どうやって生きていこうか

どうやって生きていこうか

 

そう考えたとき

それは仕事は何をしようか

 

ということとはまた別のことだと

ふと思った。

 

ユーチューブでかりゆしのアンマーを聴きながら

これからどうやって生きていこうかと

考えたとき

 

どう在りたいかと

思った。

 

親としてどう在りたいのか。

人としてどう在りたいか。

 

子ども達の寝顔がかわいく愛らしく

 

芋焼酎を一人で飲みながら

一人で酔っ払いながら

 

世の中に何にも形のあるものを

遺せていない、なにも出来ていないと

思いながら過ごしているけれど

 

この子ども達のために

どう在りたいか

自分のためにどう在りたいか

 

そう思ったときに

愛になりたいなと思った。

 

何言ってるんだか解んなくなったけど

ユーチューブジプシーしていて

 

玉置浩二のメロディーに辿り着いて

 

あの頃は何もなくても幸せで

今、何もないと思っていた田舎に戻ってきて

 

今は子ども達がいて

この子達に何かを遺してあげようと思うことが幸せで

 

子ども達を愛したい

 

ちがう。

 

もっともっと愛していることを伝えたい。

 

あしたもし自分がいなくなってもいいように

ちゃんと伝えたい。

 

子ども達に幸せだよって伝えたい。

 

そう、寝顔を見て幸せなんだよって

伝えなきゃ。

 

あした朝、子ども達が起きたら

大好きだよって伝えよう。

 

 

 

 

 

AD