hime8kinのブログ
  • 27Nov
    • 大津から蹴上を歩く(其の4)の画像

      大津から蹴上を歩く(其の4)

      三井寺を出てきつい坂道を抜けるとあちこちに色付いた景色が飛び込んできました。今回は美しい紅葉シーンをまとめました。有料の庭園の素晴らしさは勿論否定しませんが自然の中に突如としてお目見えする美しい紅葉は若かりし頃の恋のときめきに似ています(笑)▼♪あきの夕陽に~照るやま もみじ~♪▼差し込む太陽がスポツトライトのように美しい!▼枝に残る紅葉もさることながら地面を飾る落ち葉もまた美しい。▼老婆たちは振り返り「落ち葉・・踏むの勿体ないね」▼疎水に出てきました。水の流れと山の木々と曲がった水路が美しい。▼私が一番のお気に入りスポツトです。「進め~」と促されるまで立ち止まっていました。また来年もこの景色に会えるといいね。

  • 26Nov
    • 大津から蹴上を歩く(其の3)の画像

      大津から蹴上を歩く(其の3)

      三井寺の参拝を終えて、いよいよ蹴上までのウオーキングコースに入ります。いきなりのきつい坂道にみんな青息吐息です。途中に「第1竪坑」がありました。深さは約47mあり、第1トンネルを掘るために、山の両側から掘り進むほか、山の上から垂直に穴を掘り、そこからも両側に掘り進めて工期を早める「竪坑方式」を日本で初めて採用したそうです。▼元気な人は元気のない人を助けて歩きます。「ガンバレ!もうすぐ峠だぞっ!」▼峠のお地蔵様に到着。ここで水分補給です。▼曾爾高原にいかなくてもススキがいっぱいで綺麗でした。▼ポッチーはここまで来れば、あとは平坦な道ばかりだから何とかゴールまで行けそう。あとは疎水に沿って歩くと美しい紅葉が助けてくれるよ。▼第1竪坑です。両側に掘り進めて工期を早める「竪坑方式」を日本で初めて採用したそうです。

  • 25Nov
    • 大津から蹴上を歩く(其の2)の画像

      大津から蹴上を歩く(其の2)

      今回は蹴上に行くまでに三井寺に立ち寄りました。紅葉が美しく落ち葉もそれなりに美しく「間に合った」と感じました。季節ドンピシャで伺うのはとても難しいのです。サクラが蕾だったり、散っていたり、紅葉がミドリだったりと・・何度もそんな目に遭っていますから咲いていれば良し、色付いていればラッキーと、期待はしないで訪れることが多いのです。でも今回は「間に合いました~」▼階段の落ち葉も綺麗でした。まだ充分楽しめます。▼境内は広くて全部は回り切れそうもありません。▼岳友の訃報を知り三井寺で黙祷を捧げました。「サスケ先生安らかに!」▼大津の観光スポツトの案内板です。▼すこし霞んでいましたが琵琶湖が見えています。

  • 24Nov
    • 大津から蹴上を歩くの画像

      大津から蹴上を歩く

      サクラの頃に「秋もいいだろうなぁ」と言った言葉を実行しました。紅葉真っただ中の中を歩いてきました。▼集合場所の駅です。ここから歩き始めます。▼今日は三井寺の紅葉からスタートします。有料(600円)です。▼桜並木です。春はサクラのトンネルになります。▼落ち葉ロードと影(陰も体形そのままなんや・・・笑)左が私です。ぶっといなぁ!▼心臓病の爆弾男が頑張っとります。

  • 23Nov
    • 想い出をDVDにの画像

      想い出をDVDに

      徳島気まま旅のDVDを飾る表紙です。写真・動画・ナレーションと素人仕事ではありますが参加した者が見たら所々、クスッと笑って貰えるはずです。どんな豪華な旅行をしても残るのは記念写真だけとなります。年数を重ねると記憶もあいまいで行ったことすら忘れる可能性があります(笑)そんな時1枚のDVDがあれば鮮明に思い出がよみがえるのではないでしょうか。

