活字中毒患者

活字中毒患者

乙女ゲームのシナリオを書くことが多いシナリオライター

日野光里名義でシナリオライターをしております。

ゲーム制作が多く、コンシューマではPSP、DS,PS2,PC製品を制作しました。

特にケータイのアプリゲームには多数の実績あり。

最近はソーシャルアプリもやっています。

そのほか、マンガシナリオ、小説などの仕事実績もあり。

ドラマCDの脚本もしています。

ゲームでは乙女ゲームと呼ばれるものの制作が多いのですが、

趣味で怪談の投稿をしており、

ビーケーワン怪談大賞では「角打ちでのこと」が福澤徹三さんの選に選ばれて

ポプラ社からの出ている「てのひら怪談2」に収録されました。

これは文庫版の「てのひら怪談己丑」にも再録。

「てのひら怪談辛卯」に1作、「てのひら怪談壬辰」には2作掲載。

みちのく怪談コンテストでは東北怪談同盟賞をいただきました。

メディアファクトリー社の怪談文学賞には

三度最終選考に残ったことがあります。

お仕事のご依頼、お問い合わせは「プロフィール」を押していただくと

ツイッターアカウントがありますので、そちらからどうぞ。