「幸せ」のち「悲しみ」。

テーマ:

土日はDAZNでVリーグのVプレミア女子2試合を実況しました。

 

 

土曜は、車体vs上尾を元全日本男子の伊藤信博さんの解説で、

そして、日曜は、JTvs上尾の試合を

元全日本女子の鳥居千穂さんの解説でお届けしました。

 

両日とも、解説の皆さん、スタッフの皆さんに支えていただき、

いい時間を過ごすことができましたし、

憧れだったプレミア女子の実況ができて幸せでした。

 

そんな日曜は、日頃、取材を続ける

J2ザスパクサツ群馬にとってJ2残留なるか否かの運命の日。

 

バレーの中継も、Jリーグ中継も、同じDAZNということで

フロア内から聞こえる「栃木~!」「沼津~!」「秋田~!」の響き、、、

 

バレー中継と時間がかぶっていたのでJ3の情報を入れず中継へ、

そして、中継後も情報を入れずに、耳を押さえながらDAZNを後に、、、

 

 

結果なんてかわりゃしないんだから見ればいいのに

見られず2時間以上、新宿やら新大久保をブラブラ、、、

帰りのバスに乗る前に食べた吉野家で意を決して結果を見ました。

 

ザスパは、サッカー界で見れば規模の小さな、地方クラブ。

海外やJ1のクラブとは比較にならない小さな存在かもしれませんが

自分にとっては実況アナとして育ててもらい、大きくしてもらった恩義あるクラブ。

 

ザスパにかかわった選手、監督、スタッフ、関係者、サポーター、ファン、スポンサー、県民などなど、

ザスパとそこにかかわる皆さんのおかげで今の私がある訳で、

そんなザスパの降格決定はやっぱり悲しくて、寂しいですね、、、

 

 

新シーズンに向け、市立船橋を率いたことで知られる布啓一郎監督の就任も決まるなど

新体制も見えつつありますが、どうなっていくのかなぁと不安も大きいです。

 

それでも、ザスパがザスパである限り、ザスパの歴史を紡いでいっていく限り、

微力ではありますが今後も恩返しができたらなと思います。

 

J2昇格の時に味わった、温泉プールへのお祝いダイブをまた味わいたいなぁ、、、

 

ぜひ、ザスパには、みんなの笑顔をたくさん作って、

多くの人が集える、そんなクラブになって欲しいです。

 

来週は、大好きな新鍋理沙選手、石井優希選手のいる

Vリーグの久光戦を実況するので楽しみだなぁという気持ちの盛り上がりがありつつ、

Jリーグもオフシーズンで、ザスパの事を思うと

なかなか気持ちも上がってこないのが正直な所、、、変な気分です。

 

 

でも、「幸せ」「悲しみ」そういったものも含めて

スポーツのそばにいられるのが幸せなのは確かな事ですね。

 

今回は、ダラダラとすみませんでした。