伯山ティービィー(YouTube)
第五回オンライン釈場
7月22日(水)
19:00〜

プレミア公開中
伯山と昌味・山吹とのトーク

ついにこのときがやって来ました!




本人よりお客様の方が情報が早くて
参った参った!
Twitterですでに情報が発信されてました。

そう!
昌味が参ったでござる!

伯山ティービーに参ったでござる!




遠くに見えるのは京子!
お着替え中!
きゃー!
素敵!




こちらは
すでにファンクラブがあると言う
まこマン!




まこマンは4歳になりましたよー!
この絵は
紙芝居じっきー作です!
衣装もじっきー作です!




おまけ!
まーちゃんマン
マフラーがピンクってのがいいね!

マフラーじゃないけどさ!




すみません!
このブログは筋肉テツオウマンが主役でした!

おまけのようでごめんなさい!




ろくろを回しています。
連日作品作りです。

恵那の福山雅治はたまた役所広司かっ!
って言われているとか?
火事の後、この一年で激しくくたびれてしまいましたのでご容赦くださいませ!
昌味の生まれ育った栃木県の
下野新聞にて連載がスタートします。
「しもつけ随想」
第一回目は7月29日




これは日光東照宮

生まれ育った場所ではありませんが、
雰囲気ふんいき
雰囲気ふいんき



見ざる聞かざる言わざる

芝居をみたいし
講談ききたいねっ
もちろん喋りたいさっ

お仕事、今年は難しいと諦めています。
伯山ティービー頼みです。
そのうち私も出ると思いますので、
またお知らせ致します。

そんな中、
書く事でお仕事頂けるとは!
救われます。

冒頭の事ですが、
昌味の生まれ育った栃木県の
下野新聞にて連載がスタートします。
「しもつけ随想」
第一回目は7月29日です。

是非読んで下さい。




ビーナス
プロのカメラマンさんが撮ると
こんな美しく素晴らしいものになる。

しかもココが、
恵那市山岡町の
陶業センターという
粘度を掘っている所と誰が分かるだろう?

あぁ美しい。

現在テツオウは、
注文の試作やら注文品やらを
次から次へと作っています。

こんなものや、
これは窯変天目研究中!




織部のお皿






楽天市場 Showa ESR


楽天にて縄文食器の販売が開始しました。
是非覗いてみて下さい!

料理人の方々にお料理を考えて頂き、
カメラマンさんが撮って下さり、
サイトもプロの方が作って下さいました。




お料理はこんな感じ。

↓これは私が撮ったもの!




今月21日より、
昭和繊維株式会社さまの応援により、
このような楽天での販売という形になりました。

皆様、ご自分へのご褒美に!
大切な方への贈り物に!
大変喜ばれています小川窯のやきものです。

いちど、手に取って頂けましたら幸いです!




講談師の昌味ではありますが、
陶芸家の妻として、
ネットでのお客様対応させて頂きます。

昨年までの10年間
楽天にて伊賀焼の販売をしていましたが、
全てテツオウさんが写真を撮り、
昌味がページを作り、
お客様とのやり取りをさせて頂きました。

昨年ですっかり卒業したのですが、

またこのような形で再開するとは、
思っておらず、
ただただご縁に感謝!

今後ともよろしくお願い致します。


窯ぐれ、
なかなか耳慣れない、聞き慣れない言葉だろう。
前にこのブログで文学座の舞台を紹介した事がある。
主人公が陶芸家という、そしてお芝居の中に窯ぐれが出てくる。
そんな所から、テツオウのブログ「窯ぐれ随筆」の抜粋を会報誌に掲載したいとのお話があった。

ぐれる
半グレ、コレはヤダな。

ぐれって言葉は嫌な意味ではなかったはず。
半分ではなんともならない。
ぐれにぐれまくる。
コレがいいんだな!

テツオウは言う。

昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と。

全国の窯場を渡り歩き、ぐれあい、より良い物を世に残して行く、ぐれた者たち。

テツオウは相当ぐれた者ですな。
日本全国の窯場で修行をし、
いろんな焼き物を勉強し、
いろいろ原料の事も勉強し、研究している。

毎日クタクタに疲れています。
このクタクタが心地良いと感じる
究極のクタクタびと。




とかげさんは
今日も動き回り、
子供達から逃げ回り、

動いています。

本当にとかげさま!
とかげを見ると、おかげさま!
毎日に感謝です。




薪窯を焚きました。




縄文焼
初窯です。




長男が窯焚きを手伝いました。

シャッターチャンス!

すぐバレて文句を言われましたが、
撮ったもん勝ち!
小川窯の春を振り返ってみると、

三男の入園式に始まり

コロナで毎日日曜日!

となりました!



この園服も4日だけしか着ていません!

すっかり小川保育園です。




写真が上手に撮れませんでしたが、
自宅を開放して下さっている
山里のはなももを見に行ったり




娘の誕生日があり




みんなでケーキを作ったりしましたよ!




そんな中、
小川窯の縄文食器のネット販売に向けて
着々と準備中です!




プロの料理人
カメラマン
プロデューサー

集結しました!
乞うご期待!




陶芸家さん
張り切っております!




縄文食器
麻の葉模様がほどこされ

遠赤外線効果のある
素晴らしい食器です!

ハハハ!
ベタ褒めするのが昌味流!




でもね!
使ってるので本当に良いものと
分かっちゃうのです!
是非お使い頂きたく!
願いを込めて!
私も頑張りますよ!ネット操作!