頼る獣医さんの所にサリーを連れて行きました。とても丁寧に詳しく説明してくれるのでもはやマンツーマンの講義を受けているかのように、細かく教えていただきました。さて、サリーの現在の病状ですが、まず、猫の乳腺腫瘍は99%が悪性。一般的な余命ですが、乳腺腫瘍のサイズ別、余命期間サリーは、お腹にある大きな腫瘍は、一つが6cm. 一つが5bmですガンのステージサリーは、大きさ6cm. リンパ節転移あり、肺転移あり、よって軽くステージ4を超えてます。サリーの腫瘍の転移は、右脇リンパ胸骨リンパ鼠径リンパ 肺に小さな転移も認められましたパッと見では分からないですよね。サリーの余命は、肺に転移がある場合は、3カ月から6カ月。個体により1年生きる子もいる。反対に2カ月で逝ってしまう子もいる。亡くなる時は、肺に転移した腫瘍が巨大化する事によりガン性のの胸膜炎、つまり胸水が溜まり、呼吸できなくなって亡くなるそうです。今後の治療方針については、最終段階の緩和ケアは当然として、そこまでのステップで一つ選択を迫られています。その事は、しばらく悶々と考えさせていただきます。ただ、サリーは今は元気で。痛みもないようです腫瘍を触っても痛がらないからだそうです。レントゲン撮影の時もいやだいやだ!と暴れ気味注射した時も、暴れ気味めちゃくちゃ元気!ただ、ゴハンの食べ方が変で今朝は全く食べなかったのですが、お口の中に歯周炎が見つかり、コンベニアとインターフェロンを注射しました。まずはたくさん食べてもらう為に歯周炎を治してあげます。サリーが1年、生きてくれますように。治る見込みのないまでに放置されてた事が悔やまれますが、何よりも、早くに避妊手術をしておけば乳腺ガンは避けられる事を今一度、私も含めて皆さんにも広く知っていただきたいです。子猫は6カ月で不妊手術をしたら91%も発生率が低下するとあります。ガンになれば数十万単位の治療費は必須です。避妊手術は必ず、必ず!行って下さい。早めに。サリーの事はまたご報告いたします。日々の事は、Twitterにも載せています。Twitterは、日常生活のぶっちゃけた事もツイートしていますが、大切な事は、ブログに書きます。ブログは一番大切にしてるので。ではまた。

