ヒッキー☆ドルファーの            Music is Good Medicine !

ヒッキー☆ドルファーの            Music is Good Medicine !

シャンソン、オペラ、カンツォーネ、歌曲、ジャズなどを
聴き、歌い、ピアノを弾く。映画や舞台,ライブに足を運ぶ。
Jazzyに生きたい!
歌うように、この一回きりの人生という舞台を☆彡

ライブ出演のご案内


次回の出演は・・・・・♪


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


次回のライブ出演☆



2019年3月10日(日曜)


酔いどれライブ Vol.5

「春だ、国立の若草物語」


ヒッキー☆ドルファー(Vo)
アサ・禮子(Vo)
今井由美子 (Pf)

ゲスト出演
tomoyo(Vo)
kyoko(VO)


13時30分開場
14時  開演


MC2500円
(ワンプレート
 ワンドリンク付)


国立はっぽん

国立市東1-15-32市川ビル2F
TEL 042-572-8888




--------------------------------


   シャンソンの楽譜製作・販売



私自身も、自分専用の楽譜を


    作っていただいており

    ピアニストでもあります


藤本正孝先生の公式HPです。


 

  「シャンソン・あかいくつ」

  http://akaikutu.com/index.html

--------------------------------








テーマ:
あの淀川長治さんが、世界のうちで三つ
映画館をあげたら・・と言われたときに
ここを一つ上げたと言われている
山形県酒田市にあった映画館「グリーン・ハウス」

もともとはダンスホールだったものを映画館に
改装をして使用されていたのでした。

豪華な作りで、上映まえには
グレーンミラー物語の
「ムーンライト・セレナーデ」がながれ
スクリーンの幕がひらかれる。

そうです。昔の映画館はスクリーンの前に
幕があって、上映開始で幕があいておりましたね。

いまは他界されてしまった大杉蓮さんが
ナレーションをおこなっております。

この映画館は火元となり酒田の大火と
なるわけですが、だれもそのことに
恨みをいうよりも青春時代にそこに
かかった作品たちを懐かしく思い出して
かたられてます。

そうです。
本当にこれがカルチャーの発信ですよね!

映画好き、またはひょっとしたら
実際にこの映画館で映画をみたこと
ある人がきていたのか、なんと
上映終了時には、館内で拍手喝采に
なったのでした。





------------------------------



次回のライブ出演☆

2019年3月10日(日曜)

酔いどれライブ Vol.5

「春だ、国立の若草物語」

ヒッキー☆ドルファー(Vo)
アサ・禮子(Vo)
今井由美子 (Pf)

ゲスト出演
tomoyo(Vo)
kyoko(VO)

13時30分開場
14時  開演

MC2500円
(ワンプレート
 ワンドリンク付)

国立はっぽん

国立市東1-15-32市川ビル2F
TEL 042-572-8888










テーマ:

ミズホファイナンシャルグループが毎年、この日に

行っている成人の日コンサート

 

ちょうどこの日に二十歳を迎えられる新成人の

音楽家の出演を中心に、また新成人とご家族との

ご招待や一般客もろもろのコンサートで

サントリーホールには、晴れ着をきた新成人の

姿もありました。

 

一部は17弦の琴を、独創的に弾くLEOさん

普通の琴は13弦?。それを弦数をふやして

お琴の説明から入り、もっと琴の良さを

ひろめたいと、若干21歳の青年。

 

アドリブ?入りの演奏は、とっても迫力が

ありましたね。

 

のち、バイオリン協奏曲を、四名のバイオリニストに

振り分け、東京シティー・フィル交響楽団により

演奏されました。

 

正戸里佳さん

山根一仁さん

大江馨さん

成田達輝さん

 

全員がスタンディングの状態で

踊るよに奏でておられました。

 

20分の休憩をはさんで

 

第二部の

ジャンバルジャンが語る

「60分のレミゼ」

 

岡幸二郎さんの語りからジャンバルジャンの

生涯を紐解いてはじまり


俳優・語り:浦井健治(アルジョルラス)
バリトン:今井俊輔(ジャヴェール)
バリトン:加耒徹(マリウス)
テノール:市川浩平(グランテール)
ソプラノ:高橋維(コゼット)
メゾソプラノ:下園理恵(エポニーヌ)
バスバリトン:池田直樹(テナルディエ)
メゾソプラノ:石井藍(テナルディエ夫人)

 

ステージの後方席には
東京シティ・フィル・コーア方が入り


東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

 

 

歌は原詩により披露されました。

 

レミゼのナンバーに、ところどころに

オペラの名曲を含めてのすばらしい

ステージでした。

 

今年の帝国劇場でのレミゼにむけて

益々、ムードも盛り上がってまいります!