  • 22Nov
    • 街頭啓発運動の画像

      街頭啓発運動

      此花区にある3つの中学校の生徒たちと一緒に犯罪防止の街頭啓発活動をしました。街頭結発をするには雨、寒さは大敵です。実施日は穏やかな陽気で助かりました。▼まずは道行く人々に知って貰うためのノボリバタを設置します。▼注意事項を熱心に聞いているところです。▼生徒たちの熱心な呼びかけに足をとめて耳を傾けてくれます。地道な活動です。▼JR西九条駅から降りて来る人達に呼びかけているところです。

  • 21Nov
    • 仲間からの写真の画像

      仲間からの写真

      私達が徳島気まま旅を四万十市に住む幼なじみに「いらばかして」いたら仲間からの写真が届きました。(いらばかすとは見せびらかすと言う意味)四万十組も負けずと飲み会の楽しげな写真が送られてきました。

  • 20Nov
    • 徳島気まま旅(其の5)の画像

      徳島気まま旅(其の5)

      最後の訪れた所は、私が希望した阿波踊り会館の見学でした。ウオーキングで「難波歩き」は嫌という程知っているのに阿波踊りの基本が難波歩きだったことに驚きを隠せません。観客全員で難波歩きを練習して全員で阿波踊りを体験しました。▼沢山の「漣」があり、毎日入れ替わり当番で舞台に立っているそうです。▼舞台狭しと踊ってくれました。観客席と近いので迫力満点です。▼おははしの披露で。三味線、笛、鐘、小太鼓、大太鼓です▼「踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿保なら 踊らにゃ 損 損~」エライヤッチャ~エライヤッチャ~ヨイヨイヨイヨイ・・・もういちど行って見たいです。▼あれれ?こんな年老いた踊り子いてたかいなぁ?

  • 19Nov
    • 徳島気まま旅(其の4)の画像

      徳島気まま旅(其の4)

      北川村の「モネの庭」・・こんな田舎に(失礼)こんな素晴らしい所があるなんて夢の国を訪れた気分でした。芸術的センスの無い私が感動するのですから・・。▼なぜフランスから高知への説明板です。▼壁に描かれた睡蓮です▼外に目をやると季節の美しさが飛び込んできます。▼モネが夢みた青い睡蓮は残念ながら時期が違うため見ることは出来ませんでした▼睡蓮が咲いてなくても美しいと感じる水面です。▼庭園の様にグルリと池のほとりを散策できます。▼まだつぼみが残っていました(縦にならないので横向きでご覧ください・・😢)

  • 18Nov
    • 徳島気まま旅(其の3)の画像

      徳島気まま旅(其の3)

      ハチキン姐さん達が行きたいと言っていた「室戸岬」です。「岬」と言うからには・・・という期待が大きすぎて肩透かし食らってしまいました。みくろ洞は平安時代初期に弘法大師・空海が修行をしたという伝説が残っている海水の侵食によりできた洞窟です。当時青年だった弘法大師はこの地で開眼し、洞窟の中から見えた風景が「空と海」だったので「空海」の法名を得たと言われています。▼「走行中に見落とすなよ」と、言わんばかりに立派な看板が立っていました。▼周辺散策用の観光マップの案内板。▼美しい海・・弘法大師がみくろ洞からこの景色を見て「空・海」と名付けたというのもよくわかります。▼室戸岬の灯台はお山のてっぺんにありました。登ってみるとするか!▼中腹にある駐車場に車を停めてきつい登り坂を行けば灯台です。お山のてっぺんから海が見渡せて・・なるほど、山の上でも灯台の役目は充分できていることに驚きました。

  • 17Nov
    • 徳島きまま旅(其の2)の画像

      徳島きまま旅(其の2)

      途中にある夫婦岩は二見ケ浦に似ていますが間近で見れて迫力満点です。長年連れ添った夫婦のような岩・・・・国道55号線沿い、室戸岬町と佐喜浜町の境にある鹿岡鼻にあり、海中からまっすぐに立つ二つの岩柱。夫婦岩は全国各地にあるが規模が大きい。長年に及ぶ風と波の浸食によりできた紋様が美しい。▼川と山に挟まれて育った私達にとって海は、とてつもなく大きな「夢の世界」でした。小学校の遠足はバスに乗って海を見に行くのです。海を見ると故郷が近づいたと感じる一瞬です。▼すぐそばまで行ける「鹿岡の夫婦岩」▼二見ケ浦の夫婦岩と同じく神事用の大きな縄が掛かっていました。▼青い空と大きな岩と潮風・・これだけで旅の目的が果たせた感じがします。

  • 16Nov
    • 徳島気まま旅(其の1)の画像

      徳島気まま旅(其の1)

      高知へ帰省するために徳島県は通過点で、ゆっくり観光したことはありませんでした。今回は徳島県をたっぷりと楽しむ企画を立ててくれました。旅行社顔負けの企画です。「走行距離・300km」の日もありました。津々浦々を堪能!最初の予定では阿波海南駅から甲浦駅までDМV列車に乗る予定でしたが運行しておらず(車両にトラブル発生し点検中とか、とか)まずは第1日目▼室戸市立権名小学校・・廃校あとを水族館にしていました。大阪市にある海遊館よりも感動しました。魚たちに近寄れて生体がよく知ることができました。▼ところどころ教室も昔のままにしてあり懐かしくて・・・。「この問題がわかる人?」「はぁい」・・やっぱり級長のミー子が手わあげました(笑)▼目検査です。たたじ・・・老眼検査でっせ~▼「これは見えますか?」と老眼検査中です。▼子供達が泳いでいたプールには亀が泳いでいました。「かめへん、かめへん」そう言っている様に聞こえました。

  • 12Nov
    • 渋柿シーズン到来ですの画像

      渋柿シーズン到来です

      種なし・富有柿と食べる柿を堪能したら次は吊し柿の出番です。毎年作って仕上がって行く過程を楽しんでいます。今年はネットで奈良産の渋柿を1箱注文しました(去年は高知産)箱を開けると何と、どでかい柿が窮屈そうに入っています。▼1個300gもある大玉です。20個入っていました。▼夕食後皮むき開始です。最初の年は時間が掛かっていましたが今はベテランの域に入りました。(笑)まずは紐かけ作業です。その後ヘタの掃除です。▼ヘタを取った後は包丁を使いヘタ周りの皮を剥きます。あとはピューラーでスーイスイ。あっという間に完了です。▼大鍋に熱湯を用意し「1・2・3・4・5」と5秒数えカビ防止対策を取った後は水気を切ってサンルームへ運びます。▼重ならないように段差をつけて間隔あけて干します。柿のカーテンというにはまだ少ないですが柔らかくなるのが楽しみです。※明日から2泊3日でミニ同窓会に徳島まで行ってきます。13日から15日まで書き込みお休みさせていただきます。                           

  • 11Nov
    • ノボリバタと横断幕見てね。の画像

      ノボリバタと横断幕見てね。

      此花区役所にノボリバタ10本、西九条歩道橋に横断幕を2枚設置してきました。設置日は風が強くてとても立てにくく時間がいつもの倍かかりました。横断幕もパタパタと音を立てて風になびき・・・大変ご苦労をかけてしまいました。▼ノボリバタ10本のセット中です。▼風が邪魔をして、なかなか思い通りに行きません。区役所の担当係長も手伝って下さいました。▼綺麗に10本そろいました。11月30日まで此花区役所に掲揚しています。▼横断幕は西九条駅近くの横断に両方から見えるように設置しました。▼反対側の設置中です。来年は若い人達にバトンタッチして設置して貰いましょう!