  • 07Oct
    • 札幌動物管理センターから負傷猫2匹レスキューの画像

      札幌動物管理センターから負傷猫2匹レスキュー

      昨日、10月6日 午後札幌動物管理センターから、病を抱えた猫を2匹引き出しました。引き出せたのは職員さんに通院を最優先する猫を選んでもらい乳腺腫瘍のサリーと血尿のチーズの2匹。センターからは動物病院に直行し、2匹それぞれ検査を行いました。ご紹介とご報告いたします。サリー 【病状】巨大な乳腺腫瘍、さらにリンパに転移手術も効果なしであろうと北大側の診断亡くなる可能性が高い。センターの写真はこちら巨大な乳腺腫瘍たぶん7cmくらい他にも脇のリンパに転移あり他は不明 まずは病院へレントゲン検査では、懸念してた肺への転移は見られず。とはいえ、腫瘍の大きさから先生は、もはや手の施しようがない、切ったところでさほど意味はない、ゆくゆくは痛みを和らげる緩和治療へ。との診断でした。エイズ、白血病は陰性血液検査から貧血かなりあり。これはガンからくるそうです。未避妊小さなうちに避妊手術をしておけばこの病気にならなかったのに。そうして我が家へ来ました。サリー目力もしっかりあり、美猫さんです食欲もあります❣️可愛い声で小さく鳴きます。とてもおとなしくて人馴れしています。(元飼い猫。飼い主死亡)そして、元気に遊びます❣️(写ってるのは私と趣味も性格も正反対の姉です。笑)最初から看取るつもりで保護しましたが、明日、セカンドオピニオンに行ってきます。サリーの病気、残された命の期間についてはまた改めて、詳しくお伝えできればと思います。そしてもう1匹、チーズ 【病状】入所より酷い血尿が続き、排尿時には痛そうに鳴いている早く病院に連れて行ってほしいとの事で引き出しました。飼育放棄された猫です。センターの写真はこちらやはりこの姿でケージの一番奥に怖がりながら固まっていました。そして職員さんに出してもらうとあらまー、こんなん出てきました❣️ちょっとびっくり。イケメン❣️と、、デカい!オドオド怖がっていいチーズも病院へ検査の結果、真っ赤な血尿が確認されました。ストルバイトあり、ただ、センターでも抗生剤を飲ませてくれ、尿ケアのゴハンをあげてくれてたそうでいくらかは改善されている気がします。エイズ、白血病 陰性血液検査 異常なしそして我が家へ最初はトイレの裏に篭ってましたが、1時間もすると、あら! ここは!!?もしや、安全な場所では???と思ってくれたようで、急に活発になり、出たい出たい!と。出してみたら、(異例の初日フリー)びっくりする程に甘えん坊でスリ寄る、スリ寄る!ただ、食は細く、水はたくさん飲みました。ただの膀胱炎、ストルバイトならよいのですがこれから観察していきます。チーズという名前、センターが付けたそうでチーズはないだろ!名前変えなきゃ!と思ってましたが、2、3回呼んでるうちに、慣れてきちゃって皆さんにも覚えやすいかなと思って、チーズはチーズで行く事にしました。現在我が家には半沢チームの野良親子もおり、サリーは我が家からは動かすつもりはないのでチーズは今日から預かりさんにお願いしました。1匹入魂!虹くんでお世話になった預かりおじ様にあと、管理センターに非常に心配な猫がもう1匹いました。お腹に巨大な浮腫をどんぶらどんぶらとぶら下げているデイジーちゃんホントにすごかった、上手く表現できないけど。デイジーちゃん。 上の写真よりもずーっと可愛いかった❤️この子が心配です。けど今は置き場がないので引き出せません。まずは、昨日から来たサリーとチーズの紹介でした。サリー、チーズ、よろしくお願いします❣️

  • 06Oct
    • チームむかわ黒猫3匹全員卒業しましたの画像

      チームむかわ黒猫3匹全員卒業しました

      8月29日に運搬ボラさんに私を運んでもらいむかわ町まで多頭飼育放棄の猫たちを保護して来ました。黒猫ばかり6匹。3匹はボラ友さんが保護主になってくれて私の保護は3匹チームむかわチームむかわは、シッポ長長族!にしても、これほどまでに皆んなが人懐こくて、やる事なす事可愛いくて黒猫だけに皆んなに情がうつりまくり、できるならこのまま我が家に.....と本気で思いました。  黒猫だけに😅😅😅とはいえ、里親さん探しをスタートし、3匹バラバラになってしまいましたが😭それぞれステキな里親さんの元へお届けしました。まずは、ナツちゃんナツちゃんは、一番のお姉さんでそれでもまだ1歳くらい。ナツは、お一人暮らしの女性の長女になりました。お次は、ヤンチャ坊主のナッツくんナッツはとにかく一番の甘えん坊でけどヤンチャで、常に走り回って人の後を追いかけていました。あまりに可愛いので一度食べてしまおうかと思いましたが、大き過ぎて口に入りませんでした。ナッツは、お若いご夫妻の長男になりました。そしてラストは、ココちゃんナツとナッツが居なくなった日から2匹がいた時は一番控えめにしてたのに、寂しさから、猛烈に甘えん坊になりましたココちゃ〜ん、と呼ぶとすぐに飛んでくるようになり、それが切なくて、1日中、ココちゃーーーーんと呼び続けては可愛がっていました。そんなココちゃんは、ご夫妻と娘さんと息子さんの4人家族の元へ。娘さんがママになりました。今日、ココちゃんをお届けして、チームむかわ、全員ハッピーエンドに皆んないた時は飼い猫も入れたら黒猫5匹になり、私にしたらそれはもうパラダイスでした やっぱり黒猫サイコー❣️❣️里親の皆さま、この度は保護猫を迎えて頂き、ありがとうございましたどうぞ末永く、宜しくお願いします🙏🙏🙏黒猫バンザイ

