「ビザ取得100%」の嘘

テーマ:

 たまに「ビザ取得100%」などとうたっている行政書士の広告やサイトを見ます。

 

 まあ、嘘でしょうね。
 

 なぜか?

 

 数多くの申請を行っているとわかるのですが、行政書士が「絶対に防げない不許可」があるからです。「絶対に防げない」その原因をいくつかあげてみます。

 

(1)お客様からの情報や書類が誤っていた場合

 お客様が意図して、もしくは意図せずに事実と異なる内容を行政書士に伝えてきた場合や、虚偽の内容が記載されている書類を渡してきた場合、です。

 お客様から渡された情報や書類で、裏が取れない場合、行政書士はお客様を信じてそのまま提出するしかありません。

 入国管理局の審査でそれが判明した場合、当然、不許可になります。行政書士はどうすることも出来ません。

 

(2)お客様が申請に不利な事実を伝えなかった場合

 審査上、不利になる事実があったにも関わらず、お客様自身の判断で「審査に関係ない」と考え、行政書士に伝えなかった場合、です。(1)にちょっと近いですね。

 これはもしかしたら行政書士が細部まで入念に聞き取りを行えば、判明し、事前に防げるかもしれません。それにしても限界はあるかなと思います。

 

(3)以前の申請との矛盾

 これが最も防げないパターンであり、よくあるパターンです。

 以前、ご自身や他の行政書士等が申請して入管に提出した書類や申請書の記載内容と、今回申請で提出した書類や記載内容に矛盾があった場合、です。

 

 例えば10年以上前に研修生で来日したときに提出した経歴と、今回改めて出した経歴が異なっている場合などです。

 特に、当時申請を行った仲介業者や行政書士が勝手に嘘の記述をしており、本人さえ当時の虚偽記載を知らない場合もあります。

 

 このパターン、実は非常によくあります。

 当時入管に提出した書類のコピーをすべて入手でもしない限り、防ぐことはできないでしょう。

 

 「100%」の行政書士は運良くこのようなパターンに当たってない、と言う可能性もあるかもしれません。しかし数多くやっていれば必ず上記のような案件に当たります。

 

 従いましてMr.100%の行政書士は「数多くやってない」のか、「とても運が良い」のか、はたまた「嘘つき」なのか、このどれかでしょう。

 


在留資格・ビザ申請・永住・国際結婚の相談は・・・
平島国際行政書士事務所

 

 

AD

 東京入国管理局、年内2016年は12月28日(水)まで通常営業、年明け2017年は1月4日(水)から通常営業開始です。

 

2016年
12月26日(月) ○
12月27日(火) ○
12月28日(水) ○
12月29日(木) ×
12月30日(金) ×
12月31日(土) ×

 

2017年
1月1日(日) ×
1月2日(月) ×
1月3日(火) ×
1月4日(水) ○
1月5日(木) ○  
1月6日(金) ○

 


在留資格・ビザ申請・永住・国際結婚の相談は・・・
平島国際行政書士事務所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 「そちらの事務所のビザの成功率(許可率、取得率)はどれくらいですか?」

という質問をたまに聞かれます。

 しかし、この質問と回答には全く意味がないです。

 

-----------------

 例えば登山家が2人います。山頂まで登った確率を「登頂率」とします。

 

 登山家Aは登頂率100%です。

 登山家Bは登頂率20%です。

 

 どちらが優れた登山家でしょうか?

 詳しく話を聞いてみると、登山家Aは近くにある200mくらいの山に100回登って、100回山頂まで行ったそうです。

 登山家Bは、世界最高峰のエベレストに100回挑戦して、20回だけ山頂まで行けたそうです。

 

 あなたが富士山に登ろうとしたとき、どちらの登山家にサポートして欲しいですか?

-----------------

 

 ビザの申請もこれと全く一緒です。

 

 ビザの申請は誰がやっても許可が取れるもの、非常に難しいもの、千差万別です。

 優秀な行政書士ほど、他の誰もが諦めるような難しい依頼が舞い込み、それに挑戦します。もちろん難しい申請なので、やっぱり不許可になることもあるでしょう。しかし他の行政書士なら絶対に不可能な申請も、許可を取ってきます。そういう申請や行政書士に成功率や許可率の数字って意味があるでしょうか?

 

 

 行政書士が許可率、成功率を上げるのは非常に簡単です。

 簡単な依頼だけ受けていれば良いのですから。

 

 成功率などにとらわれず、難しい申請に挑み、試行錯誤して、時には失敗し、時には成功することが、行政書士の経験になり、知識になり、行政書士としての技量向上の糧となります。

 

 高い成功率をうたっている行政書士は簡単な申請しか受けず、荒波に揉まれた経験の無い行政書士、と言って良いでしょう。

 


在留資格・ビザ申請・永住・国際結婚の相談は・・・
平島国際行政書士事務所

 

 

AD

事務所移転 -と言っても少しだけ移動-

テーマ:
 2016年8月29日(月)より、事務所が移転します。
 移転と言っても現在の事務所から80mほど移動するだけで、池袋駅東口からの距離はほぼ変わりません。
 距離は変わらないですが、駅から事務所まで信号を渡らずに来られるようになるので、信号の待ち時間が無い分、新事務所の方が体感的に近いと思います。

新住所:
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-39-15 シャトレー東池袋8階 805号室

 駅から事務所までの道のり(写真)は事務所HP「交通アクセス」でご確認ください。
 ラーメン「一蘭」池袋店の近くです。

 今後ともよろしくお願いいたします。
 あ、あと広さがほぼ倍になってますよ。





在留資格・ビザ申請・永住・国際結婚の相談は・・・
平島国際行政書士事務所


住所・地名の読み方がわからないときの調査方法

テーマ:
 下記の郵便局の郵便番号検索のページに住所・地名の読み方も記載されています。
http://www.post.japanpost.jp/zipcode/

 これでわからないときは市役所や区役所に直接電話で聞くのが一番です。


在留資格・ビザ申請・永住・国際結婚の相談は・・・
平島国際行政書士事務所