発売日に手に入れて、もう何度も観てますが
ブログにあげるの、忘れてた( ̄▽ ̄;)
まずはミュージカルしゃばけ参ねこのばばは
GWの終わり頃に生で観劇して
すっかりしゃばけワールドにはまってしまい
過去作品のDVDまで次々に購入してしまった作品。
過去DVDを散々観たから、生で1度だけ観た記憶が薄れてて、初めて見たように感動できたし
ハマる価値がある作品。
日替り猫又の鯛造くん見たさに行った作品だけど
本当にいい出会いだったとおもう。
収録されてる本編は日替り猫又が深澤大河君の日だったから、鯛造くんのバク転はあたしと
当日を観たお客さんたちだけの記憶の中。
ミュージカルとしての仕上がりも良く
続編が待ち遠しいな♪

次に舞台刀剣乱舞 悲伝 結の目の不如帰は
7月の終わり頃、銀河劇場の3階最後尾で
観劇したけど、DVDはキャストのアップが
たくさん観られるから、最後尾で観劇したハンデを、しっかり補うことができて、ありがたい。
やっぱりあたしは殺陣が好きなので
殺陣の上手い作品はとても楽しめる。
鯛造くんはもちろんだけど、他のキャストも
あれだけの長丁場の作品で
綺麗に動いている彼らに感服する。
特に鈴木拡樹くん、彼には本当に驚かされる。
刀の動きはもちろん、指先、足先、そして
衣装の端までも、キチッと決めてくるのだ。
そこにいるのは刀剣男士の三日月宗近以外の
何者でも、ない。凄まじい存在感。
2.5次元舞台で活躍する俳優の中でも
鈴木拡樹くんは抜きん出た実力だと、おもう。
来年公開の映画刀剣乱舞も楽しみだ♪


12月に公演予定の極上文學「こころ」の
キャストたちのトークイベントに
行ってきましたよ♪
若手3人のキャストは、どの子も初見だったし
イベントに集まったお客さんたちは
まあまあ若い子たちばかりで
浮いてるなあ、と思いつつも
これから演劇界を盛り上げてくれるであろう
若手俳優たちを青田買い的な目線で(爆)
見てきました(笑)
あたしは12月の公演を2日続けて観る予定なので
キャストの予習も兼ねて( ̄▽ ̄;)
なかなか個性的な彼らをみて
12月の舞台が俄然楽しみになりました。
先に素の彼らを見てしまった後の
芝居の彼らに期待です♪
流石に若い子たちに混じってフラワーリングの
お渡し会には参加しなかったけど(爆)
っていうか、すでに2公演分、チケット取ってるのに、さらに会場でもう1枚は
無理だよー(-_-;)
ま、極上シートとキャスト先行だから
別のお楽しみがあるけど。せっかくイベントに
足を運んだんだから、事前にチケット取ってる客も、フラワーリング、参加させてほしかったな(笑)なーんてね♪

卒業?

テーマ:
今月末にて「世を忍ぶ仮の姿」の仕事、辞めることにしちゃったので
頭も身体もぼーっとしちゃってます(爆)
あたしをご存知の方々ならわかると思うのだけど
あたしはあたしを必要とされてる!という事が
あたしを動かすチカラ、精神駆動で
なんとか生きているような次第なので
必要とされてるって、感じられないともう
動けなくなっちまうんだよね。
仕事なんてものは生活のためにするもんで
やりがいだの好き嫌いだの
そんなのは実際どーでもいいんだけど
あたしを必要としてくれる場所にしか
居られないんだよ。
現場の方々はありがたいことに
あたしが辞めることを残念がって下さるけど
会社があたしを必要としないのがわかってしまうと、もう、何を支えにしたらいいのか
わからなくなってしまった。
もう、いい歳だから仕事探しはさらに困難だろうと思うけど
あたしはあたしを必要としてくれる場所を
探そうと思います。