  • 05Oct
    • 病を抱えた猫の預かりさん急募の画像

      病を抱えた猫の預かりさん急募

      先週のブログで紹介した札幌動物管理センターの重症、負傷猫たちhttps://ameblo.jp/hiroko-chivi/entry-12628971082.html『病を抱えたままセンターに収容されてる猫達 札幌』札幌動物管理センター福移支所(他の市町村でいう保健所とほぼ等しい)飼い主死亡、及び飼育放棄により病を抱えながら冷たく狭い檻に収容されている猫たちがいます残念な…ameblo.jp今朝、管理センターに猫の詳細を伺い、早急にレスキューする事を考えています。さすがに全員は難しく、現在の体調から優先してまずは上の2匹、①ガンの緩和ケアが必要なサリー②今も痛くて鳴いているチーズを保護します(迎えに行くまでに一般譲渡になっていなければ)サリー残念ながら当方、マンション暮らしで飼い猫2匹、保護猫2匹いる状態で常日頃からネコ屋敷化だけは避けています。十分に目をかけてあげれないからです。また、現在稼働している預かりさん宅は半沢チーム他、成猫が入ってます。よって今回の重症、負傷猫に限り、私と一緒に猫たちを回復させてくれる預かりさんを急募します。チーズ条件1.医療費は全額当方負担2.出来ればゴハンとトイレはご負担下さい 応相談3.期間は定めれません。 基本的に、譲渡になるまで。 サリーの場合は看取りも仮定。4.飼育環境確認の為、事前に自宅訪問させていただきます。5.ご自身で通院できる方。6.LINEにて頻繁に報告いただける方7.札幌市内及び近郊にお住まいの方8.当方指定病院は菊水のT病院、中央区のA病院ですが、場合によってはかかりつけの病院でも構いません。9.2週間は先住猫さんと合わせないように一部屋隔離のできる方他、打ち合わせをさせて下さい。2匹は決断済みですが、預かりさんができたら、他の病気猫もレスキューしたいと思います。また、治療費に関しては、なるべく自費で負担したいと思っていますが、場合によってはブログを通してご寄付を募る事も検討しています。以上、取り急ぎですが、よろしくお願いします🙏🙏🙏🙏🙏

