「永い言い訳」

テーマ:

check 2156

「永い言い訳」を観た。
2016年の日本映画作品。

小説が原作で、著者が監督をした作品。

作家の主人公が妻を亡くした。
主人公は大した悲しみは感じずにいたけど、周りは悲劇のキャラクターにしていく。
そこに乗っかる事を選んだ主人公。
妻の死をきっかけに、変化していく環境に主人公も変わっていく物語。

「へぇ、こういう風に表現するんだ」と結構重要なシーンもジワッと滲ませて残す演出方法で、大袈裟にしない事を狙っているのが分かる。
「この世界のリアル」として納得させる演出と出演者の残る重い表現が上手くマッチしている。

特に男性という人間をどれだけ観察したんだろう。
凄く見て、見て、見て、見透かしたんだろうなぁと思う表現に追求心?探究心?を恐怖に近い感情で感じる。

著者で監督…。
才能あり過ぎでしょ、西川美和さん!

〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆

桐山純哉 役で出演
舞台「御茶ノ水ロック」HP

楽人 若狭 役で出演
舞台「蘭RAN」HP
大阪公演
東京公演

「にっかり青江」役で出演
ミュージカル「刀剣乱舞」HP

「財前光」役で出演
アニメ「新テニスの王子様」公式ウェブサイト

荒木宏文Twitter

荒木宏文instagram

荒木宏文オフィシャル755

荒木宏文
1st single「Next Stage」
2nd single「STELLAR」
now on sale

〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