人と話をするとき、
特に悩みを聞いたりするときは
相手の世界観を尊重することは
とても大切なことです。

カウンセリングだけではなく
コンサルティングや営業など
人とのコミュニケーションを
仕事としているならば、
相手の世界観を尊重することは
大切だと思います。

そのことがわかっていたとしても
多くの人は人の悩みを聞くときに

この人の
悪いところ
問題点
改善点
間違っているところ
などを批判的に探してしまうものです。

相手の世界観を大切にすることは
大切だと言われて、わかったとしても

あなたは人の相談に乗り、話しを聞きながら
この人は何を改善したらいいのだろうか?と
考えていることに気づくかもしれません。

それでは、どうしたら相手の世界観を大切に
出来るのでしょうか?

その一つの方法をお伝えします。

それは、人の話を聞く前に
次のような質問を自分にすることです。


「この人はどのように世界を見て、感じているのだろうか?」
「この人はどのような気持ちを分かってもらいたいのだろうか?」
「この人は私に何をしてほしいのだろうか?」
「この人はどうなることを望んでいるのだろうか?」

自分自身に質問しておくことで
自分の状態が変わります。

相手の世界観を大切にする具体的な方法は
自分に対して、相手の世界を理解しようとする
質問を投げかけておくことです。

質問をすると答えを見つけようとする
脳の性質で、あなたは無意識的に
相手の世界を知ろうとするでしょう。

それが相手にも伝わり
きっとあなたに心を開き
話を始めてくれるはずです。