  • 04Oct
    • 王子様になった野良猫 の画像

      王子様になった野良猫 

      9月9日 とある野良猫現場から人馴れした大きなオス猫を保護した。虹の出た日だったので、虹(そら)と名付けた。よく見ると、とてもきれいなグレーの毛色過呼吸が3日間続き心配したけどようやく落ち着いて、1週間後に去勢手術と諸検査。エイズ陽性であった。野良だもの想定内だし、気にしない。案の定、非常に大人しくて優しい猫。生粋の野良とは到底思えない。捨て猫だと思う。いつから外を放浪していたのか、可哀想に。。預かりおじさまと。  おじさまと猫。外では子猫たちを外敵から守るガードマンをしてくれていたらしい。フリーにして預かりさんの飼い猫と一緒にしてみたが、攻撃性も皆無で、皆んなで温和にご飯タイムなどなど。保護して2週間、隔離期間、医療措置も済み、いつになるか分からないけど、と思ったけど里親募集をしてみた。と、1週間ほどして、大きな身体の元野良猫でエイズ陽性だけど複数の応募が舞い込んだ。それもとても信頼できそうな方ばかり。そうしてお一人の方にお見合いに来て頂いた。ご家族3人で虹くんに会いに来てくださった。虹くんを見て頂き、抱っこして頂き、お話はまとまりました。内心、本当にいいのかな?ともそして本日のお届けとなりました。めちゃくちゃきれいでお洒落なお家に私もおじさまも虹くんも、え? ここ? ホントに入っていいの?これ書いたらおじ様に怒られそうだけど、おじさま、緊張して階段上がる前に転びそうになってた😅😅😅ご主人様がご自宅で本格的な絵画の教室をされており、さすが芸術家の家は違う!お部屋は広々としてセンスが溢れ、一言でいえば、家族の方々の優しさと決して高飛車でない品に満ち溢れている。ここが虹くんのお家になるなんて、誰が想像しただろうか?おじさまは言った。夢を見てるようだ、と。虹くんの家族びっくりしたね、虹くん、本当だよ❣️これからは毎日抱っこしてくれるよ!どこの珈琲屋さんにも負けないくらいに衝撃的に美味しいコーヒーをご馳走になりました。(また飲みたい😅😅😅)お嬢様も大きな虹くんに優しく優しくしてくれます虹くん、野良猫時代にはこんな生活を送れるなんて想像できなかっただろうに。猫生が大きく変わった瞬間でした。おじさまが虹くんに最後のお別れの挨拶を。おじさまが預かってくれなかったら助ける事ができなかった虹くんです。おじさま、本当にありがとうございました虹くんは、ご家族の優しさが溢れるお家の王子様になりました。虹くん、おめでとう里親様、虹くんを迎えて頂き、本当に、本当に、ありがとうございました。どうぞ末永く宜しくお願いします

  • 03Oct
    • 半沢直樹ファミリー里親募集の画像

      半沢直樹ファミリー里親募集

      唯一の楽しみが終わってしまいました。じゃあ次は私の千倍返し❣️半沢ファミリー里親募集Death❣️9月16日から少しづつ捕獲して総勢10匹を捕獲。うち8匹をこちらで保護した南区案件。のりこママだけは相談者さん宅にいます。1匹は先日お届け済み。花ちゃん残る6匹、里親募集スタートしました。直樹 オス 約3カ月一番凶暴だったはずなのに、、、ある日突然にスリスリゴロゴロになってびっくりです❣️この瞳にズキューン❤️愛之助 オス 約3カ月キジシロ2匹はおとなしいです。おとなしく、静かに、固まってます😅抵抗力弱し。テル オス 約3カ月チビギャングかと思いきやただのビビリ王子様でしたビビリ王子様は、愛情たっぷり注ぐとゴロニャン王子様に変身しそうです。ケント オス 約束 3カ月いや、ケントこそ、ビビリの極み。怖い、怖い、おまえ誰だ?やめろよー!可愛いったらありゃしないわキミも甘えん坊の素質を隠しているだろミッチー  オス 約3カ月ミッチーはねー、イケメンだねーボクねー、肉球がねー、可愛いのー💕ボクさー、まだ意地張ってるんだー頑張ってるんだー、、、何を?はるか  メス 1〜2歳ママのはるかちゃんは、ママだけど、まだまだお若くてピチピチ!多分、子猫たちよりも臆病で毛1本触ると飛びます! ママにせめて1匹、子猫とずーっとこの先一緒に暮らしていけるようにしたいですママ、頑張ってます。毎日私の部屋で退屈そうにしてて申し訳ない ママは猫は好きみたい。うちの飼い猫達が冷たくて ごめんね🙏以上6匹子猫はワクチン1回目接種済みママは避妊手術済み、ワクチン1回目接種済みです。現在は3カ所で温めています😅😅直樹は、はっこさん宅ケント、テル、愛之助はうるにゃんさん宅ミッチーとママは我が家。全員、本日、ネコジルシに掲載しました。また来週の譲渡会に参加します半沢ファミリーの幸せを願ってます🙏🙏

topbanner