  • 10Nov
    • なぁに?この大きなロッカーは?の画像

      なぁに?この大きなロッカーは?

      いつの間にか阪神千鳥橋駅のIONの敷地に大きな見慣れないロッカーを発見しました。「amazon」って書いてあります。お兄さんがやってきてピッピッピと暗証番号を入力して何か荷物らしき物を取り出しました。宅配ボックスみたいです。オンラインショップで商品を購入しサラリーマンは平日の受け取りは無理なので帰りにボックスを空けて商品を受け取るみたいです。しかも料金は無料らしいです。不在表要らないね

  • 09Nov
    • 予定表はこれに限るの画像

      予定表はこれに限る

        恒例ではありますが大型カレンダーを購入しました。安価なカレンダーは文字を書き込むのに不向きです。ちょっと値段が高いですが良質な物をゲット。1年分だからと思えば納得のいく値段です。  今迄カレンダーはあちこちから貰う物と思っていましたがこのカレンダーだけは購入せねばなりません。これでスケジュール管理はバッチリです。家族の誕生日、年金支給日、仕事、会議、イベント、ハイキング等々、重複しないために必ず記入しています。タタミ半分ほどの大きさです。

  • 08Nov
    • ハチ退治の画像

      ハチ退治

      近所の軒下にハチの巣を見つけ大騒ぎとなりました。登山用の網付き帽子や、刺された時の対策も準備し、昔のお嬢さん達の見守る中でポッチーがハチの巣を退治しました。この網の帽子は、登山時にアブ対策として持っていたものです。こんなところで役立つとは・・・。▼ポッチーの1年に1回あるかないかの雄姿です(大笑~)▼刺された時の対策のポイズンリムーバーと軟膏も用意しました。▼ハチの巣退治のお礼だと言うことで新品のスプレーを頂きました。お気遣い頂き、ありがとうございました。

  • 07Nov
    • 20年前のバイクは修理不能?の画像

      20年前のバイクは修理不能?

      昨日バイクのヘッドランプが切れてあちこち修理屋を探しました。20年も乗っていると、どこやかしこがガタがきはじめました。この写真は故郷で墓参り時にレンタルしたバイクです。新しいので乗りやすい~。今度買う時の参考で~す。▼これは四万十市で借りたレンタルバイクです。親戚の家をあちこち回るには車より小回りが効いてバイクに限ります。▼新しくて乗り心地は良いけど荷物カゴがなくてとても不便。やっぱりmy BIKEがえねぇ。榊を買っていまから墓参りで~す。

  • 06Nov
    • 秋を満喫していますか?の画像

      秋を満喫していますか?

      どこに出掛けても秋の気配が感じられますね。特に金木犀の香りは凄いですね。間もなく雨が降るらしいので散ってしまいますけど・・いまならまだ間に合います。花の命って本当に短くてはかない・・・。▼過日JR星田で見つけた紅葉です。見事でした。▼私の住む町の銀杏並木です。充分秋を感じ取ることができます。▼♪♪落ち葉の舞い散る停車場に~♪♪・・思わず口ずさみたくなる寂しげな落ち葉。風が吹くと踊っているような可愛い仕草に、しばし足を止めて鑑賞しました。

  • 05Nov
    • こだわりの小銭入れの画像

      こだわりの小銭入れ

      古くなり見た目も汚い小銭入れですが新しい品を渡しても使おうとしません。いつまでもみすぼらしい財布を使っています。同じ品を別注しようとしたのですが市販品の方がはるかに安いよとアドバイスを貰いヨドバシカメラへ。しかし・・ブランド品しか無いと言われ(それは勿体ない・・猫に小判やわぁ~)ヨドバシの中にダイソーがあり行って見ると・・・ありました!に・に・に・にひゃんえん(大笑)▼使用前・・この中に1万円札いれて落としたとしても誰も拾う気がしないほど汚い~▼使用後・・店でブランド品を紹介されましたが猫に小判なので・・たった200円でお気に入りがみつかりました。