 

 

 

 

------------------------------


次回のライブ出演☆

2019年3月10日(日曜)

酔いどれライブ Vol.5

 

「春だ、国立の若草物語」

 

ヒッキー☆ドルファー(Vo)
アサ・禮子(Vo)
 今井由美子 (Pf)

ゲスト出演
tomoyo(Vo)
 kyoko(VO)

13時30分開場
14時  開演

MC2500円
 (ワンプレート
 ワンドリンク付)

国立はっぽん

国立市東1-15-32市川ビル2F
TEL 042-572-8888

 

 

 

 


テーマ:

2018年、最後のコンサートの記事ですが

昨年となると、なにか随分昔のように

思えますが、実際は5日前のコンサート

なのです・・。

 

2018年のコンサート納めは

東京交響楽団の本拠地

ミューザ川崎シンホニーホールでの

ジルベスターコンサートでした。

 

こちらのホールは、以前から噂にもきく

立派なホールです。

 

はじめて足を踏み入れました。

摩訶不思議な席の並び入り口で

全体を把握するには少々時間もっかり

チケットに書いてある扉入室番号と

違う扉から入ったほうが席に近いなどが

ありました。

 

第一部は東京交響楽団の演奏

指揮は秋山和慶氏

 

「軽騎兵」序曲

「仮面舞踏会のワルツ」

「こうもり」序曲

 

と、とっても華やかな演奏でした。

 

シュトラウスの「こうもり」の序曲をきき

一足先に新年になったような気分も

お蔭様で味わえました。

 

 

二部はオーケストラでの

ミュージカルのナンバー

 

『リトル・ナイト・ミュージック』より「ナイトワルツ」
『ジキルとハイド』より「時が来た」♧
『マイ・フェア・レディ』より「踊り明かそう」♢
『美女と野獣』より「愛せぬならば」♤
『ノートルダムの鐘』より「神よ 弱きものを救いたまえ」♡
『マンマ・ミーア!』より「音楽をありがとう」♢♧
『オペラ座の怪人』より
「アントラクト(間奏曲)」
「マスカレード」
「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」♤♡
『グレイテスト・ショーマン 』より「This Is Me」♢
『エリザベート』より「闇が広がる」♤♧
『夢から醒めた夢』より「二人の世界」♢♡
『レ・ミゼラブル』より
「星よ」♧
「彼を帰して」♤
「民衆の歌(エピローグ)」♤♧
『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』より「愛は死なず」♡
『レント』より「シーズンズ・オブ・ラブ」♤♧♢♡

 

ヴォーカル:福井晶一♤、吉沢梨絵♢、笠松はる♡、上原理生♧

 

好きな映画の映画音楽を聴くと、そのワンシーンが浮かんで

きますが、このミュージカルの曲も、その曲をきくと

そのワンシーンが思い出され、なんともいえませんでした。

 

ミュージカルの公演には、生バンドがはいっているのですが

フル編成のオーケストラが入っているなんてことはなく

それも本当に、本当に感動ものでした☆

 

しかも、いまをときめくミュージカル界の第一線のスターに

よって演じられているのですからなんとも余計にいえません。

 

それに、昭和音大、洗足学園音大のコーラスがはいり

とっても華やかなステージ。

 

自分はギリギリになってからチケットをとったので

4階の一番後ろ、ステージがきれてわからなかったのですが

なんと、ピアノは森下滋、ベースに井上陽介、ドラムは大坂昌彦という

ジャズの大御所たちが加わっておりました。

 

ジャズ畑あがりの、わたくしにとりましては、豪華の二乗になるくらいの

面々!

 

あのキレのあるドラムは昌彦さんだったのですね!

やはりさすがでした。

 

またオペラ座の怪人などには、ホール設置のパイプオルガンが

入りそれは豪華でした。オルガニストは大木麻里さん。

 

題名通り、本当に豪華な平成最後の大晦日をすごさせていただき

ました。

 

こちらのホールは、立派な反響版が設置されておりましたが

自分の座った席が、四階のサイド席の後方だったためか

その音色は、あまり感じられなかったようには思えました。

 

 

------------------------------


次回のライブ出演☆

2019年3月10日(日曜)

酔いどれライブ Vol.5

「春だ、国立の若草物語」

ヒッキー☆ドルファー(Vo)
アサ・禮子(Vo)
 今井由美子 (Pf)

ゲスト出演
tomoyo(Vo)
 kyoko(VO)

13時30分開場
14時  開演

MC2500円
 (ワンプレート
 ワンドリンク付)

国立はっぽん

国立市東1-15-32市川ビル2F
TEL 042-572-8888

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス