イニシャルグッズ

テーマ:




ついつい集めてしまう家族のイニシャルグッズ。






実際身に付けるし、家にも飾る。

















これは真由美のMのブローチ。




“いつでもハートの1番近くに真由ちゃんを”の想いで、衣装ジャケットの胸元に付けている。『やかましいわクズ』と思われるかもしれないが、僕は黙らない。覚悟が違う。
















これは真由美のM、長男一琉のI、長女美月のMのワッペン。




モンゴルに 行った マブダチ  M I Mヒィーヤ

正雄が 命を 燃やす  M I Mヒィーヤ

餅 一個 持って来い M I Mヒィーヤ




イニシャルはこうした遊び方も出来る。
















これも真由美ちゃんのMで、安全ピンとビーズで出来てるやつ。




この服は実際に今日着用している。今朝方家を出る際にこれを見付けた真由ちゃんが『あ、私だ!』って言ってた。あ、私だ!だって。可愛い。
















続いては一琉と美月のIとMのワッペン。





子供達にミリタリージャケットを買い与え、このワッペンを付け、頭をモヒカンにし、タクシードライバーのトラヴィスみたいな雰囲気にしてあげようかと考えている。車も黄色だし。
















次は祐希のYと真由美のMのバッヂ。





流石にここまで来ると仲良し擁護派も席を立つ人が出てくるかもしれない。しかし僕はその背中を見つめるだけだ、二兎は追えない。愛を貫き通すという事は、ある意味孤独との戦いでもあるのだ。
















お次は再び長男・長女のIとM。





新しい財布を買った際、オプションでプリントが出来ると聞き、夫婦でキャッキャ言いながらフォントや色を選んだ。財布に縁起の良さそうな黄色を選ぶも、会計時の値段を聞いて青くなったのはいい思い出。

















最後は平子のHを筆頭にした家族全員のイニシャル。







これは余ってたカッティングシートを捨てるのが勿体無くて、














型を作り、それに沿ってカットして、














並べて貼って、















額に入れて、















リビングに飾った。













では横のSは何を意味するイニシャルかというと、













真由美の旧姓のイニシャルである。




大切な娘さんを嫁に貰った身としての、最低限の心配りだ。こうする事によってイニシャルは魂を帯び、ただのアルファベットの羅列から家系図へと形を変える。














みんなも イニシャルで 盛り上がろう


M I Mヒィーヤ